岡田有希子。 愛をください

サンミュージック波乱の50年 引きずった岡田有希子の死「お父さんの一言に救われた」

岡田有希子

本名は 佐藤 佳代(さとう かよ)。 愛称は ユッコ(Yukko)。 生まれ、同県育ち。 を経て、卒業。 に所属していた。 になどの新人賞を総なめにして「ポスト」と期待されていたが 、に飛び降り自殺した。 当時は若者の相次ぐ自殺が社会問題となり 、「ユッコ・」と呼ばれた。 経歴 [ ] 生い立ち [ ] (42年)8月22日、にて2人姉妹の次女として生まれる。 母親のも検討されるほどの難産で、出産による命の危険や脳障害の可能性もあったが異常はなかった。 幼少期は言語障害ではなかったものの、「さ行」が全く言えなかった。 (昭和44年)、2歳の時に同県へ引越す。 幼稚園に入ると、姉が通っていたの体育教室に通い始めるが 、運動神経のなさを自覚したという。 小学生になると表現する職業に憧れ、小学3年生の作文では「、、」を挙げた。 小学4年生からを習い始め、才能があれば将来はに進む意思を母親に話していた。 小学5年生の時、主催の大会で入選。 小学6年生の時、の写生大会で宮司賞(一等賞)を獲る。 中学生になるとや、を学び始め 、を描き残している。 中学2年生の夏休みの課題では、ファンであるのを油絵で描いて校内で高く評価され、その作品を河合本人に送ろうと考えていたという。 芸能界入りへ [ ] 一方で、芸能タレントにも憧れを持っていた。 小学2年生から部に入り、小学6年生の時に地元のやに出演。 また、同じく小学6年生の時、の『』で乙姫役を演じ 、校長が見に来たほどだった。 その役作りのために、『』()で主人公の1人、を研究していた。 中学生になると、やなどの様々なに応募した。 名古屋を舞台にした連続テレビドラマ『』()にとして出演したが 、重要な役を任される矢先に降板している。 (昭和56年)8月、姉が購読していた雑誌『高一時代』()に載っていたオーディション『 フレッシュギャルコンテスト』に中学2年生で応募し、準グランプリに選ばれた。 写真は『』()1982年3月号に掲載され、特大ポスターが全国各所に貼り出された。 中学3年生の夏休みには、で開催された『ニコン 中・高生のためのカメラ教室』のになっているが 、いずれも芸能界入りにはつながらなかった。 (昭和57年)6月、前年に応募していたオーディション番組『』(日本テレビ)の予選会通知がから届いた。 「中学2年生で出場、中学3年生でデビュー」の計画から1年遅れの通知だった。 担任教諭に反対される中、学校を無断欠席して名古屋地区予選に出場。 「マイ・ボーイフレンド」を歌い、決戦大会への切符を掴む。 しかし、家族にも反対されたため 、12月の決戦大会出場を断念。 を起こし、自分の部屋に閉じこもる。 数日後、芸能界入りの条件として「学内テストで学年1位になること」「中部統一で学内5位以内に入ること」「第1志望のに合格すること」を母親から提示された。 ()が優秀 でも厳しい条件だったが、猛勉強の末に全てクリア。 さらに、地区予選に立ち会っていた「」専務・福田時雄と番組・が家族へ説得したこともあり 、3月の決戦大会への出場を許された。 、『スター誕生! 』第46回決戦大会で「」を歌い、結果は後日発表されることとなった。 (昭和58年)4月、名古屋市立向陽高等学校に入学。 部活動は部のだったが、スコアの付け方がわからず雑用係だった。 それからしばらくして、『スター誕生! 』決戦大会の合格が伝えられた。 芸能事務所はサンミュージックと、はとから指名され、「サンミュージック」「キャニオンレコード」との契約が決まった。 5月12日から、名古屋を舞台にした映画『』()のオーディションを受けるが、7月11日の第5次選考(最終選考)で落選している。 「岡田有希子」誕生 [ ] 7月17日、名古屋を拠点とするで師の によって、 岡田晴子 、 岡田佳代子、 岡田有希子が候補に挙がった。 8月25日、上京。 サンミュージック社長・宅に下宿する。 同居人には1年先輩のと『スター誕生! 』合格者のがおり、滝とはとなった。 芸能界での目標は「やのような、日本を代表するトップスターになること」だった。 9月1日、へ編入。 同級生には前出の桑田靖子のほか、、、、、、などがいた。 10月16日から、『とびだせ! ポップシティ』()、『・ヒトミ・ユキコの何かいいことないか仔猫ちゃん』()のとなり、タレント活動を開始した。 11月18日、の学園祭「」にタレントとして初登場し、のアシスタントを行っている。 12月18日、『』()に「報道部のお茶汲み」役としてテレビ番組に初登場した。 アイドル歌手デビュー [ ] 岡田のタレント活動と並行して、「アイドル歌手」デビューの準備が進められた。 キャニオンレコードの・は、岡田のイメージを「を観に行くのお嬢さん」と定め、デビュー曲の制作をに依頼。 デビュー曲候補である「学園恋愛三部作」および「・ラブ」をテーマとした、合計6曲が提供された。 、竹内もとして参加する中、初めてのレコーディングが行われた。 デビュー以降も竹内からの楽曲提供が続くこととなり、作詞のみも含めてお互い最多の11曲に及んだ。 1984年(昭和59年)、休日が1日だけの多忙な年となった。 1月10日、若年男性向け『』(スコラ)から初めての取材を受けた。 3月11日、の前でラジオ番組のイベント『とびだせ! ポップシティ お菓子フェア』が開催され、初めてステージに立った。 3月20日から4月8日まで、ティーパーティ形式のファン交流会『集まれYukikoフレンズ』が(プリンセスガーデンホテル)を皮切りに全国7都市 で開催。 3月25日放送の音楽番組『』(、最終回)、4月14日放送のバラエティ番組『』()と音楽バラエティ番組『』()で、歌手として初めてテレビ出演した。 、「」でメジャーデビュー。 は「いつまでも、一緒にいてね。 ステキの国からやって来たリトル・プリンセス」。 名古屋では『』()による密着取材の中、のキャンペーン、記者からの取材、・・の番組ゲスト出演など、10時から23時まで芸能活動を行っていた。 歌手デビュー後はサンミュージックの先輩・と比較され、「岡田有希子は第2の松田聖子」「聖子の第1候補」と言われるようになった。 それに対し「自分は自分だから、松田聖子のにはなりたくない」と語っている。 また、インタビューで「目標とする歌手は誰か」と問われ「岡田有希子」と答えていた。 5月31日、『』()のスポットライト・コーナーにとともに初出演。 この時の邦楽ランキングは21位だった。 