アメブロコロナ。 ロシアの新型コロナ感染拡大で深まる謎 どこで日本との差が生じたのか?:朝日新聞GLOBE+

新型コロナウイルス 各国の感染状況マップ

アメブロコロナ

3月11日、ドイツのメルケル首相は、「ドイツ国民の60%から70%が新型コロナウイルスに感染する可能性がある」と警戒を呼びかけた。 こんなことが本当に起こりえるのだろうか? これが現実になった場合、感染者のうち1~2割が重症化し、入院治療が必要になること考えると、医療崩壊は免れないだろう。 しかし、私はそうはならないと考える。 その理由は新型コロナの感染拡大パターンにある。 新しい感染症が入ってくるとどうなる? メルケル首相の言葉は、新しい感染症に対する基本モデルに基づいている。 ある感染者がその感染症に対する免疫を持たない集団に入ってきた場合、かなりの勢いで広がっていく。 しかし、集団免疫という考え方がある。 感染から回復し免疫を得た人々が「免疫の壁」として立ちはだかるようになり、未感染者が感染者から感染するのを阻止する形となるのだ。 すると、一定の未感染者を残しながらも、感染拡大は停止する。 ウイルスの感染力が弱まって感染拡大が止まるわけではない。 60%から70%が感染のカラクリ ある感染者がその感染症に免疫を全く持たない集団に入ったとき、感染性期間に直接感染させる平均の人数を「基本再生産数」と呼ぶ。 これが1より大きければ感染は拡大し、1であれば感染は定常状態となり、1未満になれば感染は終息に向かう。 新型コロナ、インフルエンザ、SARS の基本再生産数はだいたい2~3といわれている。 メルケル首相が、「国民の60%から70%が新型コロナウイルスに感染可能性」を示唆した背景には、この計算があるのだろう。 しかし、これは集団が新型コロナに対して全く免疫を持っていないという仮定に基づいている。 私たちは新型コロナウイルスへの免疫を持っている? 2009年にパンデミック化した新型インフルエンザを思い出してほしい。 基本再生産数が3だったとしても国民の6~7割が感染するようなことはなかった。 季節性インフルエンザに対する免疫が、新型インフルエンザにもある程度有効だったと私は考える。 そもそも「新型」ではない「コロナウイルス」は、主に子供の風邪のウイルスとしてありふれたものである。 これは「新型コロナウイルス」とは別物であり、多くの人が年に1,2回は感染している。 そのため、子ども、子育て世代、小児科医などは新型コロナに対しても免疫を持っているかもしれない。 また、新型コロナは8割が軽症である。 無症状で経過する人も相当数いる。 日本には春節前から多くの中国人が訪れていた。 あくまで推測の域をでないが、既に日本人の多くが自分でも知らない間に感染しているかもしれない。 そうであれば、先に示した集団免疫の作用で感染爆発は起こり難い。 またメルケル首相の発言には「仮に政府が何の対策をとらなかったら」という仮定も入っている。 しかし、日本も含め多くの国が既に強い対策に打って出ており、また人々は行動変容を起こし、大勢の人が集まるところに出かけることを控えている。 よって、無防備に感染が拡大するとは考えにくい。 新型コロナの感染拡大パターンは、次のようなものである。

次の

「コロナ収束は日本人のマジメさや清潔さのお陰」という勘違いの恐ろしさ

アメブロコロナ

一部の感染者から多くの感染が広がっている現象に注目し、日本のクラスター(感染者集団)対策が感染の第2波を防ぐ決め手になりうるとの考えを示した。 ドロステン氏は新型コロナの検査の「最初の開発者」(メルケル首相)とされ、ドイツ政府のコロナ対策にも大きな影響力がある。 2003年の重症急性呼吸器症候群(SARS)の共同発見者としても知られるウイルス学の第一人者だ。 ドイツではドロステン氏が連日配信するポッドキャストの人気が高い。 同氏は28日の放送で「スーパースプレッディング」と呼ばれる一部の感染者から爆発的に感染が広がる現象を取り上げ、これを防ぐためには対策の修正が必要で、日本の対応に学ぶ必要があるとの考えを示した。 ドロステン氏は、日本はほかのアジア諸国と比べれば厳格な「ロックダウン」なしに感染を押さえ込んでいると指摘。 ひとたびクラスターが見つかれば、検査よりも先に関係者全員を隔離することが戦略の「核心」になっていると説明した。 もともとドイツは、多くの検査で新型コロナを封じ込めた韓国を対策の参考にしてきた。 日本の対策は分かりにくいとの声が強かったが、英語での情報発信が最近増え始めたこともあり、注目が高まりつつある。 ドイツは検査数や病床などの医療体制で日本を上回り、ほかの欧州諸国と比べれば死者数も低く抑えている。 ただ、感染の第2波を避けながらいかに正常化を進めるかが課題で、日本のクラスター対策やスマホアプリを使った追跡など、新たな対策を取り入れようとしている。

次の

医者の僕でも、コロナウイルスをナメていたが、間違っていた。

アメブロコロナ

窪田順生 [ノンフィクションライター] くぼた・まさき/テレビ情報番組制作、週刊誌記者、新聞記者、月刊誌編集者を経て現在はノンフィクションライターとして週刊誌や月刊誌へ寄稿する傍ら、報道対策アドバイザーとしても活動。 これまで200件以上の広報コンサルティングやメディアトレーニング(取材対応トレーニング)を行う。 情報戦の裏側 できれば起きてほしくない「不祥事」だが、起きてしまった後でも正しい広報戦略さえ取れば、傷を最小限に済ませることができる。 企業不祥事はもちろん、政治家の選挙戦略、芸能人の不倫ネタまで、あらゆる事象の背後にある「情報戦」を読み解く。 「見たか!これが日本の底力だ!」と浮かれてしまう人もいるだろうが、ちょっと落ち着いて周りを見ていただきたい。 同日の死亡者は、お隣の韓国で5人、ウイルスの発生源と言われる中国では3人、さらにインドでも2人となっているのだ。 つまり日本の重症化対策は、欧米と比べると確かに「ケタ違いの優等生」なのだが、東アジアの中では極めて平均的、むしろ「劣等生」の部類に入るレベルといえる。 コロナ対策にバラつきがあっても 死亡者が少ない東アジアの共通点 断っておくが、筆者は日本のコロナ対策を批判しているわけではない。 今、世界で起きている現実を客観的に見る限り、日本人のルールを守るマジメさや、清潔好きな国民性などという「ふわっ」とした話は、コロナの死亡者数にそれほど影響していないのではないかと言いたいだけだ。 当たり前の話だが、日本も韓国もインドも中国も、文化も国民性も生活様式もまったく異なる国々だ。 社会制度や医療体制にも違いがある。 そのため当然、今回のコロナ対策にもバラつきがある。 しかし、「結果」にはそれほど大きな違いはない。 感染者数は人口規模などによって違いはあるものの、欧米と比べて重症化患者が圧倒的に少ないという点においては、共通しているのだ。 この事実から導き出される答えは、1つしかない。 それは「東アジアには新型コロナの重症化を防ぐ何かしらの要因がある」ということだ。 もちろん、現時点ではそれが何かはわからない。 それは、これからの研究によって明らかにされることを期待するしかない。 ただ、少なくとも「マジメな国民性」や「医療従事者が頑張ったから」という抽象的な話ではないということは断言できる。 ましてや安倍首相が会見で述べた「日本の感染症への対応は、世界において卓越した模範である」などということは、科学的根拠のかけらもない御都合主義的な解釈だろう。

次の