おもてなしレシピ。 【おもてなしレシピ】11選! ホーム-パーティーに嬉しい簡単&豪華なおもてなし料理まとめ

子供が喜ぶおもてなし料理レシピ!作り置きできる豪華メニューも!

おもてなしレシピ

お客さま参加型のセルフ料理でおもてなし! お客さまを自宅に招いておもてなしするホームパーティー。 でもやっぱり自分も一緒に楽しみたいのであまり手間のかかりすぎる料理は敬遠したいですね。 そこでパーティのメイン料理におすすめなのが、お客さまにも参加してもらうセルフ料理。 みんなでワイワイ楽しみながら、食べたいものを、食べたいように、食べたいだけいただいてもらえ、とても評判が良いようです。 事前に手巻き寿司をすることを伝えておき、自慢の寿司ダネを持参してもらってもよいでしょう。 基本の寄せ鍋のほかに、トマトソースベースのイタリアン鍋や、カレーのルゥを和風だしでのばしたカレー鍋などもおすすめ。 鍋の具はそれぞれ持ち寄ってもらってもよいでしょう。 最後の仕上げをお客様の目の前でやると、盛り上がる。 目の前で熱々のソースをかけるとか、キレイに盛り付けたサラダを豪快に混ぜ合わせるとか。 品数がない時に是非!と思うパーティーでのおすすめ技でとにかくディップソースを沢山作る!というのがあります。 私は家にジャガイモしかないのに友達をよんでとにかくポテトを揚げまくり、様々に用意したディップにつけて皆でワイワイ盛り上がりました。 定番のマヨネーズ、塩、ケチャップ、カレー塩、抹茶塩、たらこマヨネーズ、バジルソース、オーロラソース…・七味や大根卸し、もみじ卸も用意したらそれはそれでまた楽しくお酒も飲めましたよ!• サラダバーを作って各自自由に取っていただきメインの料理は出来立てを1人ずつお出しする。 大皿にメインの料理(肉でも魚でも)を真ん中に、まわりに温野菜、生野菜、豆、豆腐、海草など何でものせてしまうとパーティーっぽくなります。 おもてなし料理では、味の濃いものと薄いものを出しています。 最初は、付きだしとして一品。 ビールで。 次は味の濃いものを。 最後は、味の薄いものを日本酒でいただいてもらっています。 パーティー料理は、とにかく段取りが重要です。 サラダ、煮物は作っておき、煮物は温める。 焼き物、揚げ物は下準備をしておいて直前に調理します。 ちなみに、今までのパーティー料理で喜ばれたものは、「チーズと大葉の包み揚げ」「豚の角煮」「鶏の南蛮漬け」「串揚げ」「手巻き寿司」です。 串揚げや手巻き寿司など、自分が食べたいものを食べられるのも魅力的です。 家でおもてなしをする時は、敢えて凝った料理でなくカレーを鍋ごとテーブルの上においてよそったり、コロッケやグラタンなどの家庭料理を味わってもらいます。 他所の家で食べるものがとても新鮮で美味しく感じますよね。 おすすめ料理は、スペアリブやパエリア。 ビール、ワイン、日本酒、ウイスキー、焼酎など色々なお酒を飲むことを想定し、どれにでも合う料理を心がけるようにする。 煮込み料理は前の晩から仕込めるので、はずせません。 冷たい料理も作って冷やして置けるので、二品くらいあると便利です。 私はいつも色鮮やかになるようにしています。 ミニトマト(赤)やブロッコリー、枝豆(緑)は飾りに最適!!!料理に使わない場合は、おつまみにも良いので味をつけてカラフルな串にさして、メインの周りにおいておきます。 みんなお酒を飲むので、ややこしい食べものより簡単に口に入るものが好まれるなぁと思います。 おもてなしにはよくサブで豚汁を作ります。 大きい鍋にいっぱい作って好きにおかわりしてもらいます。 汁物があるとなんとなく安心です。