司会のからはデビュー曲「ファースト・ デイト」を「ファースト・ レディ」、からは芸名「おかだ ゆきこ」を「おかだ うきこ」と間違えられている。 7月29日、サンミュージック公設を結成。 で一日駅長を務めた後、8両編成の特別列車「リトルプリンセス号 」でファン2,500人と会場のに移動。 会場では4,000人のファンと結成式を行った。 9月24日に()、9月30日に()で、岡田自身初のコンサート『』が開催された。 10月8日から翌1985年10月7日まで、ラジオ番組『ちょっとおあずけ』()が放送。 この番組は岡田の希望によりコーナーは設けられず、楽曲選定を岡田自身が全て行っていた。 10月15日に音楽番組『』()で8位、10月18日に『ザ・ベストテン』で10位となり、歌手になってからの目標「10位以内での出演」を達成した。 この年は、新人賞を、菊池桃子、、長山洋子、、らと争い、『』最優秀新人賞をはじめなどの新人賞を総なめにした。 『』ほか5つの最優秀新人賞は、吉川と同時受賞した。 1985年以降の芸能活動 [ ] (昭和60年)2月9日・14日・15日、グラビア雑誌『BOMB! 』(学習研究社)と『』()による長時間の密着取材を受けた。 体調不良のために途中で病院の診察を受け、との診断にもかかわらずを打ちながらイベント出演、テレビやラジオ番組の収録、ドラマ撮影、取材などを行った。 『DUNK』の記者からは「その忙しい毎日は私たちの体力では無理」との感想が出ていた。 3月25日から5月26日まで、全国コンサート『ハートにキッス』が()を皮切りに全13都市 で開催された。 岡田自身の曲だけでなく、や、らのヒットメドレー、「」などを歌った。 4月3日の()では、岡田の母親と小学生時代の恩師が鑑賞している。 6月5日から1週間、高校のでに滞在する予定だったが 、3日目の6月8日にへ出国。 のからのを経由してまでを鉄道で廻り、や、などの撮影を行った。 ユングフラウヨッホでは6月で気温が氷点下10度のため、1分ほど撮影して体を温めることの繰り返しだった。 6月23日に帰国。 7月25日から10月26日まで、全国コンサート『ファンタジアン』が(新宮市民会館)を皮切りに全23都市 で開催された。 11月5日から放送の連続『』(TBS系)で初主演。 その撮影は、コンサート期間中の9月19日から12月末まで、毎日のように行われた。 スケジュールの関係で8時間休憩がなかったり 、時には撮影が深夜に及ぶこともあったが 、岡田はをほとんど出していなかったという。 (昭和61年)1月29日、シングル「」が発売され、で初登場1位となった。 作詞は妊娠により活動休止中だったの初提供、作曲はという異色のコンビにより誕生した。 その際に、松田が自らを制作し、坂本とともに録音スタジオを訪れている。 この楽曲は、をイメージキャラクターとした「レディ80BIO カラーネットワーク」「86年春のバザール」のソングとして使用された。 2月11日から3月2日まで、握手会イベント『くちびる・ときめきネットワーク』が全5都市 で開催され、初日の東京()では2部構成で4,000人のファンを動員した。 3月3日、堀越高等学校を卒業。 4月4日、下宿していた相澤社長宅を出て、ので一人暮らしを始めた。 ここは、方式のマンションが見付かるまでの仮住まいだった。 4月5日、全国コンサート『Heart Jack』 がスタート。 4月5日の東京()と4月6日の名古屋()の2都市が行われた。 4月10日からは、のドラマ収録なども控えていた。 急死 [ ] 『Heart Jack』がスタートして3日後の、自宅マンションでを行いガス自殺未遂。 2階上のマンション住民がガス臭に気付き、管理人がとに通報した。 レスキュー隊が駆けつけたとき、岡田は押入れの下段でうずくまり泣いていたという。 (東京都港区)で治療を受けてサンミュージック本社(東京都)に戻った直後、12時15分に本社ビルの屋上から飛び降り自殺した。 20(18歳)。 とみられる鉛筆書きの便箋が残されていた。 4月10日、(東京都)でサンミュージック社葬として・が営まれ、最優秀新人賞を争った、番組で共演した・のと岡田尚、岡田がファンだった()をはじめ、業界関係者やファンが参列した。 そして、(東京都)でに付された。 岡田の故郷でも、に観聴寺()で告別式が行われた。 は 侑楽院釈尼佳朋。 は成満寺(愛知県)。 (昭和62年)7月、岡田の記念碑が墓に建立された。 そこには岡田の直筆で書かれた詩 、芸歴や受賞歴、社長・の哀悼の意が刻まれている。 ファンからの献花が絶えることはなく、毎年のには成満寺だけでなく、東京・四谷の現場にも全国からファンが集まり、献花と黙祷が行われた。 (18年)からは、祥月命日に成満寺で住職による法話が行われた。 各界の反応 [ ] 1986年4月8日、事件の直後に現場へ駆けつけた記者・細貝武と・の取材に対し、サンミュージック専務・福田時雄は「岡田が何に悩んでいたかは分からないが、感情の起伏が激しい子だった」と答えた。 その一方では、担当者がみな岡田のことを知らなかったため、自殺未遂発覚の時点では記事にしない予定だった。 当日夜に放送された『』()では岡田の死について一切触れず、番組終了時にメイン・が「連鎖反応を起こす心配があるので、今日は自殺の報道を控えました」とコメントした。 4月9日、全ての放送局で事件が取り上げられた。 報道番組やワイドショーは現場の遺体をそのまま放送したため、視聴者に衝撃を与えた。 とみられる若者の相次ぐ自殺が顕著となり 、「ユッコ・」と呼ばれた。 芸能界では4月8日14時、岡田が初めてレギュラー出演したバラエティ番組『ヤンヤン歌うスタジオ』(テレビ東京)で4月13日放送分の追悼特集が収録され、司会のが岡田の人柄について語った。 4月15日に収録された4月20日放送分では、岡田を可愛がっていた共演者のとが思い出を語るとともに、視聴者に対して自殺を思い留まるよう訴えた。 4月10日、音楽番組『ザ・ベストテン』(TBS)のエンディングでが視聴者に向けて涙ながらに語った。 4月19日、に近いのに滞在していたは、「自分自身の身近な目標と、ガンバルという意思を持てば、毎日がもっと楽しくなる。 4月20日放送の音楽バラエティ番組『』(テレビ朝日)では、収録の4月4日に岡田が出演していた ため、収録日と哀悼の意を表すが表示された。 4月21日にはサンミュージックの先輩・がワイドショー『』()の緊急特集に出演し、若者に後追い自殺をやめるよう訴えた。 岡田の死はでも取り上げられ 、4月9日のではの質問に・が答弁した。 