ドラクエ オーク。 【ドラクエウォーク】オークのこころSデータと出現場所|図鑑No085【DQウォーク】

ドラクエウォーク攻略

ドラクエ オーク

DQMJ3 イベントバトル2日目ののパーティにいる。 名前がキングつながりか。 補助を担当しており、や等を使ってくる。 魔獣系Cランクで、オークの四体配合で作ることができる。 スキルは。 特性は、、。 +25で、+50で、+100で。 メガボディ化で、ギガボディ化で、超ギガボディ化でを習得。 スキルも特性もオークとほぼ同じである。 オークは最序盤にスカウト出来るのでやろうと思えばこいつも早期に入手可能。 Cランクの高さを生かして位階配合に繋げても良し、 回復のコツとのスキルを持っているため回復役として役立てるもよし 体験版のプレゼントのコードでが入手出来るのでにしてよし。 そういった意味ではドラクエ5での立ち位置の様に便利なキャラである。

次の

ドラクエウォーク攻略

ドラクエ オーク

最新のスマートウォーク情報 6月24日 水 にスマートウォークミニが公開 6月24日 日 の15時にスマートウォークミニが公開されました。 主な内容は6月25日 水 のアップデート内容に対する情報で、新イベントや新装備、新メガモンスターの情報が公開されました。 新イベント「砂漠といにしえの神殿」の開催が決定 砂漠をモチーフとしたイベント 開催予定日 6月25日 木 砂漠をモチーフとした新イベントが公開されました。 「強敵モンスター」の他に、フィールド上にイベントモンスターが出現します。 フィールド上の素材を集めるイベント? フィールド上に素材があることから素材を集めてアイテムと交換するイベントになるのではないでしょうか。 滅多に入手できないレアな素材もあるようです。 イベントモンスター「スナノサウルス」出現 イベントモンスターとして「スナノサウルス」が出現します。 「」の時のように討伐することで効率よくアイテムを集められるかもしれません。 強敵「ヘルコンドル」登場 「砂漠といにしえの神殿」の強敵モンスターとして「ヘルコンドル」が登場します。 「ベギラマ」や「ベギラゴン」のようなギラ系呪文や「ベホイミ」や「ベホイム」などの回復呪文を使用するボスになるかもしれません。 新メガモンスターが追加 ギガンテスが登場! 出現期間 6月25日 木 〜 新メガモンスター「ギガンテス」が出現するようになります。 「痛恨の一撃」が強力なボスになりそうです。 動画内で使用している「ランドインパクト」はジバリア属性のスキルだと思われるので、ジバリア耐性を高めると有利に戦えるでしょう。 新装備ガチャについて 武器種はツメ? 武器の見た目から武器種はツメとなるでしょう。 「レンジャー」や「バトルマスター」向けの火力武器になりそうです。 職業紹介の画像でも斧を装備しているので、斧得意はほぼ確定だと思われます。 一つだけ黄と緑の混合枠があるので、サブとして回復役も担えるのではないでしょうか。 スマートウォーク内では敵モンスターからの通常攻撃を味方キャラの代わりに食らっているので、単体攻撃の攻撃を確率でかばう能力ではないでしょうか。 フィールド上に出現するスライム達の依頼を達成して絆を深めれば、「おとも」として戦闘に参戦してくれます。 依頼を達成することで絆が深まり更にイベントアイテムを獲得して、報酬を得られるシステムだと予想されます。 「スラよし」の絆効果は 強敵「ダークスライム」へのダメージが上昇する効果のようです。 お気に入りのスライムを「おとも」に設定して、一緒に冒険に出るのが楽しみです。 アイテムは依頼の達成やモンスター討伐で集められるのではないでしょうか。 