サンダー クラッカー。 「ガンダムサンダーライスクラッカー」とは!?「GUNDAM Cafe」が日本の銘菓・銘品とコラボ!桜が舞うなかで佇むユニコーンガンダムに注目

サンダークラッカー

サンダー クラッカー

WFC-S39 サンダークラッカー 今回はトランスフォーマーシリーズお馴染みのサンダークラッカーを紹介します。 海外で展開されているIDWコミックスでは、 サンダークラッカーもG1時代から大きくキャラ設定が変わっています。 スタースクリームが出れば、玩具として大体リカラーアイテムで スカイワープと共に出ることが多い、サンダークラッカー。 パッケージアートではなんと、武器を手持ち! 貴重な姿!? ロボットモード G1時代の武器設定として、 サンダークラッカーは火炎放射器でしたが、 今回はHPI Null-Ray Laser Launchersとなっており、 スタースクリームらと同じ武器となっています。 そして特徴的なのがニヤリ顔。 全体像 G1アニメシリーズをご存知の方であれば、 スタースクリームの方がニヤリ顔っぽい、というイメージですが、 当時のサンダークラッカーには、卑屈な性格である、 という設定がありました。 そんな卑屈さを表情として表したモノなのかもしれません。 サンダークラッカーやスタースクリーム・スカイワープらのウェザリングは、 良い具合になっていて個人的には大変気に入ってます。 G1の姿をベースにモダンな可動とスタイルに! IDWのサンダークラッカー IDWの2019トランスフォーマーコミックにはまだ登場はしていません。 今シリーズの設定がどの様なモノなのはまだわかりませんが、 旧シリーズではディセプティコンでいながらも、 オートボットに協力する、という立場になります。 オール・ヘイル・メガトロン でも描かれていましtが、 地球侵略時に人類虐殺という行為に対して疑問を募らせていき、 オクトーンが核爆弾投下時、 「この星の住人は戦うに値しない存在だった」 「戦いを信条とするデストロンの名にこれ以上泥を塗りたくない」 と言い放ち、オートボットに協力。 核爆弾を地球の外に運び人類を救済。 その直後に一部始終を見ていたスカイワープに、裏切り者として撃たれてしまいます。 その後死なずに 人類についてもっと知りたいと地球人の文化を独自に学び、 誰よりも深い理解を持つ様になり、オートボットに継続的に協力する様になります。 犬を飼いだしたり、 映画制作を行ったりと、かなり人間的な活動を行う様になります。 旧オンゴーオングの OPTIMUS PRIMEシリーズのannualでは、 STARSCREAM: THE MOVIE という映画の脚本や演出・出演を手掛けます。 この話がまた面白いところですので、どこか別なところで解説しようと思います。 比較 同じ型のスタースクリームや、スカイワープと比較すると、 ニヤリ顔とカラー以外にもう一箇所、異なるモノがあります。 どこか気付きましたか? 実はロボットモード時の羽部分の前面にディセプティコンのインシグニアがありません。 IDW 2019トランスフォーマーの中でもサンダークラッカーだけまだ登場していないため、 何故なのかは分かりませんが、 前述の旧IDWシリーズの設定の様に、ディセプティコンでありながらもオートボットに協力する、 というのが背景としてあるのかもしれません。 アクション 設置性があまりなさそうですが、足首に横可動があったり、 ロボットモード自体の重心が安定していますので、 このくらいの設置面でも十分ポージングが可能です。 正座も余裕でできます。 ビークルモード スタースクリームらと同様にテトラジェットに変形します。 彼らは当時ジェットロンと呼ばれていましたが、 現在はシーカーズと呼ばれています。 エフェクトパーツを利用すれば雰囲気抜群です。 全体像 ビークルモード自体はスタースクリームと変わりません。 カラーリングが異なるだけですが、 G1アニメをみていた世代はスカイワープもセットで揃えたくなる形状! 側面 正面・背面 大変良い良い三角具合です。 最近のサンダークラッカー等とともに。 真ん中はGENERATIONSシリーズのもので、 IDW旧オンゴーオングシリーズでサイバトロン星モード。 右はスタジオシリーズの海外トイザらス限定のサンダークラッカー。 どれも青を基調にして、赤いラインが共通で入っています。 これからキャラなどを覚える方は、 青ベースに赤いラインがある方がサンダークラッカー、と覚えておきましょう。 総評 スタースクリームと同じく、変形も慣れれば簡単でアクション性も高く、動かすのが楽しいアイテムです。 変形時に胸部が外れやすいくらいしか不満点はありません。 が、スタースクリーム ・サンダークラッカー・スカイワープの3名並んでる姿に思い入れが特に無い方は、 好みの色のもので選ぶのも良いと思います。 G1の姿とモダンな進化の両方がありオススメできるサンダークラッカーです!.

