学歴 コンプ。 学歴において「超・劣等感」があって死にたくなります・・・学歴コンプ

学歴コンプレックスの克服方法8選!学歴コンプを抱える方必見!

学歴 コンプ

学歴フィルターとは、就職活動の特に書類選考で企業が学生の選考を行なう際に「学歴」を基準に採用・不採用を決定するというものです。 採用において学歴フィルターを導入することはタブーです。 そのために、企業はそのようなフィルターを導入しているという事は決して名言することはないです。 企業の採用活動にて学歴のみで採用の可否を決定しているという事が社会に知れ渡ったならば、企業イメージが著しく悪くなるというリスクが存在するためです。 学歴フィルターの導入が知れ渡ってしまった例として「ゆうちょ銀行」の採用活動が挙げられます。 所属大学で差別をしていることが明らかになり、インターネット上で炎上していまうという結果を招いてしまいました。 いわゆる偏差値があまり高くない大学の学生としてセミナーに出席しようと申し込むと「満席」で断られてしまう。 その一方で、東京大学の学生としてセミナーへ参加申請すると簡単に出席の予約が取れるといったことが発覚してしまいました。 学歴フィルター発覚の原因は、ある就職活動生のツイッターの投稿です。 以下にそのツイッターのキャプチャ画像示します。 日東駒専(日本大学、東洋大学、駒澤大学、専修大学のどの大学か不明)の所属学生として採用専用サイトに登録した場合には満席表示。 東京大学の所属学生として採用専用サイトに登録した場合には予約可能との表示。 面接や説明会に応募しても、企業が定める水準以上の学歴保有者以外は書類選考で問答無用で落とされてしまいます。 その応募者が どのような難関資格を保有していようと、どのような素晴らしい経験をしていようと、どのような素晴らしい人格の持ち主であろうと、どのような素晴らしい文章を書いて応募しようと例外はないのです。 選別者は感情がある人ではなく、システムが自動で出身大学名で選別するのですから、学歴フィルターを突破する方法など存在しません。 なぜなら、上記の例のように 就職活動生が「日本大学の学生」と「東京大学の学生」といったような複数のアカウントを用いることで学歴フィルターを採用していることが世間に露見しやすいためです。 企業が定める水準以上の学歴保有者のみをセミナーや企業説明会に呼び、それ以外の就職活動生は採用専用サイトの予約ボタンすら押せません。 難易度が低い大学の学生の就職活動生の画面ではセミナー・説明会の予約表示は常に満席状態です。 一方、東大や慶應など就職に強い学生はどどれだけ出遅れても予約可能だそうです。 過去に採用実績の多い大学に所属する就職活動生が有利です。 大学のOBがリクルーターとして後輩に直接会い、就職活動の相談や質問会という形で選考が行われます。 もちろん例外もあり、 同じ大学出身者ではない社員が学生のリクルーターとして配属される場合も多数見受けられます(学生数が少ないため採用実績は多くないものの、優秀な理系単科大学の学生を文系枠で採用したい場合など)。 ですが、一般的には採用実績が少ない大学の学生にはリクルーターはつきにくい傾向にあるといえるでしょう。 リクルーター経由のみでしか進むことができない独自の選考ルートも存在するようです。 こんな話はよく聞きます。 高い偏差値の大学所属の学生には早い段階で連絡し、低い偏差値の大学所属の学生にはその後に連絡するというものです。 学歴を基準に連絡の優先順位を設定する手法です。 人事部にも対応できる人数の限界があるため、面接をはじめとして、インターンシップや説明会において参加人数に上限を設けなければいけません。 優先したい高学歴に人事部の労力を集中させ、優秀な学生を早期に確保することができるのです。 下手に学歴フィルターの話題に触れた場合、企業イメージを大きく悪化させてしまう事態を招きかねず、更に採用活動でも優れた人材の確保が困難になる。 このような理由があり、学歴フィルターに関する調査が大々的に実施されたことが無かったわけだ。 そのような中で、学歴フィルターという闇に対して大きく切り込んだ「JOBRASS新卒」を運営する「株式会社アイデム」の「人と仕事研究所」が実施した「新卒採用に関する企業調査」の調査結果が大きな話題を呼んでいる。 本記事では、調査結果の一部を以下に掲載するが、非常に興味深い内容のため、詳細は参考URLにて確認して欲しい。 aidem. pdf 新卒採用活動にて、学生の属性や特徴に対するフィルターの実態についてアンケートを取った結果、何かしらのフィルターが「ある」企業が46. 5%と約半数に達する結果となった。 また、フィルターが「ある」と回答した企業に対して、具体的なフィルター項目を確認したところ、回答が多かった順に「学部・専攻」43. 8%、「学歴・学校名」37. 6%、「性別」21. 9%という結果となった。 なんとも生々しい結果であるが、多くの人のイメージが定量化された想像通りの結果となったのではないだろうか? 今回の結果を踏まえて考えると、入試難易度が高い大学(東京大学や京都大学、慶應義塾大学等)に在籍し、更に就職に強いとされる実学系学部(工学部や経済学部、法学部等)に所属。 