オフィスカジュアル 基本。 オフィスカジュアル 基本ルール♪

オフィスカジュアルの正解とは?面接での服装マナー

オフィスカジュアル 基本

オフィスカジュアルOKという会社が増えてきている中で、オフィスカジュアルのコーディネートについて悩む人も増えています。 制服ならコーディネートについて考える必要はありませんが、オフィスカジュアルだと自分で毎日コーディネートを考えなければいけません。 「オフィスカジュアルって、どのあたりまで自由に着てOKなんだろう・・・?」 そんなモヤモヤを抱える方のために、オフィスカジュアルの基本原則についてお話しします。 ただ、オフィスカジュアルの基準は会社によって異なります。 会社の規則や服装ルールがあれば、それに従いましょう。 また、規則やルールがない場合でも、業界の一般的な基準や常識から大きく逸脱しないように心がけましょう。 【目次】• オフィスカジュアルって何? オフィスカジュアルとは、ビジネスファッションのフォーマルなスーツを基本として、それよりも少しだけカジュアルにしたゆるいビジネス用ファッションのことを言います。 しかし、オフィスカジュアルにはこれといった決まりがありません。 オフィスカジュアル、こんな服装はNG! 会社によってオフィスカジュアルの定義が変わるとなると、オフィスカジュアルの具体的なコーディネートの基準がわかりにくいですよね。 ですが、どこの会社でも「それはダメだろう・・・」と思われてしまうNGポイントがあります。 ここでは、オフィスカジュアルのNG例をご紹介します。 襟なしのトップス オフィスカジュアルでは襟がないトップスは嫌がられることが多いです。 たとえば、Tシャツやパーカー、ジャンパースカートなどです。 ヨレヨレでなければ、襟があるYシャツやポロシャツ、襟なしならカットソーなどが無難でしょう。 露出が多いアイテム たとえクールビズ期間であっても、露出度が高いファッションはNGとみなされます。 たとえば、ノースリーブ、キャミソール、胸元が大きく開いたトップス、ミニスカート、ショートパンツ、短パン、サンダルなどです。 どう見てもカジュアルすぎる ジーンズはカジュアルすぎるので、オフィスカジュアルとしてNGとみなされることが多いです。 特に、ダメージ加工やブーツカットなどのデザインはカジュアルすぎると判断されるので気をつけましょう。 また、ハーフパンツは、ジーンズOKなど服装の自由度が高いIT業界でもNGとしている会社が多いので、オフィスカジュアルとしては適していないでしょう。 清潔感がなく着崩れしている服装 ファッションアイテムとしてオフィスカジュアル的にOKであっても、シワが多い、ヨレヨレ、汚れている、着崩れした服装はNGです。 自由度が高いということは、見た目に清潔感がない格好も許容される、ということではありません。 清潔感がない服装は、どこの職場でもNGとみなされるので気をつけましょう。 派手なカラーリング 服装だけではなく、髪の毛のカラーにも要注意です。 明るくて派手すぎるカラーリングはNGとなっている場合が多いので、カラーリングするなら常識的な範囲でのブラウンにしておきましょう。 男女別!オシャレかつ企業訪問もOKなおすすめの服装とは? 企業訪問の時もオシャレに決まる、清楚なオフィスカジュアルの服装ポイントを男女別でご紹介します。 