仕返し 類語。 意趣返し(いしゅがえし)の意味と使い方 類語表現と例文を解説

「恩義に報いる」の意味・類語・対義語【使い方や例文】

仕返し 類語

【目次】 ・ ・ ・ ・ 「倍返しだ」はドラマ『半沢直樹』のセリフで流行語にも 7月19日からスタートするドラマ『半沢直樹』。 2013年に放送された第一弾は社会現象を巻き起こしましたから、ファンが非常に多い作品ですよね。 また、ドラマの劇中で、堺雅人演じる主人公の半沢直樹が放つ「やられたらやり返す。 倍返しだ!」という決め台詞は、当時大きなムーブメントを起こしました。 一躍流行語となり、同年の新語・流行語大賞で年間大賞を受賞しています。 『半沢直樹』は、池井戸潤の小説「半沢直樹シリーズ」を原作としたテレビドラマのこと。 銀行内部での不正を扱ったフィクション作品であり、一般的には視聴率が取れないと言われている「経済ドラマ」です。 本作は、銀行に勤める男性の縦社会が舞台。 「女性の登場人物が少なく、目立った恋愛シーンもない」、また、「主題歌や挿入歌などのテーマソングもない」など、視聴率獲得を全く意識していないかのような珍しい作品です。 しかし、「実力派俳優陣による見事な演技力」や「わかりやすい主人公と敵の設定」、「リアルかつ時代劇調の脚本・演出」などが視聴者から支持され、第1話から19. その後も着実に視聴率を上げ続け、なんと最終話では42. 倍返しの意味 そもそも「倍返し」の正しい意味は、「贈られたものや受領したものに対して、倍額に相当する金品を相手に返すこと」、「やられた以上に手ひどく仕返しをすること」の2つ。 『半沢直樹』の劇中では、主に主人公の半沢が意地の悪い上司たちに対して「やられたことを倍にして仕返しする」という意味で使われています。 しかし、実際には「してもらった以上に恩返しをする」という意味合いでも使うことが出来ますので、そちらも覚えておくと良いですね。 ただし、『半沢直樹』の影響で多くの方が、「倍返し」=「仕返しをする」という意味合いの言葉だと認識しています。 そのため、使い方には注意が必要ですよ。 ここで「倍返し」を使った例文を少しご紹介しましょう。 1:「これ以上足を引っ張るようなら、徹底的に戦います。 やられたらやり返す。 倍返しだ! 覚えておいていただこう」 ドラマ『半沢直樹』の劇中で、主人公の半沢が上司である大和田常務ら敵対勢力に対して言い放ったセリフ。 全10話の中でも、最も話題を呼び注目された名セリフです。 意地悪な上司に、こんなセリフを言えたら爽快ですね。 そんな視聴者の共感を得たことも、『半沢直樹』が高視聴率を獲得し、大人気ドラマになった理由の一つでしょう。 2:「ホワイトデーは倍返しでお願いね」 毎年バレンタインデーには、女性が男性にチョコレートやプレゼントを贈り、ホワイトデーには男性が女性にお返しをするのが日本では一般的ですね。 女性としては、どんなお返しが貰えるのかワクワクしてしまうもの。 そんなときに冗談まじりで使える一文です。 3:「お世話になったお母さんに、いつか絶対に倍返しする」 使用するシチュエーションにもよりますが、「倍返し」というフレーズだけ使ってしまうと、いかにも「仕返し」をするという印象になりかねませんので、ご注意を。 この例文の場合は、恩返しをする決意を表しています。 倍返しの類語にはどのようなものがある? 「倍返し」の正しい意味について伝わりました? 続いては、「倍返し」の類義語をご紹介していきます。 「倍返し」の言葉と一緒に類義語も覚えてみてくださいね。 では早速、見ていきましょう。 1:意趣返し 「意趣返し」とは、ただ単に「今この場でやられたことをやり返す」という即時的な意味ではありません。 もっと根深い恨みや、憎しみを込めた仕返しを意味しています。 ですから、「倍返し」とは違い、憎悪の感情が込められた恨みの強い言葉です。 よっぽどのことがない限り、「意趣返し」という言葉を使うことはないでしょう。 2:目には目を歯には歯を 「目には目を歯には歯を」とは、「受けた害と同じだけの害を相手に与えて仕返しをする」こと。 「やられた以上の仕返し」を意味する「倍返し」とは、少し意味が異なります。 小さな意味の違いではありますが、抑えておいてくださいね。 ちなみに、日本だけでなく、海外でもおなじみの言葉。 「An eye for an eye and a tooth for a tooth」英語で表現しても同じですね。 3:お礼参りをする 「お礼参り」には、2つの意味があります。 元々の意味は、神仏にかけた願いが叶ったときに、神社やお寺へ御礼をしに行くことです。 しかし、このことについてはほとんど知られていません。 世間に周知されている意味は、刑期を終えたやくざが、「警察に密告した者」や「自分を裏切った者」に対して報復を行うことです。 「仕返しをする」という点では同じですが、「お礼参り」は上記の2つとは違い、逆恨みによる仕返しの意味が強くなります。 最後に 「倍返し」の意味や使い方についてご紹介しましたが、いかがでしたか? 縦社会の厳しい日本では、ドラマ『半沢直樹』のように「倍返し」という言葉を上司に使うことは容易ではありませんね。 しかし、前述させていただいたように「倍返し」は、「恩返しをする」という意味合いでも使うことができます。 ですから、今までお世話になった方、大切な家族や友人に対しては、いつか絶対に「倍返ししたい」と思って頑張ると良いかもしれませんよ。