次の

レビュー:SIEGE WFC

サンダー クラッカー

BANDAI SPIRITSが、ガンダムオフィシャルカフェ「GUNDAM Cafe」の新しい取り組みである「JAPAN FOOD COLLECTION」の一環として、日本の銘菓・銘品とコラボ! 日本橋にある創業170年の山本海苔店とのコラボ商品「ガンダム海苔ちっぷす」を発売するほか、浅草雷門の隣にある常盤堂雷おこし本舗とコラボレーションし、「GUNDAM THUNDER RICE CRACKER(ガンダムサンダーライスクラッカー)」、「頑駄無くりーむまん」を発売します。 和風デザインのオリジナル缶で日本らしさを演出。 ガンダム海苔ちっぷす わさびごま• 味:わさびごま味• 販売店舗:GUNDAM Cafe全店舗、GUNDAM SQUARE ガンダム海苔ちっぷす 明太子• 味:明太子味• 販売店舗:GUNDAM Cafe全店舗、GUNDAM SQUARE RX-0 UNICORN GUNDAM Ver. TWC ガンダム海苔ちっぷす 梅• 味:梅味• 雷を共通点として、風神雷神デザインを起用。 その和風な見た目に反して、味は外国人観光客や子どもにも人気の「キャラメルアーモンド」、「メープルココナッツ」といった洋風フレーバーを採用しています。 GUNDAM THUNDER RICE CRACKER(キャラメルアーモンド)• 販売店舗:GUNDAM Cafe全店舗、GUNDAM SQUARE RX-0 UNICORN GUNDAM Ver. TWC THUNDER RICE CRACKER(メープルココナッツ)• クリーム饅頭は6個入りで、オリジナルの焼き印デザインは3種類あります。 頑駄無くりーむまん• 焼き印デザイン:ガンダム、シャア専用ザク、ハロ• 販売店舗:GUNDAM Cafe全店舗 GUNDAM SQUARE RX-0 UNICORN GUNDAM Ver. TWCくりーむまん• 焼き印デザイン:ユニコーンガンダム(デストロイモード)、ユニコーンガンダム(ユニコーンモード)、ユニコーンガンダムシルエット• 販売店舗:GUNDAM TRAILER SHOP 【GUNDAM Cafe店舗概要】• 秋葉原店:東京都千代田区神田花岡町 1-1• お台場店:東京都江東区青海 1-1-10 ダイバーシティ東京プラザ2F• 大阪道頓堀店:大阪府大阪市中央区難波 1-7-10 難波泉屋ビル2・3階• GUNDAM SQUARE:大阪府吹田市千里万博公園 2-1 EXPOCITY内• GUNDAM TRAILER SHOP:東京都江東区青海 1-1-10 ダイバーシティ東京 プラザ2F フェスティバル広場 関連情報• 関連記事.

次の

サンダークラッカー (変形!ヘンケイ!)