女性の場合 1. ジャケットの着用 カーディガンよりもジャケットの方が、清楚でフォーマル寄りの印象を与えられて、なおかつオシャレに決まるのでおすすめです。 黒のジャケットは、オフィスカジュアル用に1着は持っておくと便利です。 白シャツで好感度アップ シャツの定番カラーは、白です。 白は清楚を象徴するカラーでもあるので、オフィスでも好感度がアップするはずです。 また、どんなカラーとも合わせやすいので着回しもしやすいです。 白いシャツは透けますので、着用の際はその下に着るものにも注意しましょう。 あまり派手な色や柄のものは控える方が無難です。 モノトーンかモード系カラーがおすすめ ジャケットやスカート、パンツなどのカラー選びに迷ったら、モノトーンかモード系のカラーがおすすめです。 白、黒、グレー、ベージュ、ブラウンなどが無難です。 パンプス&ストッキングが定番 足元は、歩いても音がしないパンプスとストッキングが定番です。 パンプスのデザインはシンプルで、黒やブラウンなどの暗い目のカラーで、ストッキングは黒やベージュがおすすめです。 ヒールの高さは5~7cmの範囲を目安にしましょう。 膝への負担が軽減できるベストな高さですし、歩いたときの姿勢も美しく見えます。 7cmを超える高さは見た目にも悪く、歩きづらくもあるのでおすすめできません。 かといって、ハイブランドも場違いな印象を与えてしまう恐れがあります。 レザーなどの素材でできた、主張が控えめで上品なベーシックカラーのものをチョイスするのがおすすめです。 バッグのサイズは、A4の書類やファイルが収まるくらいの大きさが必要です。 小物が多くなりがちな方は、小分けで収納できるポケットが豊富なものを選ぶといいでしょう。 小さすぎるカバンは、遊びに来ているような印象を与えてしまう恐れがあるので、避けた方が無難です。 オフィスカジュアルOKとされていることが多い事務職の服装については、こちらをご参照ください。 男性の場合 1. ジャケットを着用する フォーマルなスーツのジャケットでももちろんOKですが、ウール素材や少し柄が入ったジャケットがあると、オシャレ度がアップします。 セーター、ベストも取り入れる 単純なスーツはたしかにフォーマルで無難ですが、少々華やかさに欠けます。 肌寒い季節は、控えめながらオシャレなデザインのセーターやベストなどを取り入れると、オシャレ度が増すでしょう。 ネクタイにも少しだけこだわりを ネクタイは、寂しくなりがちなビジネスシーンのコーディネートに華を添える存在でもあります。 ビジネスシーンでオシャレに決めたい時は、主張しすぎない程度の柄やワンポイントが入っているものをセレクトするとオシャレにコーディネートできます。 靴とベルトのカラーを合わせる 靴とベルトのカラーを合わせると統一感が出ます。 黒やベージュ、茶色などの控えめのカラーの靴とベルトを選びましょう。 まとめ ビジネスシーンにおけるカジュアルコーディネートは、カジュアルすぎないようにするのがポイントです。 上記のポイントを抑えつつ、会社によってオフィスカジュアルの定義が異なりますので、会社の人を参考にしましょう。 オシャレ着ではなく、会社の中で着る服という意識を持ち、NGコーディネートにならないように気をつけましょう。

