筋肉痛薬。 筋肉痛について

【医師監修】筋肉痛に効く内服薬や湿布薬は? バファリンも効くの?

筋肉痛薬

激しい運動をした1〜2日後にやってくる筋肉痛。 この記事では、筋肉痛に効果がある内服薬や湿布薬をご紹介します。 筋肉痛に効く薬は?• 筋肉痛は、激しい運動によって破断した筋繊維が回復する過程で生じる• ただし、いずれの薬も 過度に服用すると回復に必要な生体反応を阻害する恐れがあるため、過度の服用には注意が必要です。 筋肉痛に効果的な湿布薬は?• 第二世代の鎮痛消炎成分が配合された湿布薬がおすすめ 主な第二世代の鎮痛消炎成分• フェルビナク• インドメタシン• ケトプロフェン• ジクロフェナクナトリウム ただし、このタイプの湿布薬には かぶれや発疹、胃部不快感などの副作用のリスクや、喘息・アレルギー持ちの方は使用できないなど、使用上の制限があります。 まとめ:湿布薬や内服薬を上手に活用すれば、筋肉痛を和らげることができます• 頻繁に利用するのはリスクが高いため、用法・用量を正しく守る• 第二世代の消炎鎮痛成分を配合した湿布薬も筋肉痛に効果があるが、副作用や使用できない方もいる 筋肉痛(DOMS: delayed onset muscle soreness)の主な原因は、 筋肉の微小な損傷や化学的なストレスによる炎症反応と言われています。 そして、それを抑えるためには消炎鎮痛薬が有効とされています。 しかし、たとえばトレーニングによる筋繊維が肥大したり、持久力がついたりという効果は、この炎症に対する体の適応として起こります。 これらの効果を期待してトレーニングをしたことで起きた炎症を消炎鎮痛薬で抑えることは、トレーニング効果の低下につながります。 したがって、 予期せず起きた筋肉痛をどうしても取り除きたい場合に限って使った方が望ましいです。 また、NSAIDsの使用は常に消化性潰瘍は腎機能障害などのリスクと隣り合わせであることにも注意しましょう。

次の

筋肉痛には湿布?薬?それとも食事?治すのに最も効果的な方法はこれ

筋肉痛薬

薬の副作用で筋肉痛が起こる!? 特定の薬の服用を始めてから、手足や肩、腰などで筋肉痛やこわばりが見られるようになった場合は、「 横紋筋融解症(おうもんきんゆうかいしょう)」という副作用のサインの可能性があります。 横紋筋融解症は、筋肉を作っている骨格筋細胞が融解・壊死することにより、筋肉の痛みや脱力感が生じる病気です。 また、骨格筋細胞の融解・壊死に伴い、血中に大量の筋肉成分(ミオグロビン)が流出することで、腎臓の尿細管が傷ついて急性腎不全を起こすなど、重篤な臓器障害を引き起こすこともあります。 横紋筋融解症の主な症状としては、以下が挙げられます。 手足・肩・腰など全身の筋肉での、痛みやこわばり• 全身の倦怠感• 手足のしびれ、脱力感• 尿の色が赤褐色になる 横紋筋融解症を起こす可能性のある薬は? 副作用として横紋筋融解症を起こす可能性のある薬としては、以下のものが挙げられます。 高脂血症(脂質異常症)治療薬 HMG-CoA還元酵素阻害薬 スタチン系 アトルバスタチンカルシウム水和物、フルバスタチンナトリウム、プラパスタチンナトリウム、シンバスタチンなど。 フィブラート系薬剤 クリノフィブラート、フェノフィブラート、クロフィブラートなど。 その他 コレスチミド、プロブコールなど。 横紋筋融解症の副作用報告が最も多いのが、 HMG-CoA還元酵素阻害薬(スタチン系)です。 アメリカの調査によれば、スタチン服用者における筋肉痛の発症率は2〜7%、筋力低下は0. 1〜1. 0%の患者に認められたそうです。 特に HMG-CoA還元酵素阻害薬とフィブラート系薬剤を併用すると、横紋筋融解症の発症リスクが3〜5倍になるといわれているので注意が必要です。 抗生物質 ニューキノロン系 オフロキサシン、塩酸ロメフロキサシン、ガチフロキサシン水和物、スパルフロキサシン、ノルフロキサシン、フレロキサシン、レボフロキサシンなど。 マクロライド系 クラリスロマイシン、アジスロマイシンなど。 その他 横紋筋融解症の副作用報告が多い薬としては、高脂血症の治療薬やニューキノロン系抗生物質が代表的ですが、その他に下記の薬で横紋筋融解症が起こる可能性もあります。 抗うつ薬 塩酸クロミプラミン、塩酸マプロチリンなど。 躁病治療薬 バルプロ酸ナトリウム、炭酸リチウムなど。 ベンゾジアゼピン系睡眠薬 フルニトラゼパムなど。 テオフィリン製剤 テオフィリン、アミノフィリン、ジプロフィリンなど。 解熱消炎鎮痛薬 ジクロフェナクナトリウムなど。 痛風治療薬 コルヒチン、アロプリノールなど。 おわりに:薬の服用後、筋肉痛や手足のしびれなどの異変が見られたらすぐに病院へ 筋肉痛や筋肉のこわばり、手足のしびれなどの症状を引き起こす「横紋筋融解症」は、主に高脂血症の薬やニューキノロン系の抗生物質の服用が原因で起こることのある副作用です。 発症はまれですが、ご紹介した薬を服用した後にこれらの症状に見舞われた場合は、すぐに主治医に報告するようにしてください。 抗菌薬には純粋に化学的に作られるものも含まれていますが、一般的には抗菌薬と抗生物質はほぼ同義として使用されることが多いため、この記事では抗生物質と表記を統一しています。

