ホワイト 国 除外。 ホワイト国とは何か簡単にわかりやすく解説!韓国除外理由は?|かねろぐ

韓国はなぜホワイト国除外問題を大きくするのか

ホワイト 国 除外

「対韓輸出規制の発動」といった勇ましい報道が始まってからほぼ1カ月。 これまで4回にわたって今回の措置を巡る数々の重大な誤解を指摘してきた。 メディアもここに来てやっと「韓国向け輸出管理の厳格化」「韓国への輸出優遇からの除外」と表現を改めてきた。 なんと長い時間を要したことか。 その間、国内だけでなく、韓国や国際社会に無用の誤解を与えてきていることを忘れてはならない。 だが、依然として、大きな誤解がメディアで堂々と垂れ流され続けている。 結論を言えば、韓国のホワイト国からの除外で影響は極めて限定的だ。 目に余るものをいくつか挙げてみよう。 個別許可が1000品目以上に増える? まず、「今回の輸出優遇からの除外で、個別許可の品目は第1弾の3品目から1000品目以上に増える」と、もっともらしく語られている点だ。 これは明らかに輸出管理制度への無知からくるものである。 確かに、ホワイト国への輸出に認められている包括許可(これを「ホワイト包括」という)は、韓国に関してはなくなった。 だからといって、全ての品目が個別許可の対象になるわけではない。 別の包括許可制度があって、ほとんどそれでカバーされてしまうのだ。 その結果、まともな企業にとって輸出の実態にはほとんど影響がないと言ってもいい。 これは「 特別一般包括制度」といって、輸出者が輸出管理の社内規定を整え、経産省の立ち入り検査を受け入れることを前提に取得できるものだ。 通常の取引をしているまともな企業の多くは、これを既に取得している。 「個別許可の品目が1000品目以上になって影響は大きい」という論者は、こうした実態を知らないようだ。 それを恥ずかしげもなくメディアでさらけ出している論者のいかに多いことか。

