ドラゴンボール主題歌一覧。 主題歌

人気アニメ「ドラゴンボール」シリーズ主題歌まとめ

ドラゴンボール主題歌一覧

ALL• ニュース• あそびかた• カードリスト• イベント• ランキング• グッズ• 大切なお知らせ• プロモーションアニメ• ALL• ニュース• あそびかた• カードリスト• イベント• ランキング• グッズ• 大切なお知らせ•

次の

人気アニメ「ドラゴンボール」シリーズ主題歌まとめ

ドラゴンボール主題歌一覧

Z世代の人であれば、「これぞドラゴンボールのOP曲!」と感じる人も少なくありません。 第1話から第199話までこのOP曲が使用されました。 サイヤ人編からセル編のラストまでですね。 OPアニメは、話数によって変化しています。 例えば、悟空が超サイヤ人になったら、OPのアニメの悟空も超サイヤ人に変化します。 フリーザ、人造人間など、その時の敵キャラも登場します。 カラオケで歌ったら盛り上がること間違いなしの曲ですよね。 作詞はZARDの坂井泉水さん。 作曲は織田哲郎さん。 ヒットメーカーの二人がタッグを組んだ名曲です。 そして、歌うのはFIELD OF VIEW。 アニメ史に残る人気を獲得して終了した「ドラゴンボールZ」。 その続編として製作された「ドラゴンボールGT」。 原作から離れたストーリーということもあり、製作陣の気合は半端ではなかったのでしょう。 その気合の大きさが、OP曲の人選にあらわれているようです。 OPアニメには、本作のメインキャラとなる小さくなった悟空、トランクス、パンの三人が宇宙を旅する様子が描かれています。 作詞は森雪之丞さん。 歌詞の中には、「改」というフレーズが印象的に使われています。 歌を担当するのは、前OP曲に引き続き谷本貴義(Dragon Soul)さんですね。 魔人ブウ編から最終回までのOP曲ということで、悟天、トランクス、アルティメット悟飯などが登場します。 また、敵キャラである魔人ブウ、バビディ、ダーブラなども登場しますね。 破壊神ビルス編から、未来トランクス編までこのOP曲が使用されています。 作詞はお馴染みの森雪之丞さん。 作曲、編曲、歌は、THE YELLOW MONKEYのボーカリストである吉井和哉さんです。 この人選はインパクトありますよね。 歌詞の中には、「神に挑む」「宇宙に扉」などドラゴンボール超のストーリーを彷彿とさせるフレーズが散りばめられています。 また、「夢の続き」など、ドラゴンボールの続編であることも象徴づけているような気がします。 歌うのは、演歌界のスター・氷川きよしさん。 ですが、演歌ではなく、ポップな曲調の楽曲となっています。 歌唱力は健在で、パワフルな歌声はさすがだという印象です。 放映期間は、宇宙サバイバル編。 最終回までこのOP曲でしたね。 力の大会に出場していたジレンや、ケフラなどがオープニングアニメに登場しています。 上記動画をチェックしてもらえれば分かると思いますが、前OPとは作画の印象が大きく変わっています。 個人的には、こちらの作画の方が好きです。 クオリティが高く見えます。

次の

ドラゴンボールOP曲一覧【冒頭歌詞あり】

ドラゴンボール主題歌一覧

サイヤ人編で悟飯の修行期間、ナメック星編で途中に違う星に間違えて到着するストーリーなど。 ただしつながりやシーン上カットが困難な箇所(グレゴリーとの修行、蛙ギニューとブルマの入れ替えのエピソードなど)については、そのまま残されている。 イベント『Oz Comic Con Adelaide 2013』で発言。 2015年春頃からDVD・Blu-rayBOX第5巻(第147話 - 第159話)の予約開始が行われた。 後年で放送されている『』のリマスター版も同様で、こちらではオープニングとエンディングの歌詞テロップなど映像の一部が見えなくなっている。 3月13日は震災による特番で放送休止。 話数は地方ごとに異なる。 青野はフリーザ編を最後に降板し、復帰できないまま2012年4月に死去したため、本作の神様とピッコロ大魔王も遺作の一つとなった。 2010年に青野が脳梗塞で入院し、復帰の見通しが立たないため代役となった。 『Z』では217話(本作106話に相当)以降を龍田直樹が担当したが、本作では最後まで永井が担当した。 なお、永井は魔人ブウ編の放映前である2014年1月27日に死去したため、本作のカリンも遺作の一つとなった。 123話より。 97話より• 『Z』では100話(本作51話に相当)以降を佐藤正治が担当したが、本作では最後まで滝口が担当した。 『ドラゴンボール改』の背景音楽の中に盗用された可能性がある楽曲が確認されたため、降板となった。 菊池がドラゴンボールシリーズで音楽担当になるのは『ドラゴンボールZ』以来15年ぶり(『』ではが担当した。 菊池以外に音楽を担当した山本にとってはその徳永以来の音楽担当となった)。 菊池は開始の『』から15年にわたって水曜19時台前半枠の鳥山明作品の音楽を担当してきた。 24話で省略されたZ53話Bパート中盤部分からスタート• 27話で省略されたZ60話Bパート終盤部分からスタート• 86話で省略されたZ175話Aパート中盤部分からスタート• 111話で放送されなかった18号対サタンの決勝戦部分を放送• 末期の2011年4月の放送は、改編の影響で放送時間が5分早めて6:25 - 6:55となった。 2話連続放送。 前番組『トリコ』は未ネット。 毎年放送のため、放送休止• 初回のみ『改』1期から地続きのため1話の放送。 枠で2010年10月25日より開始。 森下孝三「第7章 格闘! 『ドラゴンボールZ』 『ドラゴンボール』のリニューアルと鳥山明」『東映アニメーション 演出家40年奮闘史 アニメ『ドラゴンボールZ』『聖闘士星矢』『トランスフォーマー』を手がけた男』、2010年11月20日、、150頁。 『30th Anniversary ドラゴンボール超史集』集英社、2016年1月26日、112、127頁。 Narinari. com 2010年6月4日• 2014年9月20日閲覧。 2015年12月13日閲覧。 2015年12月13日閲覧。 2014年9月20日閲覧。 にゅーあきば. こむ 2014年4月25日. 2019年9月25日閲覧。 2019年9月25日閲覧。 2015年12月13日閲覧。 東映アニメーション 2011年3月9日• (YouTube、2018年10月19日閲覧)• (にゅーあきば. こむ、2010年5月31日)•

次の