同年2月1日に「」が起こっていたこと、若者の自殺の連鎖が止まらないこともあり、4月25日に衆議院文教委員会とで「青少年問題」として議題に取り上げられ、最善策を審議することとなった。 1986年(昭和61年)の日本国内における若者の自殺は800件を越えた。 以降の対応 [ ] 予定されていた4月12日の公演では、サンミュージックの先輩・がでの仕事をキャンセルして代役を務めた。 公演では森田健作がと共に代役を務め、公演は中止となった。 5月14日に発売予定だったシングル「」と、コンサートの模様を収めたビデオは商品化が中止となった。 これは側が予定通りの発売を要請したのに対し、側が難色を示したためである。 「花のイマージュ」は13年後の、CDアルバム『メモリアルBOX』内に収録されたが、コンサート映像は現在も商品化されていない。 書籍でも、アルバムと同名の『ヴィーナス誕生』(出版)が4月4日に発売されたばかりだったが、全て回収された。 また、雑誌『中一時代』()では1986年4月号から岡田が執筆したを連載予定であったが、打ち切りとなった。 その一方で、岡田のの販売は続けられ、ランキングの上位5位から落ちたことはなかった。 プロマイド販売店「」常務・三ツ澤博は「第二のになるだろう」と語った。 自殺の原因については様々な噂が出たものの、真相は不明である。 岡田が相澤宅で下宿していた時期と重なる・・は『』()の取材で、岡田の多忙による睡眠不足や男性との交際が苦手だったこと、好きな芸能人については語ったものの、岡田が悩んでいることには気付かなかったという。 2000年(平成12年)には、岡田の元チーフマネージャーであった取締役制作部長がをしている。 (平成25年)12月10日放送の『』()では、サンミュージック社長・相澤の死去までの10日間を追った『独占! 昭和芸能界の真実 アイドル発掘王・相澤秀禎』が特集され、「伝説の美少女アイドル」として岡田の話題も取り上げられた。 そこでは、相澤が岡田の死を止められず生涯悔やんでいたこと、岡田がサンミュージックの後輩・にプレゼントしていた写真パネルを社長室に飾っていたこと()、毎年手帳を新調するごとに岡田の写真を表紙裏に貼って絶えず持ち歩いていたことが紹介された。 33回忌(没後32年)の2018年4月にも、「ファンの心の中に生きている」「未だに忘れられず慕われている」とで取り上げられた。 没してなお忘れられず慕われ続けている理由について、岡田と同じ生まれのは「誰かと結婚したわけでもない。 劣化したと思われることもない。 絶対に裏切らない、永遠の18歳だからでは」と述べた。 岡田へ楽曲を提供したは「シングルの売れ行きだけなら上回った人は何人もいる。 しかし「さぁこれから」という時にたった3年で姿を消した歌手というのは空前絶後。 ファンに夢を運び、純粋にアイドルを応援する喜びもファンに与えたが、同時にアイドルがアイドルでいることの難しさや孤独を投げかけた。 いなくなってさらに存在が大きくなった希有な存在」と評した。 岡田と同じに歌手デビューのは、2020年現在も墓参りを続けている。 トリビュート番組 [ ] ドットーレ山口のドキドキラジオ'84 放送方式 録音 放送期間 - 放送時間 土曜25:00 - 25:30 (日曜1:00 - 1:30) 放送局 パーソナリティ ドットーレ山口 テーマ曲 (カラオケ) (2016年 - 2019年) 特記事項: 岡田有希子を偲ぶ番組 (平成28年)4月2日、で『 ドットーレ山口のドキドキラジオ'84』が開始された。 この番組は、岡田が4月9日から1985年10月7日まで同放送局でを務めた深夜放送『 奈美子・有希子・小緒里のドキドキラジオ』と同じタイトルを掲げ、番組として岡田関連を中心に取り上げるプログラムとなっている。 生前からのファンでもあるの山口悟 が「ドットーレ山口」でパーソナリティを務める持ち込み企画番組である。 夏をもって、3年半続いた岡田有希子のみを取り上げる内容に区切りをつけた。 秋の改編からは「season2」と付け加えて、の音楽シーンを紹介する番組にリニューアルしている。 人物 [ ] エピソード [ ]• 好きな男性芸能人は、岡田と同じ名古屋市出身の。 テレビドラマ『』()がきっかけで、1984年10月15日放送の歌番組『』で初めて会ってからファンになったという。 後に雑誌『』()の対談で、岡田は舘のレコードやカセットテープ、ポスターを収集していること、舘は貯蓄の勧めや仕事に関する考え方を語った。 岡田は成績向上に繋がった勉強方法として、各教科とも問題集を1冊に絞って丸暗記したことを紹介している。 「カメラマンがシャッターを押すように、精神統一して1ページ1ページ真剣に頭に入れていく。 そうすれば思い出すとき、不思議と1枚の写真のように頭によみがえる」と語っている。 また、芸能界入りに反対していたはずの母親が一転して、猛勉強中に毎日欠かさず夜食を持ってきたという。 その理由について「夜食で私をブタ並みに太らせ、『』の決勝を落とそうとする母の魂胆だった」と語っている。 を気にしており、「もっと痩せたい。 は発育し過ぎたから、もっと小さくしたい」と考えていた。 また、水着撮影の時は腹が出ているのを嫌い、1日1回しか食事を取らなかった。 プライベートでは度の強いを使用していた。 その様子について、は「仕事じゃないときはいつもの底みたいな分厚い眼鏡をかけていた。 を通して小さくなった目がなんとも可愛かった 」と回想している。 一方で、タレント活動中はなども一切使用していなかった。 そのことについて岡田は「いつもいろんな人が出入りしている所だと、のこと考えて疲れちゃうの。 撮影のとき、離れたに向かってまっすぐ歩くことが出来ず、ふらつくことが多かったという。 『十月の人魚』に収録されている「Sweet Planet」「水色プリンセス」は、・のリーダーで・の初めての提供曲(いずれも作曲のみ)である。 「水色プリンセス」は調で難しい曲だが、岡田は歌いこなしている。 1985年10月16日放送の『』(系列)に出演した時、急遽番組内でのの瞬間までをすることとなった。 中継が終わるまで司会のや、出演者のやらと共にをすることになり、阪神の優勝を見届けることとなった。 岡田はのファンだった。 交友関係 [ ]• 1984年の同期デビューだったや、1967年度生まれでの同級生だった、、、らと仲が良かった。 同期デビューで同級生でもあったは、7月よりの「」でを務めており、『スターコーンほっと! ネットラジオ』で岡田の曲を必ず流していた。 