次の

韓国はそもそも何故、アジア唯一の「ホワイト国」だったのか: J

ホワイト 国 除外

この法律は、具体的な品目をリスト化して規制する「 リスト規制」と、リスト以外の物をまとめて規制する「 キャッチオール規制」の2つで成り立ちます。 規制対象の産品を輸出する人は、規制内容を確認()、対象であれば、輸出先ごとのルールに従い手続きを進めます。 輸出規制の対象になるのかは、輸出する貨物だけでは判断しません。 「技術」も対象です。 そして「どこの国に輸出するのか?」も関係します。 この場合のどこへ?とは、輸出先の国と、輸出先から販売される 最終ユーザーなどを含めて判断します。 もし、輸出先が「ホワイト国」であるときは、これら輸出貿易管理上の規制が緩やかになります。 そこで、この記事では、ホワイト国の定義と、一覧についてご紹介していきます! 関連記事1: 関連記事2: Contents• ホワイト国とは? 輸出貿易管理上、どこの国へ輸出するのか?は大切です。 同じ商品を輸出するときであっても、それがホワイト国なのか、ホワイト国以外なのか?によって、規制対象になるのかかが変わるからです。 ホワイト国の条件は次の通りです。 ホワイト国の条件と定義(グループA) ホワイト国とは、日本と同様に輸出のコントロール(キャッチオール規制を導入)して、世界の平和を脅かす商品や技術の菅理を徹底している国です。 ホワイト国に指定されいる国は、それぞれでも輸出管理を徹底しているため、 必要最小限の規制に留める優遇をしています。 ただし、ホワイト国の優遇措置は、厳格に管理れており、ホワイト国を経由した非ホワイト国へのなどは認めていません。 ホワイト国の一覧(締約国) ホワイト国には、以下の26か国が該当します。 一部の国は当てはまりませんが、基本的には先進国と言われる国々がホワイト国の対象です。 これらのワイト国に輸出するときは、リスト規制の対象にはなるものの、キャッチオール規制は、 対象外です。 「ゆるやかな規制」とは、このキャッチオール規制の不適用にあります。 キャッチオール規制の対象外になる。 一般包括許可(ホワイト許可)を受けられる。 1.キャッチール規制の対象外になる。 キャッチオール規制とは、武器開発に転用できる物として以外であっても、ある一定の「要件(客観要件とインフォーム要件)」を確認でき次第、輸出の許可を必要とする仕組みです。 例えば、全体の貨物がA~Zまでの22種類があるとします。 この場合、E~Zの部分の貨物について考えると、次のように解釈ができます。 これをカバーするのが「キャッチオール規制」です。 キャッチオール規制は、リスト規制から外れた産品をまとめて規制します。 ただし、反面、輸出効率が下がるため、輸出管理徹底している国(グループB=ホワイト国)は、キャッチオール規制の対象外です。 キャッチオール規制には、大量破壊兵器のキャッチオール規制と通常兵器のキャッチオール規制がある。 2.一般包括許可を受けられる。 輸出貿易管理令の輸出には、包括許可と呼ばれる仕組みがあります。 ある一定の期間や相手など、輸出先の条件を限定することにより、個別に許可を取らなくても良いようにしています。 包括許可の内訳は、次の通りです。 いわゆるグループA(ホワイト国)は、一般包括許可に含まれます。 その他の国は、特別一般包括許可または、特定包括許可により輸出許可を受けます。 今回、韓国は、グループB(ホワイト国以外)に降格したため、この特別一般包括または特定包括により手続きをとることになります。 許可 意味 特別一般包括許可 グループA以外の地域を仕向け地とする一定の品目を包括的に許可 一般包括許可(グループA限定) グループAを仕向け地とする一定の品目を包括的に許可(電子申請) 特定包括許可 継続的に特定の相手と行っている輸出を包括的に許可 別返品等包括許可 返品等に対する包括的な許可 特定子会社包括許可 日本企業の子会社に対する包括許可 一般包括許可とその他の包括許可の違いとは? 一般包括許可とその他の包括許可では、申請に必要となる書類が変わります。 一般包括許可の場合は、統括責任者及び該非確認責任者に関する登録書を出すだけです。 一方、特別一般包括許可や特定包括許可の場合は、2~最大5種類の書類が必要です。 韓国がホワイト国から除外されるとどうなる? 韓国がホワイト国から除外されると「キャッチオール規制」の対象国の扱いを受けます。 キャッチオール規制とは、客観要件とインフォーム要件の2つから成り立ち、どちらかに当てはまるとき、許可を必要とする仕組みです。 韓国では、この内、客観要件の「需要者確認」が厳しいと思います。 需要者確認とは、輸出先の相手だけはなく、 輸出先から流れる先(エンドユーザー)を含めて武器開発の懸念がないか?を確認します。 報道もされている通り、韓国は、北朝鮮との取引をしている可能性が非常に高いため、 韓国をホワイト国から除外することは当然です。 では、今後の韓国経済と実際の通関実務の現場には、どのような影響があるのでしょうか? 韓国経済とホワイト国除外の影響!? これまでの韓国は、ホワイト国に指定されていたため、キャッチオール規制の不適用の特権を受けてきました。 しかし、今後は、上記の包括許可を取得しない限り、輸出毎に許可のための審査を受ける必要があります。 また、キャッチオール規制の対象になるため、これまで規制を受けていなかった品目まで包括許可を取得する必要があります。 (許可が出るのか?は別のお話) また、若干、発展しすぎた予想ではありますが、日本政府は、韓国をホワイト国から除外することで、韓国にいる製造企業の撤退を促しているのではないか?と考えます。 これまでは、物価の低いアジア圏の中で、唯一、ホワイト国であったため、先端素材を輸入してそれを製造する企業には、韓国に進出するメリットがありました。 しかし、今後は、他のアジアとほぼ同様の扱いになるため、韓国に製造工場を設ける理由が小さくなると考えています。 単なる製造工場としての「場所」であれば、韓国よりも優良な所はいくらでもあります。 感情的な部分でも商売がしやすい国も多いです。 そういう意味でも、日本政府は「さっさと韓国から撤退しろ」とのメッセージを出しているような気もします。 ちなみに、直接の関係はございませんが、韓国は、国家間の条約を守らない国としても認識が広がっています。 ウィーン条約の27条にも規定されている通り、条約は、 各国の国内法に優先されるべき存在であり、国内法を援用して、条約等を破ることはできないとされています。 やはり、世界各国が合意したルールすら守れない国にホワイト国認定はおかしいです。 第二十七条(国内法と条約の遵守) 当事国は、条約の不履行を正当化する根拠として 自国の国内法を援用することができない。 この規則は、第四十六条の規定の適用を妨げるものではない。 引用元: 予備知識1 キャッチオール規制には、大量破壊兵器キャッチール規制と通常兵器キのャッチオール規制があります。 上記で述べた「どこのグループに属する国か」によって、この規制の対象の範囲や基準が変わります。 輸出先がホワイト国の場合は、キャッチオール規制の対象にはなりません。 ただし、ホワイト国であっても「リスト規制」は行われます。 キャッチオール規制の詳細は「」ページをご覧ください。 予備知識2.輸出貿易管理令に違反するとどうなる? 輸出貿易管理令は、外為法の中に規定されています。 つまり、輸出貿易管理令に違反をして不正に輸出した場合は、最悪、逮捕されます。 また、経済産業省の公式サイトで「違反会社」として掲載されるため、社会的なイメージダウンは避けられません。 今後、韓国企業などによる日本人技術者の引き抜きなどが行われる可能性もありますが、この場合は「技術情報」にあたり、輸出貿易管理令の規制下に置かれるはずです。 追加情報:ホワイト国の通称廃止。 グループ化表記に変更(2019年8月2日) 2019年8月2日、ホワイト国から韓国を削除する閣議決定。 合わせて、これまでの「ホワイト国」の表記から、グループAなどの表記に変更されることになりました。 以前のホワイト国は、グループAに所属。 閣議決定で格下げになった韓国は、グループBに所属します。 グループ 意味 主な国 グループA 輸出令別表3の国・地域=旧ホワイト国 アメリカなど、主要先進国(旧ホワイト国) グループB 輸出管理レジームに参加し、一定要件を満たす国 (韓国) 韓国、トルコなど グループC グループA・B・D以外の地域 中国、ベトナム、インド、シンガポールなど グループD 輸出令別表3-2、別表4の地域 北朝鮮、イラク、イラン、アフガニスタン、コンゴ、コートジボワール、エリトリア、レバノン、リビア、ソマリア、スーダン アメリカのホワイト国はどうなっている? アメリカでいうホワイト国(名称なし)は、EAR(米国輸出規制)のサイトにある「」に記載されています。 他にバツが少ない国を見ると、ほぼ日本のホワイト国と同様の国を指定していることがわかります。 関連記事: ・ ・ ・ まとめ 輸出貿易管理上、ホワイト国とは輸出管理や規制が徹底されているため、ゆるやかな規制がされている国を指します。 具体的には、ヨーロッパやアメリカなどが対象です。 ホワイト国に指定されている場合は、キャッチオール規制の対象から除外されます。 これは、一般的な国々へ輸出するときよりも、緩やかな規制です。。

