クエン 酸。 クエン酸

風呂の掃除には重曹とクエン酸がおすすめ!使い方の手順や注意点を詳しく解説!

クエン 酸

有機酸の一つ。 のまたは粒状あるいはの結晶性ので,臭いはなく,があり,1gは水 0. 5ml,エタノール 2ml, 30mlに溶ける。 1784年 K. シェーレが汁中から結晶として単離した。 の組織中に広く含まれている。 生体内ではの途中に現れ,重要な役割をもつ。 には粉末あるいはの形で,清涼感を得たり味をよくする目的で使うことが多い。 4gは大きいレモン1個の酸味に対応する。 工業的には,などのや諸種医薬品,,など多方面に利用されている。 出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について の解説 ヒドロキシ基をもつ多塩基カルボン酸の一種で、多くの植物の種子や果汁中にの酸として含まれる。 クエン(枸櫞)というのはの漢名で、シトロンをはじめ、レモンやなダイダイなど柑橘 かんきつ 類の果実にとくに多く含まれているところからクエン酸とよばれる。 英名citric acidのcitricも、柑橘類を意味するcitrusに由来する。 水やエチルアルコールによく溶ける。 水溶液から再結晶させると、1分子の結晶水をもった大きな柱状結晶が得られる。 水溶液は清涼な酸味を有する。 ある種の微生物、とくにカビを、糖類を基質として培養したとき、培養液中にクエン酸が蓄積する現象がみられる。 これがクエン酸発酵とよばれるもので、いろいろな培養方法がくふうされて、クエン酸の工業的生産の主要な方法となっている。 また、クエン酸はクエン酸回路(トリカルボン酸回路、TCA回路)を構成する一員として、高等動物の物質代謝において重要な役割を果たしている。 さらに、体内のカルシウムの吸収をよくすることも知られている。 用途としては、果汁および清涼飲料に添加して風味を加えたりするほか、分析試薬としても使われる。 医薬品としては、アシドーシス・酸性尿改善薬として用いられる。 また、血液凝固にはカルシウムイオンが必要であるが、クエン酸のナトリウム塩はカルシウムを解離度の低いカルシウム塩として捕捉 ほそく するので、血液凝固阻止に使われ、輸血には不可欠とされるほか、診断用として赤血球沈降速度(血沈)の測定時にも使われる。 [飯島道子] 食品食品中のクエン酸は主として果実中に含まれ、食品の酸味成分として主要なものの一つである。 柑橘類、ウメ、アンズなどに多く含まれ、温州 うんしゅう ミカンで約1%程度、ウメで2. 3%くらいを含む。 このほか一般の果物の酸味の一つとして爽快 そうかい さを与える。 またトマトのような果菜の一部にも酸味成分として含まれる。 清涼飲料水の酸味料として利用され、糖分の甘味に対し、爽快さを与えるのに役だっている。 クエン酸は食品添加物の酸味料として使用が許されている。 クエン酸を多く含むレモン、ダイダイ、ライムや梅酢などは、料理の酸味づけに利用される。 12,p K a2 4. 76,p K a3 6.