そして、男性であり、体育会系出身ということになれば、大抵のフィルターは回避することができる理想的な人物ということになる。 技術革新が進むことで、採用活動の効率化を目指してITが活用されるようになることで入社志望者の選別が人の手ではなくシステムにより自動で行われるようになってきています。 シ ステムが人を選別する場合には客観的に評価できるデータを活用し評価を行います。 使用されるデータには学歴や年齢、専攻、性別、TOEICスコアなど様々なものがあります。 一浪は良いけれど二浪は駄目というようにフィルターを設定してしまえば、どれほどその他の点が優れた人物であろうと書類選考で落とされてしまいます。 このような 就職希望者を選別する際に最も活用される客観的なデータが『学歴』であるといわれています。 この手の話題でよく耳にするフレーズは「MARCH(明治大学、青山学院大学、立教大学、中央大学、法政大学)は書類選考を通過させるけど日東駒専(日本大学、東洋大学、駒澤大学、専修大学)は落とす」というような辛辣な内容です。 また、 学歴フィルターの特徴は、大学個別単位でフィルターを設定するのではなく『大学群単位』で評価を決定する点にあるといわれています。 大学群とは、偏差値・難易度や歴史的設立経緯、専門分野、所在地、大学間連携、宗教等の様々な点で類似している複数の大学を一つのグループとしてまとめたものです。 この大学群は受験生の志望校選びに大きな影響を与えるといわれ、河合塾や東進ハイスクール、高校等の合格実績でも頻繁に活用されています。 無数に存在する有名な大学群には旧帝大や早慶、MARCH、関関同立などがあります。 このような大学群を指標とした学歴フィルターの有名な例がインターネット上に出回っているため参考として記載します。 就職活動における学歴フィルターを生々しく表現しつつも、納得感のある例だといわれています。 獨協大、國學院大、武蔵大を加え成成明学獨國武と呼ぶ場合もある。 学歴フィルターの参考になるでしょう。 1 一橋大学(54. 5%、486人) 2 東京工業大学(53. 7%、832人) 3 国際教養大学(45. 8%、65人) 4 豊田工業大学(44. 6%、29人) 5 慶應義塾大学(41. 6%、2,779人) 6 大阪大学(32. 9%、1,405人) 7 名古屋工業大学(32. 0%、303人) 8 京都大学(31. 8%、1,244人) 9 上智大学(31. 6%、777人) 10 東京理科大学(30. 5%、877人) 11 早稲田大学(30. 3%、3,347人) 12 電気通信大学(30. 3%、283人) 13 名古屋大学(29. 6%、730人 14 神戸大学(27. 8%、816人) 15 九州工業大学(27. 1%、293人) 16 聖心女子大学(27. 0%) 17 東京大学(26. 5%、1,489人) 18 同志社大学(25. 5%、1,466人) 19 東京農工大学(25. 3%、258人) 20 東北大学(25. 1%、828人) 21 国際基督教大学(24. 6%) 22 東京外国語大学(24. 6%) 23 京都工芸繊維大学(24. 5%) 24 立教大学(24. 3%) 25 津田塾大学(24. 1%) 26 学習院大学(23. 7%、409人) 27 九州大学(23. 4%、870人) 28 東京女子大学(23. 4%) 29 長岡技術科学大学(23. 3%、99人) 30 青山学院大学(23. 2%) 31 お茶の水女子大学(23. 0%、123人) 32 豊橋技術科学大学(22. 3%、103人) 33 横浜国立大学(22. 3%、231人) 34 芝浦工業大学(21. 6%、372人) 35 大阪府立大学(20. 9%、306人) 36 小樽商科大学(20. 8%) 37 大阪市立大学(20. 5%、207人) 38 関西学院大学(20. 5%、1,058人) 39 北海道大学(20. 4%、663人) 40 明治大学(19. 9%、1,471人) 41 筑波大学(19. 8%、570人) 42 日本女子大学(19. 5%) 43 立命館大学(19. 4%、1,378人) 44 中央大学(18. 7%、1,071人) 45 首都大学東京(18. 6%、345人) 46 成蹊大学(18. 6%) 47 筑波技術大学(17. 9%、12人) 48 白百合女子大学(17. 6%) 49 清泉女子大学(16. 3%) 50 法政大学(16. 2%) 51 関西大学(15. 6%) 52 千葉大学(15. 3%、429人) 53 奈良女子大学(14. 3%) 54 東京都市大学(14. 2%) 55 横浜市立大学(13. 9%、123人) 56 滋賀大学(13. 7%) 57 東洋英和女学院大学(13. 6%) 58 成城大学(13. 0%) 59 神戸女学院大学(12. 7%) 60 広島大学(12. 5%、326人) 61 金沢大学(12. 4%、233人) 62 神戸市外国語大学(12. 3%) 63 西南学院大学(12. 2%) 64 明治学院大学(11. 8%) 65 昭和女子大学(11. 3%) 66 甲南大学(11. 