ビット コイン oi。 ビットコイン(BTC)市況考察とヘッジを使い「金利」を活かす手法|寄稿:響

ビットコイン仮想通貨相場分析【2020年1月27日】OI(未決済建玉)、採掘難易度などから考察

ビット コイン oi

, , , , ,• , , , , ,• , , , , ,• , , , , ,• , , , , ,• , , , , ,• テザー建てショートは特に仕掛け的に積まれることがあったと環は思うので、要チェックたぬ。 水準だけでいえば、8月前半の山場から落ちたあたり、9月末の暴落前よりも高いたぬ。 ・・・とはいえ、11月後半くらいからOIはちょっと変な感じの動きを見せがちなので、どうだろうねえというのが正直な感想たぬ。 「変な感じ」の中身については、同じく下に貼った過去のアイデアを見てねたぬ。 色々な兆候 例えばVPVRとか見てね からして、下がるんじゃないかなという気はしているたぬけども、そんなわけでOIは少し疑心暗鬼たぬ。 「ショート」タグはポジショントークということで、あまり気にしないで欲しいたぬ。

次の

[B! 投資] OI(Open Interest : 未決済建玉)が仮想通貨ビットコイン価格に与える影響とFXトレード考察

ビット コイン oi

OI分析の基本のおさらい OI ・ポジション を分析することの意味は、それらが将来的に決済されるとき、ふつうは 反対売買を伴うという特徴を活かすことにあるたぬ。 例えばロングが大量に積まれていたら、将来的にそれらは売られなければならないたぬ。 すると売り注文が出されて約定ていくので、価格は下がるだろうと予期されるたぬね。 このように積まれたロングが決済されることで価格が落ち込むことを ロングメイキングとよぶたぬ。 ショートの場合は逆に、その分買われて価格が上がる可能性があるってことたぬ。 こちらは ショートカバリングっていうたぬ。 以上のもう少し詳しい話はこちらの記事みてね。 現引き・現渡しという例外 ・・・今太字で書いたところに 「ふつうは」という文句が入ってるのに気づいたのは鋭いたぬきね。 そう、これには 例外があるたぬ。 つまり、FX とかとかの マーケット上で 反対売買を伴わないまま、そのポジションが解消される可能性があるっていうことたぬ。 とはいっても、そのポジションは蒸発して契約が踏み倒されたとかっていうわけではないたぬ。 そうではなく、 FXでの反対売買の代わりに、 現物を取引することによってポジションを相殺する仕組みが用意されてるわけたぬ。 ロングポジション解消の場合を 「現引き」、ショートポジション解消の場合を 「現渡し」っていうたぬ。 現引き: ロングポジションを反対売買する代わりに、 その分の現物を買い取ることによって埋め合わせてポジションを解消すること。 現渡し: ショートポジションを反対売買する代わりに、 その分の現物で支払いすることによって埋め合わせてポジションを解消すること。 このようなケースでは、FXマーケット上での反対売買が行われないまま積まれたOIが消滅するたぬ。 そのため、もし大量ポジションをする 大口がこれらを行うと、本来OI分析が予期するような ロングメイク・ショートカバーが起こらないままOI水準がいつの間にか急落するということがあるたぬ。 これがOI分析の例外たぬ。 BTCではそんなに馴染みのある動きではないたぬけども、たまにそれっぽい動きがあるたぬ。 具体例 現引き 2019年11月25日 USTLONGS 11月末、現引きが起きたと思われる好例をキャプチャできたので紹介するたぬ。 これは「BTC記録」に載せておいた例たぬ。 画像はそこのを使うたぬ。 参考 これみてくれたぬ。 まず 下段のOIを見ようたぬ。 ここでは USTLONGS、つまりテザー建てロングがごっそりと減ってるたぬ。 この画像だと割合がわからんたぬけど、27日の「記録」の他の画像を見てもらったらわかるように、この時 約2か月かけて積まれたロングの大部分が失われているたぬ。 これだけ 巨大なロング減が起こったなら、OI分析の基本的観点からは当然価格は暴落してるだろうと予測されるたぬ。 なぜなら、その分だけ売られたということだからたぬ。 ・・・で、チャートの上段の実際の価格を見てみると、 全然下がってないたぬ。 これはまさに、 現引きによってポジションが解消されたから売られなかったためだと考えられるわけたぬ。 この例の注意! ただし、この画像がちょっと紛らわしいのは、下がらないだけじゃなくむしろ暴騰していることたぬ。 けれども、この 暴騰に関しては現引きのためというよりも、USDLONGSつまり ドル建てロングが新規で大量に積まれたからだと思われるたぬ。 割合ではなく絶対値で見とくとわかりやすいたぬ。 このように、現引きと思われるテザー建ての解消とほぼ同じタイミングで、ドル建てロングが急増していることがわかるたぬ。 だから、環はここに関しては、 テザー建てロング解消と価格上昇は 疑似相関だったと考えてるたぬ。 本当の因果関係にあるのは、むしろドル建てロング急増の方ってことたぬ。 現渡し 2019年12月8日 USTSHORTS さっきのケースから10日ほど後、今度はUSTSHORTSで 現渡しと思われる動きが見かけられたぬき。 画像下段では USTSHORTSが激減しているたぬね。 本来なら ショートカバーが起こって暴騰すると予想されるたぬけども、上段のこの時間の価格を見ると、 横ばいたぬ。 大量のポジション解消の割に価格への影響がなく、これは 現渡しがなされたと思われるたぬ。 まとめ そんなわけで、今回紹介した現引き・現渡しは、ではそんなに頻出する現象ではなく、むしろ基本的なOI分析の 例外としておさえておきたいものたぬ。 繰り返しになるけど、環はにおいてOI分析を非常に重視してるたぬ。 だから今回で OI分析記事は4個目だし、「BTC記録」でもOIに言及してないことはほとんどないと思うたぬ。 けれども、このように、 現引き・現渡しという例外があることを忘れてはならないよっていうことで、今回改めて記事にしたわけたぬ。 絶対確実の分析方法があったら嬉しいけども、ま〜そんなもんは期待するだけ損だと思うたぬ。 OI分析も、かなり重要だけども通用しない例外的ケースがあるっていうことを知っておいて欲しいたぬ〜。 tanubit.

