金魚 水槽 水草。 金魚と水草を一緒に育てるための考え方と知識

金魚の水槽に鉛のおもりをつけて水草を入れると危険?

金魚 水槽 水草

アクアリウムに水草は必要?水草を入れないときの注意点 結論から言ってしまうと、水槽の中に 水草が絶対必要というわけではありません。 ただ、より自然に近い環境を再現したり、レイアウトに幅を持たせたりするという意味では、水草を使った方がよい場合もあります。 逆に 水草を入れないことでのメリットもあるくらいです。 水草を入れないことでのメリットは、やはり 手入れの手間が省けるというところが大きいでしょう。 コケを落としたり、トリミングが必要だったりと、水草を育てるのにも何かと手間がかかります。 そういった手間が省けるというのは、 手軽にアクアリウムを楽しみたい方には大きなメリットになるのではないでしょうか。 では、次に水草を入れない場合の注意点を確認してみましょう。 水槽の中で水草が果たしている役割は 主に以下の3つがあげられます。 水草を入れない場合、役割の代わりを果たすものを用意する必要があります。 魚の隠れ家になる 水草は魚の隠れ家としての機能を果たしています。 隠れ家は 魚のストレスを軽減するのに必要なものです。 また、複数の種類を一つの水槽で飼っている場合、 種別の棲み分けにもなります。 もし、魚の繁殖を考えている場合、水草は産卵場所になったり、稚魚のシェルターになったりと、様々な役割を担います。 水槽に水草を入れないのであれば、 タコつぼや土管など魚が隠れられるものを入れてあげるとよいでしょう。 隠れ家の役割については、以下も参考にしてください。 水槽内のレイアウト 水草をたくさん入れたアクアリウムは、見た目が華やかですし、どこか癒しを与えてくれる魅力があります。 ただ、水草を使わなくても魅力的なレイアウトにすることは可能です。 水草を入れないレイアウトに役立つ!水槽を彩るアイテム 水草を入れないとき、代わりに 水槽内に配置できるアイテムはどんなものがあるでしょうか。 基本的に水に沈むものであれば、なんでも入れることができます。 しかし、水槽用でないものは塗料の毒性が水に溶けだしてしまったり、魚が傷ついてしまったりすることがあるため、あまりお勧めできません。 水槽に何か物を入れるときには、必ず 安全性を確認するようにしましょう。 ここで、水槽のレイアウトに役立つアイテムをご紹介します。 レイアウト小物については以下も参考にしてください。 水草を入れないレイアウト実例 水草を入れていないレイアウトの実例をいくつかご紹介します。 パロットファイヤーの円柱水槽 オフィスに設置された円柱水槽です。 桜の造花を使用したレイアウトは、春の雰囲気を感じられます。 全体的に淡いピンクの色合いがパロットファイヤーの色を引き立てていて、とても華やかな水槽です。 カラフルなシクリッドの円柱水槽 美容室に設置された円柱水槽です。 カラフルなシクリッドが映えるよう、水槽内のアイテムは淡いピンクの砂と、白いブロックのみを使用し、色合いを抑えています。 古代魚が主役の水槽 個人のお宅に設置された淡水魚水槽です。 古代魚ポリプテルスの迫力を存分に感じられるよう、レイアウトはあえて流木と砂のみのシンプルなものになっています。 金魚鉢 イベントで設置された金魚鉢です。 あえて水槽内には何も入れないことで、金魚の優雅な泳ぎを堪能できますね。 金魚鉢のかわいらしい丸いフォルムが生きています。 人工水草を使ったシクリッドの水槽 飲食店に設置されたシクリッドの水槽です。 カラフルなシクリッドに負けない、カラフルな人工水草を使ったレイアウトは、とても賑やかな印象を受けます。 まとめ・アクアリウムに水草は必要か?水草を入れないレイアウトとは? 水草を入れない水槽のレイアウトをご紹介しましたが、いかがだったでしょうか? 水草を使えば、より自然に近い美しいレイアウトを作り出すことができますが、たまには、水草を使わないレイアウトを楽しんでみるのもよいかもしれませんね。 水草を使わずに、自分にしかできない個性的なレイアウトをぜひ目指してみてください。

