キム ジュヒョク 死因。 故キム・ジュヒョクさんの死因は「深刻な頭部損傷... 心筋梗塞の可能性は低い」韓流芸能,韓流k

【公式】科捜研、俳優キム・ジュヒョクの死因は「頭蓋骨骨折などの頭の損傷」…飲酒・薬物の影響なし

キム ジュヒョク 死因

2017年10月30日、突然の事故死が本国の韓国はもちろん日本のファンにも大きな衝撃を与えたキム・ジュヒョク。 死後、韓国人が好きな映画俳優1位に選ばれるなど、いまだショックの余波と45歳の早逝を惜しむ声が絶えません。 キム・ジュヒョクは、1972年10月3日ソウルに生まれました。 二世俳優として注目されつつ、1998年にテレビドラマ『カイスト』で俳優デビューを果たします。 その後は数々の映画やドラマに出演して人気俳優としてのキャリアを重ね、韓国映画界を背負う逸材として期待される最中の訃報でした。 ここではそんなキム・ジュヒョクを悼み、代表的作品はもちろん、家族や恋愛などプライベートについても振り返ってみます。 キム・ジュヒョクは、数々の映画やドラマで活躍した俳優の故キム・ムセンの次男です。 いわゆる二世俳優にあたりますが、デビューのきっかけはSBSの公開オーディションでした。 父キム・ムセンは1963年にデビュー後、ドラマ『龍の涙』や『光宗大王~帝国の朝~』、映画『イルマーレ』など100を超える作品に出演し、重厚で威厳溢れる存在感が高く評価されていた名優です。 1997年の『龍の涙』で演じた主人公イ・ソンゲ役ではKBS演技大賞男性最優秀演技賞を受賞しました。 ドラマ『ラストダンスは私と一緒に』を遺作に、2005年に62歳で他界しています。 父子は1本のCM以外、俳優としての共演は果たせませんでしたが、キム・ジュヒョクの代表作の一つ『ホジュン〜伝説の心医』のタイトルロールは、父が1975年のドラマ『執念』で演じた役柄でした。 キム・ジュヒョクは映画『あなた自身とあなたのこと』で共演したことをきっかけに、女優のイ・ユヨンと交際に至ります。 2016年12月には公式に恋人関係であることを認め、一部のインタビューでは結婚にも言及していたようです。 イ・ユヨンは、美容の仕事から転身して2014年に映画『アトリエの春』でデビュー後、期待の若手として注目されている女優です。 1989年 12月 8日生まれで、キム・ジュヒョクとは17歳も年の差があることも話題になりました。 恋人の訃報は、プサンでバラエティ番組『ランニングマン』の収録に参加していたイ・ヨユンに伝えられます。 撮影は即刻中断に至り、すぐにソウルに戻り遺体と対面、葬儀では一緒に霊柩車に同乗するなど痛ましい姿が周囲の涙を誘いました。 13世紀の高麗を舞台に、奴隷である奴婢から最高権力者・武臣の地位まで駆けあがった実在の人物キム・ジュンの半生を壮大なスケールで描いた時代劇エンターテインメントです。 『朱蒙(チュモン)』や『イ・サン』など歴史大作を数々手掛けてきたMBCの作品です。 当時世界最強と言われていた蒙古軍に高麗はしぶとく抗戦を繰り広げますが、ついに服属を強いられてしまいます。 果敢に戦う主人公ジュンをキム・ジュヒョクが演じる一方、激動の時代に翻弄されるヒロインのチェ・ソンイを、後に実生活でも交際に発展するキム・ギュリが演じました。 また、脚本を担当したイ・ファンギョンは、ジュヒョクの実父キム・ムセン主演の名作『龍の涙』の脚本も手掛けた人物です。 チョン・グァンリョルが主演し、韓国時代劇屈指の名作となった1999年のドラマ『ホジュン~宮廷医官への道』を14年ぶりにリメイクした歴史大作です。 李氏朝鮮時代の16世紀から17世紀にかけて活躍した実在の医者ホジュンの波乱万丈の生涯を描きます。 不幸な育ちから荒れた生活を送っていたホジュンが、名医ウィテと出会ったことから医師を目指すようになります。 様々な困難にぶつかりながらも「心医」となるべく修行を続け、ついに王族の御医となって医書「東医宝鑑」を編纂するに至ります。 オリジナルより人間味にあふれた新しいホジュン像を、キム・ジュヒョクが魅力的に演じました。 当初は出演のオファーに消極的だったと言いますが、過去に父が演じた役柄だったことで受諾を決意したようです。 5つの物語が同時進行する2004年の内田けんじ監督作『運命じゃない人』をリメイクした新感覚のラブストーリーです。 それぞれが様々な事情を抱えながら全く接点のなかった5人がたまたま出会い、個性的なロマンスを繰り広げる姿をコミカルに描きます。 メール1本で姿を消した恋人をさがすユソク、ある理由があって複数の男たちとつきあうナリ、元恋人から偽物のダイアモンドをもらったエヨン、愛そのものを信じていないピョンチャンら、5人の男女の偶然の出会いと別れ、人生模様が絶妙なタッチで綴られます。 群像形式の中、カフェを経営しているユソクを演じたキム・ジュヒョクの魅力が光っています。 その他、イ・シヨン、イ・ユンジ、オ・ジョンセらが共演しました。 18歳になって以来、睡眠から目覚めるたびに心以外の外見が完全に変ってしまう主人公の恋をファンタジックに描いたラブストーリーです。 性別や年齢、国籍などが異なるウジンを21人の豪華俳優たちが交代で演じました。 外見が変わるために人と直接会うことができず、ネット専門の家具デザイナーとして働くウジンは、ある日一人の女性イスに恋してしまいます。 同じ外見を保つために3日間眠らずにイスとデートするウジンでしたが……。 ヒロインのイスにはハン・ヒョジュが扮する一方、ある日のウジンをキム・ジュヒョク、他にもユ・ヨンソク、イ・ジヌク、日本から上野樹里らが同じくウジンを演じました。 奇想天外な設定ながら、ピュアでひたむきな恋が感動を誘いました。