次の

簡単なのに華やか!ホームパーティで役立つ、おもてなし料理のレシピ15選

おもてなしレシピ

イワシで包んだりんごや玉ねぎ・レーズンの甘み、フェタチーズのまろやかな塩気、レモンのフレッシュな酸味の3要素が口内で広がり、豊かな気分になれるひと皿。 作り立てはもちろんのこと、冷めてもおいしいので、午後イチからゆるゆると始める長丁場のホームパーティにもぴったり。 キリクリームチーズとアボカドをよく混ぜて、塩・こしょう、レモン汁で味を調えます。 マグロを1cm角に切って加えたら、オーブンで焼いたフランスパンにのせ、オリーブオイルをかけて出来上がり! カリカリのフランスパンとクリームチーズの食感の違いが楽しい一品です。 プロシュートの塩気が調味料代わりのため、味調整が簡単なのがうれしい一皿です。 マッシュルームを使ったきのこペーストソースは、ジャガイモの素揚げとの相性抜群。 キッチンペーパーで水気を拭き取ったら、オリーブオイルをひいたフライパンで両面焼きます。 器に広げるように盛り付けて、軽く塩・こしょうをふり、生ハムをのせ、ベビーリーフ、刻んだくるみを散らします。 スタンダードなローストビーフが、少しの工夫で華やかな一品に変身! 濃厚なチーズに、ハーブやガーリックの豊かな味わいが楽しめます。 上質なアンチョビを原料に作られたアンチョビとガーリックのペーストです。 オリーブオイルか生クリームを1:3でのばして使います。 バーニャカウダポットでしばらく混ぜながら温め、少し煮詰めたくらいがベスト。 オリーブオイルでのばしたわさびに、カッテージチーズを加えて和え、塩・こしょうで味を調えます。 これをアボカドの種があったくぼみにたっぷりとのせて、こしょうをふり、クラッカーにのせていただきます。 パーティ串鍋に初めて挑戦する方は、まずはこのレシピにトライしてみましょう! チーズフォンデュ風やBBQ風にして楽しんだり、フランクフルトや焼き鳥などの串メニューをそのまま活用するなど、アレンジの幅は無限大です。 日本酒をちょっぴりプラスすれば、フルーティーで飲みやすい、見た目も華やかなドリンクになります。 皮をよく洗ったリンゴとオレンジは、皮付きのまま食べやすい大きさに切ったら容器に入れ、レモン、ブルーベリーを加えます。 ミネラルウォーターを注いで冷蔵庫で1時間以上冷やしたら、日本酒を加えてひと混ぜし、ミントを飾って完成。 グラスに柚子ジャムと日本酒、ショウガを入れてよく混ぜ、氷を加えたら、炭酸水を注いでミントを飾るだけ。 チューブタイプのショウガなら混ぜるだけなので簡単です。 すっと飲める軽快な口当たりと、しっかりとした押し味が特徴。 バランスのいい味わいなので幅広い料理と相性抜群です。 シナモンスティックでスパイシーさをプラスすると味がしまります。 使い方は通常のピーラーを使う要領で、削る角度を変えるだけと簡単。 地味な色合いの料理に添えると、料理の味を邪魔せずアクセントになります。 パンやハム、チーズなどをカットしながらサーブしたり、プレートのような感覚で前菜などを並べてテーブルのセンターに置くのも素敵です。 カッティングボードは「切る」「盛る」ができて便利な上、インスタ映え必至のアイテム。 シンプルに食材を盛り付けてもおしゃれに見えます。 見た目も華やかな、簡単おもてなしレシピでパーティーをおしゃれに。 素敵なお料理でお客様に喜んでいただきましょう。 初出:しごとなでしこ.