3%) 67 東京薬科大学(11. 0%、58人) 68 静岡大学(10. 6%) 69 名古屋市立大学(10. 4%、68人) 70 熊本大学(10. 4%、200人) 71 大阪薬科大学(10. 3%、28人) 72 はこだて未来大学(9. 9%) 73 長崎大学(9. 7%、140人) 74 創価大学(9. 6%、163人) 75 東京電機大学(9. 5%、173人) 76 和歌山大学(9. 5%) 77 宮崎公立大学(9. 4%) 78 京都女子大学(9. 4%) 79 大妻女子大学(9. 3%) 80 宇都宮大学(9. 2% 81 鹿児島大学(9. 2%) 82 岡山大学(9. 1%、252人) 83 秋田県立大学(8. 7%、33人) 84 東京海洋大学(8. 6%、43人) 85 京都産業大学(8. 2%) 86 静岡文化芸術大学(8. 1%) 87 岩手大学(8. 0%) 88 高知工科大学(7. 8%、33人) 89 金城学院大学(7. 8%) 90 東北学院大学(7. 8%) 91 日本大学(7. 7%、1,060人) 92 新潟大学(7. 7%、189人) 93 工学院大学(7. 7%、96人) 94 山口大学(7. 6%、137人) 95 山形大学(7. 5%) 96 福井大学(7. 4%、70人) 97 獨協大学(7. 4%) 98 青森中央学院大学(7. 3%、9人) 99 西南女学院大学(7. 3%) 100 下関市立大学(7. 3%) 101 京都薬科大学(7. 2%、25人) 102 筑紫女学院大学(7. 2%) 103 広島市立大学(7. 0%) 104 神戸外語大学(7. 0%) 105 大阪工業大学(6. 9%) 106 金沢工業大学(6. 7%、93人) 107 会津大学(6. 7%) 108 静岡県立大学(6. 6%) 109 椙山女学院大学(6. 6%) 110 佐賀大学(6. 4%、92人) 111 福岡大学(6. 4%) 112 甲南女子大学(6. 4%) 113 跡見学園女子大学(6. 4%) 114 福島大学(6. 1%) 115 星薬科大学(6. 0%、14人) 116 東海大学(5. 9%、340人) 117 鳥取大学(5. 9%、69人) 118 香川大学(5. 9%) 119 名古屋外語大学(5. 9%) 120 秋田大学(5. 9%) 121 武蔵大学(5. 9%) 122 神戸薬科大学(5. 8%、15人) 123 大分大学(5. 8%) 124 愛知淑徳大学(5. 8%) 125 東洋大学(5. 8%) 126 近畿大学(5. 7%、373人) 127 産業医科大学(5. 6%、10人) 128 國學院大學(5. 6%) 129 千葉工業大学(5. 5%、92人) 130 明治薬科大学(5. 4%、18人) 131 武庫川大学(5. 4%) 132 龍谷大学(5. 4%) 133 東京聖栄大学(5. 長年に渡り、業績に貢献してきたビジネスマンでも企業から簡単に切り捨てられる時代であり、30代、40代、50代と高齢になるほど転職市場価値は下がる一方です。 本ヒューマンデザイン総合研究所では、 を作成しました。 結論から伝えると、リーマンショックや東日本大震災、コロナショックといった大恐慌でも、業績が悪化しにくい企業のリスト。 言い換えれば、です。 「あなた自身の幸せ」や「あなたの大切な家族の幸せ」を守れる人はあなたしかいないのです。 企業リストの詳細情報は、上記画像からご確認下さい。

次の

学歴コンプレックスがある男の特徴9つ

学歴 コンプ

学歴フィルターとは、就職活動の特に書類選考で企業が学生の選考を行なう際に「学歴」を基準に採用・不採用を決定するというものです。 採用において学歴フィルターを導入することはタブーです。 そのために、企業はそのようなフィルターを導入しているという事は決して名言することはないです。 企業の採用活動にて学歴のみで採用の可否を決定しているという事が社会に知れ渡ったならば、企業イメージが著しく悪くなるというリスクが存在するためです。 学歴フィルターの導入が知れ渡ってしまった例として「ゆうちょ銀行」の採用活動が挙げられます。 所属大学で差別をしていることが明らかになり、インターネット上で炎上していまうという結果を招いてしまいました。 いわゆる偏差値があまり高くない大学の学生としてセミナーに出席しようと申し込むと「満席」で断られてしまう。 その一方で、東京大学の学生としてセミナーへ参加申請すると簡単に出席の予約が取れるといったことが発覚してしまいました。 学歴フィルター発覚の原因は、ある就職活動生のツイッターの投稿です。 以下にそのツイッターのキャプチャ画像示します。 日東駒専(日本大学、東洋大学、駒澤大学、専修大学のどの大学か不明)の所属学生として採用専用サイトに登録した場合には満席表示。 東京大学の所属学生として採用専用サイトに登録した場合には予約可能との表示。 面接や説明会に応募しても、企業が定める水準以上の学歴保有者以外は書類選考で問答無用で落とされてしまいます。 