見た目や説明文から斧であることが予想されるので、パラディンの得意武器も斧であると思われます。 また、同時の実装が予想されるパラディンが装備していることから パラディンと相性が良い装備だと思われます。 5月11日 月 のスマートウォークの情報 5月11日の情報まとめ ・ストーリー第7章が追加 ・レベル上限が解放 ・新上級職パラディンが実装 ・ベストドレッサーキャンペーンが開催 ストーリークエスト「第7章」が追加 実装予定日 5月14日 木 5月11日 月 に公式のスマートウォークにてストーリー第7章の追加に関する情報が公開されました。 映像には新モンスターや新ストーリーが映っており、5月14日に実装予定になっています。 6章ではボスとして登場したモンスターのこころも追加されると予想されます。 判明している新モンスター レベル上限が解放 スマートウォークの映像からレベル上限が解放されると思われます。 いつ上限の解放が行われるのかは不明ですが、第7章追加のタイミングに合わせて解放されるのではないでしょうか。 新上級職「パラディン」が実装 実装時期 5月下旬予定 スマートウォークの映像から新上級職の「パラディン」が実装されることが判明しました。 基本職の「戦士」と「僧侶」をLv50にすることで解放でき、実装は5月の下旬頃に予定されています。 開催予定日は5月14日 木 になっており、映像から見た目装備が追加されるのではないかと予想できます。 4月26日 日 のスマートウォークミニの情報 4月26日の情報まとめ ・ドラクエ3イベント第5章の追加 ・新メガモンスター「ゾーマ」が公開 ・新スキル「ライデイン」と「イオナズン」が判明 ・新武器「ラーミアの杖」の映像が公開 ドラクエ3イベント第5章が追加 開催日 4月27日 木 4月26日 日 に公式のスマートウォークミニにてドラクエ3イベントの5章に関する情報が公開されました。 映像には新メガモンスター「ゾーマ」や新装備と思われる武器と防具が映っています。 現在登場中のメガモンスター「」と同様にどこでもメガモンスターとして登場するようです。 映像のゾーマがヒャド属性攻撃を使っていることからヒャド属性を強化するこころになるのではないでしょうか。 また新武器が「ライデイン」を習得可能だと思われるのでデイン属性を強化するこころとも予想できます。 新武器「ラーミアのつえ」が「」を習得可能だと思われるのでイオ属性ダメージアップの効果を持つのではないでしょうか。 またスマートウォークの映像から「ライデイン」と「」、「」を習得可能だと思われます。 ドラクエ3イベント開催が決定! 開催日 3月26日 木 3月23日 月 に公式のスマートウォークミニにてドラクエ3イベントの開催が告知されました。 映像には新システムの「助っ人」や「商人の町」、新メガモンスター「ゾーマ」が映っています。 「ルイーダの酒場」でフレンドや冒険ランクの近い人から「助っ人」を選ぶことで「助っ人」に選んだ冒険者がサポートするシステムになっています。 施設のレベルを上げることで得られる効果が増えると思われます。 レベルアップを行うことで「ゴールド」や「まほうの小びん」といったアイテムが入手でき、強敵との戦闘時に効果を得ることができると思われます。 新強敵はヤマタノオロチ? スマートウォークミニの映像から新しい強敵は「ヤマタノオロチ」ではないかと思われます。 ドラゴン系のモンスターだと思われるのでドラゴン耐性や原作のドラクエ3ではブレスの攻撃を使うのでブレス耐性を準備しておくのが良いと思われます。 