次の

筋肉痛の治し方!即効性の最重要ポイント・湿布薬と筋トレの注意点も

筋肉痛薬

A ベストアンサー 回答にならないことをお許し下さい。 ちょっと気になりましたのでお話します。 あなたはロキソニンを結構、連用されていますが、消炎鎮痛剤は本来体にはよくありません。 我慢ならないほどの酷い痛みの時、頓服的に服用されることは止むを得ないでしょう。 分かり易いように筋肉痛だけに限ってお話します。 お分かりでしょうが筋肉痛が起こるのは使い過ぎですよね。 使い過ぎて自分の適応力を超えたところで障害がおきます。 それはハードな運動が筋肉にストレスとなったのです。 そのとき、筋緊張が発生、血管は収縮して血流障害がおきます。 血が流れないと細胞に必要な酸素も栄養も送れません。 それにつれて筋肉組織が破壊、傷害を受けていきます。 しかし人間の体は驚くほど良く出来ています。 この段階ではまだ痛みは発生しません。 あなたの運動が終わった後、今度は体は傷んだ組織をなんとか修復しようと一生懸命血液を送り込もうとします。 これが自然治癒反応です。 あなたが何もしなくても勝手に体が自ら治そうとします。 実は、痛みはこの治癒反応を起こしてる最中にプロスタグランジンなど発痛物質で起こります。 これで筋肉痛が出て無理をしたな、と分かるようになっています。 確かに、熱も腫れも痛みも辛い症状に違いありません。 が、しかし血管を拡張して血流を増やし、栄養や酸素を送り込んで残った細胞や弱った細胞にエネルギーを与え分裂を繰り返して正常な組織へと戻しているのです。 痛み止めは何をするかというと、その治癒反応、つまり生体を維持しようとする反応を阻止するものです。 体がわざわざ炎症を起こして壊れた組織を治す反応おこしてくれてるのに、血管を収縮させ血流を阻止して邪魔してるのです。 言ってみれば氷で冷やすのと同じです。 人間の体は血が流れないないと痛み、痒み、腫れ、熱などの反応は起こりませんが、組織は壊れ続けるということです。 筋肉痛はあなたが何もしなくても体は勝手に治してくれます。 少しでも早くと言うのであれば、その体の治癒反応の手伝いをするべきです。 入浴を利用して体を温めたり、軽いストレッチ、マッサージなどで血流を増やし、筋肉を労わることが先決です。 頭痛も同じですよ。 ストレスや何かで収縮した脳の血管を拡張する時に起こったりします。 痛み止めはその部分だけに作用するものではありません。 全身作用ですから、全身の血流障害が起っていると思って下さい。 若いうちはまだ体がなんとか耐えてくれますが、それでも年単位、5年、10年と連用してると他の病気や強い痛みが発生する可能性があります。 余計なお世話だったらお許しを。 回答にならないことをお許し下さい。 ちょっと気になりましたのでお話します。 あなたはロキソニンを結構、連用されていますが、消炎鎮痛剤は本来体にはよくありません。 我慢ならないほどの酷い痛みの時、頓服的に服用されることは止むを得ないでしょう。 分かり易いように筋肉痛だけに限ってお話します。 お分かりでしょうが筋肉痛が起こるのは使い過ぎですよね。 使い過ぎて自分の適応力を超えたところで障害がおきます。 それはハードな運動が筋肉にストレスとなったのです。 そのとき、筋緊張が発生、... A ベストアンサー >地域で最も信頼されている病院で観てもらったところ「テニス肘」ということで気長に湿布で治すしか無いと言われました。 正式には上腕骨外側上顆炎といわれるものですね。 一般的には上腕骨外側上顆炎をテニス肘またはバックハンドテニス肘、上腕骨内側上顆炎をゴルフ肘またはフォアハンドテニス肘といいます。 病名とは異常のある個所の名前から付けておりますので、ゴルフをしているのにテニス肘というのはおかしいということにはなりません。 今はお薬のみですか?電気などのリハビリはしていませんか?やはり毎日使うところなので、痛みが無いように使うというのがもっとも大切です。 タオルを絞ったり、物を上から掴むと痛みが出ると思います。 