白 猫 テニス トレーニング モード どこから。 白猫テニス

[超簡単]テニスのバックハンドボレーの打ち方とコツはたった3つ!?

白 猫 テニス トレーニング モード どこから

ダブルスの前衛の時はもちろん、 アプローチショットから前にあがった時など ボレー自体を使うタイミングは たくさんあると思います。 ボレーとなると、 相手から返ってくるスピードも 速くなります。 ボールに対して構える際、 準備が間に合わず、 ばたばたしてしまうことって ありませんか? 特に、ストロークと同様に フォアハンドよりも バックハンドの方が 苦手という方は多いのではないでしょうか。 フォアハンドでも取れそうなボールは、 ボレーでも回り込もうとしていませんか? バックハンド側にボールが来た時にも、 フォアハンドのように 落ち着いて焦らずに対処できるようになると、 もっと自信を持ったプレーになるはずです。 「ボレーが得意」と思うことができると 攻撃の幅も広がるでしょう。 バックハンドボレーも 思い切って叩くことができるようになりましょう! 今回は、そのバックハンドボレーの コツをお伝えしていきたいと思います! ラケットをインパクトの形そのままに、 ラケットの面を立てて、 セットしましょう。 インパクトの形を作って、 そのまま顔の近くくらいの位置に セットします。 テイクバックではなく、 セットです。 「引く」ではなく、「置く」です。 笑 大きくテイクバックする必要はなく、 どんなボールにも対応できるように 小さく構えます。 そしてボレーは、 肩を支点に動かします。 そして、肩から下は1つのパーツと考え、 固定して動かします。 ボレーの一連の流れの中で、 腕の形は変わりません。 両手バックハンドの方は、 やりやすいかもしれませんが、 片手バックハンドの方は、 利き腕の小手先で引っ張らないようにしてください。 肩を動かすことで、 ラケットも動くイメージです。 両手で打つ場合、 利き手ではない手も添えるので、 片手の方よりも引きすぎることは 防がれています。 ラケットヘッドが先行して、 テイクバックしたり、スイングすることが ないように注意します。 そして、片手バックハンドの場合でも、 引きすぎるのを防ぐために ちゃんと逆の手を添えてラケットをセットします。 常にラケットを自分の視界に入れて、 自分の体よりも後ろに ラケットヘッドがいってしまわないようにします。 そして、体の前で しっかりとインパクトします。 体の前の力が入る打点で打つことで 厚い当たりのボールを打ちましょう。 ボレーでは、 スイングしてスピードを出すのではなく、 体で前に押すイメージです。 ボールが飛んできて、 テイクバックする際、 軸足でためを作って構えます。 そして、インパクトと同時に 反対の足を踏み込みます。 右利きの方だと、 左足でためて、右足を踏み込みます。 着地する前にインパクトをするとベストです。 本当に一瞬ではありますが 空中でボールを打っているかもしれません。 笑 強く打ち込みたい時は、 踏み込むというよりは、 「飛び込む」というようなイメージ で打ってみましょう。 体重移動で後ろから前に ボールを運んでいきます。 ラケットセットが1とカウントすると、 軸足と逆の足が着地する時を2とカウントします。 2のリズムでボレーの練習をしましょう。 1の時に軸足の位置をしっかり決めて ためを作ります。 そのリズムで打つことができる位置に 足で合わせて移動します。 小さいステップで近づいて、 ためを作って構えます。 そうすることで、相手のボールが重くても 押され負けない足場を作ります。 そして、体の前でインパクトをして、 体重移動によって、体で前に押して パワーを伝えます。 バックハンドボレーは、 フォアハンドよりも パワー負けしやすいです。 相手のボールに負けない形を覚えましょう。 そして、ボレーの際 ラケットはぶんぶん振り回しません。 スイングという考え方よりも、 セットしたインパクトの形をそのままに 体が前に移動することによって ラケットも出てくるというイメージです。 プロの試合を見ていると、 大きくスイングしているように見えますが、 実際は足でボールを運んでいるのです。 ラケット自体の動きというのは、 とても小さいはずです。 また、片手でバックハンドボレーを打つ方は、 利き腕だけで引っ張るようにスイングをすると 打点が安定しないですし、 ボール自体も重くなりません。 肩から下のパーツをインパクトの形で固定し、 しっかり足を使った体重移動で運びましょう。 こちらの動画は、 フェデラー選手のボレーを スロー再生したものです。 フェデラー選手は、 ネットプレーがとても多く ボレーが綺麗なことでも有名です。 特にバックハンドボレーは、 体が正面を向いていては コントロールができません。 しっかりとボールに対して、 横向きを作ります。 1歩目の軸足をセットする際に、 軸足はオープンスタンスのように 横に出してもいいでしょう。 相手がボールを返してくるタイミングが速くて、 時間がない時は体をひねるだけでも十分です。 とにかく! ボールに間に合わせて、 体の横向きを作ります。 右利きの方の場合、 顎が右肩に乗るくらいをイメージします。 ボレーをテイクバックしないといけないと 思っている方にお伝えしたいのが、 ラケットを引いているのではなく、 「体をひねった結果、 ラケットがついてきている」のです。 ボールに間に合うタイミングで 体を横向きにしようと思うと、 ラケットが大きく後ろにいくほど 体をひねることはないと思います。 ボールから逃げずに、 しっかりと横向きを作り、 肩を入れて構えます。 フットワークでボールの横に入りましょう。 そして、ボールの真後ろから 全身でぶつかるように 前に向かってインパクトします。 この際、肩を支点に、 インパクトの形で固定された腕が 押し出されていきます。 この一連の流れができると、 パワフルなボレーを打つことができます。 こちらの動画でも、 バックハンドボレーの体の使い方が 紹介されています。 ボレーは小手先でどうにかなるものではなく、 体の使い方で作られています。 [超簡単]テニスのバックハンドボレーの打ち方とコツはたった3つ!? まとめ 1. テイクバックは顔の前あたりに置くように 2. 体重移動で打つ 3. ボールに対して体は横向き 以上3点が 私が考えるバックハンドボレーの 打ち方とコツになります。 ただでさえ、バックハンドに 苦手意識がある方だと、 時間の余裕がないボレーとなると さらに苦手に思ってしまうかもしれません。 しかし、打ち方とコツさえ掴むことができたら 自分の体重移動でボールを押すため、 パワーがいらないので、 意外と誰でも決めれるショットになります。