次の

【公式】科捜研、俳優キム・ジュヒョクの死因は「頭蓋骨骨折などの頭の損傷」…飲酒・薬物の影響なし│韓国俳優・女優│wowKora(ワウコリア)

キム ジュヒョク 死因

ソウル江南区永東大路(カンナムグ・ヨンドンデロ)で交通事故で亡くなった俳優キム・ジュヒョクさんの解剖検査結果、頭部損傷が死因だと明らかになった。 国立科学捜査研究院(国科捜)は31日午前10時半から3時間にかけて解剖検査を実施した。 警察によると、国科捜は解剖検査結果、キムさんの直接的な死因は即死可能な水準の頭部損傷であり、心筋梗塞ではないとの所見を伝えた。 心臓異常や薬物使用の有無はさらに検査をしてみる必要がある。 薬物・組織検査の結果は一週間程度かかるが、正確な死因の発表にはそれより時間がかかる可能性がある。 警察は30日、キムさんのベンツ車両(G63AMG)の後ろで走行していた車のブラックボックス映像を確保して確認した。 警察は「急発進はブレーキを踏んでいても車は進むが、映像を見る限りブレーキランプがついていなかった」として車両の欠陥による急発進事故の可能性は依然として低いと明らかにした。 事故の原因を究明する車両内ブラックボックスの手がかりは見つかっていない。 キムさんが追突した車両にはブラックボックスがなかった。 警察は「ブラックボックスがあったはず」というキムさん遺族の話にしたがってベンツ車両と事故現場周辺を捜索したが、ブラックボックスは見つからなかった。 警察関係者は「車が転覆しながらゆがんだ隙間にブラックボックスが挟まっている可能性もある」とし、「車を分解して探さなければならないかもしれない」と話した。

