あくび は 出る の に 寝れ ない。 日中にあくびが出る理由って?眠くないのにあくびが出るのはなんでなん??

あくびが止まらない!意外な10個の原因を徹底解説!

あくび は 出る の に 寝れ ない

生あくびが止まらない原因 緊張 脳が働いていない時は、脳が働くように酸素を送ろうとあくびが出ますが、 緊張している時にあくびが出ることもあります。 自律神経は交感神経と副交感神経のバランスにより成り立っています。 脳が活性した状態の時は交感神経が優位になっている状態で、睡眠中や入浴時などのリラックスした状態の時は副交感神経が優位になっている状態です。 この2つのバランスはとても重要で、バランスが乱れると自律神経失調症となり、様々な症状が現れるようになります。 緊張している時は交感神経が極端に優位になっていることがあります。 これでは自律神経のバランスを崩してしまうので、副交感神経が働こうとします。 緊張しているのにあくびが出てしまうのは、リラックスした状態になるよう副交感神経が働いているためかもしれません。 こうして緊張をほぐしているということなのです。 疲労 長時間のデスクワークなど、脳を使い続けると脳内にアンモニアが発生します。 有毒なアンモニアがそれ以上蓄積しないよう、脳を休ませようとしてあくびが出ます。 長時間集中していた時のあくびは休息サインです。 外の空気を吸ったり、体を伸ばしてみたりして、少し頭を休めてあげましょう。 睡眠障害 十分睡眠時間をとっているはずなのに一日中眠くてあくびが出ることがあります。 これは睡眠の質がよくないためかもしれません。 睡眠時無呼吸症候群(SAS)など、眠りが浅く十分脳を休めることができていない可能性があります。 大きないびきをかく人は一度医療機関で相談してみましょう。 鉄欠乏性貧血 血中のヘモグロビン濃度が低くなった状態を 鉄欠乏性貧血といいます。 ヘモグロビンが不足すると酸素が十分脳へ供給されなくなります。 つまり酸素を脳へ送るためにあくびが出ているのです。 鉄欠乏性貧血になるとあくびの他、倦怠感・めまい・動悸などの症状が現れたり、疲れやすくなったりします。 鉄分を多く含む食品をできるだけ食事に取り入れるようにしましょう。 改善がみられない場合は鉄剤を服用することもできますので医療機関で相談してみましょう。 偏頭痛 偏頭痛は、脳の血管が拡張することで周囲の神経を刺激して頭痛を引き起こします。 脳の血管が拡張するということは脳に酸素をたくさん送るということですので、この作用があくびという現象になるわけです。 偏頭痛の前兆としてあくびが出るのはそのためです。 度々偏頭痛が起こる方はこの前兆を感じ取ることができるようにもなります。 あくびが出たら早めに薬をのんだり、保冷剤を用意するなどの対策をとるようにしましょう。 糖尿病 糖尿病はすい臓で作られるインシュリンが十分作られなかったり、作られても作用しなかったりして、血糖値が上がってしまう病気です。 血糖値を正常に保つため、食事コントロールをしたり、インシュリンを取り入れる治療を行います。 血糖値があがってしまうと、疲労しやすくなったり、空腹感や喉の渇きをよく感じたり、感染症にかかりやすくなったり、様々な症状が現れます。 この症状の1つとして、あくびがよく出ることがあります。 糖尿病初期は気づかないことも多いのですが、それは疲労と間違いやすいようなあくびなどの軽い症状しか現れないためです。 気になる症状は放置せず、医療機関で相談してみましょう。 脳梗塞 脳梗塞になると、脳の血管がつまって脳に十分な酸素が供給されなくなります。 そのため酸素不足となりあくびをすることがあります。 めまいや吐き気・頭痛など、他にも症状が現れることが多いので、一刻も早く医療機関を受診しましょう。 狭心症 狭心症の症状というと胸の痛みが多いですが、発作の前兆としてあくびが出たり、発作時に冷や汗やあくびが出ることもあります。 薬物治療・カテーテル治療・血管バイパス治療などが必要となりますので、一刻も早く医療機関を受診しましょう。 更年期障害 女性の閉経前後に起こる 更年期障害では、頭痛・めまい・動悸・イライラ・不眠など様々な症状が現れますが、あくびが止まらないという症状が現れることもあります。 気になる場合は婦人科で相談してみましょう。 薬の副作用 インシュリンなどの薬を常用されている方など、血糖値が下がりやすい方は注意が必要です。 低血糖になると、発汗・頭痛・視界のかすみ・あくびなどの症状が現れます。 低血糖を起こしやすい薬を常用している方は糖分をいつでも摂取できるようブドウ糖を持ち歩くようにしましょう。 飴やチョコレートなどでも効果はあります。 慌てて大量の糖分を摂取すると血糖値が上がりすぎることもありますので十分注意しましょう。 生あくびを止める方法 あくびは生理現象です。 体が必要だからあくびが出ているので、無理に止めるのはよくありません。 一番良いのは原因を見極めて改善することです。 しかし、大切な試験や会議など、どうしてもあくびを止めたい時もありますよね。 そういう時の方法をご紹介します。 少しだけ眠る 睡眠不足だからといって、大切な試験や会議前にぐっすり眠るわけにはいきません。 しかし、可能であれば少しだけ座って目を閉じて10分程度浅く眠るとスッキリします。 ぜひお試しください。 上唇を舌で触る 理由はわかりませんが、あくびが出そうな時に上唇に舌の先で触れるとあくびが止まります。 人前では少し抵抗がありますが、下を向いてとか、資料で顔を隠すなど、何とかやってみれば効果はあります。 この方法がなぜきくのか、理由はわかっておらず本当に不思議ですが、困った場面ではぜひ試してみてください。 鼻で息を吸う あくびで口で大きく息を吸い込む前に鼻で大きく息を吸い込んでみましょう。 目的が果たされ、口を大きく開ける必要がなくなります。 まとめ あくびについてはそのメカニズムがまだ解明されていません。 それでも原因として考えられる病気がたくさんありますね。 たかがあくびと思わず、思い当たる病気がないかチェックしてみてください。 あくびは体が必要としているからこそ出るものなので、できれば止めずにおきたいところです。 しかし、学校や職場などで、どうしても止めたい時はありますね。 一時的に止める方法は覚えておくと助かりますのでぜひ試してみてください。

