エイペックス 弾 当たらない。 【初心者必見】プロが教える『Apex Legends』上達講座 勝てない人はエイムと立ち回りを練習しよう

APEX legends 撃ち合いのコツとテクニック!腰撃ちのやり方!弾が当たらない、撃ち負ける原因・攻略!上達して上手くなる方法【エーペックスレジェンズ】

エイペックス 弾 当たらない

この記事はFPSが苦手な人や初心者に向けて書いています。 『』を上手くなりたいけど練習方法がわからないという人は数多くいるでしょう。 『Apex Legends』は初心者でも楽しめるカジュアルなゲームですが、本気で上手くなりたいと思うと途端にハードコアなゲームと化します。 アビリティの使い方、グレネードの使い方、AIM、移動するタイミング、索敵の方法……練習すべき要素が多すぎて 初心者は何から練習すればいいのかわかりません。 この記事では多数のゲームタイトルでプロゲーミングチームに所属してきたkgbbb が初心者向けに「どうしたら『Apex Legends』を上手くなれるのか」をテーマに基礎中の基礎から解説していきます。 最初に初心者が学ぶべきことは「 AIMの合わせ方」と「 立ち回り」の2つです。 この2つさえ抑えておけば初心者でもチャンピオンを取れます。 バトルロイヤルというルールは最後の2チームまで生き残り、自分たち以外の1チームを倒せばそれだけで勝ちです。 最後の2チームまで生き残るための「立ち回り」と、残る1チームを倒すための「AIM」を練習するのがチャンピオンへの近道、ということです。 感度設定、リコイルコントロール、キャラクター操作について動画で解説しています。 記事と併せて参考にしてください! 感度 『Apex Legends』に限らずFPSの初歩は、まず敵に弾を当てることです。 敵に弾を当てるためには マウスやコントローラーの感度を調整することが最重要です。 操作感度は高ければ高いほど有利と言われています。 なぜ高感度が有利かというと、視点を操作する動作をコンパクトにすることができ、最小限の動きで多くの場所を見ることができるため低感度のプレイヤーよりも敵に反応しやすい、という理由です。 低い感度のプレイヤーがマウスを40cm動かして後ろを振り向くのに対し、高い感度のプレイヤーはマウスを5cm動かしただけで振り向ける、と言われると理解しやすいかもしれません。 ですが、素早く反応できても敵に照準を合わせることができなければ意味がありません。 たとえば壁と壁の隙間に見えている敵を撃ち抜こうと思ったら、振り向き40cm 低感度 設定なら5cm範囲の動きの中で敵にAIMを合わせればいいのに対し、振り向き5cm 高感度 設定だと1cm範囲の微妙な動きの中で敵にAIMを合わせなければなりません。 つまり、 高感度設定なほど精密な操作を要求されるということです。 高感度:素早く反応できるが、AIMを合わせるのが難しい• 低感度:反応は遅くなるが、精密なAIMができる ちなみにプロゲーマーでも「自分にはどの感度が合っているのか」の正解を探しながらプレイしている人は多いです。 むしろ、やりこめばやりこむほど感度をいじりたくなるものです。 練習で上手く操作できても試合では力んでしまい感覚が変わることもあるので、試合を通して自分に合った感度を探していきましょう。 とりあえず最初はプレイしていて疲れない感度を設定しておきましょう。 最終的には 自分がやりやすい感度が一番です。 補足 回数をこなさずして感度を調整するのは不可能です。 少しでも現在の感度がやりやすいと思ったら慣れるまで感度を変えずにプレイして、慣れてきたら感度を上げたり下げたりしていくと自分に合う感度を見つけやすいです。 リコイルコントロール 丁度良い感度を見つけたら次は「 リコイルコントロール」を練習しましょう。 リコイルコントロールとは「武器の反動を制御し敵に照準を合わせ続けること」です。 それぞれの武器には固有の反動パターンがあり、基本的にはどんなFPSでも 火力の高い武器は反動が強く、火力の低い武器は反動が弱いです。 反動が強い武器は撃っている間にAIMが上下左右にブレるので、AIMがブレる方向と逆方向にマウスやスティックを傾けて敵にAIMを合わせ続けなければなりません。 全ての武器でリコイルコントロールの練習をする必要はありません。 強い武器や、自分がよく使うお気に入りの武器を使って練習してみましょう。 武器の反動には「縦ブレ」と「横ブレ」があります。 文字通り銃がブレる方向のことです。 「縦ブレ」は縦に跳ね上がる銃に対してマウスやスティックを下方向に引けば制御できますが、「横ブレ」は制御しにくいです。 最初の練習は、縦ブレを抑えながら 銃口を下に下げながら 銃を撃って30発程度をまっすぐ飛ばせるくらいの感覚を掴むことです。 敵との距離が離れるほどリコイルコントロールが難しくなります。 5発撃ったら反動を鎮めてまた5発撃ったり、1発ずつ弾を撃つなどして反動の制御を練習しましょう。 制御しにくい横ブレはいきなり制御しようと考えるのではなく、まずは横ブレが気にならない距離感を覚えましょう。 