ですから手のひらを上に向けて物を掴む(下から抱え込む)というのは一般的ですし、痛い動きはなるべく他人に手伝ってもらうなど、いろいろ工夫してみましょう。 病院では注射、ぬり薬、シップ、電気などのリハビリですね。 リハビリは一回の効果が薄いので、重ねることがもっとも大事です。 週三回以上できれば毎日通いましょう。 エルボーバンドは処方されませんでしたか?処方されていないなら聞いてみましょう。 注射もステロイドだと思いますが、ステロイドにも種類があります。 効き目のよいものもあるので相談してみてください。 比較的即効性のあるものは注射ですから、一度病院に相談されてみるといいでしょう。 あと、個人的にお勧めなのは鍼治療です。 これは結構有効的ですので、興味があればやってみてください。 鍼は週一回ほどで十分だと思いますが、一回二回の治療で治るものではありません。 これもほかの治療同様、根気よく通ってください。 できれば、病院の治療と並行して行ったほうが効果的だと思います。 >筋肉痛は直ぐに治るのに筋の場合なかなか治らないのは何故ですか? テニス肘は一年近くかかる患者さんがほとんどです。 対してテニス肘は普段がよく使う部分に異常がおこります。 それに手という場所は生きている以上は必ず使う場所なのでなおさら治りにくい個所になります。 もちろん症状はだんだん良くなるでしょうが、焦って悪化させることが無いよう気長に治療に取り組んでください。 長文、乱文失礼しました。 ご参考になれば幸いです。 お大事にどうぞ。 >地域で最も信頼されている病院で観てもらったところ「テニス肘」ということで気長に湿布で治すしか無いと言われました。 正式には上腕骨外側上顆炎といわれるものですね。 一般的には上腕骨外側上顆炎をテニス肘またはバックハンドテニス肘、上腕骨内側上顆炎をゴルフ肘またはフォアハンドテニス肘といいます。 病名とは異常のある個所の名前から付けておりますので、ゴルフをしているの... Q 炎症している患部をなるべく早く治すにはどうしたら良いでしょうか? 特に手の腱鞘炎と筋肉疲労について 血行を良くするとか、抗炎症薬を使うとか、湿布を貼る、市販の塗り薬を塗るなど、色々ありますが、炎症を治す根本的な原理が分かりません。 冷やすのは急性の時だと聞きました。 前にこちらで質問した時は回答が少なかったのでまたこの時間帯に質問させてください。 goo. html 抗炎症薬、消炎剤 非ステロイド、ステロイド などは、炎症を鎮めて痛みを抑える効果は分かります。 ですが、それ自体に回復を早める効果はあるのでしょうか? これが一番こちらで聞きたい重要なことです。 前に質問した際に、炎症は治癒反応なので回復を早める為には炎症を抑えない方が良いという回答がありました。 これは本当でしょうか? 今日薬局で薬剤師の方に聞いたのですが、風邪をひいた場合に熱が出るのはウィルスを攻撃する為に発熱し、筋肉疲労や打撲の炎症とは多分違うだろうとおっしゃっていました。 基本的に抗炎症剤で早く治りやすくなるだろうとの意見だったのですが、その薬剤師さんも明確なそれをフォローする説明はできませんでした。 整形外科でも腱鞘炎で通院していた時は湿布 消炎剤 が出ていましたが、はたしてそれが痛み止めの為なのか、回復を早くするためなのかは分かりませんでした。 できればで良いですが、医学的な説明をして頂けるととても嬉しいです。 よろしくお願いします。 炎症している患部をなるべく早く治すにはどうしたら良いでしょうか? 特に手の腱鞘炎と筋肉疲労について 血行を良くするとか、抗炎症薬を使うとか、湿布を貼る、市販の塗り薬を塗るなど、色々ありますが、炎症を治す根本的な原理が分かりません。 冷やすのは急性の時だと聞きました。 前にこちらで質問した時は回答が少なかったのでまたこの時間帯に質問させてください。 goo. html 抗炎症薬、消炎剤 非ステロイド、ステロイド などは、炎症を鎮めて痛みを抑える効... A ベストアンサー 前回、回答した者です。 >その薬剤師さんも明確なそれをフォローする説明はできませんでした。 