アルバハhl マグナ。 【ヒヒイロ掘り】最近の野良アルバハHL攻略、光パ【光ゼウス】

【グラブルQ&A】アルバハHL 火マグナ編成[No202145]【グランブルーファンタジー】

アルバハhl マグナ

アルバハHL【光マグナ】オススメキャラ編成 光マグナのオススメキャラ編成の一例をご紹介します。 フロントにレフィーエ、ソフィア、ルシオ、サブにソーン、セルエルです。 基本的にアルバハHLでの光は、トール以外ではソーンの麻痺を狙っていきます。 バース・コントロールでフロントとサブが入れ替わるので開幕のフロントはレフィーエ、ソフィア、ルシオです。 ソフィアのクリアでターゲッティングを回復しつつダメージを与えていく形になります。 バース・コントロール後はソーンで麻痺をいれる準備をします。 このPTは麻痺を入れる事を重視しているのでこのような編成になりました。 更に安定感を出すにはセルエルをバウタオーダなどのシリウスを受ける役を編成に入れるといいでしょう。 アルバハHLの詳しい立ち回り、攻略は【】からどうぞ。 他にもダメージカット用に各種カーバンクルを入れるのもおすすめです。 70~50 トールを召喚後、ソーンの3アビで麻痺を狙う。 ここで麻痺が入らなかった場合や間に合わなかった時は30~で再度麻痺を狙うのでクリンチャーは温存。 ファランクス かばうは一見安全ですが、50になってしまうと確定で主人公が落ちてしまうのであまりオススメしません。 恐怖が入ったらソーンの4アビで延長する。 ルシ4凸でHPを回復してからがおすすめ。 HPが厳しい場合は35まで待機。 トールが召喚されたら殴る 基本的にファランクスを回しながら戦闘していきます。 ゲージMAXの時やトリガーには必ずファランクスをするか、貰うかしましょう。 慣れないうちは、かばうよりもクリアオールをオススメします。 リヴァイヴはキャラを落としたらすぐ使用しましょう。 CTが長いのでターンが回ってきた時にキャラが落ちていたら、使うようにします。 ただバース・コントロール前にキャラを落とした場合、復活すると出したいキャラが出せない事が起きるので注意しましょう。 アルバハHL【光マグナ編成】立ち回りセージ編 立ち回り例 役割 10トールの場合 100〜75 ターゲッティングがついたら必ずクリア。 セージはHPが少ない場合は事故る事があるので主人公は高HPを維持。 通過後にハイ!スタンプ。 70~50 トールを召喚確認後、ソーンの3アビで麻痺を狙う。 ここで麻痺が入らなかった場合や間に合わなかったは30~で再度麻痺を狙うのでクリンチャーは温存。 神光で状態異常がつきやすいゾーン。 ファランクスをもらう。 恐怖が入ったらソーンの4アビで延長する。 ルシ4凸でHPを回復してからがおすすめ。 HPが厳しい場合は35まで待機。 アビリティはOK。 その後再び待機。 特にダイダロスウィング後のディスペル・シージやキルフレア後のクリアオールなどは、ほぼ確定で使います。 ヒールオールはガンガン回していきましょう。 リヴァイヴはスパルタと同様です。 10%の理由はニルヴァーナだと、あまり火力が出せず削りに参加してもあまり削れないからです。 初心者の方やアルバハHLに慣れたい方にもおすすめできます。 アルバハHLの詳しい立ち回り、攻略は【】からどうぞ。 スポンサーリンク.