次の

どこまでOK?オフィスカジュアルの基本原則を知っておこう!

オフィスカジュアル 基本

教えてくれたのは… スタイルプロデューサー 廣瀬規子さん 航空会社の客室乗務員から、ジョルジオ アルマーニ ジャパンに入社。 その後、タレントのスタイリストとして活動。 現在は、ファッションやビューティー、ライフスタイル情報を発信するウェブマガジン「Nstyle」を運営するかたわら、「女子力」を提案するスタイルプロデューサーとしてイベントや商品のプロデュース、ファッションブランドコンサルティングをはじめ、雑誌・ラジオ等でも活躍している。 会社の業種や社風、部署によって異なりますが、社会人としてのマナーを守りつつ、制服やスーツではないカジュアルさを取り入れたオフィスでのファッションスタイルをいいます」 「フォーマルすぎず、ビジネスの場にふさわしい適度にカジュアルな服装」というのが、オフィスカジュアルの一般的な考え方だそう。 上品で清楚な雰囲気が漂う、いわゆる「きちんと感」が求められる服装を指すことが多いようです。 規定の制服やスーツの着用を義務付ける企業が多かったひと昔前と比べ、比較的自由なコーディネートが許されるようになったため、おしゃれ好きな女性にとってはうれしい一方、ただの普段着でもフォーマルでもないことから、逆に何を着たらいいのかわからないというのもうなずけますね。 まずはオフィスカジュアルの「NGライン」を押さえよう 「カジュアルといってもオフィスでのスタイルなので、 大きく気を付けることは『清潔感ときちんと感』『露出しすぎない、派手すぎない』ということです」 オフィスカジュアルのポイントはこの2点。 でも、いまいちOKラインが曖昧…ということであれば、まずはNGポイントを押さえてみるのはいかがしょうか。 一般的な最低限のルールを確認し、アイテム選びの参考にしてください。 NGポイント1 露出の多い服 「 やたらと透け感のある物や露出が多い物、体のラインが出すぎる物に気を付けましょう。 短すぎるパンツやスカート、逆にマキシスカートなどの長いアイテムもカジュアルになりすぎるのでNGです。 ノースリーブの場合は、カーディガンやジャケットなどの羽織物も忘れないようにしたいですね」 ビジネスの場では、 過度な女性らしさを出すのは好まれないので気を付けましょう。 夏場でもなるべく肌が隠れる物をチョイスし、ジャケットなどの羽織物を用意したいところ。 また、オフィス内などで上着を着ない場合、薄着のために下着が透けてしまうのも要注意。 キャミソールなどのインナーを着用するのがマナーです。 暑い時期も油断は禁物! NGポイント5 派手なメイクやヘアスタイル、小物 「髪型、メイク、ネイルもファッションのうち。 スーツではないからこそ、オフィスにふさわしく爽やかな物が好ましいです。 アクセサリーもなるべく控えめな物に」 アクセサリーを身に着けるのであれば、シンプルで華奢な物を選びましょう。 目立つ派手なデザインや鮮やかすぎるカラーの物はNGです。 また、ビジネスのシーンで帽子をかぶるのは厳禁!ヘアアクセなども控えるようにしましょう。 迷ったらコレ! 外さないオフィスカジュアルコーデの定番 TPOによって求められる服装は異なりますが、どんなシチュエーションにもマッチする鉄板のオフィスカジュアルコーデを用意しておくと失敗がありません。 