次の

特集「おもてなし料理」│キリンレシピノート

おもてなしレシピ

今度お友達を呼んで夕飯を食べようと思ってるのですが。 ダイエット中の友達が二人います。 野菜メインにはしようとおもってるのですが・・・ 今思いつくのはアスパラやレタスを使った 野菜のパスタでも作ろうかなぁって思ってます。 (ベーコンぐらいは軽く入れるかんじで) ワンルームの狭いキッチンなので あまり手の込んだことは出来ませんが、 サっとできる簡単でヘルシーなメニュー教えてください! 正直に言えば、野菜だけだと私が物足りないです(笑) 野菜は大好きなのですが夕飯に野菜だけだとちょっと寂しいです・・・ (たまにはそういう日もいいのですがせっかくみんなで集まるのになぁ・・・って気持ちがw) でも私もいちおう体重気になってきてるので、 『野菜だけでもこんなにボリュームあるから物足りなくならないよ!』 ってメニューもあったらどんどん教えてください! ヘルシー系のお料理でお友達をもてなしています。 お肉は、しゃぶしゃぶ用の豚肉をさっと湯通しして冷水にとり、水分をきります。 しゃぶしゃぶ用のお肉は薄いので、少量でもボリュームあるように見えるし、お湯にくぐらせることである程度の脂肪も落ちます。 タレは市販の冷しゃぶのタレ・ドレッシングまたはポン酢にゴマ油をまぜたもの。 ・タコのマリネ タコやエビは低カロリーで美味しいですね。 スーパーでマリネ液(ドレッシングか調味料かソースなどのコーナーにあるかも。 )と湯通ししたタコを買ってきて、薄切りした玉ねぎと適当にスライスしたタコをマリネ液につけこみます。 玉ねぎが強烈に辛いなら水にさらしてからつけこみます。 パセリのみじん切りがあればお洒落。 混ぜ込んでも風味がいいですし、お皿に盛ったあとに上からパラパラかけても。 ・コンソメゼリー キュウリのさいの目切りや、ゆでたエビや、ゆで卵など、適当にあるもので作ります。 コンソメスープを作ってゼラチンを入れます。 私はワイングラスで作ったのでかなり見栄えよくできました。 普通のグラスでも、ガラス器でも、透明な器ならいいのです。 前もって作っておけるので(冷やす時間も要りますし、早めに作ります)、お客がきてバタバタしないで済みます。 ゼラチンはお肌にもいいですよ。 韓国料理は意外と簡単で、とにかくたくさんの野菜が摂れます。 家庭で作らない人も多いのでけっこう驚かれて好評です。 辛いものが大丈夫なら唐辛子を多めに入れてカプサイシンのダイエット効果もプラスできます。 なんと、バターと小麦粉じゃなくて、寒天でホワイトソースができてしまうんです。 私はまだ挑戦していませんが、見た感じ、焦げ目もちゃんとついていておいしそうでしたよ。 これならバターも極少量ですし炭水化物も使用していないので、ダイエット向きかと。 コンロもあくので楽だと思います。 以下、レシピのコピーです。 えびは殻と背わたをとり、ボールに片栗粉と塩少々を入れ、その中でえびをもみ洗いし、水で洗いさっと茹でておく。 アスパラは茹でて3~4cmの長さに切っておく。 玉ねぎはバターでしんなりするまで炒める。 (b)の牛乳に粉寒天とスキムミルクを混ぜておく。 鍋に 2 をを入れて火にかけ、かき混ぜながら煮溶かす。 煮立ったら火を弱めてさらに2分位煮、白ワイン、塩、こしょうで味を調える。 グラタン皿にえびとアスパラを並べ、 1 の玉ねぎをのせ、 3 を熱いうちにかけ、パン粉とチーズをのせる。 200度のオーブントースターで約5~6分焼いて出来上がり。 ダイエット中でも肌や爪や髪の毛などが荒れないようにたんぱく質の摂取も必要なので、お豆腐などの植物性たんぱく質や、肉やお魚でも脂身の少ないものを使うと良いのではないかと思います。 たんぱく質は人間の体の組成に必要不可欠なものです。 ダイエット食品を扱っている会社のHPにダイエットレシピが載っているのでご紹介します。 ちょっと薄味だけど、ダイエットしている人にも、していない人にもおいしくいただけると思います。 もちるければ見栄えもいいですし。 分量をきちんと量ればカロリーオーバーすることも無いです。 ほかにお野菜のレシピも、お肉や魚やお豆腐を使ったレシピもありますので、参考になればと思います。 お刺身はちょっとだし、そんなにカロリー高くないので良いと思います。 パスタなら、パスタの茹で上がり1,2分前にキャベツのざく切りを一緒にゆでると、かさが増してカロリーダウンになります(ちょっとのパスタで満足できます)。 ぺペロンチーノ風がやはり合いますね。 アンチョビとかでコクをつければキャベツだけでも美味しいです。 サラダでも、温野菜(ジャガイモとか、かぼちゃとか、ブロッコリーとか)にカッテージチーズを混ぜてからマヨネーズ、とかにすると、コクはあるけど低カロリー、というのもできます。 ありきたりかもしれませんが… 野菜メインなら、鍋物はどうですか? 会話がはずみやすいし食べる手間がかかるから、ボリュームのなさはそんなに気になりません。 キムチとか味のはっきりした鍋にしたら 肉とか魚を食べなくても、満足感は高いと思います。 あと、ダイエットしてない人で食べきれるぐらいの 魚を入れて、「魚は食べなくてもいいよ。 ダシを味わってくれれば」という感じにしても良いのでは。 そう、自分の食べられる量だけ取って食べてもらえるのもいいところだと思います。 魚介にするとかチキンにするとかのほうがいいかもしれません。 デザートなんかも出しますか? 私なら、「わらび餅」か「かき氷」か「果物」がいいです。

次の