次の

不眠 ~眠れない~|こんな症状ありませんか?|みんなのメンタルヘルス総合サイト

あくび は 出る の に 寝れ ない

疲れたり空気が悪くなったりすると出る生理現象ですが、病気の警告サインでもあります。 とくに、眠気がないのに出る「生あくび」には要注意です。 あくびはどうして出るのか、またカラダにとってどのような意味があるのでしょうか。 ご一緒に見ていきましょう。 あくびはどうして出るのか 「あくび(欠伸)」は、疲れているときなど、カラダやココロが休息を求めて出る生理現象です。 脳の働きが鈍くなって酸欠状態のようになると、反射的に「あくび」がでます。 大きく空気を吸い込むことで、新しい酸素を脳に送り、低下している脳の働きを活性化してくれます。 また、あくびで大きく口を開くと、あごの筋肉が刺激され、脳に刺激が与えられることも判ってきました。 このように、あくびは脳の働きが鈍くなったり、身体の休息が必要な時に起こる「防衛反応」なのです。 あくびのリラックス効果 新鮮な空気を深く吸い、酸素を補給した血液を脳に送り込み、脳を活発に活動させるあくび。 じつは副交感神経を優位にする働きもあります。 別名「リラックス神経」とも呼ばれる副交感神経は、脈を安定させたり血圧を下げたりして、身体を休息モードに導きます。 またあくびと一緒に涙が出て、眼の疲れを取ったり目ヤニや老廃物を流してくれます。 ひいては、ドライアイの予防にもつながるとも言われています。 危険の警告サイン?「生あくび」 勉強や仕事のさいに、周囲は集中しているのに独りあくびをして、ひんしゅくを買ってしまう場合があります。 眠気がないのに起こるあくびで、「生あくび」と呼ばれます。 緊張やストレス、睡眠障害などで身体や脳が相当に疲れている時に生じます。 また、脳梗塞、脳腫瘍、狭心症、更年期障害、低酸素血症といった病気の症状として生じる事があります。 さらに片頭痛や乗り物酔いの前兆として「生あくび」が出ることもあります。 普通のあくびは、交感神経が優位な、夢中になっている時や何かに一生懸命取り組んでいる時には出ないものです。 むしろ、副交感神経が優位な、疲れたり眠かったりするときに出ます。 これに対して、生あくびは緊張していたり具合が悪い時に出るあくびです。 いわば、病気などの危険が身体で起こっていることへの警告サインということができます。