次の

【テニス】ボレーのコツとは?【足使いと面の合わせ方を意識し練習】

白 猫 テニス トレーニング モード どこから

『白猫プロジェクト』で登場する、 『イサミ』と『シズク』復刻イベント「水月鏡花~饗宴討鬼譚~」破滅級「光を集めに」のCleared? のクリア方法と・シークレット羅刹級「死闘の記憶」シークレットクエスト解放の仕方について紹介します。 『イサミ』と『シズク』イベント「水月鏡花~饗宴討鬼譚~」が2016年8月22日より復刻開催されていますね。 ところがクエストを進めていると普通にクリアするとCleared? となりクリア出来ないものが出てきます。 ・破滅級「光を集めに」が該当します。 『イサミ』と『シズク』復刻イベント「水月鏡花~饗宴討鬼譚~」破滅級「光を集めに」のCleared? のクリア方法と・シークレット羅刹級「死闘の記憶」シークレットクエスト解放の仕方について紹介します スポンサーリンク 目次 水月鏡花~饗宴討鬼譚~破滅級クリア方法とシークレット解放条件 ・「水月鏡花~饗宴討鬼譚~」破滅級「光を集めに」 『イサミ』と『シズク』復刻イベント「水月鏡花~饗宴討鬼譚~」破滅級「光を集めに」を普通にクリアするとCleared? となります。 これは完全にクリアーできてない状態になります。 どのようにして完全にクリアするかですが、 『イサミ』と『シズク』復刻イベント「水月鏡花~饗宴討鬼譚~」破滅級「光を集めに」の初回クリア報酬で入手出来る『古ぼけた鏡』を進化させます。 『古ぼけた鏡』を進化させるのに水月鏡花のルーンという特殊なルーンが必要になります。 ・水月鏡花のルーンの入手場所 『古ぼけた鏡』を進化させるのに必要な水月鏡花のルーンの入手場所ですが、「水月鏡花~饗宴討鬼譚~」破滅級「光を集めに」のある場所で一定確率でドロップします。 その場所はエリア2にある右下の宝箱から出て、そこ以外からは水月鏡花のルーンを入手することが出来ません。 水月鏡花のルーンを15個集めて『古ぼけた鏡』を『星霜の映し鏡』に進化させて魔道士の誰でも良いので装備させます。 『星霜の映し鏡』は特に強化させなくても問題ありません。 そしてパーティーに加えて再び「水月鏡花~饗宴討鬼譚~」破滅級「光を集めに」をクリアします。 すると破滅級のCleared? がCleared! に変わり、ストーリーと新たにシークレットクエスト羅刹級『死闘の記憶』が出現しました。 まとめ 『イサミ』と『シズク』復刻イベント「水月鏡花~饗宴討鬼譚~」破滅級「光を集めに」のCleared? のクリア方法と・シークレット羅刹級「死闘の記憶」シークレットクエスト解放の仕方について紹介しました。 今回のイベントではシークレット解放の仕方について特にヒントがありません。 あるとしたら『古ぼけた鏡』の武器の紹介ぐらいで、この武器を進化させようということになりますが普通はこの武器を進化させようとは思わないですよね。 進化させようとすると初めて見るルーンが表示されていたりと今度はそのルーンをどこで入手しなければいけないのかなど全くヒントがありませんでした。 普通の人はただ鬼気のルーンを集めていたら気づかないかもしれません。 スポンサーリンク.