矛盾があるから説明できないのです。 発熱に対して出す薬はご存知のように消炎、解熱鎮痛剤ですね。 解熱も鎮痛も同じ薬です。 発熱はもちろん、風邪による頭痛、関節痛、筋肉痛、咽頭痛、などにも使いますね。 全てウィルスが原因です。 ウィルスにリンパ球が反応してる闘ってる姿です。 熱に弱いウィルスをやっつけようとして熱を出し、痛みを起こしてる(炎症反応)のです。 熱と筋肉痛(ウィルスによるものだけではありません。 使い過ぎによる組織破壊も同じ破壊です)は別というのは矛盾です。 ですから風邪を引いた時は余りに高熱で体力を極端に消耗させるものでない限りは解熱鎮痛剤は使わない方がリンパ球がより活性化し治りが早いということになります。 この炎症の正体はPG(プロスタグランジン)という病気を治すときに必要な組織ホルモンの一つです。 PGには交感神経を抑制するとともに、発熱、血管拡張、血流量増大、発赤、腫張、や知覚過敏の働きがあります。 また痛みを起こす働きもあります。 ステロイド、非ステロイド、にかかわらず、消炎鎮痛剤はこのPGの産生を抑制するものです。 ですから薬でPGの産生が抑制されれば、熱は下がりますし痛みも和らぎます。 しかし、薬が切れるとまた発熱、痛みが始まります。 体は治るまで自らプロスタグランジンの産生を続けますので。 前回言いましたが、消炎鎮痛剤の本質は交感神経を緊張させ血管を収縮、血流を閉じて冷やすことにあります。 そうするとプロスタグランジンが産生できなくなるからです。 体が自ら回復させようとする生体反応を阻止、壊れた組織修復に欠くことのできない栄養と酸素を送り込むための血液の流れを止め、代謝を阻害するものです。 ただ、炎症が余りにも酷いと命にかかわりますので、ステロイドなどは一時緊急に炎症を抑える必要がある、救急医療などではなくてはならないものです。 結論です。 >整形外科でも腱鞘炎で通院していた時は湿布 消炎剤 が出ていましたが、はたしてそれが痛み止めの為なのか、回復を早くするためなのかは分かりませんでした。 湿布薬も消炎と名がつけば、プロスタグランジンの産生を抑制するものです。 単なる痛み止めで対症療法の最たるものです。 前回、回答した者です。 >その薬剤師さんも明確なそれをフォローする説明はできませんでした。 矛盾があるから説明できないのです。 発熱に対して出す薬はご存知のように消炎、解熱鎮痛剤ですね。 解熱も鎮痛も同じ薬です。 発熱はもちろん、風邪による頭痛、関節痛、筋肉痛、咽頭痛、などにも使いますね。 全てウィルスが原因です。 ウィルスにリンパ球が反応してる闘ってる姿です。 熱に弱いウィルスをやっつけようとして熱を出し、痛みを起こしてる(炎症反応)のです。 熱と筋肉痛(ウィルスによるもの... A ベストアンサー 筋肉について研究している者です。 まず、筋肉痛についてはまだ未解明な点が多く、筋肉痛の発症要因はとても複雑です。 そのため、はっきりとした答えをすることは絶対にできません。 ただ、個人的な考えではお酒(アルコール)は体内で分解する際に筋肉の元であるタンパク質を使います(そのために、よくお酒を飲むときは枝豆やチーズ等のタンパク質を一緒に食べると悪酔いしないと言われています)。 また、お酒を飲むとあまり熟睡できない(お酒を飲むとよく眠れるといいますが、実は体を休ませるための熟睡はできていません。 )ことで体内で筋肉を作る(回復させる)ための指令を出す成長ホルモンの分泌が少なくなる恐れ(さらに成長ホルモンは夜中に睡眠取ると一番よく分泌されるので飲み会等で寝るのが深夜になれば普段より分泌量はさらに少なくなります)があるので、お酒は筋トレにはあまりいい影響は与えないと思います。 しかし、あまり飲みすぎなければお酒は百薬の長と言う位、精神面などではいい影響を与える場合が多いので、あまり神経質にお酒を楽しんでもらっても構わないと思います。 ただ、やっぱり気になるのでしたら、なるべくおつまみはタンパク質が豊富な物を取っていただければ、かなり筋肉に対してお酒の悪影響は予防できるはずです。 