次の

韓国「ホワイト国」除外に米中の代理戦争あり|ニュースイッチ by 日刊工業新聞社

ホワイト 国 除外

「日本がCFIUSのホワイト国から除外」 この報道は誤解を招くので米国財務省ページのソースを置いておきます。 日経新聞「日本がCFIUSのホワイト国から除外」 日経新聞では、アメリカの外国投資委員会(CFIUS)が、新たな規則を制定したということが書かれ、その中で「日本がCFIUSのホワイト国から除外」と表現しています。 CFIUSとは「安全保障の観点から対米投資を規制する対米外国投資委員会」と記事にもあるように、自由貿易が原則の輸出管理・貿易の話ではありません。 例外国・適格国は英国・豪州・カナダのみ、2年間で将来的に拡大の方針 アメリカの財務省に1月13日付のプレスリリースで以下のFIRRMAの改正による2月13日発効の最終規則が発表されています。 How did the Department of the Treasury determine the eligible foreign states under the regulations? Will the list be revised in the future? CFIUS identified these countries due to certain aspects of their robust intelligence-sharing and defense industrial base integration mechanisms with the United States. 「CFIUSは、当該諸国(英国・豪州・カナダ)について、 米国との強固な情報共有および防衛産業基盤統合メカニズムの側面から認定しました」 とあるように、いわゆるファイブアイズ諸国にしか 例外外国・適格外国認定をしていないわけです(ニュージーランドは除外されている)。 このこと自体は日経の記事にも書いてある よって、日本が「含まれていない」のはある意味で当然と言えると思います。 national security, CFIUS is initially identifying a limited number of foreign states and may expand the list in the future. 実務上は"eligible foreign states"=適格外国と呼ぶらしい)制度の対象となった国は2年間有効で、その後見直しが入るということです。 また、適格外国の対象は将来的に拡大する方針だということも書かれています。 したがって、 日本が「除外された」「外された」と言うのは実態からかけ離れています。 新設された制度なのだから。 (ただ、日本が米国から優遇される立場になるのではという期待は、界隈ではあるようなので、今回の件が「想定外」なのかは私は分かりません。 ) ただし、日本国の現状に問題が無いわけではないので、以下のような問題意識は妥当するでしょう。 また、米国における法改正によって、CFIUS(対米外国投資委員会)の権限が強化され、外国と情報共有ができる仕組みになったが、我が国では対内直接投資を審査する財務省+事業官庁がそのカウンターパートとして機能する体制になっていない。 体制の強化と法整備が必要。 — 小林鷹之 kobahawk 「ホワイト国」は輸出管理でも使用を止めた用語 そもそも「ホワイト国」という名称は実務上の 便宜的呼称であり、正式名称や法規に記載のある名称ではありませんでした。 2019年8月2日に閣議決定された内容では、元々の分類区分である「 グループA」の呼称で呼ぶようにしたとしています。 よって、日経新聞でCFIUSの件で「ホワイト国」という用語を使うのは時宜にかなったものではないですし、「日本が除外された」というのは、新設された制度なので誤解を招く表現でしょう。 実際、以下のように狂喜乱舞する人が居ますが、これは日経新聞だけを読んでるせいでしょう。 これが衝撃でなくて何なのだろう。 隷属の果てにこの始末。 韓国への高飛車な態度がブーメラン。 「ホワイト国」日本外れる: 日本経済新聞 — 清水 潔 NOSUKE0607 以上 Nathannate.

次の