次の

【白猫テニス】星4キャラプレゼントで選ぶべきおすすめキャラ!【白テニ】

白 猫 テニス トレーニング モード どこから

「身長が今より5㎝高かったら…テニスのサーブは上達するのでは?」 私自身はテニスをしているこんなことをよく感じてしまいます。 バスケットボール程ではありませんが、テニスも身長の高さは影響するものです。 一番顕著なのがサーブではないかと思います。 が、当然ながら身長の関係上、少しでも打点がズレるとサービスラインどころかベースラインを超え、大きくフォルトしてしまいます。 なのでどんなサーブでも、ある程度回転をかけるのがセオリーです。 身長が違うということは、打点の高さも当然違います。 冒頭のように身長が5㎝違うだけでも、サーブの威力や成功率は異なってくるものです。 しかし残念ながら、意図的に自分の身長を高めるのは現実問題難しい。 筋力トレーニングを取り組むことで多少の威力を高めることは可能ですが。 ただ、基本的には今の身長・スペックで上手くやりくりしなければなりません。 ですが、サーブは案外上達するのは早いです。 ストロークは相手の打つ球によって対応も細かく変わるのに対し、サーブとはテニスにおいて唯一相手に邪魔されず、自分のリズムで打つことができるショットです。 だからこそ、一度コツを抑えればそれを実践するだけで上達します。 当然ながらテニスを上達させて試合で勝つなら、サーブの強化は不可欠です。 サーブの威力やスピード、回転を高める為には、どのような方法があるのでしょうか。 1つ1つピックアップしてみたいと思います。 トスを高くする サーブが上手い人は、身長を問わずトスが高い傾向があります。 逆にスピードが出ず、回転もいまいち掛からない人は全体的にトスが低いです。 かくいう私も、今では試合では自信を持ってサーブもしっかり振り切っていますが、高校時代は「ミスタークイック」と呼ばれるほどのクイックサーブでした。 確かにダブルフォルトはあまりしませんでしたが、スピードや回転は心もとなく、レベルの高い選手と試合するとハチの巣にされるのが定番パターンでした。 また、次にお伝えするラケットワーク等ができても、トスが低ければ威力があっても暴発しやすいです。 トスを上げてラケットとボールが接触するまでに、少なくとも1秒の間は空くぐらいのトス・打点の高さは欲しいところです。 元々トスや打点が低い人は初めのうち苦労こそしますが、慣れてくれば違和感なく打てるようになります。 手首を開かない サーブが強い人は手首の回内動作 プロネーション をしっかり使うことができています。 逆に威力がなく、回転のかかりも悪い人は決まってこのプロネーションができていません。 これは特にスライス気味のサーブを打つ女子に多く、巷では「羽子板 はごいた サーブ」と呼ばれています。 つまり最初から手首が開いてしまっている為、インパクトのときに手首を使って弾くことができていないのです。 プロネーションが使えなければスピードも出ず、回転もかからないのでサーブの軌道は安定せず、上達しません。 少なくともトスを上げてトロフィーポーズを作った時点では、手首を開いてはいけません。 ちなみに「手首が開いている」状態とはボールを打つ方のラケット面が上を向いている状態のことです。 利き腕の手首を親指側に力を入れず少しだけ捻って、手首が開かないようにしましょう。 スイングは肘から先行 これは前述のプロネーションと合わせて行うことで、サーブのスピードを飛躍的に高めることができます。 テニスに限らず全ての競技においても共通して言えることですが、身体の動きを理解することは大切です。 下半身から上半身へ、腰から肩へ、肩から肘へ、肘から手首と、身体のパーツを動かす順番を守りましょう。 そうすることでプロネーションによるパワーも余すことなくボールにぶつけて、ナイスサーブがさく裂します。 サーブを打つときは手首を開かずにトロフィーポーズを作り、スイングするときは肘から先に持っていくように実践してみましょう。 スピンをかけたいなら横に振る テニスラケットとボールが接触する時間は本当に僅かなものですが、スイングの軌道によって回転のかかり方などは大きく変わります。 例えばボールに対して後ろからまっすぐ当てれば、直線の軌道で飛びます。 ラケット面がボールの下から上を通過すれば、当然縦回転がかかります。 なのでサーブのスピード・回転を両立させてダブルフォルトなどを減らすためには、フィニッシュ時にラケットが身体の右側 左利きの場合は左側 に持ってくるように心掛けましょう。 テニスが上達しない原因は至ってシンプルで、尚且つその原因を冷静に分析して解決すれば一定レベルまでは上達します。 サーブで回転もかからずスピードも出ず安定しない、当たりがイマイチしっくりこないあなたは、まずはプロネーションを使えるようになることで、サーブが飛躍的に上達する可能性があります。

次の