次の

クエン酸の通販・価格比較

クエン 酸

クエン酸とは クエン酸は「酸っぱい」と感じる酸味の成分です。 多く含まれている食品といえば、梅干しやレモン、オレンジなど柑橘系の果物があげられます。 白色、または無色で水に溶けやすく熱にも強いことから、清涼飲料水やお菓子、ジャムなど味を良くするための酸味料としても幅広く使用されています。 体内にもあるクエン酸 クエン酸は、クエン酸回路という、体のなかでエネルギーを生み出す代謝経路に関わる物質の1つです。 クエン酸を含む代表的な食品 クエン酸を多く含む食品にどのようなものがあるかご存知でしょうか? 酸っぱいと感じる酸にもたくさん種類はありますが、クエン酸はレモンなどの柑橘類や梅、身近な調味料であるお酢にも含まれています。 果実中のクエン酸量 果実 クエン酸量(%) 梅 約1. 7~1. 6~1. 9~1. ミネラルの吸収をサポート 体の組織や機能を調整しているミネラルは、非常に吸収しにくい栄養素です。 特にカルシウム・鉄・亜鉛などは日本人に不足しがちともいわれています。 熱中症予防に 熱中症は、高温環境下で体内の水分や塩分(ナトリウムなど)のバランスが崩れ、体内の調整機能がうまく働かなくなることで発症します。 めまいや立ちくらみ、頭痛、嘔吐などの症状が出たら注意が必要です。 熱中症による脱水症状を改善するには水分だけでなく、ナトリウムなどのミネラルの摂取が大切です。 クエン酸はミネラルの吸収をサポートする働きも期待できるので、いつもの水分補給にクエン酸が含まれているものを使用すると、熱中症対策に有効であると考えられています。 また、熱中症は屋外だけでなく室内でなにもしていないときでも発症することがあります。 屋内にいるときにもこまめな水分補給を心がけましょう。 クエン酸は一度にたくさん摂っても時間が経過するとともに体外に排出されてしまいます。 一日何回かに分けて摂ること、毎日続けて摂ることをおすすめします。 食中毒予防に 気温の高い夏は食品が傷みやすい季節です。 クエン酸には殺菌効果があり、細菌の増殖を抑えて食べ物の腐敗を防ぐ効果もあります。 梅干しをご飯の全体にまぶすように入れたり、お肉を梅肉ソースで和えたりするなど料理に取り入れてみましょう。 またお酢にもクエン酸が含まれています。 ご飯を炊く際にお米2合に約大さじ1程度入れる、煮物や炒め物など熱を通す料理に小さじ1程度使用するなど、料理の味を変えてしまわない程度にお酢を使用するのもおすすめです。 お掃除にも!? クエン酸は体内だけではなくお掃除にも役立ちます。 お掃除をしていて気になる場所の一つに水回りがありますが、水道の蛇口やお風呂の鏡、湯沸かしポットなどの白いくもりなどの汚れにはクエン酸が重宝されます。 この白い汚れの原因は水道水に含まれるカルシウム。 クエン酸はカルシウムと結合する性質があるので、汚れている部分をクエン酸液で軽く磨いたり、クエン酸を入れてお湯を沸かしたりすることで汚れを落とすことができます。 クエン酸の粉を水に溶かすだけで簡単にお掃除に役立ちますし、最近ではスーパーやホームセンターでクエン酸洗剤も売られています。 ぜひ、試してみてくださいね。 まとめ クエン酸は私たちの体に役立つだけでなく、生活にも役立つものです。 代謝促進や体調維持にも優れた効果が期待されているので、健康のためにぜひ意識して摂取してみてください。 おすすめ商品.

次の

クエン酸回路とはなに?世界一わかりやすく解説してみた

クエン 酸

Dawson, R. , et al. , Data for Biochemical Research, Oxford, Clarendon Press, 1959. Stryer, Lubert; Berg, Jeremy; Tymoczko, John 2003. Biochemistry 5. , international ed. , 3. printing ed. New York: Freeman. ; Saaremets, I. ; Medijainen, L. ; Karelson, K. ; Janson, T. ; Timpmann, S. 2003. "Effects of sodium citrate ingestion before exercise on endurance performance in well trained college runners. " Br. Sports Med. 37: 485—489. Oopik, V. ; Saaremets, I. ; Timpmann, S. ; Medijainen, L. ; Karelson, K. 2004. "Effects of acute ingestion of sodium citrate on metabolism and 5-km running performance: a field study. " Can. Appl. Physiol. 29: 691—703. Hausswirth, C. ; Bigard, A. ; Lepers, R. ; Berthelot, M. ; Guezennec, C. 1995. "Sodium citrate ingestion and muscle performance in acute hypobaric hypoxia. " Eur. Appl. Physiol. Occup. Physiol. 71 4 : 362—368. van Someren, K. ; Fulcher, K. ; McCarthy, J. ; Moore, J. ; Horgan, G. ; Langford, R. 1998. "An investigation into the effects of sodium citrate ingestion on high-intensity exercise performance. " Int. Sport Nutr. 8 4 : 356—363. Nielsen, O. ; de Paoli, F. ; Overgaard, K. Physiol. 2001, 536, 161-166. , :• 八田秀雄、「」『学術の動向』、Vol. 11 2006 No. 10 p. 47-50, :• 『競技力向上のスポーツ栄養学』 トレーニング科学研究会/編 朝倉書店 2001年• ウラリットの臨床成績によると、酸性尿の改善効果により、痛風に93. (参考:)• : acido citrico• : sitrat• 英語:• : citronsyra• : 시트르산 , 구연산• : citronsyre• : : sitronsyre : sitronsyre• : citromsav• : sitruunahappo• : acide citrique• : asid sitrik• : citric•

次の