3体同時に戦闘すると思われるので全体攻撃スキルが有効なのではないでしょうか。 新メガモンスターはゾーマ? スマートウォークミニの映像から新メガモンスター「ゾーマ」が登場すると思われます。 原作のドラクエ3ではヒャド系の攻撃が多いモンスターなのでヒャド耐性を上げることで対策ができると予想されます。 またドロップするこころはヒャド属性ダメージアップ効果になるのではないでしょうか。 また同時に実装される「王者の剣」がデイン属性スキルを習得可能だと思われるので、デイン属性アップの効果を持つのではないでしょうか。 新スキル「」を習得可能だと思われ、デイン属性スキルになると予想されます。 3月6日 金 のスマートウォークミニの情報 3月6日の情報まとめ ・魔法戦士の情報が公開 ・魔法戦士の職業特性「フォースブレイク」が公開 ・新スキル「MPパサー」と「火炎旋風」が判明 ・新武器「ボルケーノウィップ」の映像が公開 魔法戦士のゲーム画面が公開 アップデート日 3月12日 木 3月6日 金 に公式のスマートウォークミニにて魔法戦士のゲーム画面が公開されました。 映像には戦闘中の画面やこころの編成画面があり、新スキルが2種類映っています。 魔法戦士の職業特性はフォースブレイク? スマートウォークの映像から「魔法戦士」は職業特性に「フォースブレイク」を持つのではないかと思われます。 「」でダメージを与えた直後に効果が発動しているので職業特性で取得可能なものになるのではないでしょうか。 魔法戦士のこころ枠は黄と紫 「魔法戦士」のこころの装備枠はスマートウォークの映像から黄・紫の装備枠になっています。 こころの編成によって魔法アタッカーにも壁役にもなる事ができるのではないでしょうか。 映像から最大MPの約4分の1のMPを回復する効果になると予想できます。 映像に映っている新武器のムチが習得可能になるのではないでしょうか。 新武器は星5ムチ? スマートウォークの映像からムチのような新武器が公開されました。 映像で新スキルの「火炎旋風」を使用しているので習得可能なスキルになると思われます。 実装されれば初の星5ムチとなります。 2月21日 金 のスマートウォークの情報 2月21日の情報まとめ ・ストーリークエスト6章が追加 ・新上級職「魔法戦士」が追加 ・ひなまつりイベントの開催が決定 ・新装備「さとり装備」の映像が公開 ストーリークエスト第6章の追加が決定 追加日 2月27日 木 2月21日 金 19時に公開されたスマートウォークでストーリー第6章の追加が決定しました。 新たなストーリーが追加されるまでに、ストーリー5章10話まで進めて導きのかけらを集めておきましょう。 これまでのレアモンスターのこころはどれも強力なものなので、新しいモンスターに期待です。 魔法戦士の追加が決定 追加日 3月中旬予定 新たな上級職に魔法戦士の追加が発表されました。 シルエットで存在の告知も無いことから今回の上級職追加は魔法戦士一つだと予想されます。 ひな祭りイベントの開催が決定 開催日 2月27日 木 スマートウォークで「ひな祭りイベント」の開催が発表されました。 あくま大王のイベント終了と共に開催されると思われるので、2月27日 木 19:00からイベント開始と予想されます。 動画の内容から強敵は「おひなさまスライム」の可能性が高そうです。 「さとり装備」は回復系に特化した賢者と相性が良い装備ではないでしょうか。 新武器のスキルは「いやしの波動」? スマートウォーク内でスキル欄に写っている「いやしの波動」が新武器のスキルと予想されます。 名前から 「エルフの慈愛」や「いやしのかぜ」のような全体回復スキルではないでしょうか。