次の

【『半沢直樹』でお馴染み】「倍返し」の意味や使い方とは? ドラマでのセリフ・類語についてもご紹介

仕返し 類語

・心の向かうところ。 考え、意向。 おもむき。 ・理由、事情。 意(こころ)。 やがて時代が進むにつれて考えが負の感情へと転じ、「復讐」や「仕返し」というネガティブな意味へと変わります。 中国で誕生した仏教の教えである「意趣」。 なぜ現代のような負のイメージが根強くなったのかはさだかではありません。 戦乱や戦争といった、人の心がさまざまなネガティブ感情で占められたのか、あるいは理由が別にあるのかは断定されていません。 「意趣返し」の使い方・例文 起源である「意趣返し」は「人の考え」をあらわす言葉。 では、どのようにして使うべきか。 「意趣返し」の無難な使い方をご紹介します。 この前はしてやられましたが、今回こそはと雪辱戦のつもりです。 プロ野球の松坂大輔選手が1年目で使用し、流行語にもなった「リベンジ」。 主にこちらの意味で「雪辱」が使われることが多く、「仕返し」という意味のなかでも比較的正々堂々の精神で使われています。 「仕返し」と同じ意味合いの言葉をビジネスシーンで使用するなら「雪辱」がベターですが、「雪辱を晴らす」という誤用の多い表現です。 恨みや疑いを「晴らす」と混同する人が見受けられるので注意して使いましょう。 報復 個人に対しては「仕返し」の意味をもち、国家間では「不当な行為を働いたこと」への同等の行為による措置を指す言葉です。 ・This mischeif counts as a pay back? ・My wishes came true and I am free now. I will make sure that action will be taken precisely. これまでの 意趣返しはキッチリさせてもらうつもりです。 「意趣返し」は皮肉ではない!正しい意味を覚えよう 本来「意趣」は人の考えや心を表現する言葉で、「皮肉」として使われていたわけではありません。 しかしながら、時代とともに言葉が変わり、現在のような悪いイメージが先行しています。 みなさんも先入観で使うことのないよう 言葉本来の意味を理解してくださいね。

次の

仕返しって英語でなんて言うの?

仕返し 類語

「意趣返し」の語源 まず「意趣」という言葉は、中国語の「意(=心の)」と「趣(=おもむき)」から来ています。 日本語では「理由、わけ」という意味で使われていました。 それが中世以降に意味が転じて「心の中にある不平不満や恨み」といった意味になったと言われています。 今でも、「意趣」にはさまざまな意味があります。 「心の向かうところ、意向、考え」「言わんとする事、意味」「理由、事情、わけ」「周囲の事情からやめられないこと、意地」「人を恨む心があること、恨みが心に積もること、遺恨」です。 その中の「遺恨、恨み」の意味の「意趣」に「返し」が付き、「意趣返し」は「恨みを返すこと、仕返し」といった意味になりました。 「意趣返し」の使い方 「意趣返し」は主に大人同士の人間関係や国・企業間などにおいて使われています。 小さな喧嘩の仕返しなどに使うのは不適切です。 なぜなら「意趣返し」は単なる仕返しではなく 「恨みを返す復讐」の意味があるからです。 また「意趣返し」はあまり日常的には使われていません。 主にメディアや文学などで用いられています。 そのため「意趣返し」が「仕返し、復讐」といった意味があることを知らない人が多くいます。 「意趣」という字を見ていい意味を想像する人も多くいるでしょう。 趣味や趣(おもむき)などの意味で誤用している人もいます。 実際にはそういった意味は含まれませんので注意しましょう。 また、「皮肉」といった意味が含まれていると勘違いしている人もいるようです。 ただ何かを仕返す際に皮肉を言ったり、また皮肉に対して復讐をすることもあるので混同しやすいですが「皮肉」といった意味はないので注意しましょう。 余談ですが、「意趣返し」の他にも「意趣」が使われた言葉があるので紹介しておきます。 ・意趣晴らし…復讐をして恨みを晴らすこと ・意趣討ち…恨みを晴らすために相手を討つこと ・意趣斬り…恨みによって人を斬ること ・意趣節(いしゅふし)…恨みになるようなところ、恨みや難癖のこと これらを見ると、「意趣」が「恨み」といった意味で使われていることがよく分かりますね。 「意趣返し」の詳しい使い方については例文をいくつか紹介しますので参考にしてください。 「意趣返し」と「仕返し」の違い まず二つの言葉の意味を見てみましょう。 「意趣返し」は、 「恨みを返すこと、復讐」 「仕返し」は、 「与えられた害に見合う害を返すこと、復讐」 どちらも「復讐」を表す言葉です。 ただ、「仕返し」は日常的にもよく使われている言葉です。 子どもの喧嘩などにも使われるように、その害が小さなものに対して使うことができます。 また 「仕返し」は「ぶつかったから蹴った」など行動そのものに対しても使うことができます。 それに対して「意趣返し」には「恨み」が含まれています。 そのため、子どもの喧嘩などあまり小さなものに対して使われません。 「意趣返し」は主に大人同士やまた会社などにおいて「積もりに積もった恨みを返す」ことに対して使われています。 そのため何か害になることをやられた時に、その場ですぐにやり返す場合に、「仕返しする」とは使われますが「意趣返しする」とは使われません。 要するに「仕返し」の持つ意味の範囲は広く、その中に「意趣返し」が含まれています。

次の