きっかけは岡田の27である2012年、現場となった東京・四谷の追悼で100人を超すファンが・を捧げていたのを田中が目の当たりにし、「ユッコはファンの心の中でまだまだ生きてる」と感激したからだった。 番組はでに配信され、海外に在住のファンからも投稿が届いていた。 その模様は『』() 、バラエティ番組『』() にも取り上げられた。 また、2015年12月15日には音楽番組『Il tempo di passione -情熱の時代-』()にゲスト出演。 パーソナリティのドットーレ山口(のちの『』パーソナリティ) を相手に、堀越高校での学校生活や仕事の思い出を話し、岡田の曲「」「ロンサムシーズン」「」を歌った。 岡田がサンミュージック社長・相澤秀禎宅から引っ越すまでルームメイトだった1年後輩の、ラジオ番組『夜遊びしナイト! 』(他)で共演した2年後輩の、1985年12月に上京して生活を始めたばかりのを可愛がっていた。 酒井に関しては1986年4月5日、岡田が引越しの時に廃棄処分しようとしていた写真パネルを酒井が欲しがったため、「To のりっぺ Kun」(のりっぺ君へ)とサインを入れてプレゼントしている。 同日、生気のない岡田を気遣って「お前はこれから事務所を背負って立つ存在なのだから頑張って」と励ます相澤社長夫妻に「私の代わり(酒井)がいるじゃない」と返している。 その3日後に岡田は他界したため、写真パネルは酒井から所属事務所へ譲渡され、社長室に飾られることとなった。 音楽 [ ] シングル [ ] No. (以降、曲名に「 」「 Version」を付け、区別する。 CTのみ、シングル3曲のオリジナルが追加収録されている。 (カラオケ含む全10曲収録) は未発売。 収録曲「」は、「」CMソング。 2002年12月4日、同名でシングル化。 各アルバムの収録曲は、先に発売されているものと全く同じ内容である。 そこで選ばれた上位15曲と、CD化されていなかった「」「」が収録されている。 CD6枚と1枚がセットになったスペシャルBOX。 CDはオリジナルアルバムごとにが収録されている。 「二人だけのセレモニー」は、アルバムバージョン(Disc2)とシングルバージョン(Disc5)の両方を収録。 「Fly Up! Angel」「Believe In You 2003 Present-Mix Version 」は、このBOXのみの特典(Disc5に収録)。 06 Disc1 『シングル集』 曲順 曲名 作詞 作曲 編曲 1 竹内まりや 2 大村雅朗 3 竹内まりや 竹内まりや 大村雅朗 4 萩田光雄 萩田光雄 5 竹内まりや 竹内まりや 萩田光雄 6 竹内まりや 竹内まりや 萩田光雄 7 Single Version 8 大村雅朗 9 尾崎亜美 尾崎亜美 松任谷正隆 10 松任谷正隆 11 竹内まりや 竹内まりや 松任谷正隆 12 竹内まりや 竹内まりや 松任谷正隆 13 かしぶち哲郎 松任谷正隆 14 竹内まりや 松任谷正隆 15 かしぶち哲郎 16 かしぶち哲郎 かしぶち哲郎 17 かしぶち哲郎 かしぶち哲郎 かしぶち哲郎 18 吉沢久美子 Disc2 『オリジナルカラオケ』 曲順 曲名 作詞 作曲 編曲 1 ファースト・デイト オリジナル 竹内まりや 竹内まりや 萩田光雄 2 そよ風はペパーミント オリジナルカラオケ 田口俊 大村雅朗 大村雅朗 3 リトル プリンセス オリジナルカラオケ 竹内まりや 竹内まりや 大村雅朗 4 恋のダブルス オリジナルカラオケ 康珍化 萩田光雄 萩田光雄 5 -Dreaming girl- 恋、はじめまして オリジナルカラオケ 竹内まりや 竹内まりや 萩田光雄 6 気まぐれTeenage Love オリジナルカラオケ 竹内まりや 竹内まりや 萩田光雄 7 二人だけのセレモニー Single Version オリジナルカラオケ 夏目純 尾崎亜美 松任谷正隆 8 PRIVATE RED オリジナルカラオケ 売野雅勇 山川恵津子 大村雅朗 9 Summer Beach オリジナルカラオケ 尾崎亜美 尾崎亜美 松任谷正隆 10 星と夜と恋人たち オリジナルカラオケ 吉沢久美子 MAYUMI 松任谷正隆 11 哀しい予感 オリジナルカラオケ 竹内まりや 竹内まりや 松任谷正隆 12 恋人たちのカレンダー オリジナルカラオケ 竹内まりや 竹内まりや 松任谷正隆 13 Love Fair オリジナルカラオケ かしぶち哲郎 かしぶち哲郎 松任谷正隆 14 二人のブルー・トレイン オリジナルカラオケ 竹内まりや 杉真理 松任谷正隆 15 くちびるNetwork オリジナルカラオケ Seiko 坂本龍一 かしぶち哲郎 16 恋のエチュード オリジナルカラオケ かしぶち哲郎 飛澤宏元 かしぶち哲郎 17 花のイマージュ オリジナルカラオケ かしぶち哲郎 かしぶち哲郎 かしぶち哲郎 18 Believe In You 2003 Strings Version オリジナルカラオケ 吉沢久美子 梅垣達志 服部隆之 CD 2012年11月21日 8枚のシングル16曲と、「」「」が収録されている。 同内容のオリジナルカラオケが同梱されている。 07 曲順 曲名 作詞 作曲 編曲 1 竹内まりや 2 大村雅朗 3 竹内まりや 竹内まりや 大村雅朗 4 萩田光雄 萩田光雄 5 竹内まりや 竹内まりや 萩田光雄 6 竹内まりや 竹内まりや 萩田光雄 7 Single Version 8 大村雅朗 9 尾崎亜美 尾崎亜美 松任谷正隆 10 松任谷正隆 11 竹内まりや 竹内まりや 松任谷正隆 12 竹内まりや 竹内まりや 松任谷正隆 13 かしぶち哲郎 松任谷正隆 14 竹内まりや 松任谷正隆 15 かしぶち哲郎 16 かしぶち哲郎 かしぶち哲郎 17 かしぶち哲郎 かしぶち哲郎 かしぶち哲郎 18 かしぶち哲郎 CD 2014年7月30日 8月11日付週間アルバムランキング、初登場79位。 初登場TOP100入りは11年7ヶ月ぶり。 『花のイマージュ』を含む、9枚のシングルレコード盤AB面を完全収録。 CDパッケージは、シングルレコードサイズの見開きダブル紙。 すべてのシングルレコードジャケットの表紙と面をほぼ原寸で復元したが付属されている。 ハイレゾリューションオーディオ [ ] No. 化には、1984・1985年当時の担当だった国吉美織(旧姓・飯島)が、マスタリング作業に参加。 オリジナルアルバム『 シンデレラ』『 FAIRY』『 十月の人魚』『 ヴィーナス誕生』、新編集のアルバム未収録曲集『 プレゼント』の計5枚で復刻された。 