次の

ゴールドオーク

ドラクエ オーク

概要 原始人が着ているような簡素な服を身に纏い、イノシシの姿をした獣人。 上位種に、がいる。 ほかDQ10で、モンパレで色違いボス「巨獣の主」が登場。 他方、は、オーク系統のような名称だが、別デザインの別系統。 なおはオークキングの仲間モンスターだが、名前のよく似るはモンスターでは無い。 ちなみに長らく・・と登場作品が一緒だったのだが、前両者が出演した9ではハブられた。 ホークマンも11ではハブられた。 トールキン作品では醜悪な悪鬼で、海外ゲームでは概ねそのイメージ。 上述の「オークマン」のような豚顔が、典型的な日本のオーク像であった。 ドラクエの場合は豚でなくイノシシで、80年代の和ゲーとして他に例がない。 この点、のラフスケッチ(WiiのDQ1・2・3の設定資料集で見られる)には「イノシシとブタと人間をかけあわせたような悪鬼」と説明があり、ラフスケッチ自体もブタ要素が皆無。 デザインの完成形はますます体毛がフサフサした、今日知られている姿となった。 DQ2 初登場の本作では槍を持たず、素手で戦いを挑んでくる。 槍を持ったポーズのまま槍だけ抜き取られる形になっているため、見た目はちょっと不自然。 の大陸ほぼ全域に渡り出現する他、周辺にもたまに出てくる。 と組んだり、同種2体組で出たり、たまに数体を引き連れて出現する事も。 見た目に恥じずそこそこ攻撃力があり、初めてベラヌールに来た時点のパーティーには結構厄介な相手。 攻撃呪文も効かない時があるのででミスを誘い、打撃で倒すのがお勧め。 槍を持っていないくせに何故かを落とす。 この点はを持たないのに剣を落とすと似ている。 しかし、会う頃には既にサマルがこれを装備していることが多く、ドロップがゴールドに変わるので実際に鉄の槍を落とすところを見る機会はほぼない。 また、行動パターンに「にげる」があるが、攻撃力の高さのおかげででもない限り、逃げる姿を見ることはまずない。 DQ8 主に地方に出てくるほか、名も無き小島(トラペッタ北部の小島)にも出現。 ベルガラック地方では中央部と南部は昼間のみ出現。 しかも中央部は平原しか出ない。 終盤は殆どの場所で出会いにくくなるが、ベルガラック地方北部では相変わらずよく出る。 通常攻撃のほか、を使ってくる。 ただ、同じ地域にはや、といったテクニカルなモンスターがうじゃうじゃ生息している上、 は、ににといった更なるインパクトの強い敵に印象が薄くなりがち。 攻撃力こそまあまああるが、攻撃呪文を連発すればほぼ苦労せずに倒せるだろう。 ちなみに、パンチラは見せてくれなくなった。 やっと真っ当に持っている槍を落とすようになった。 DQM1、2 獣人型のモンスターの多くはではなくとなっている本作ではオークも例外ではなく悪魔系。 悪魔系+を配合すると生み出せる。 野生の個体は1では(しれんのとびら)、に、2では氷の世界のフィールドなどに出現する。 習得する特技は、、。 賢さがよく成長するが、他の能力はあまり伸びない。 2の外見のためか、図鑑によれば本作のオークは持っている槍はおまけでほとんど使わないらしい。 モンスターズの図鑑はこのような過去作をもじったネタも見られる。 PS版2では「バニーのかぎ」という名前のの世界にボスの手下の個体が登場する。 ボスの宝を盗んだのをに囲まれた祭壇のような場所に閉じ込めて逃げないよう監視していたが、ちょっと目を離した隙に逃げられている。 DQMJ3・DQMJ3P ランクがFになった。 に出現。 大喰らいの要塞に続く道で門番のように立ちふさがっており、こちらを見つけるとをけしかけて襲わせる。 初登場のは、オークがブレイク化したボスだと思われる。 なお、ウッドパークに寄らずに大喰らいの要塞に向かおうとするとボーショックの手下のオーク二匹に止められる。 +25で解放される特性がになり、化するとを覚える。 ちなみに固定特性は。 プロ版における合体特技は、合体特性は。 スキルはになった。 ボーショック戦で回復要員になってもらうとよい。 ドロップアイテムはようせいの粉かふさふさの毛皮。 ライブラリのテキストでは「鼻息が荒いので相手に息がかからないように横を向いて話すなど気をつかっている」とある。 今までの作品でオークが顔を横に向けていたのにはこのような理由があったのだ。 横を向いて話す方もこれはこれで失礼な気がしないでもないが。 だが、よりによって今作では等のモーションを流用しているせいで正面を向いていて残念ながらテキストと噛み合っていない。 せっかく長らく続けていた構図に違和感の無い理由付けをしたのに。 DQB2 ストーリー中はで登場する。 NPCとして登場し、トマト農園を持っているオークがの育て方や水撒き不要な畑の作り方を教えてくれ、洞窟にいる自称・自然派のオークはの作り方・使い方を教えてくれる。 敵としてはモンゾーラ島の各地に現れる。 つよいモンスター扱いこそされないものの、雑魚より圧倒的にステータスが高く、一度倒したらしばらく復活しない中ボス的存在。 島北部のおおねずみの丘のから西、のある洞穴前に1体、同じくおおねずみの丘南東の海峡を挟んだ先にあるビルダーパズル付近に1体、島南西のが隠された島への道中の海岸に1体、島南東のリリパット族の島へ向かう岬と旧へ向かう岬への分かれ道に1体の計4ヶ所に出現する。 うち島北側のおおねずみの丘付近にいる2体はを10個、南側にいる2体はかのどちらかを10個ドロップする。 これらオークはモンゾーラ島で朝を迎えるごとに復活するので、タネが欲しいなら狩っておくとよい。 そざい島ではのブロックで出来た大樹が並ぶ密林地帯に出現し、倒すとキャベツのタネかのどちらかを10個ドロップするほか、のレシピをひらめくことができる。 ジメジメ島はストーリー上で目当てに必ず行くことになるので、その際ついでに倒しておくと良いだろう。

次の