サンダー クラッカー

商品名 MP-11T サンダークラッカー シリーズ名 マスターピース クラス — メーカー タカラトミー 発売時期 2015年11月30日 価格 ¥13,800(税抜) ということで、マスターピース版「サンダークラッカー」です!「サンダークラッカー」のマスターピースはかつて2008年に「MP-7 サンダークラッカー」として発売されていましたが、今回新生マスターピースとしてリニューアルされた「」が発売され、いつか出るとは思われつつ早3年半、今回ようやく日本国内タカラトミーモール限定で改めて発売されることになりました!海外ではすでに「MP-11」のリカラー版「サンダークラッカー」はトイザらス限定で発売されており、今回はその海外版のカラーリングとは異なり、よりアニメのイメージに近い感じでの発売となります。 日本では「MP-11」のリカラーで「サンストーム」と「アシッドストーム」が発売されていますが、アニメに登場するジェットロンとしては久々の商品化です。 それではいってみましょー! 【パッケージ&内容物】 まずはパッケージ。 今回「MP-11 スタースクリーム」で付属したマントなどはないので、箱は「MP-7 サンダークラッカー」と同じ感じかとおもいきや、ロボットモードでの収納になっており無駄に箱がデカイ!箱自体はタカラトミーモール限定ではありますが、アジア地域でも販売されることもあり、しっかりしたカラー印刷となっており、一般に発売されるものと変わりません。 中身はこんな感じ。 付属品はホログラムパイロットのみ。 もっとコンパクトな感じにしてほしかった…! 紙ものは取扱説明書とキャラクターカード(といつものアンケート)。 最近のマスターピースでは説明書の表紙とキャラクターカードは描き下ろしのイラストになっていますが、今回は以前のような設定画になっています。 また、中身も変形とギミックのみの掲載で、特に読み物的なものはありません。 【ロボットモード】 ということでロボットモード。 水色のボディーの発色がとても綺麗!カラーリングもアニメ準拠の形となっており、まごうことなき「サンダークラッカー」となっています。 基本的に「MP-11 スタースクリーム」と全く同じものではありますが、色が変わっただけで別キャラになり、さらにファンもそれを当然のもの(むしろ嬉しいもの)として迎えられるのはなかなか特殊なコンテンツだな、と今更ながら思います。 ジェットロンにふさわしい大きな翼が良いですね。 背中のパネルが若干気にはなりますが、2006年に発売された「MP-3 スタースクリーム」まで遡ることを考えると、今でもこうして十分に通用するプロポーションなのはすごい。 「MP-7 サンダークラッカー」はいわゆる「河森監修」の「MP-3 スタースクリーム」のリカラーだったので、ある意味本当に求められていたものとは異なり、さらにリアル路線となっていましたが、今回は完全にアニメのイメージを踏襲したものになっています。 バストアップ。 顔はスタースクリームまんまではありますが、マスクがシルバーだからか結構違ったふうに見えますね。 けど、出来れば表情だけでも新しいものにしてくれたら嬉しかったなあ。 上半身。 ディテールは「MP-3 スタースクリーム」から引き継がれている部分も多く、その当時の流行りが反映されており、今のマスターピースと比べるとちょっとディテールが過剰な感じがしますね。 また、これまでのスタスク型と同様、上半身と腰部分をつなぐジョイントがほぼ機能しておらず、遊んでると外れまくるのは相変わらず…次のラムジェットでは改善されることを願う… 左右の胸部のパネルを展開すると中にはミサイルポッドが。 背中の翼は角度をつけることができますが、背中と翼をつなぐジョイントが外れやすいのが難点。 下半身。 一見不安定そうに見えますが、スラスター部分が微妙に動いてくれることによって、接地がしっかりしてくれます。 下半身背面。 武器は肩に付いたレーザー砲。 設定的にはスタスクのナルビームとは違うもののようです。 「MP-7」ではこれは取り外しタイプでしたが、今回は差し替えなしで変形もこなします。 【ビークルモード】 続いてビークルモード。 