オリジナルアルバム単位での再発売は今回が初めてであり、それぞれとして、シングルの曲が追加収録されている。 CD()も同日に発売され、サイズの紙仕様。 の歌詞カードや盤面デザイン、やは紙質まで忠実に再現されている。 「二人だけのセレモニー」のような完全なバージョン違いまでとは言えないものの、微妙な音の違いがある「シングル用」「アルバム用」のマスターテープから、5曲のシングル用マスターテープをハイレゾ化。 「」「」「丘の上のハイスクール」は、アルバムバージョンとLRが逆になっている。 「 」「」はの違いはなく、特定の楽器のイコライジング(の補正等)やが微妙に異なる。 レコーディング参加ミュージシャン [ ]• 旭孝 -• 岩倉健二 -• 浦田恵司 -• 多忠昭アンサンブル -• - 、• 大野守 -• - 、• 岡沢茂 -• - キーボード• 尾形道子 - コーラス• - 編曲、• 菊地丈夫 - ドラムス• - コーラス• 木下伸司(FANTI) - コーラス• 桐ヶ谷仁 - コーラス• 桐ヶ谷俊博 - コーラス• - ギター• - ドラムス• - 編曲、キーボード、ギター、ベースギター、ドラムス• - コーラス• ジョーアンサンブル - ストリングス• - ギター• 鈴木智文 - ギター• 高水健司 - ベースギター• - コーラス• 田中祐子 -• 遠山淳 - シンセサイザープログラミング• 渡嘉敷祐一 - ドラムス• 富樫春生 - エレクトリックピアノ、シンセサイザー、キーボード• 土岐幸男 - シンセサイザープログラミング• 富倉安生 - ベースギター• 中西康博 - シンセサイザー• 中山みさ - コーラス• 長岡道夫 - ベースギター• - ベース• - キーボード• - 編曲• - パーカッション• - パーカッション• - ドラムス• - コーラス• 比山清 - コーラス• 深沢順 - シンセサイザープログラミング• - シンセサイザープログラミング• - 編曲、キーボード• - ギター、• 丸尾めぐみ - キーボード• 三井一正(FANTI) - コーラス• - ドラムス• - シンセサイザープログラミング• - サックス• - アコースティックギター• - コーラス• 山川恵子 - ハープ• 山田秀俊 - ピアノ、シンセサイザー• - エレクトリックギター カバーしたアーティスト [ ]• 「-Dreaming Girl- 恋、はじめまして」 - 歌「初戀」(初恋)にカバー。 1987年デビューアルバム『有我有你』に収録。 「Summer Beach」 -。 アルバム『』に収録。 「恋人たちのカレンダー」 - アルバム『あなたが満ちてゆく』に収録。 「ロンサム・シーズン」 - セルフカバー。 アルバム『』に収録。 「ファースト・デイト」「-Dreaming Girl- 恋、はじめまして」「憧れ」 - セルフカバー。 『』に収録。 「ロンサム・シーズン」 - シングル『恥ずかしい夢』、アルバム『中嶋美智代プライベート・セレクション I'll be there』に収録。 「くちびるNetwork」 - 『』に収録。 「ファースト・デイト」「くちびるNetwork」 - シングル『』、アルバム『』に収録。 テンテンコ(元)「花のイマージュ」 - の『a tribute to Tetsuroh Kashibuchi -ハバロフスクを訪ねて-』に収録。 歌詞書き換えカバー いずれも「WONDER TRIP LOVER」• アルバム『』『』に収録。 「」 - 作詞:中谷美紀。 アルバム『』『』に収録。 テレビドラマ『』主題歌。 バージョンは映画『』主題歌。 出演 [ ] テレビドラマ [ ]• (1983年、)• 芸能界入り前、として出演。 『』内の5分枠ドラマ ()• の青春叛逆児 (アウトロー) PART2 ()• マッチの青春スクランブル PART1 - PART2 (1984年 - )• 『』17話、19話、23話、24話、28話(1985年4月3日 - 1986年3月19日、、「」) - 役• かぐや姫・とんで初体験!? (1985年7月1日、) - ミル 役• 『』にて放送された単発ドラマ。 (1985年11月5日 - 1月28日(全12話)、) - 杉浦麻里子 役• 亡き父の無実の罪を晴らす超能力少女の役を演じた。 なお、再放送はの2月にTBS系列ではないにて再開し、後にでも深夜帯に再放送された。 と共演し、これがきっかけで交際との噂が報道された。 バラエティ番組 [ ]• (1983年 - 1986年、テレビ東京)• (1985年 - 1986年、) ラジオ [ ]• とびだせ! ポップシティ(1983年10月16日 - 1984年3月25日、)• ・ヒトミ・ユキコの何かいいことないか仔猫ちゃん(1983年10月16日 - 1984年3月9日、)• 百万人の英語(1984年2月9日、)• 奈美子・有希子・小緒里のドキドキラジオ(1984年4月9日 - 1985年10月7日、他)• ちょっとおあずけ(1984年10月8日 - 1985年10月7日、ニッポン放送)• 多くの投稿を紹介したい岡田の希望により、コーナーは設けられていない。 アイドルがを務める番組には珍しく、楽曲選定も岡田自身が全て行なっている。 夜遊びしナイト! セシルチョコレート• カフェゼリー• IQ、パーソナルテレビU-30、Let's Chat、東芝館()• 初代ヤングイメージキャラクター。 (2代目は)• ラブジュ シャンプー&リンス• 中一時代、ハイトップ• エスタック、ブロン液W• カンコー学生服、カンコー女子通学服• (現・) 電子郵便• のちにが商品名となる。 ビデオ [ ]• Yukiko in SWISS(1985年8月21日、)• Memories of Switzerland(1985年12月5日、ポニー) DVD [ ]• Memories in Swiss(2002年12月18日、)• 上記のビデオ2巻を1枚のDVDに収めた物。 ポスター [ ]• (年末年始防犯広報)• (募集)• 第11号を付けた2等陸曹の女子制服姿で、3隊の若手自衛官6人に抱え上げられている図案。 (火災予防運動) 書籍 [ ] テーマにした書籍 [ ]• 実録まんが岡田有希子(アイドルコミックス、1984年4月、)• 瞳はヒミツ色 -あなただけにこの想い-(1985年1月、)• 奈美子・有希子・小緒里のドキドキブック「ドキドキ・ラジオ」NYXより愛をこめて(1985年7月、)• 岡田有希子はなぜ死んだか(、1986年10月、新森書房)• ベスト・オブ岡田有希子(増刊号、1987年、よい子の歌謡曲編集部)• 岡田有希子 愛をください(遺稿集、1988年7月、)• サクリファイス(、1989年11月、)• イイナ -Feel for Love- 上・下(DX、原作: 作画:成瀬かおり、1998年10月、) 上巻 、下巻 評論 [ ]• 清純少女歌手の研究 -アイドル文化論-(、1987年、プラザ)• 死よりも遠くへ(、1989年6月、)• 相澤家の愛しき卒業生たち -スターを育てて27年-(相澤てる子、1995年5月、)• 人気づくりの法則(、1998年4月、)• レコード・コレクターズ増刊 遺作 -ミュージシャンの死とラスト・アルバム-(1998年、)• 夭折の系譜 -20人のアーチストの死から考える-(2001年9月、アートブックの森)• 100万人のアイドルポップス -青春復刻! ときめきアイドルポップス150-( 690 、2002年9月、)• 歌謡曲という快楽 -雑誌『』とその時代-(オフサイド・ブックス、宝泉薫 ファッシネイション、2002年11月、)• 音楽誌が書かないJポップ批評 -特集号-(別冊宝島 1009 、2004年4月、宝島社)• 「おたく」の精神史 -1980年代論-(、2004年、)• 夭折のスター達 (2005年、セントラルSOG)• 疑惑の最期! 非業のカリスマ列伝(2006年1月、)• 劇画 死の真相 (2007年5月、)• 人生に拍手を! (相澤秀禎、2007年11月、)• アイドルと病(、、2010年、) 写真集 [ ]• 岡田有希子special(1984年8月、近代映画社)• 岡田有希子写真集・あなたとふたりきり…(1985年6月、近代映画社)• もっと逢いたい…有希子(、1985年10月、講談社)• SWEET LOVE DREAM(臨時増刊、武藤義、1985年12月、)• (2002年12月、音楽専科社)• ヴィーナス誕生(1986年4月、出版)• 復刻版(2002年12月、)• さよなら…有希子(1986年6月号別冊、1986年6月、シーズ) 受賞歴 [ ]• 1984年7月:・上半期 有線新人賞• 1984年7月:第3回 最優秀新人ダイアモンド賞(と同時受賞)• 1984年9月:第10回 最優秀新人賞(吉川晃司と同時受賞)• 1984年9月: グランプリ• 1984年10月:第14回 グランプリ• 1984年10月:第17回 金賞(吉川晃司と同時受賞)• 1984年10月:第11回 新人特別賞• 1984年10月:第10回 最優秀新人賞(吉川晃司と同時受賞)• 1984年11月:第15回 優秀放送音楽新人賞(吉川晃司と同時受賞)• 1984年12月: 有線新人賞• 1984年12月: 新人賞• 1984年12月:第11回 最優秀新人賞• 1984年12月: 5月期月間グランプリ• 1984年12月: 最優秀新人賞• 1985年2月: 音楽新人賞• 1985年8月:第11回日本テレビ音楽祭 金の鳩賞• 1985年10月:第11回あなたが選ぶ全日本歌謡音楽祭 金賞• 1985年12月:第12回FNS歌謡祭 優秀歌唱音楽賞 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 模写 『ロメーヌ・ラコー嬢の肖像 』『 』、『 ()(未完成) 』、『 』、他。 その時期について、『アイドルコミックス・実録まんが岡田有希子』(1984年、)では「小学5年生」、『』1984年6月号では「小学6年生」と語っている。 『』第46回決戦大会は、病気などの理由でいままで出演できなかった、地区予選合格者のための臨時大会として行われた。 そのため、1983年1月から始まった7週勝ち抜き制ではなく、出場を断念した1982年12月当時に行われていた「合否判定」方式で結果が決められた。 「晴」はに青。 同級生 、、、、、、、 岡田有希子、、、、、、、、、、、、 (再入学)• 雑誌『』No. 161(1983年10月25日号)の紙面で「期待の新人」として紹介され、それを見たの学生がに出演依頼をしたことによる。 「が曲の制作依頼を断り、岡田が竹内に直談判したところ制作を快諾した」という話があるが 、当時のキャニオンレコードのだった国吉美織(旧姓:飯島)によると、この話は事実無根である。 また、岡田はこの件について音楽雑誌『』(よい子の歌謡曲編集部)のインタビューで、「最初から断られてもいないし、普通に頼んで作ってもらった。 曲は、会う前に作ってくれた」と答えている。 提供曲 学園恋愛三部作「」「」「」 ティーンエイジ・ラブ「気まぐれTeenage Love」「さよなら・夏休み」「憧れ」• 一番初めにレコーディングされたのは「小羊NOTE」(作詞:、作曲:、編曲:)である。 ファン交流会『集まれYukikoフレンズ』開催地 、、、、、、• 菊池桃子の邦楽ランキングは22位。 運行された特別列車は。 はに保管されており、通常は一般非公開。 新人賞受賞者(1984年) 、、、、、、、、、、、小椋幸子、、、君津旭、、出本浩、、椎菜、、、、、、、播束和彦、、、、池田幸司• とは『』新人賞、『』新人賞のみ受賞。 は『日本レコード大賞』新人賞のみ受賞。 他の新人賞は全て辞退。 2月9日はで8時から21時まで13時間。 14日は東京で10時から22時まで12時間。 2月15日は9時から23時まで14時間。 コンサート『ハートにキッス』開催地 、、、、、、、、、、、、• 撮影地 ()、インターラーケン城()、()、()、他。 コンサート『ファンタジアン』開催地 、、、、、、、、、、、、、、、。 (追加公演)、、、、、、。 この他に1985年8月15日にでの公演が予定されていたが、その後会場がに変更になり、当日になって遠野での公演は中止された。 [ ]• 握手会イベント『くちびる・ときめきネットワーク』開催地 、、、、• コンサート『Heart Jack』開催予定地 、、、、• これが岡田の生涯最後のテレビ出演だった。 写真集『ヴィーナス誕生』は、にから復刻版として発売された。 ラジオ番組で共演した青木小織里をモデルとした作品。 完成済みの作品は『1986年6月号別冊「さよなら…有希子」』(シーズ)に収録された。 「悲劇のアイドル岡田有希子を語ろう」『』6月29日号によれば、2013年5月時点でもベスト10入りしていた。 当初は2015年8月25日に出演予定だったが、台風が九州を直撃したために名古屋へ移動できず、番組に出演することが出来なかった。 