その応募者が どのような難関資格を保有していようと、どのような素晴らしい経験をしていようと、どのような素晴らしい人格の持ち主であろうと、どのような素晴らしい文章を書いて応募しようと例外はないのです。 選別者は感情がある人ではなく、システムが自動で出身大学名で選別するのですから、学歴フィルターを突破する方法など存在しません。 なぜなら、上記の例のように 就職活動生が「日本大学の学生」と「東京大学の学生」といったような複数のアカウントを用いることで学歴フィルターを採用していることが世間に露見しやすいためです。 企業が定める水準以上の学歴保有者のみをセミナーや企業説明会に呼び、それ以外の就職活動生は採用専用サイトの予約ボタンすら押せません。 難易度が低い大学の学生の就職活動生の画面ではセミナー・説明会の予約表示は常に満席状態です。 一方、東大や慶應など就職に強い学生はどどれだけ出遅れても予約可能だそうです。 過去に採用実績の多い大学に所属する就職活動生が有利です。 大学のOBがリクルーターとして後輩に直接会い、就職活動の相談や質問会という形で選考が行われます。 もちろん例外もあり、 同じ大学出身者ではない社員が学生のリクルーターとして配属される場合も多数見受けられます(学生数が少ないため採用実績は多くないものの、優秀な理系単科大学の学生を文系枠で採用したい場合など)。 ですが、一般的には採用実績が少ない大学の学生にはリクルーターはつきにくい傾向にあるといえるでしょう。 リクルーター経由のみでしか進むことができない独自の選考ルートも存在するようです。 こんな話はよく聞きます。 高い偏差値の大学所属の学生には早い段階で連絡し、低い偏差値の大学所属の学生にはその後に連絡するというものです。 学歴を基準に連絡の優先順位を設定する手法です。 人事部にも対応できる人数の限界があるため、面接をはじめとして、インターンシップや説明会において参加人数に上限を設けなければいけません。 優先したい高学歴に人事部の労力を集中させ、優秀な学生を早期に確保することができるのです。 下手に学歴フィルターの話題に触れた場合、企業イメージを大きく悪化させてしまう事態を招きかねず、更に採用活動でも優れた人材の確保が困難になる。 このような理由があり、学歴フィルターに関する調査が大々的に実施されたことが無かったわけだ。 そのような中で、学歴フィルターという闇に対して大きく切り込んだ「JOBRASS新卒」を運営する「株式会社アイデム」の「人と仕事研究所」が実施した「新卒採用に関する企業調査」の調査結果が大きな話題を呼んでいる。 本記事では、調査結果の一部を以下に掲載するが、非常に興味深い内容のため、詳細は参考URLにて確認して欲しい。 aidem. pdf 新卒採用活動にて、学生の属性や特徴に対するフィルターの実態についてアンケートを取った結果、何かしらのフィルターが「ある」企業が46. 5%と約半数に達する結果となった。 また、フィルターが「ある」と回答した企業に対して、具体的なフィルター項目を確認したところ、回答が多かった順に「学部・専攻」43. 8%、「学歴・学校名」37. 6%、「性別」21. 9%という結果となった。 なんとも生々しい結果であるが、多くの人のイメージが定量化された想像通りの結果となったのではないだろうか? 今回の結果を踏まえて考えると、入試難易度が高い大学(東京大学や京都大学、慶應義塾大学等)に在籍し、更に就職に強いとされる実学系学部(工学部や経済学部、法学部等)に所属。 そして、男性であり、体育会系出身ということになれば、大抵のフィルターは回避することができる理想的な人物ということになる。 技術革新が進むことで、採用活動の効率化を目指してITが活用されるようになることで入社志望者の選別が人の手ではなくシステムにより自動で行われるようになってきています。 シ ステムが人を選別する場合には客観的に評価できるデータを活用し評価を行います。 使用されるデータには学歴や年齢、専攻、性別、TOEICスコアなど様々なものがあります。 一浪は良いけれど二浪は駄目というようにフィルターを設定してしまえば、どれほどその他の点が優れた人物であろうと書類選考で落とされてしまいます。 このような 就職希望者を選別する際に最も活用される客観的なデータが『学歴』であるといわれています。 この手の話題でよく耳にするフレーズは「MARCH(明治大学、青山学院大学、立教大学、中央大学、法政大学)は書類選考を通過させるけど日東駒専(日本大学、東洋大学、駒澤大学、専修大学)は落とす」というような辛辣な内容です。 また、 学歴フィルターの特徴は、大学個別単位でフィルターを設定するのではなく『大学群単位』で評価を決定する点にあるといわれています。 大学群とは、偏差値・難易度や歴史的設立経緯、専門分野、所在地、大学間連携、宗教等の様々な点で類似している複数の大学を一つのグループとしてまとめたものです。 この大学群は受験生の志望校選びに大きな影響を与えるといわれ、河合塾や東進ハイスクール、高校等の合格実績でも頻繁に活用されています。 無数に存在する有名な大学群には旧帝大や早慶、MARCH、関関同立などがあります。 このような大学群を指標とした学歴フィルターの有名な例がインターネット上に出回っているため参考として記載します。 