マチネ の 終わり に 舞台 挨拶。 映画『マチネの終わりに』

福山雅治:映画『マチネの終わりに』初日舞台挨拶

マチネ の 終わり に 舞台 挨拶

ご了承ください。 (一部地域を除く) 映画『マチネの終わりに』の公開を記念して、特別番組【 映画「マチネの終わりに」公開記念 イチオシの手土産、持ってきました!! 】のオンエアが決定しました。 石田ゆり子さん、伊勢谷友介さん、桜井ユキさん、古谷一行さんが福山雅治さんへ手土産を持参!撮影秘話、今だから話せるぶっちゃけトーク、福山さんへのお願いなど4夜にわたり大公開!是非、チェックしてみてください。 ご了承ください。 ご了承ください。 (一部地域を除く) この度、映画「マチネの終わりに」に『UDCast』方式を採用した視覚障害者用音声ガイド、聴覚障害者用日本語字幕が付くことになりました。 音声ガイドは、専用アプリをインストールしたスマートフォン・iPod touch等の携帯端末をお持ちの方はどなたでも、全ての上映劇場、上映回にて、音声ガイド付きで映画をお楽しみいただけます。 一部Android端末には『UDCast』アプリに未対応の機種がありますので、事前に動作確認をお願いします。 日本語字幕は、字幕表示用の専用メガネ機器に『UDCast』アプリをダウンロードし、専用マイクをつけてお持ちいただければ、全ての上映劇場、上映回にて、日本語字幕付きで映画をお楽しみいただけます。 、、、ではメガネ機器の貸し出しを実施しております。 事前予約制となります。 貸し出し方法等の詳細は劇場名をクリックいただき、ご確認をお願いします。 なお、スクリーンに字幕を表示する日本語字幕付き上映は、別途、一部劇場にて期間限定で上映します。 上映劇場・スケジュールはシアターリストにて随時更新しておりますので、ご来場前にご確認くださいませ。 『UDCast』の詳しい説明、及び動作確認はまで 上映劇場はまで 【UDCastに関する問い合わせ先】 Palabra株式会社 電話:0120-291-088 FAX:03-5937-2233 メールアドレス: 映画『マチネの終わりに』のメイキング特番、 映画「マチネの終わりに」公開記念 -東京・パリ・ニューヨークを結ぶ愛の物語-の地デジ放送局でのオンエアが決定しました。 是非、チェックしてみてください。 ご了承ください。 (一部地域を除く) 【新聞・雑誌】 10月20日(日) ・「SWITCH」インタビュー(石田ゆり子) 10月21日(月) ・「サンデー毎日」表紙+インタビュー(福山雅治) ・「週刊SPA! ご了承ください。 ご了承ください。 一部地域を除く 本日、10月7日(月)の完成披露試写会から試写会がスタートします。 映画公開前の試写会にて、そして公開後に映画館にて、映画『マチネの終わりに』をご覧になった感想を、公式Twitterまたは公式Instagramをフォローしてハッシュタグ マチネの終わりに感想 をつけて、TwitterまたはInstagramで投稿してください。 をプレゼントします。 キャンペーン締切は、11月19日(火)です。 皆様の感想をお待ちしております。 <映画メインテーマ楽曲「幸福の硬貨」について> 数々の映画サウンドを手掛けてきた菅野祐悟が、本作のために書き起こしたクラシックギターのオリジナル楽曲「幸福の硬貨」は、主人公・蒔野(福山)とヒロイン・洋子(石田)、二人の運命を強く結びつける重要な劇中曲となります。 物語では蒔野がギターを好きになる(始める)きっかけの曲であり、20年前に行われたデビューコンサートにて蒔野自身が演奏。 福田さんのアドバイスの元、クラシックギターの弾き方、押え方を学べたことで、自分の音楽にフィードバックするものがたくさんありました。 『クラシックギターでの弾き語り』という演奏スタイルも、さっそくライブに取り入れさせていただいております。 これからの音楽人生でクラシックギターを演奏する時、蒔野聡史というギタリストはずっと自分と共にいて、同時に、競うべきライバルになってゆくのだと思います。 その演奏方法の全てが別物でした。 それを本番までのたった数ヶ月で習得するのは絶望的。 それでも挑む福山さんを横目に、僕はギタリストの吹替を用意するよう、スタッフに頼みました。 福山さんは爪を何度も割り、関節を痛めながらもクラシックギターとの格闘の日々が続きました。 結果、心配には及ばず福山さんは100%クラシックギタリスト蒔野聡史と化しました。 是非、映画館で皆さんの目と耳で確かめて頂けたらと思います。 その結果として、理想の天才クラシックギタリスト蒔野聡史が誕生したと思います。 この映画で最も重要な音楽は菅野祐悟さん作曲の「幸福の硬貨」です。 この哀しさと切なさの中にも、凛とした清々しさを感じさせる旋律を福山さんは見事に演奏されています。 その音色は実に暖かく人間味に溢れており、やはり福山さんは根っからの音楽家なのだな… と感心させられました。