「Fly Up! Angel」「」「Believe In You 2003 Present-Mix Version 」は含まれていない。 ただし、番組の収録はニッポン放送本社ではなく、東海ラジオ放送東京支社内のスタジオで行っていた。 出典 [ ]• 自殺予防総合対策センター. 2-3 2012年7月25日. 2016年3月22日閲覧。 [ ]• 110)• 『岡田有希子 愛をください』p. 『』1984年6月号、pp. 14-15• 204• 84-85• 』1984年6月号、pp. 16-17• 『岡田有希子 愛をください』p. 『岡田有希子 愛をください』p. 107• 『岡田有希子 愛をください』p. 『岡田有希子 愛をください』p. 『岡田有希子 愛をください』p. 『中日新聞』2014年4月9日夕刊、7面。 』1984年6月号、pp. 18-19• 』1984年6月号、pp. 20-21• 『自殺の思想』2005年7月、、p. 386。 『瞳はヒミツ色』pp. 64-65• 155• 2015年8月13日. 2016年7月29日閲覧。 『岡田有希子 公設会報「YUKIKO」創刊号』サンミュージック内ファンクラブ、1984年8月号、p. 「アイドル一番星 岡田有希子」『月刊』、1985年1月号、p. 26-29• 『岡田有希子 愛をください』p. 25 合併特大号、1986年6月5日・12日、pp. 27-31• 『岡田有希子 愛をください』p. 156• 』1985年4月号、pp. 26-29• 』1985年4月号、p. 2016年7月29日閲覧。 『BOMB! 』1984年6月号、p. 1984年6月1日、市ヶ谷キャニオンで行われたインタビュー。 鳴田麻未 2013年. ナターシャ. 2014年5月29日閲覧。 『岡田有希子 愛をください』p. 162• e-onkyo music. 2016年7月29日閲覧。 Pony Canyon News MUSIC. 2015年7月10日. 2016年5月24日閲覧。 『DUNK』1985年2月号、pp. 68-69• 『岡田有希子 愛をください』p. 169• 『岡田有希子 愛をください』p. 179• 『BOMB! 』1984年6月号、pp. 26-27• 『DUNK』1984年10月号、p. 113• 』1985年2月号、pp. 172-173• 『BOMB! 』1985年4月号、pp. 30-31• 176-177• 『DUNK』1985年4月号、pp. 178-179• 『DUNK』1985年4月号、pp. 175-179• 『DUNK』1985年6月号、p. 103• 『DUNK』1985年8月号、pp. 48-49• 『DUNK』1985年10月号、pp. 191-195• 』1985年12月号、p. 9-11• 『BOMB! 』1986年1月号、p. 120-121• 『DUNK』1986年2月号、pp. 204-207• 『DUNK』1986年4月号、pp. 47-49• 『』1986年4月10日、13面。 『』1986年4月9日、18面。 『』1986年5月2日号• 2007年2月9日. Blog of. 2014年12月27日閲覧。 『朝日新聞』1986年4月10日、23面。 『岡田有希子 愛をください』p. 103• 経済新聞 2008年4月8日. 2014年11月6日閲覧。 2012年4月8日. 2014年11月6日閲覧。 2014年4月8日. 2014年11月6日閲覧。 「ユッコ・・・生きるよ 没後28年 ファン50人誓い」『中日新聞』2014年4月9日、27面。 8-13• 「ユキコ」『朝日新聞』4月18日、25面。 『朝日新聞』1986年4月9日、24面。 『朝日新聞』1987年4月16日、15面。 『朝日新聞』1986年4月13日、24面。 『朝日新聞』1986年4月20日、24面。 「『ガンバルとの意思を』の」『朝日新聞』1986年4月19日、19面。 『朝日新聞』1986年4月21日、24面。 1986年4月9日. 2014年9月5日閲覧。 江田五月公式サイト 1986年4月9日. 2014年9月5日閲覧。 国立国会図書館 1986年4月25日. 2015年3月20日閲覧。 国立国会図書館 1986年4月25日. 2015年3月20日閲覧。 TVでた蔵. 2015年4月26日閲覧。 「」 朝日新聞名古屋本社版、2018年4月10日夕刊社会面。 「」、2016年4月6日号• 「」週刊朝日2016年4月15日号• 2016年3月16日. 2016年3月20日閲覧。 Ameba. サイバーエージェント 2016年3月16日. 2016年3月20日閲覧。 ナグモクリニック. 2016年3月26日閲覧。 『』1985年4月号、p. 同1985年5月号、p. 『』1985年7月号、pp. 207-211• 『瞳はヒミツ色』p. 『BOMB! 』1984年6月号、pp. 30-31• 『DUNK』1985年3月号、p. 『DUNK』1985年1月号、pp. 106-107。 『明星』1985年3月号、p. 「彼女はどうだったんだろう?」『原宿百景』2010年7月、、pp. 64-67。 『DUNK』1985年10月号、p. 193• 『DUNK』1985年10月号、p. 130• 2002年10月11日. 2015年1月25日閲覧。 DIGITAL. 日刊現代 2015年3月2日. 2016年3月23日閲覧。 TVでた蔵. ワイヤーアクション. 2015年1月15日閲覧。 TVでた蔵. ワイヤーアクション. 2015年5月7日閲覧。 Ameba. サイバーエージェント 2015年12月17日. 2016年3月26日閲覧。 Ameba. サイバーエージェント 2015年8月25日. 2016年3月26日閲覧。 渡邉裕二『 孤独なうさぎ』2009年10月、、p. 2008年10月15日• ORICON STYLE. 2014年8月5日. 2014年9月5日閲覧。 Pony Canyon News MUSIC. Pony Canyon 2015年9月16日. 2016年5月24日閲覧。 2016年7月22日閲覧。 参考文献 [ ]• 関連項目 [ ]• - 同じ年にデビューした歌手• 外部リンク [ ]• - ・公認ミニコミ誌 バックナンバー• ドットーレ山口のドキドキラジオ'84• - 公式チャンネル(2016年4月 - 2019年9月)• dokidokiradio84 - (2016年4月 - 2019年9月、非公開)• dokidokiradio1 -.