就職活動における学歴フィルターを生々しく表現しつつも、納得感のある例だといわれています。 獨協大、國學院大、武蔵大を加え成成明学獨國武と呼ぶ場合もある。 学歴フィルターの参考になるでしょう。 1 一橋大学(54. 5%、486人) 2 東京工業大学(53. 7%、832人) 3 国際教養大学(45. 8%、65人) 4 豊田工業大学(44. 6%、29人) 5 慶應義塾大学(41. 6%、2,779人) 6 大阪大学(32. 9%、1,405人) 7 名古屋工業大学(32. 0%、303人) 8 京都大学(31. 8%、1,244人) 9 上智大学(31. 6%、777人) 10 東京理科大学(30. 5%、877人) 11 早稲田大学(30. 3%、3,347人) 12 電気通信大学(30. 3%、283人) 13 名古屋大学(29. 6%、730人 14 神戸大学(27. 8%、816人) 15 九州工業大学(27. 1%、293人) 16 聖心女子大学(27. 0%) 17 東京大学(26. 5%、1,489人) 18 同志社大学(25. 5%、1,466人) 19 東京農工大学(25. 3%、258人) 20 東北大学(25. 1%、828人) 21 国際基督教大学(24. 6%) 22 東京外国語大学(24. 6%) 23 京都工芸繊維大学(24. 5%) 24 立教大学(24. 3%) 25 津田塾大学(24. 1%) 26 学習院大学(23. 7%、409人) 27 九州大学(23. 4%、870人) 28 東京女子大学(23. 4%) 29 長岡技術科学大学(23. 3%、99人) 30 青山学院大学(23. 2%) 31 お茶の水女子大学(23. 0%、123人) 32 豊橋技術科学大学(22. 3%、103人) 33 横浜国立大学(22. 3%、231人) 34 芝浦工業大学(21. 6%、372人) 35 大阪府立大学(20. 9%、306人) 36 小樽商科大学(20. 8%) 37 大阪市立大学(20. 5%、207人) 38 関西学院大学(20. 5%、1,058人) 39 北海道大学(20. 4%、663人) 40 明治大学(19. 9%、1,471人) 41 筑波大学(19. 8%、570人) 42 日本女子大学(19. 5%) 43 立命館大学(19. 4%、1,378人) 44 中央大学(18. 7%、1,071人) 45 首都大学東京(18. 6%、345人) 46 成蹊大学(18. 6%) 47 筑波技術大学(17. 9%、12人) 48 白百合女子大学(17. 6%) 49 清泉女子大学(16. 3%) 50 法政大学(16. 2%) 51 関西大学(15. 6%) 52 千葉大学(15. 3%、429人) 53 奈良女子大学(14. 3%) 54 東京都市大学(14. 2%) 55 横浜市立大学(13. 9%、123人) 56 滋賀大学(13. 7%) 57 東洋英和女学院大学(13. 6%) 58 成城大学(13. 0%) 59 神戸女学院大学(12. 7%) 60 広島大学(12. 5%、326人) 61 金沢大学(12. 4%、233人) 62 神戸市外国語大学(12. 3%) 63 西南学院大学(12. 2%) 64 明治学院大学(11. 8%) 65 昭和女子大学(11. 3%) 66 甲南大学(11. 3%) 67 東京薬科大学(11. 0%、58人) 68 静岡大学(10. 6%) 69 名古屋市立大学(10. 4%、68人) 70 熊本大学(10. 4%、200人) 71 大阪薬科大学(10. 3%、28人) 72 はこだて未来大学(9. 9%) 73 長崎大学(9. 7%、140人) 74 創価大学(9. 6%、163人) 75 東京電機大学(9. 5%、173人) 76 和歌山大学(9. 5%) 77 宮崎公立大学(9. 4%) 78 京都女子大学(9. 4%) 79 大妻女子大学(9. 3%) 80 宇都宮大学(9. 2% 81 鹿児島大学(9. 2%) 82 岡山大学(9. 1%、252人) 83 秋田県立大学(8. 7%、33人) 84 東京海洋大学(8. 6%、43人) 85 京都産業大学(8. 2%) 86 静岡文化芸術大学(8. 1%) 87 岩手大学(8. 0%) 88 高知工科大学(7. 8%、33人) 89 金城学院大学(7. 8%) 90 東北学院大学(7. 8%) 91 日本大学(7. 7%、1,060人) 92 新潟大学(7. 7%、189人) 93 工学院大学(7. 7%、96人) 94 山口大学(7. 6%、137人) 95 山形大学(7. 5%) 96 福井大学(7. 4%、70人) 97 獨協大学(7. 4%) 98 青森中央学院大学(7. 3%、9人) 99 西南女学院大学(7. 3%) 100 下関市立大学(7. 3%) 101 京都薬科大学(7. 2%、25人) 102 筑紫女学院大学(7. 2%) 103 広島市立大学(7. 0%) 104 神戸外語大学(7. 0%) 105 大阪工業大学(6. 9%) 106 金沢工業大学(6. 