次の

眠くてあくびが止まらない!寝てるのに寝不足な原因は病気や栄養不足?睡眠の質を高める方法7選!

あくび は 出る の に 寝れ ない

また、 大きく口を開けることで起こるアゴからの刺激で、脳が元気になるという効果があるとか。 それに、 副交換神経が優位になるのでリラックス効果があったり、あくび後に出てくる 涙で目がお掃除されたりと、何かと有意義な現象なのです。 あくびは自分の体や心がダウンしないように、リフレッシュする為の必要な生理現象なんですね。 このように、眠気によって時折出てくるあくびであれば、心配する必要はないようです。 悪いあくび「生あくび」について 次は正常なあくびとは違う、悪いあくびである 「生あくび」について。 眠気によって起こる「正常なあくび」とは違い、「生あくび」は眠くないのに出てしまいます。 眠くないのにあくびが出るって、不思議な感じがしますよね。 では、なぜ眠くないのにあくびが出るのかについて調べてみましょう。 生あくびは、「過度の緊張状態やストレスが原因」だと言われています。 テレビ中継されているマラソンなどのスポーツ中継をみていると、時折こんな光景を目にしますね。 競技前の準備やスタートラインに立っている選手を映すと、その中に大きなあくびをしている選手がいます。 これは、気合が入らず眠たいのではありません。 その逆で、 気合い入り過ぎなどによる過度の緊張やストレスで出る『生あくび』なのです。 脳が緊張やストレス過剰を生あくびという方法でリラックスさせようと、何度もあくび司令を出しています。 生あくびは、 心身のバランスが崩れて「調子が下降気味の時」に出るんですね。 生あくびは病気の予兆!? 生あくびの「悪」サインという理由は、前述の内容だけではありません。 脳の血流量が悪化している時や、低血糖、低血圧の時にも、生あくびが起こる事が分かっています。 眠くもない、集中力が切れているわけでもない・・・そんな時に出る生あくび。 実は、 重い病気のサインである可能性があるのです。 【生あくびと病気の関係について】 脳梗塞や脳出血、脳腫瘍、脳炎などの脳の病気や、心筋梗塞などの心臓の病気、胃潰瘍などからの大出血などでは、脳の血流量が減ります。 脳は大量の酸素を消費するので、酸欠になったら大変です。 そこで、大きく息を吸って意識レベルを保つために、あくびが起こります。 一日中あくびをしている場合は、眠気から来るあくびとは明らかに違います。 一時的な緊張やストレスも、かなり長時間になると心身が潰れてしまいますよね。 それ以外で生あくびとなると、脳や心臓、胃腸などの内臓に異常が出ている可能性があることも分かりました。 大げさに考える必要はありませんが、楽観視できない面もあるので、用心するにこしたことはありませんね。 疲れやストレスを溜めず、病気を予防 ストレスは多くの病気の原因とされています。 生あくび対策に関しても、この 「疲れ・ストレスを溜め込まない」ということが重要です。 生あくびが連発で出てくるということは、日頃から『頑張りすぎ』なのかもしれませんね。 あくびは本人の意思で出るものではないので、生あくび連発しても気付いていないことがあります。 気付いた周囲の人は、早期発見という観点からも指摘してあげる方がいいでしょう。

次の