「F-15」っぽい戦闘機に変形。 もともとの「MP-7 サンダークラッカー」では「」をモチーフとしていましたが、「MP-11」でリニューアルされるにあたった、アニメでモチーフとされていた「F-15」っぽい機体となっています(スタスクのレビューで教えてくれた方ありがとうございます!)。 ロボットモードに対して、ビークルモードは機首や翼が広がる分、かなり大きさが増している感じとなり、かなり迫力があります。 水色がとてもいい感じで、綺麗に上部が面一になるのは変形していて楽しい。 黒い垂直尾翼は薄いパーツで先端の突起(光波妨害技術装置)も細いので破損しないよう注意が必要です。 正面から。 先端部分は軟質パーツで出来ており、艶消しっぽい処理がされています。 翼のフラップは可動します。 ランディングギアは機首側と、すね部分に収納されています。 機首側は金属製なので破損の心配はなし。 前輪、後輪とも車輪がついているので転がし走行が可能です。 キャノピーは開閉可能で、コックピットにホログラムパイロットを載せることができます。 ちなみにパイロットを載せたままでもロボットモードに変形できます。 ホログラムパイロット。 機首部分を展開するとレーダードームが収納されています。 左:背中のエアブレーキが展開可能。 軸部分は金属パーツ。 右:エアインテイクの可動。 エアインテイクは空気抵抗を減らすための装置らしい。 左:エンジンブロックの開閉。 右:可変式ノズルも再現。 ちょうどここがロボットモードの接地部分になります。 【比較】 「」と比較。 基本的に色が違うのみで、パーツ的な差はありません。 ちなみに、管理人は「MP-7 サンダークラッカー」は非所持なので比較できず…すみません。 顔部分のカラーリングでかなり印象が違って見えるのが分かります。 また、ちょっと見えにくいのですが翼のデストロンマークがスタスクは逆さなのに対し、今回のサンダークラッカーはロボットモードのときにちゃんと正しい位置になるようになっています。 スタスクは背面でも翼にデストロンマークがありますが、サンダークラッカーはありません。 ビークルモードでも。 翼のエンブレムの向きが違うのは気持ち悪いな… 背面。 【可動・アクション】 最後に可動について。 基本的に「MP-11 スタースクリーム」同様よく動いてくれます。 この辺りはさすがマスターピースと言った感じ。 手の指も細かく可動するのでポーズに表情がつけやすいです。 ただ、前述の通り胴体のジョイントが機能していないので、遊んでいると胴体が外れまくるのは厳しい…以下写真続きまーす。 「サンダークラッカー」はデストロンの中でもちょっと特殊な位置づけなキャラで、最近のIDW版でもその立ち位置は変わらず、日本でも翻訳版が発売された「All Hail Megatron」でも最後とても重要な役割を果たします。 旧版スタスク付属のスタンドを使って。 飛ぶキャラはやっぱりスタンドがあると一気にポーズの幅が広がっていいですね。 以上、マスターピースからタカラトミーモール限定「MP-11T サンダークラッカー」でしたー!「MP-11 スタースクリーム」から早3年以上。 必ず出る!と思っていましたが、これほどにも時間があくとは思っていませんでした。 もの自体は「MP-11 スタースクリーム」と全く同じなので、これといった際立った特徴などはないのですが、整形色はきれいだし、ちゃんと新生MPシリーズとしてしかるべき形で発売されたのは嬉しく思います(タカラトミーモール限定ではありますが)。 こうなると気になるのは「スカイワープ」の存在ですが、おそらくこれもどこかしらの限定品になるのかな…?「ラムジェット」すら発売しようとしている今、出ないということはないと思いますが、出来れば一般流通でもう少し安く買えると嬉しいなあ…今回の「MP-11T サンダークラッカー」は日本国内では販売完了していますが、アジア地域では普通?に販売されるようなので、今回のレビューを見て気になった方や、注文し損ねてしまったという方は海外のショップなどを見てみるといいかもしれません! Archives• アーカイブ アーカイブ カテゴリー• 676• 137• 134•

次の