7%、93人) 107 会津大学(6. 7%) 108 静岡県立大学(6. 6%) 109 椙山女学院大学(6. 6%) 110 佐賀大学(6. 4%、92人) 111 福岡大学(6. 4%) 112 甲南女子大学(6. 4%) 113 跡見学園女子大学(6. 4%) 114 福島大学(6. 1%) 115 星薬科大学(6. 0%、14人) 116 東海大学(5. 9%、340人) 117 鳥取大学(5. 9%、69人) 118 香川大学(5. 9%) 119 名古屋外語大学(5. 9%) 120 秋田大学(5. 9%) 121 武蔵大学(5. 9%) 122 神戸薬科大学(5. 8%、15人) 123 大分大学(5. 8%) 124 愛知淑徳大学(5. 8%) 125 東洋大学(5. 8%) 126 近畿大学(5. 7%、373人) 127 産業医科大学(5. 6%、10人) 128 國學院大學(5. 6%) 129 千葉工業大学(5. 5%、92人) 130 明治薬科大学(5. 4%、18人) 131 武庫川大学(5. 4%) 132 龍谷大学(5. 4%) 133 東京聖栄大学(5. 長年に渡り、業績に貢献してきたビジネスマンでも企業から簡単に切り捨てられる時代であり、30代、40代、50代と高齢になるほど転職市場価値は下がる一方です。 本ヒューマンデザイン総合研究所では、 を作成しました。 結論から伝えると、リーマンショックや東日本大震災、コロナショックといった大恐慌でも、業績が悪化しにくい企業のリスト。 言い換えれば、です。 「あなた自身の幸せ」や「あなたの大切な家族の幸せ」を守れる人はあなたしかいないのです。 企業リストの詳細情報は、上記画像からご確認下さい。

次の

金岡千広とは?力のある国立大学でも学歴コンプレックスが蔓延?

学歴 コンプ

学歴フィルターとは、就職活動の特に書類選考で企業が学生の選考を行なう際に「学歴」を基準に採用・不採用を決定するというものです。 採用において学歴フィルターを導入することはタブーです。 そのために、企業はそのようなフィルターを導入しているという事は決して名言することはないです。 企業の採用活動にて学歴のみで採用の可否を決定しているという事が社会に知れ渡ったならば、企業イメージが著しく悪くなるというリスクが存在するためです。 学歴フィルターの導入が知れ渡ってしまった例として「ゆうちょ銀行」の採用活動が挙げられます。 所属大学で差別をしていることが明らかになり、インターネット上で炎上していまうという結果を招いてしまいました。 いわゆる偏差値があまり高くない大学の学生としてセミナーに出席しようと申し込むと「満席」で断られてしまう。 その一方で、東京大学の学生としてセミナーへ参加申請すると簡単に出席の予約が取れるといったことが発覚してしまいました。 学歴フィルター発覚の原因は、ある就職活動生のツイッターの投稿です。 以下にそのツイッターのキャプチャ画像示します。 日東駒専(日本大学、東洋大学、駒澤大学、専修大学のどの大学か不明)の所属学生として採用専用サイトに登録した場合には満席表示。 東京大学の所属学生として採用専用サイトに登録した場合には予約可能との表示。 面接や説明会に応募しても、企業が定める水準以上の学歴保有者以外は書類選考で問答無用で落とされてしまいます。 その応募者が どのような難関資格を保有していようと、どのような素晴らしい経験をしていようと、どのような素晴らしい人格の持ち主であろうと、どのような素晴らしい文章を書いて応募しようと例外はないのです。 選別者は感情がある人ではなく、システムが自動で出身大学名で選別するのですから、学歴フィルターを突破する方法など存在しません。 なぜなら、上記の例のように 就職活動生が「日本大学の学生」と「東京大学の学生」といったような複数のアカウントを用いることで学歴フィルターを採用していることが世間に露見しやすいためです。 企業が定める水準以上の学歴保有者のみをセミナーや企業説明会に呼び、それ以外の就職活動生は採用専用サイトの予約ボタンすら押せません。 難易度が低い大学の学生の就職活動生の画面ではセミナー・説明会の予約表示は常に満席状態です。 一方、東大や慶應など就職に強い学生はどどれだけ出遅れても予約可能だそうです。 過去に採用実績の多い大学に所属する就職活動生が有利です。 大学のOBがリクルーターとして後輩に直接会い、就職活動の相談や質問会という形で選考が行われます。 もちろん例外もあり、 同じ大学出身者ではない社員が学生のリクルーターとして配属される場合も多数見受けられます(学生数が少ないため採用実績は多くないものの、優秀な理系単科大学の学生を文系枠で採用したい場合など)。 ですが、一般的には採用実績が少ない大学の学生にはリクルーターはつきにくい傾向にあるといえるでしょう。 リクルーター経由のみでしか進むことができない独自の選考ルートも存在するようです。 こんな話はよく聞きます。 高い偏差値の大学所属の学生には早い段階で連絡し、低い偏差値の大学所属の学生にはその後に連絡するというものです。 学歴を基準に連絡の優先順位を設定する手法です。 