次の

キムジュヒョクは結婚して元奥さんがいた?事故と熱愛彼女について

キム ジュヒョク 死因

こんにちは坊主です!! 今回は、『キム・ジュヒョク』さんを取り上げます。 皆さんは彼の事をご存知でしょうか? 彼といえば、韓国を代表する演技派俳優としてその名前を広く知られています。 彼は1998年に俳優としてデビューし、韓国で放送されていたテレビドラマ「プラハの恋人」や「テロワール」、「アルゴン」等に出演し韓国はもとより日本でも彼の名前は知れ渡るようになりました。 また韓国で放送されているバラエティ番組「ハッピーサンデー1泊2日」に出演し、活動の幅を広げ様々な世代から愛されていました。 しかし、そんな彼がここに来て注目を集める出来事が報じられました。 それは彼の訃報です。 2017年10月30日に死去した事が報じられ世間の注目を集めています。 彼の死因はいったいなんだったのでしょうか? そこで今回は、彼について調査してみました。 キムジュヒョクが死去! 死因は何? 冒頭でも掲載しましたが、彼は2017年10月30日に死去した事が報じられ世間の注目を集めています。 そこで、彼の死因について調査したところ2017年10月30日に配信された『WOW! Korea』は次のように報じてます。 また今回の訃報を受けて、彼の私生活について感心が集まっています。 一部ネット上の噂では、韓国で活動している女優「イ・ユヨン」さんと交際しており、すでに結婚していると噂されています。 果たしてその噂は事実なのでしょうか? そこで今回は、彼の私生活について調査してみました。 スポンサーリンク キムジュヒョクと彼女,イ・ユヨンの馴れ初めや結婚は? 上記でも掲載しましたが、彼と女優の「イ・ユヨン」さんと交際しており、すでに結婚しいていると一部ネット上で噂が囁かれています。 またイ・ユヨンさんは、彼と同様に様々なテレビドラマや映画、バラエティ番組に出演し、韓国で今一番注目が集まる女優として知られています。 そんな彼と彼女は交際関係であると噂されています。 そこでこの事について調査したところ、2016年12月13日に配信された『Kstyle』は次ように報じています。 キム・ジュヒョクの所属事務所NAMOO ACTORS側は13日午後、 報道資料を通じて 「正確な事実確認後に立場を伝えるために 時間がかかりました。 ご了承ください」 とし 「キム・ジュヒョクとイ・ユヨンが 先輩と後輩の関係から最近恋人関係に発展しました」 と明かした。 また 「本人に確認した結果、 熱愛を始めて約2ヶ月ほどであり、 綺麗な恋を始めて続けています」 と付け加えた。 同日、 あるメディアはキム・ジュヒョク、 新鋭の注目女優イ・ユヨンがホン・サンス監督の映画 「YOURSELF AND YOURS」で出会い、 17歳の年齢差を克服して恋人関係に発展したと報じた。 そのことから、ネット上で噂されている交際関係は事実である事が判明しました。 上記で記したように彼らは交際関係だと判明しましたが、一部ネット上ではすでに結婚していると噂されています。 果たしてその噂は事実なのでしょうか? そこでその事について調査しましたが、2017年10月30日現時点では、彼らが結婚したという報道はありません。 また彼らの素性調査に伴い、ある1つの記事を発見しました。 それは、2017年4月16日に配信された『WOW! Korea』です。 同紙で彼は彼女との結婚について以下のように明かしています。 (中略) イ・ユヨンと交際中のキム・ジュヒョクは 「結婚は早くしたいですよ」 と慎重に結婚に対する考えを明かした。 その事から、2017年現在では彼らは結婚しておらず、ネット上で噂されている事は誤りである事が判明しました。 スポンサーリンク キムジュヒョクの父親は俳優,キムムセン! 今回の訃報で韓国はもとより日本でも大きな注目を集めている彼ですが、ネット上では彼の父親について感心が集まっています。 そこで彼の父親について調査したところ、彼の父親は韓国を代表する名俳優「キム・ムセン」氏である事が判明しました。 その後、「龍の涙」や「ラストダンスは私と一緒に」など数多くの作品に出演しその地位を不動のものとしていましたが、2005年に肺疾患を患い、死去しています。 この事について、ウェブサイト『韓CHOA!! (ハンチョア)』には以下のように掲載されています。 俳優のキム・ジュヒョクは次男。 1963年TBC声優第1期、 1969年MBC特別採用によって芸能界入り。 2005年4月16日、 肺疾患により死去。 生前は「龍の涙」 「ラストダンスは私と一緒に」など数多くの作品に出演していた。 また彼は、2013年に韓国MBCで放送された「ホジュン~伝説の心医~」で父親が演じた「ホ・ジュン」役に抜擢され当時は話題を呼びました。 この事について、2013年1月22日に配信された『Kstle』は次のように報じています。 MBCは 「彼の父の故キム・ムセン氏が1975年に連続ドラマ『執念』で ホ・ジュン役を演じてから38年の月日を経て、 息子のキム・ジュヒョクがホ・ジュン役にキャスティングされた」 と説明した。

次の