次の

[B! 投資] OI(Open Interest : 未決済建玉)が仮想通貨ビットコイン価格に与える影響とFXトレード考察

ビット コイン oi

CMEで未決済残高が減少しながらプレミアムが上昇する現象が発生。 中期的にポジティブな見方が強まったとの分析がある一方、短期ショート筋の買い戻しと見ることもできる。 ビットコインは短期的に天井を打ったか 機関投資家向けビットコイン先物取引所のシカゴ・マーカンタイル取引所 CME に弱気のシグナルが点灯している。 暗号資産 仮想通貨 市場分析会社アーケイン・リサーチは3月1週目のビットコイン市場を分析した最新のを公開した。 同社によると、CMEの取引高や未決済残高 OI は先月後半から大幅に低下しており、米国の主要な株式指標であるダウ工業株30種平均が歴史上最大の下げ幅を記録した27日以降はピーク時の5分の1ほどの低い水準が続いている。 画像: しかし、買い圧力の強さを示す先物のプレミアム 現物価格との乖離 は上昇しており、前週から一転して個人向け取引所の平均値を上回った。 画像:h プレミアムを年換算した値は大きく反転し、今年最高値付近にあると指摘。 中期的にポジティブな見方が広まったと分析しているが、当サイトでは別の見方を提案したい。 画像:h ショート筋の買い戻しによる一時的な上昇か OIの減少は未決済ポジションをクローズする動きが高まっていることを意味するが、プレミアムが上がっているということはどちらかといえば買いが優勢に進んでいることになる。 先週のビットコイン価格は上昇基調だったことから、 含み損を抱えたショート筋が買い戻しを進めた結果、OIが減少しながらプレミアムが上がる状態が引き起こされたと見ることができる。 買い戻しが一巡すれば買い圧力が低下するため、 今後の市場にとっては弱気要因となり得るかもしれない。 \無料アプリを使って/.

次の