次の

Staff's Report #102 大ヒット上映中! 映画『マチネの終わりに』初日舞台あいさつレポート

マチネ の 終わり に 舞台 挨拶

初共演を果たした福山雅治と石田ゆり子 芥川賞作家、平野啓一郎の同名小説を映画化した『マチネの終わりに』の初日舞台挨拶が11月1日にTOHOシネマズ日比谷で開催され、福山雅治、石田ゆり子、伊勢谷友介、桜井ユキ、西谷弘監督が登壇。 『マチネの終わりに』の初日舞台挨拶が開催された 本作は東京、パリ、ニューヨークの彩り豊かな街並みを舞台に、音楽家とジャーナリストの男女二人が、出会い、悩み、そして愛した6年を描くラブストーリー。 福山が、天才ギタリストとして名を馳せるも、現状の演奏に満足ができずに自分の音楽を見失い苦悩する蒔野聡史役。 石田が、蒔野と惹かれ合うヒロインのジャーナリスト、小峰洋子役を演じた。 ドラマ「ガリレオ」シリーズなどでも福山とタッグを組んできた西谷監督は、「20年近くご一緒させていただいている。 演者の前に作り手であるとか、天才は99パーセント努力で生きているとか、そういうことはあるんですが」と福山の魅力を語り出し、「シンプルなことを思った」と今回のプロモーションを経て、改めて気づいたことがあると告白。 「この人と一緒にいると楽しいんだと思った。 これがすべての魅力」と語る。 福山は「うれしい…」と言葉を噛み締め、「もうなんか、監督が死んだら僕も死ぬ…という気持ちになりますよね」と喜び爆発させて会場を笑わせていた。 伊勢谷は「下ネタしか思い浮かばない」とぶっちゃけ会場を笑わせたが、福山は「ま、待ちに待った『マチネの終わりに』がやっと公開されました。 ありがとうございます。 そしてこの作品が…」、「ち、超大ヒットし、超ロングヒットし、超あなたの心に刺さることを祈っております。 これからこの『マチネの終わりに』がさらなる届き方、刺さり方をすることを祈っております。 皆さまよろしくお」で止め、クスクス笑いの会場からは「お願いします!」と予想が上がるひと幕も。 会場から笑いと拍手を浴びた。 石田は「かわいい」と評価。 フォトセッションではさっそく報道陣から「こちらお願いしマチネ!」との声が飛び交い、福山はうれしそうな笑顔で応えていた。

次の

福山雅治「お願いしマチネ」ダジャレ作文に、石田ゆり子が「かわいい」

マチネ の 終わり に 舞台 挨拶

ともに40代という、独特で繊細な年齢をむかえていた。 2人は出会った瞬間から強く惹かれ合い、心を通わせていくが、洋子には婚約者がいた。 そのことを知りながらも、高まる想いを抑えきれない蒔野は、洋子への愛を告げる。 しかし、それぞれをとりまく目まぐるしい現実に向き合う中で、2人の間には思わぬ障害が生じ、ついに関係が途絶えてしまう。 互いへの感情を心の底にしまったまま、別々の道を歩む2人が辿り着いた愛の結末とは……。 日本、パリ、ニューヨークを舞台に、40代の男女の6年間に及ぶ愛の物語を描く。 主人公の音楽家・蒔野聡史を演じるのは、アーティスト、俳優として常に第一線で活躍を続ける福山雅治。 天才ギタリストとして名を馳せるも、現状の演奏に満足できず自分の音楽を見失い苦悩する姿を熱演している。 そして、蒔野と互いに惹かれあうジャーナリスト・小峰洋子役には、映画、ドラマ、CMと多岐に渡って活躍中の女優・石田ゆり子。 俳優としては初共演となる2人が、切なくも美しい大人の恋模様を体現する。 メガホンをとったのは、『容疑者xの献身』(2008)、『任侠ヘルパー』(2012)、『真夏の方程式』(2013)、『昼顔』(2017)を監督した西谷 弘。 また、数々の名作ドラマを手掛け、映画としては『昼顔』以来となる井上由美子が脚本を務めた。 応募は締め切りました。 プレゼントの到着が遅れた場合、一切の弁償等は致しかねます。 その旨をご了承いただける方のみご応募ください.

次の