次の

さとうは風マグナ(ゴブロ無し)でアルバハHLソロにチャレンジした|氷砂糖|note

アルバハhl マグナ

お久しぶりになります。 今回は個人記録的なものに近いですが、私も遂にアルバハHLソロを達成しましたので、それについてまとめて行きます。 落ち着いたので、これからソロへ挑戦する人へ向けて、参考になるよう書いていこうと思います。 はじめに 水のアルバハソロに関しては、先駆者の皆様が多く、ほとんどは見知ったものに近いと思います。 しかしながら、その多くはヴァルナ編成です。 私がマグナでやったのは、かっこつけとか縛り討伐とかではなく、ただヴァルナ編成が無いだけなのですが、同じようにヴァルナが無いからと、ソロ挑戦をあきらめている人が居るかもしれないので、そういう部分を書いていこうと思います。 ソロ挑戦しようと言うレベルの方なら、自分にも当てはまる部分、参考にならない部分等わかると思いますので、上手く活用してやってください。 あくまで、私がこう考えて組み、討伐できたというまとめです。 1.編成・準備 私がソロ達成した装備については、上記の画像の通りになります。 キャラについては、よく見るメンバー。 しいて言えば、アンのところがソーンになっている編成が、いわゆるテンプレかなと思います。 そんな中なぜアンを起用したかと言うと、 ・ヴァルナと素火力に差がある ・マグナ編成はHPが減っていても、火力が変わらない (ソーン起用で、HPが増減しても影響が少ない) この二点が挙げられます。 ソーンの役割については、主に75-50における麻痺になります。 ここの全体通常攻撃を、一気に抜けるために使うわけですが、トールやデバフが入っていれば、麻痺していなくても突破は可能です。 ソーンが入っていても、クリティカルバフで周りの火力を上げてくれてはいます。 睡眠などの阻害も入ったりと、利点もあります。 しかし、奥義が回り続けるような環境では無い事と、このターンでトリガーを踏みたいとなった時、動きづらい事も多かったです。 加えて、役割の問題です。 ソーンの役割は、ほぼ上記ので終わりなのですが、アンであれば、終盤でも裏に控えさせておく事で、最後の一押しに役割が持てます。 実際、私の討伐でもそうなりました。 加えて、引き寄せて自主的に落ちやすいのもグッドでした。 ヴァルナに比べ確保できる火力が乏しいので、マグナの場合は、全員水キャラでやる選択肢もありだと思います。 他にキャラに関して言うなら、ククルはほぼ必須です。 最近はククル無しの討伐報告も見かけますが、それはヴァルナばかりで…。 マグナではまだ居ないと厳しいと思ってます。 デバフは重要です。 ククル無しなら、他にデバッファーが必要です。 装備は、特筆すべき事は無いかと思います。 オルオベ染めに、必殺を二本挿しました。 安定だけなら、もっとオルオベがあってもいいと思いますが、私は個人的に、確実に期待できる火力があった方が動きやすかった為、この編成で討伐しました。 召喚石は、ノビヨさんのところがフリー枠になります。 しかしこの石は、性能を知らぬまま選択肢外にしていた方は、一度調べてみて欲しいです。 特に奥義で押すこの編成では、かなり頼りになる召喚石です。 長くなりそうなので、HPごとのまとめは、次の記事へ分けます。 riserize.

次の

【グラブル】光マグナ・アルバハHL攻略編成立ち回りまとめ

アルバハhl マグナ

サブキャラ 最終サラーサ 3年生チーム 主人公ジョブは、定番の「ドクター」を使用します。 固定アビリティ、LBアビリティ、サポアビとどれをとってもソロ討伐に挑戦するのに適したジョブとなっております。 取得がまだの方は是非取りましょう。 サラと水着ブローディアの防御手段はアルバハのほぼ全てのトリガーに対応出来るのでこの二人の防御手段を軸に強烈なアルバハのトリガーを踏み越えるプランとなっています。 十天衆は不可欠と言っていいほどダメージに貢献しますので必須かと思われます。 多様な防御手段と回復手段を持ってHP維持をしながら主人公と十天衆にダメージを稼いでもらう構成になります。 主人公アビリティ ほぼ一般的な両面技巧編成で使われる武器構成です。 リミテッド武器「刃鏡片」がないとディスペルが0枚になるので必須です。 なければ主人公でディスペルを回さなければなりませんが、CTの都合上「神光」を受けながら戦うことになるので運要素が増しますし、「ミゼラブルミスト」を外すことになるのでダメージを受ける量が相対的にあがります。 リミテッドブローディアを起用する場合は、当てはまりませんがキャラ構成がガラッと変わってしまいますので割愛します。 DA UPも優秀です。

次の