次の

愛をください

岡田有希子

岡田有希子の自殺原因の真相!後追いは300人以上!? 岡田有希子が自殺した理由は? 岡田有希子が投身自殺したのは、1986年4月8日正午ごろでした。 自殺した場所は、岡田有希子が所属していたサンミュージックの事務所ビルです。 堀越高校を卒業し、本格的に芸能活動に打ち込み始め、すでにポスト松田聖子と期待される清純派アイドルとして大人気だった岡田有希子。 自殺というニュースは、あまりにもショッキングでした。 実は岡田有希子は、投身自殺を図る前にも、自宅で手首を切りガス自殺を図っています。 ガスの匂いに気付いた人の通報で未遂になり、病院で手当てを受けた岡田有希子は、事務所社長と共に事務所ビルに戻りました。 惨事が起こったのは、その直後のこと。 「トイレに行く」と言って出ていったその足で、岡田有希子は、ビル屋上へ行き、飛び降りてしまったのです。 自殺の理由が明確にされなかった分、共演俳優との恋愛関係や、将来への不安など、岡田有希子の自殺原因については、さまざまな憶測を呼びました。 サンミュージック社長の話によると、岡田有希子は、真面目だったが、躁鬱の激しい子でもあったとのことです。 岡田有希子の自殺により後追い自殺が300人に?! 岡田有希子自殺のニュースは、連鎖反応を懸念した番組が、報道を控えるほど衝撃的でした。 当時の報道の中には、絶命している岡田有希子のカラー写真もあり、ショックを受けたファンが、次々と後追い自殺し社会問題にもなりました。 世間では「有希子シンドローム」と言われ、後追いした若者は100名にも300名にも上ったと騒がれたものです。 実際のところは、岡田有希子の後追い自殺として確認されているのは数件のようですが、岡田有希子の自殺が、彼らの心の何らかのスイッチを押してしまった感は否めません。 現在でも岡田有希子の命日にたくさんの献花がされている光景を見ると、当時の岡田有希子の若者への影響力がどれだけ大きいものだったかを思い知らされます。 岡田有希子にまつわる心霊都市伝説!妊娠していたって本当? 岡田有希子の幽霊が生放送に!!都市伝説にもなったアイドル 岡田有希子が衝撃的な自殺をしてから後、真相が謎のままとされていることからは、さまざまな都市伝説も生まれています。 1つは、当時、アイドルとして人気を二分していた中森明菜が生放送で歌っていた時に、血まみれのドレスを着た岡田有希子の心霊が映り込み、視聴者からの問い合わせ電話が殺到したという伝説。 中森明菜が出演すると岡田有希子の姿が現れるとの噂は、その後もたびたび聞かれました。 また、中森明菜の「ジプシークイーン」の歌詞は岡田有希子の自殺を予見していた、トーク番組に出演していた松田聖子の首を絞める岡田有希子の心霊を見た、岡田有希子の自殺には「4」がつきまとっていたなどなど……。 突然自ら命を絶った岡田有希子というスーパーアイドルは、いつしか心霊に姿形を変え、都市伝説となってしまいました。 岡田有希子の自殺の要因のひとつは妊娠か? 岡田有希子が自殺した後に、岡田有希子の書いたという1冊のノートが見つかります。 そこには、ドラマで共演した、俳優の峰岸徹との関係について書かれていたそうです。 自殺するほどなのだから、単なる恋愛ではなく、妊娠してしまうくらい大変な悩みを抱えていたのだろうとするのはファン心理だったのでしょうか。 いつしか、岡田有希子の自殺原因には、妊娠も加わるようになりました。 妊娠させた相手には、峰岸徹の他にも、松田聖子と結婚間もない神田正輝や、枕営業の相手だったという舘ひろしらの名前が。 いずれも憶測の域を出ませんし、そもそも司法解剖をしていないので、岡田有希子が妊娠していたかどうかは確認されていないというのが事実のようです。 岡田有希子の死から30年 伝説になってしまったアイドルの本当の顔とは 岡田有希子は、1967年8月22日に名古屋で生まれ、地元の小学校中学校に通う成績優秀な女の子だったといいます。 しかし家庭に恵まれていたとはいいがたく、岡田有希子の父親は、岡田有希子が母のお腹に入ったことを知ると、「堕ろせ」と言ったとか。 そんな悪環境の中、未熟児で生まれた岡田有希子は、幼い頃から、「お前が20歳になったら離婚する」と父親に言われ続けながら育ちます。 たくさんの本を読み、絵画に熱中し、小学校の学芸会で「乙姫」役を演じたことをきっかけに、さまざまな芸能オーディションに応募しはじめた岡田有希子。 時には学校を無断で休んでオーディションに行くこともあったほど夢中になっていた中、「スター誕生」の名古屋地区予選に出場し、見事決戦大会への切符を手に入れました。 しかし、親からも、学校からも反対されてしまった中学3年の岡田有希子は、ハンガーストライキを決行。 根気負けした母親から条件付きで芸能界入りを許され、サンミュージックと契約し、アイドル活動を開始。 しかし、夢のスタートは、自殺へのカウントダウンでもあったのです。 「スター誕生」の決戦大会で歌ったのは、中森明菜の「スローモーション」というのは偶然だったのでしょうか。 論理的ではありませんが、自殺後に、岡田有希子の幽霊が、中森明菜の出演映像に現れているという噂になぜか頷いてしまいます。 何事にも真面目に打ち込んだこと、アイドルとしての成功、年上の男性に憧れた恋愛……全てが「父親に自分の存在を認めて欲しい」という心の叫びだったのではなかったのかとは考えすぎでしょうか。 岡田有希子が背負っていた何かしらの想いを理解してくれる人が傍にいなかったことが残念で仕方ありません。

次の

岡田有希子の自殺原因の真相!後追いは300人以上!?

岡田有希子

デビュー40周年を迎えたシンガー・ソングライターの竹内まりや(63)が26日放送のNHK総合の特集番組「竹内まりや Music&Life~40年をめぐる旅~」(後10・00)に出演。 33年前に18歳で他界した歌手の岡田有希子さんへの思いを語った。 07年4月にスタートした同局「SONGS」の初回に26年ぶりのテレビ出演。 デビュー30周年を迎えた翌08年、1年ぶりに「SONGS」に出演。 今回はそれ以来の11年ぶりのテレビ出演となった竹内。 年齢を重ねるうちに「明日いなくなっても後悔しないような生き方をしよう」という思いが強くなったといい、それがきっかけとなり、岡田さんに提供した楽曲のセルフカバーに挑戦しようという気持ちになれたという。 竹内はデビュー曲「ファースト・デイト」を含む5曲の作詞・作曲を担当した。 当時を振り返り、「一口坂のスタジオで有希子ちゃんがやって来て『初めまして』って言ってた笑顔とか、 その着てた洋服とかも思い出しますよね。 短いスカートでしたけど。 なんかつぶらな瞳の…」としみじみ。 わずか18歳の若さで自ら命を絶ってしまったことに「なんかもうちょっといろんなことを話せたらよかったのにな、って後で思いましたけどね。 もしあの頃いろんな悩みとかそういうことを聞けてたら、なんか違ってたのかなとも思いましたし」と後悔を明かした。 これまでも岡田さんに提供した曲をセルフカバーすることを考えたという。 「有希子ちゃんの曲を何回か歌おうかなって思ったことがあったんですけど、でも思い入れが深い分だけ逆に歌えなくて」と思いを吐露。 「だけど、もう33回忌。 やっと有希子ちゃんのメロディーを歌える気持ちにはなれたって感じですかね」と心の整理がついた。 「天国で彼女が聴いてくれたら喜んでくれるかなと思いながら一生懸命歌ってみようと(思った)」とセルフカバーに挑戦した思いを語った。 岡田さんは84年、16歳で芸能界デビュー。 同期デビューには菊池桃子(50)、荻野目洋子(50)、吉川晃司(53)などそうそうたる顔ぶれが並んでいたが、数々の新人賞レースを総ナメし、デビューからわずか8カ月で日本レコード大賞最優秀新人賞を受賞。 事務所の先輩で、憧れの存在でもあった松田聖子(57)が作詞した「くちびるNetwork」(86年1月リリース)で初のオリコン1位を獲得したが、その3カ月後の4月8日に自らその命を絶った。

次の