筋肉について研究している者です。 まず、筋肉痛についてはまだ未解明な点が多く、筋肉痛の発症要因はとても複雑です。 そのため、はっきりとした答えをすることは絶対にできません。 ただ、個人的な考えではお酒(アルコール)は体内で分解する際に筋肉の元であるタンパク質を使います(そのために、よくお酒を飲むときは枝豆やチーズ等のタンパク質を一緒に食べると悪酔いしないと言われています)。 また、お酒を飲むとあまり熟睡できない(お酒を飲むとよく眠れるといいますが、実は体を休ませ... Q 本当にお恥ずかしいのですが、パーセントの計算方法を教えて下さい。 お店のバーゲンセールなどでよく「50%オフ」「45%オフ」といった表示を見ます。 50%は半分ということは「感覚」でわかるので、定価が2000円ならその50%オフは1000円ですし、1500円なら750円と計算が出来ます。 ですが、たとえば75%オフだとか、44%オフだとか、80%オフだとか、そういう中途半端? な数の場合、さっぱりわからないのです。 暗算とまではいかなくても計算機 ケータイにもその機能はありますし があればいいので、どういう計算式でその%オフされた数字を出すのか教えて下さい。 05」で出ますよね。 なぜ、1. 05をかけるのかわからないのです。 本当にお恥ずかしいのですが、どうか教えてください。 まったくわからないので、出来る限り丁寧で細かい説明をして頂けると本当に助かります。 よろしくお願いいたします。 本当にお恥ずかしいのですが、パーセントの計算方法を教えて下さい。 お店のバーゲンセールなどでよく「50%オフ」「45%オフ」といった表示を見ます。 50%は半分ということは「感覚」でわかるので、定価が2000円ならその50%オフは1000円ですし、1500円なら750円と計算が出来ます。 ですが、たとえば75%オフだとか、44%オフだとか、80%オフだとか、そういう中途半端? な数の場合、さっぱりわからないのです。 A ベストアンサー 丁寧で細かい説明が希望とのことなので、ちょっと長くなりますが書いてみます。 数学的には無駄の多い説明ですが、分かりやすく説明したつもりですので読んでみてください。 1000円の50%は500円、30%は300円であることは分かりますね? これは以下計算をしていることになります。 次、1000円の30%オフって場合ですが、「オフ」=値引きです。 つまり、1000円の30%分を値引きします、ということですよね。 だから、元の値段1000円から1000円の30%分である300円を引いた 残りである700円が答えです。 でもそれを計算するのは面倒なので、ちょっとテクニックがあります。 30%オフということは、元の値段の70%分を求めればよいと考えます。 つまり、1000円の70%なので700円、となります。 %で表現する場合はこれに100を掛けます。 最後、消費税。 前述のオフとは逆で、消費税5%分を上乗せする、と考えます。 これが基本ですが、先程のオフの計算のテクニックと同じ考え方が適用できます。 5%上乗せした額ってことは、元の値段の105%分を求めればよいと考えます。 おまけ。 暗算を早くするためのテクニック初級編として3つだけ書いておきます。 1.計算式に掛け算と割り算しかない場合、もしくは足し算と引き算しかない場合、 順番を無視しても答えは一緒です。 これならすぐに暗算できますね。 2.割り算の場合、前後の数字に同じ値を掛け算しても答えは一緒です。 3.掛け算の場合、前後の数字を分解して細かく掛け算しても答えは一緒です。 これなら暗算できそうですよね。 丁寧で細かい説明が希望とのことなので、ちょっと長くなりますが書いてみます。 数学的には無駄の多い説明ですが、分かりやすく説明したつもりですので読んでみてください。 1000円の50%は500円、30%は300円であることは分かりますね? これは以下計算をしていることになります。 次、1000円の30%オフって場...

次の