シンプルなベーシックカラーシャツ、ブラウスはマスト! 「トップスは、 シャツやブラウス、カットソーなどがふさわしく、シンプルなデザインでシワになりにくい物を選ぶといいでしょう。 ワンピースも清潔感、きちんと感がある物であれば活用したいところ。 色は、ブラック・ホワイト・ベージュ・グレー・ネイビーなど、ベーシックな色を基本に、2色以内(多くて3色まで)でまとめると、すっきりした印象になってきちんと感が出ます。 さらに、サイズが自分に合っていることも清潔感やきちんと感につながる重要なポイントですよ」 さらに、 わかりやすくきちんと感を演出したい時には、襟付きシャツやブラウス、カットソーが最適だそう。 合わせるアイテムによって、やわらかい印象にもカッチリした印象にもなるため、1着持っておくと重宝します。 色はベーシックカラーを基調に、清潔感を与えるようなカラーであれば問題ないようです。 また、柄に関しては、細めのストライプといった目立たない柄であればOKですが、着回すことを考慮すればなるべく無地の物を選んだほうが便利でしょう。 張りのある素材のパンツorミモレ丈スカート シャツやブラウスにマッチするボトムスを用意しておきましょう。 セットアップでもOKですが、気を付けるべきは素材とシルエット。 体のラインが出るようなタイトな物は避け、 シワが寄りにくく動きやすい長めの丈の物をチョイスしてください。 スカートであれば、流行のミモレ丈を含むひざ丈以下の物がベスト。 マキシ丈やロング丈は避けましょう。 パンツに関しては、張りのある素材を選んで。 テーパードパンツやスラックスパンツあたりがgoodです。 動きやすいプレーンなパンプス 「シューズは、パンプスであれば ヒールは高くても7cmくらいまでの物が好ましいです」 服だけでなく足元も抜かりなく。 靴は、シンプルなデザインで動きやすく、低めのヒールのパンプスであれば間違いありません。 なお、素足に合わせるのはNGです。 肌色に近いストッキングを合わせるのがスマート。 外出時にはジャケットを 客先など、 オフィス外に出る機会が多いのであれば、ジャケットを持っておくのがビジネスの常識。 上記のコーデに合う、プレーンなデザインとカラーの襟付きジャケットだと1着で事足ります。 タイトすぎずルーズすぎずのジャストサイズを選びましょう。 ポイントは「清潔感」と「品の良さ」。 あくまで仕事着ということを忘れずに。 「ビジネスでも、見た目から受ける印象は非常に大切です。 オフィスカジュアルとはいえプライベートな場面でのファッションではないので、流行の物を身に着けるというよりは、 先輩や上司、お取引先の方々に信頼してもらえるようなスタイルを前提としてコーディネートすると、イメージがわきやすいでしょう」 個性を出しちゃダメというわけではありませんが、オフィスカジュアルは「ビジネスの場にふさわしい服装」というのが大前提。 しかし、明確なルールがないので、一概に「これ」といえないのが難しいところです。 毎日の通勤服として身に着けるのであれば、 まずはここで紹介したような鉄板のアイテムをそろえておき、様子を見て徐々にバリエーションを増やしていくのが賢い選択かもしれません。 初めはミニマムなおしゃれを楽しみつつ、徐々に自分らしいオフィスカジュアルを見つけていきましょう。