次の

金魚藻の別名・種類と金魚藻の上手な育て方・増やし方

金魚 水槽 水草

水草用の鉛はおもりとして良い? お店で購入した水草に鉛が付いていた場合、そのまま使えば他のおもりを買う必要もないですので手間を省けますのでそのまま利用したいですよね。 鉛の性質からおもりとして適しているかどうか見てみましょう。 鉛が溶ける原因 鉛は酸性の水に溶けます。 金魚の適正環境は中性から弱アルカリ性で、酸性の水では元々生活できません。 鉛と水が接触すると鉛は溶け出しますが、鉛は水に入れると水との間に酸化皮膜ができ、中性やアルカリ性ではこの酸化皮膜は壊れず、水と鉛が接触することはなく溶け出すことはありません。 その為、 問題なく鉛はおもりとして利用できます。 スポンサードリンク 水草に対しての鉛 金魚への影響はありませんが、鉛などの材質は関係なく水草におもりを装着すると水草が成長した際におもりと結びつけている箇所が傷つき、その箇所から腐ってしまう事はあり得ます。 また、通気性が悪いことも影響し水草が腐ってしまいます。 腐った水草を入れておくと水質が悪くなり金魚の病気に繋がります。 水草におもりをつける最良方法 硬い素材のものですと成長した水草を傷つけてしまう可能生があります。 その為、 スポンジを間に噛ませたりすることで水草へのストレスは軽減されます。 その際には圧迫しすぎないようにしてください。 また、クッションのようになっている沈む樹脂を使用する方法もあり、柔らかい素材のスポンジ部分を開いて水草の先端を挟んで沈める方法です。 まとめ 鉛が原因で金魚へ悪影響が出る可能性は低いです。 また、おもりで水草を束ねる際は通気性をよくするため少量の方が適しています。 根がある水草は、根が伸びてきたらおもりよりも砂利に埋めることができます。 水草が水面であちこち浮いているよりは、おもりをつける事によって見栄えが良くなます。 ただ、金魚がおもりにぶつかって外傷を与えてしまうと別の病気につながることもありますので気をつけてください。 スポンサードリンク.

次の

金魚に合う水草のおすすめ人気ランキング10選【マツモ・カボンバ・アナカリスも!】

金魚 水槽 水草

金魚の飼育に水草は必要なの? 金魚の飼育に水草は 必要なのでしょうか。 水草はすこしでも あった方がいいのは 間違いありません。 水草を入れることでの メリットは水草にしか出せません。 そしてその水草の量は 多ければおいほど金魚にとって、 水槽内の環境にとっていいものになります。 金魚の飼育に水草が必要な理由とは? 金魚の飼育に水草が 必要な理由とは何なのでしょうか。 主な理由として2つあるので それぞれ見ていきたいと思います。 1.浄化作用がある 金魚の飼育に水草が必要な 理由の 一つ目は、浄化作用がある ということです。 浄化作用があるということは どういうことでしょうか。 水草は水中の悪外物質である 硝酸塩を吸収してくれます。 そのため水槽内が綺麗になり、 金魚への悪影響も大きく減退します。 また、すべての水草に 浄化作用があるわけではありません。 浄化作用に期待できる 水草は以下の通りです。 ・アヌビアスナナ ・ミクロソリウム このような水草を買えば 食べられることはないので、 参考にしてみてくださいね! また、金魚は水草を 食べるのかどうかの詳細については 次の記事で詳細を書いているので よかったら参考にしてみてください。 金魚の水草のレイアアウトはどうする? 金魚の水草のレイアウトは どうすればいいのでしょうか。 水草のレイアウトは難しいと 思っていると思います。 しかし、水草のレイアウトは 基本的なもので十分です。 その基本的なものとは、 遠近法です。 水槽の前面に近いところには 背丈が短い水草を、遠いところには 背丈が長い水草を置きます。 そうすると水槽を 大きく使うことができ、 奥行き感を感じることができます。 そのため、この基本的な遠近法だけ しっかりと実践するようにしましょう。 金魚の水槽に水草を入れないデメリットは? 金魚の水槽に水草を入れない デメリットは何なのでしょうか。 これは水草を入れることでの メリットと同じですが、 最大要因としては酸素が 足りなくなることです。 金魚の水槽の中には 酸素が溶け込んでいます。 しかし金魚はとても酸素を 必要とする生き物なので、 少しでも金魚の数が多かったり、 水温が高いと酸素が足りずに 酸欠になることがあります。 そこで役立つのが水草です。 水草は水槽内にあると 光合成をおこないます。 そうすると、水槽内にたくさんの 酸素が放出されて金魚に酸素が 行き渡るようになります。 このような酸素の供給は 他にはエアレーションでしかできません。 そのためかなり貴重です。 しっかりと水草は 入れるようにしておきましょう。 まとめ 今回は、金魚の水草は必要なのか 魚たちにとって草が 必須な理由を見てきました。 金魚にとって水草は とても重要なものです。 それゆえしっかりと水草を 入れてあげて 酸素を 供給してあげるようにしましょう。 水草にはたくさんの メリットがあります。 コストはかかりますが それなりの効果やメリットはあります。 コストといっても導入時の コストだけで、ランニングコストは ほぼかかりません。 したがってこれからは水草の導入も 考えてみてくださいね。 また、 金魚の水槽の水温が 低いということがないでしょうか。 そんなときはしっかりと水 温を上げてあげないと、 金魚の体調が悪くなったり、 元気がなくなったりします。 そのことについては 次の記事で詳細を書いているので 参考にしてみてくださいね! 金魚に水草は必要です。 かなりの効果があり、 その効果は水草でしか得ることの できないものもあります。 しっかりと水草の効果などを 考えながら導入をするようにしましょう。

次の