人事部にも対応できる人数の限界があるため、面接をはじめとして、インターンシップや説明会において参加人数に上限を設けなければいけません。 優先したい高学歴に人事部の労力を集中させ、優秀な学生を早期に確保することができるのです。 下手に学歴フィルターの話題に触れた場合、企業イメージを大きく悪化させてしまう事態を招きかねず、更に採用活動でも優れた人材の確保が困難になる。 このような理由があり、学歴フィルターに関する調査が大々的に実施されたことが無かったわけだ。 そのような中で、学歴フィルターという闇に対して大きく切り込んだ「JOBRASS新卒」を運営する「株式会社アイデム」の「人と仕事研究所」が実施した「新卒採用に関する企業調査」の調査結果が大きな話題を呼んでいる。 本記事では、調査結果の一部を以下に掲載するが、非常に興味深い内容のため、詳細は参考URLにて確認して欲しい。 aidem. pdf 新卒採用活動にて、学生の属性や特徴に対するフィルターの実態についてアンケートを取った結果、何かしらのフィルターが「ある」企業が46. 5%と約半数に達する結果となった。 また、フィルターが「ある」と回答した企業に対して、具体的なフィルター項目を確認したところ、回答が多かった順に「学部・専攻」43. 8%、「学歴・学校名」37. 6%、「性別」21. 9%という結果となった。 なんとも生々しい結果であるが、多くの人のイメージが定量化された想像通りの結果となったのではないだろうか? 今回の結果を踏まえて考えると、入試難易度が高い大学(東京大学や京都大学、慶應義塾大学等)に在籍し、更に就職に強いとされる実学系学部(工学部や経済学部、法学部等)に所属。 そして、男性であり、体育会系出身ということになれば、大抵のフィルターは回避することができる理想的な人物ということになる。 技術革新が進むことで、採用活動の効率化を目指してITが活用されるようになることで入社志望者の選別が人の手ではなくシステムにより自動で行われるようになってきています。 シ ステムが人を選別する場合には客観的に評価できるデータを活用し評価を行います。 使用されるデータには学歴や年齢、専攻、性別、TOEICスコアなど様々なものがあります。 一浪は良いけれど二浪は駄目というようにフィルターを設定してしまえば、どれほどその他の点が優れた人物であろうと書類選考で落とされてしまいます。 このような 就職希望者を選別する際に最も活用される客観的なデータが『学歴』であるといわれています。 この手の話題でよく耳にするフレーズは「MARCH(明治大学、青山学院大学、立教大学、中央大学、法政大学)は書類選考を通過させるけど日東駒専(日本大学、東洋大学、駒澤大学、専修大学)は落とす」というような辛辣な内容です。 また、 学歴フィルターの特徴は、大学個別単位でフィルターを設定するのではなく『大学群単位』で評価を決定する点にあるといわれています。 大学群とは、偏差値・難易度や歴史的設立経緯、専門分野、所在地、大学間連携、宗教等の様々な点で類似している複数の大学を一つのグループとしてまとめたものです。 この大学群は受験生の志望校選びに大きな影響を与えるといわれ、河合塾や東進ハイスクール、高校等の合格実績でも頻繁に活用されています。 無数に存在する有名な大学群には旧帝大や早慶、MARCH、関関同立などがあります。 このような大学群を指標とした学歴フィルターの有名な例がインターネット上に出回っているため参考として記載します。 就職活動における学歴フィルターを生々しく表現しつつも、納得感のある例だといわれています。 獨協大、國學院大、武蔵大を加え成成明学獨國武と呼ぶ場合もある。 学歴フィルターの参考になるでしょう。 1 一橋大学(54. 5%、486人) 2 東京工業大学(53. 7%、832人) 3 国際教養大学(45. 8%、65人) 4 豊田工業大学(44. 6%、29人) 5 慶應義塾大学(41. 6%、2,779人) 6 大阪大学(32. 9%、1,405人) 7 名古屋工業大学(32. 0%、303人) 8 京都大学(31. 8%、1,244人) 9 上智大学(31. 6%、777人) 10 東京理科大学(30. 5%、877人) 11 早稲田大学(30. 3%、3,347人) 12 電気通信大学(30. 3%、283人) 13 名古屋大学(29. 6%、730人 14 神戸大学(27. 8%、816人) 15 九州工業大学(27. 1%、293人) 16 聖心女子大学(27. 0%) 17 東京大学(26. 5%、1,489人) 18 同志社大学(25. 5%、1,466人) 19 東京農工大学(25. 3%、258人) 20 東北大学(25. 1%、828人) 21 国際基督教大学(24. 6%) 22 東京外国語大学(24. 6%) 23 京都工芸繊維大学(24. 5%) 24 立教大学(24. 3%) 25 津田塾大学(24. 1%) 26 学習院大学(23. 7%、409人) 27 九州大学(23. 4%、870人) 28 東京女子大学(23. 4%) 29 長岡技術科学大学(23. 3%、99人) 30 青山学院大学(23. 2%) 31 お茶の水女子大学(23. 