次の

オフィスカジュアルの靴の女性の基本はこれ!ヒールなしはng?

オフィスカジュアル 基本

オーソドックスなアイテムの組み合わせで決まる男性の通勤服。 女性と比べると男性のオフィスカジュアルは色やかたちのバリエーションが少ないイメージですね。 そんな男性のオフィスカジュアルの選び方のコツや気をつけるべきポイントを見てみましょう。 男性のオフィスカジュアルの基本はジャケット+パンツ ジャケット+パンツは男性のオフィスカジュアルでなくても定番のスタイル。 基本はスーツ出勤が義務づけられている会社でも、この組み合わせのオフィスカジュアルならOKなところが多いでしょう。 スラックスでなくても男性もチノパンで問題無しとされるケースが多いようです。 男性のオフィスカジュアルでのシャツ、ジャケット選びポイント 男性がオフィスカジュアルで着る場合には、基本的には襟付きの通勤服の方が好印象を持ってもらえます。 紳士服売り場などで売られているワイシャツやポロシャツを選べば通勤服おして概ね問題は無いでしょう。 襟のないTシャツやパーカーなどは、オフィスカジュアルにはふさわしくありません。 襟付きのシャツで、ジャケットと合わせられるスタイルが男性のオフィスカジュアルとして望ましいでしょう。 男性オフィスカジュアルのボトムスの選び方 男性のオフィスカジュアルにおけるボトムスの基準は基本的には綿のパンツあるいはチノパンが良いでしょう。 ジーパンOKかどうかは会社により分かれる部分かと思いますが、ブラックジーンズであれば見た目はさほど悪くありません。 オフィスカジュアルでNGになるのは、クロップドパンツ、ハーフパンツ、スウェット地のものなど。 襟付きのシャツやジャケットに合わせる事を前提に考えましょう。 オフィスカジュアルでは型やデザインだけでなく素材にも注意! 男性の通勤服では型やデザインだけでなく素材にも注意が必要です。 ジャケットの中に着るシャツの素材はカジュアルなものは柔らかくやや厚手な生地が多く、スーツの時に着るシャツは薄手でさらさらとした生地であることが多いです。 オフィスカジュアルの場合はカジュアルになりすぎないようにしましょう。 女性社員のオフィスカジュアルは? 女性社員のオフィスカジュアルで気をつけるべきポイント オフィスカジュアルを守った女性社員の通勤服とは、どんなものでしょうか。 女性社員の通勤服は比較的制限がなくバリエーション豊かなため、返って過剰になってしまいがち。 最低限おさえるポイントを覚えてシンプルで清楚な雰囲気の通勤服を目指してみましょう。 女性のオフィスカジュアルの基本はブラウス+スカートorパンツ 女性のオフィスカジュアルは男性よりも気を使うのではないでしょうか。 派手すぎてもダメですし、ラフすぎてもダメ。 さらに露出や化粧にも気をつけないといけません。 デニムはカジュアルすぎた印象を与えてしまいますので、避けましょう。 スカートでもパンツスタイルでも問題は無いですが、あくまでもブラウスやジャケットと合わせられる事を前提に考えましょう。 女性オフィスカジュアルのブラウス、スカートなどの選び方 女性のオフィスカジュアルでまず気をつけなければならないのはスカートの丈です。 膝より上になってしまうのは一般的に露出が多いと判断されてしまいますので、避けましょう。 パンツスタイルの場合も、あまり派手な色は控えましょう。 トップスに関しては、色は白系か淡い色が無難です。 シワにならないように、素材のしっかりしたものが良いでしょう。 柄はできれば無いものの方が良いですが、派手でなければ問題ありません。 オフィスカジュアルではオフィスにふさわしい素材感がポイント 女性であれば、ワンピースなども、デザインや素材によってはオフィスカジュアルとして充分に通用します。 しかし、派手目な柄ものなどはオフィス向けではありませんので、ワンピースをオフィスカジュアルで着たいならまわりとの調和も考えて選びましょう。 女性の通勤服では足元のオシャレも控えめに 女性の場合の通勤服は足元にも気を配らないといけません。 オフィスで動きまわる環境であればなおさらですが、ブーツやサンダルなどは避けた方が良いでしょう。 会社はあくまでも仕事をする場ですので、派手すぎるオシャレは禁物です。 足元も室内履きなどを使う場合も考えたオフィスカジュアルのコーディネートをしましょう。 オフィスカジュアルの小物づかいで気をつけたいポイントは? オフィスカジュアルは基本的にベーシックな色・形が中心なので、どうしても華やかさにかける、寂しい雰囲気……とお嘆きの女性もいるかもしれません。 そんな時活躍するのがポイントになるアクセサリーや小物類。 でも、通勤服ではどこまで身につけてOKと思っていいのでしょうか。 オフィスカジュアルのアクセサリーは最初は無難なもの、そして周りの様子を見る オフィスカジュアルのアクセサリーに明確な決まりはありませんが、忘れてはいけないのは「仕事の場」であるという事。 であれば、あまり派手なものを身につけるのは適切ではありません。 高価な宝石はふさわしくありませんので、ダイヤやサファイアなどのあまりキラキラしたものは避けましょう。 パール系などの輝きの少ないものを身につけましょう。 時計もそこまで高価なものは避けた方が無難かもしれません。 あとは周りを見ながら調整していきましょう。 1ヶ所にポイントを作るとオフィスカジュアルでも華やかな印象に 胸元が寂しいときはネックレス、シャツのときはブレスレットなど、どこか1ヶ所にアクセサリーをつけると、シンプルな通勤服でも女性らしさがアップするようです。 また、腕時計も種類によっては同じ役割をはたしてくれるので、お気に入りの腕時計を探してみるのもいいでしょう。 男女ともに通勤服ではシンプルなオフィスカジュアルを心がけましょう!! いかがでしたか? オフィスカジュアルOKの職場で浮かない男女別通勤服の選び方を紹介してきましたので、是非参考にしてみてください。 オフィスカジュアルと言っても、何を着てもよいわけではありません!男女ともに一定の指標がありますので、それに沿った通勤服になるようコーディネートしましょう。 男性の通勤服であれば、ジャケット+パンツ、女性であればブラウス+スカートorパンツを基準にその会社や他の社員の状況を見つつ通勤服を選んでいきましょう。

次の