0%、123人) 32 豊橋技術科学大学(22. 3%、103人) 33 横浜国立大学(22. 3%、231人) 34 芝浦工業大学(21. 6%、372人) 35 大阪府立大学(20. 9%、306人) 36 小樽商科大学(20. 8%) 37 大阪市立大学(20. 5%、207人) 38 関西学院大学(20. 5%、1,058人) 39 北海道大学(20. 4%、663人) 40 明治大学(19. 9%、1,471人) 41 筑波大学(19. 8%、570人) 42 日本女子大学(19. 5%) 43 立命館大学(19. 4%、1,378人) 44 中央大学(18. 7%、1,071人) 45 首都大学東京(18. 6%、345人) 46 成蹊大学(18. 6%) 47 筑波技術大学(17. 9%、12人) 48 白百合女子大学(17. 6%) 49 清泉女子大学(16. 3%) 50 法政大学(16. 2%) 51 関西大学(15. 6%) 52 千葉大学(15. 3%、429人) 53 奈良女子大学(14. 3%) 54 東京都市大学(14. 2%) 55 横浜市立大学(13. 9%、123人) 56 滋賀大学(13. 7%) 57 東洋英和女学院大学(13. 6%) 58 成城大学(13. 0%) 59 神戸女学院大学(12. 7%) 60 広島大学(12. 5%、326人) 61 金沢大学(12. 4%、233人) 62 神戸市外国語大学(12. 3%) 63 西南学院大学(12. 2%) 64 明治学院大学(11. 8%) 65 昭和女子大学(11. 3%) 66 甲南大学(11. 3%) 67 東京薬科大学(11. 0%、58人) 68 静岡大学(10. 6%) 69 名古屋市立大学(10. 4%、68人) 70 熊本大学(10. 4%、200人) 71 大阪薬科大学(10. 3%、28人) 72 はこだて未来大学(9. 9%) 73 長崎大学(9. 7%、140人) 74 創価大学(9. 6%、163人) 75 東京電機大学(9. 5%、173人) 76 和歌山大学(9. 5%) 77 宮崎公立大学(9. 4%) 78 京都女子大学(9. 4%) 79 大妻女子大学(9. 3%) 80 宇都宮大学(9. 2% 81 鹿児島大学(9. 2%) 82 岡山大学(9. 1%、252人) 83 秋田県立大学(8. 7%、33人) 84 東京海洋大学(8. 6%、43人) 85 京都産業大学(8. 2%) 86 静岡文化芸術大学(8. 1%) 87 岩手大学(8. 0%) 88 高知工科大学(7. 8%、33人) 89 金城学院大学(7. 8%) 90 東北学院大学(7. 8%) 91 日本大学(7. 7%、1,060人) 92 新潟大学(7. 7%、189人) 93 工学院大学(7. 7%、96人) 94 山口大学(7. 6%、137人) 95 山形大学(7. 5%) 96 福井大学(7. 4%、70人) 97 獨協大学(7. 4%) 98 青森中央学院大学(7. 3%、9人) 99 西南女学院大学(7. 3%) 100 下関市立大学(7. 3%) 101 京都薬科大学(7. 2%、25人) 102 筑紫女学院大学(7. 2%) 103 広島市立大学(7. 0%) 104 神戸外語大学(7. 0%) 105 大阪工業大学(6. 9%) 106 金沢工業大学(6. 7%、93人) 107 会津大学(6. 7%) 108 静岡県立大学(6. 6%) 109 椙山女学院大学(6. 6%) 110 佐賀大学(6. 4%、92人) 111 福岡大学(6. 4%) 112 甲南女子大学(6. 4%) 113 跡見学園女子大学(6. 4%) 114 福島大学(6. 1%) 115 星薬科大学(6. 0%、14人) 116 東海大学(5. 9%、340人) 117 鳥取大学(5. 9%、69人) 118 香川大学(5. 9%) 119 名古屋外語大学(5. 9%) 120 秋田大学(5. 9%) 121 武蔵大学(5. 9%) 122 神戸薬科大学(5. 8%、15人) 123 大分大学(5. 8%) 124 愛知淑徳大学(5. 8%) 125 東洋大学(5. 8%) 126 近畿大学(5. 7%、373人) 127 産業医科大学(5. 6%、10人) 128 國學院大學(5. 6%) 129 千葉工業大学(5. 5%、92人) 130 明治薬科大学(5. 4%、18人) 131 武庫川大学(5. 4%) 132 龍谷大学(5. 4%) 133 東京聖栄大学(5. 長年に渡り、業績に貢献してきたビジネスマンでも企業から簡単に切り捨てられる時代であり、30代、40代、50代と高齢になるほど転職市場価値は下がる一方です。 本ヒューマンデザイン総合研究所では、 を作成しました。 結論から伝えると、リーマンショックや東日本大震災、コロナショックといった大恐慌でも、業績が悪化しにくい企業のリスト。 言い換えれば、です。 「あなた自身の幸せ」や「あなたの大切な家族の幸せ」を守れる人はあなたしかいないのです。 企業リストの詳細情報は、上記画像からご確認下さい。

次の