横ブレがひどくて弾が当たらない遠距離では単発撃ち、または数発毎に区切るなどして感覚を掴みましょう。 最終的にはブレやすいフルオート撃ちであっても横ブレしたらすぐに修正するという動作を入れながらそれなりに敵に当たるようになります。 慣れると偏差撃ちで遠距離の敵を倒すこともできるようになります。 偏差撃ちとは 弾速と重力の関係で撃ってから目標に当たるまでタイムラグがあり、また弾は遠くに行くほど落下しますが この二つを踏まえて敵が移動した先に着弾させる技術を「偏差撃ち」と言います。 一発撃ったらその弾道と着弾地点を確認しておきましょう。 慣れれば初弾から敵に当てられるようになります。 キーボードと視点操作 キーボード操作だけでキャラクターを動かすのではなく、視点操作と合わせて動くことでよりスムーズに動くことができます。 自分が現実世界で物を取ろうとする、曲がろうとする時など行動一つ一つにちゃんと目線を持っていくと思います。 ゲームの世界でも目的の方向にしっかり視点を向けて見ることを意識してください。 具体的な視点の動かし方は記事上部のYoutube動画を参考にしてください。 ヘッドショット マウス感度を合わせ、リコイルコントロールの練習もしたら、最後にヘッドショットを狙えるようになれば「射撃」は完璧です。 正確に言えば、 マウス感度とリコイルコントロールを習得できれば自然とヘッドショットが狙えるようになっているのです。 マウス感度が合っていれば敵の頭に照準を合わせられるようになっていますし、リコイルコントロールができれば狙った場所に着弾させることができるからです。 そういう意味ではヘッドショットを当てるコツなどはありません。 ちなみに、ヘッドショットダメージはボディショットダメージの2倍です。 当然ながらヘッドショットを狙えたほうが強いです。 意識、立ち回り編 意識 FPSではただ移動している時でも常に隠れやすい位置を歩いたり、敵の居そうな位置を警戒して索敵をしたりすることが重要です。 上記の画像では赤い丸が敵が出てこないか特に警戒する位置、緑の丸は音で判断する位置です。 この画像の視点のまま前進してしまうと急に飛び出してきた敵との撃ち合いで不利になってしまいます。 緑の位置から出てくる敵は動作音を立てるので、音がして初めて意識すればOK。 それまでは赤の位置が警戒対象なので、赤の位置を視点の中心に置きましょう。 安物のイヤホンだと敵の動作音に気付けない場合があります。 敵がいるのにその動作音がよく聞こえない、という方はゲーミングヘッドセットやゲーミングイヤホンを使ってみましょう。 関連記事 関連記事 例えば街を歩いてる時、絶対に敵が出てこない壁に照準を合わせるのではなく、敵が飛び出してくる「かもしれない」曲がり角に照準を合わせて歩きましょう。 瞬時に敵にAIMできる人なら複数の場所を同時に見るために中間の壁に照準を合わせておくこともありますが、まずは 1つの場所に照準を合わせて警戒することをおすすめします。 上記の画像のように視点を下げてしまうとAIMが難しくなるので、初心者の方は「 とにかく前を向く」ことを意識しましょう。 複数の場所を監視していると、敵が急に飛び出してきたときに今照準を合わせている場所から敵の位置まで一瞬で視点を動かしてAIMしなければなりません。 それができれば見栄えのするかっこいいキルを取れることでしょう。 ですが、まずは基本をしっかり覚えましょう。 基本は何もかもを楽にしてくれます。 急に敵が出てきてやられて「今のは仕方ない」となるのではなく、敵が顔を出す「かもしれない」場所に照準を合わせながら歩いて、撃ち勝てる可能性を少しでも上げましょう。 一つ一つの行動に意味を持たせて無駄死にを減らすことが「 脱・初心者」への道です。 立ち回り 索敵がうまいプレイヤーは、運良くたまたま敵を見つけているわけではありません。 安全地帯やマップの構造から他のプレイヤーの通り道を予想し、その通り道を重点的に警戒して索敵しているのです。 索敵が正確にできるようになれば『 ここにいたら挟まれてしまうかもしれない』『 あそこのチームがこの道から来た敵とぶつかるからそこに奇襲を仕掛けよう』などと、勝率の高い動き方をいくつも導き出すことができます。 例えば自分が画像のような高所にポジションを取っているとして、どこを見ればいいのか?というと、矢印で示している場所です。 矢印の先は 敵が移動する際の通り道となります。 自分の画面内に敵が入ってくるとしたらすべて端っこからなのです。 慣れれば一人でこの量を見る事もできますが、慣れないうちはチームで分担して索敵することをオススメします。 このように移動時の立ち回りを意識できるようになったら、次は撃ち合いの最中での立ち回りを意識して一つ一つの勝負の勝率を上げましょう。 撃ち合いが始まっても、何も 全員が真正面から撃ち合う必要はありません。 味方に正面戦闘を任せて、その隙に敵の横まで移動すると敵が隠れられるポジションが少なくなります。 自分が敵の横に移動して撃てば、敵はポジションを変える為に移動したり射線を切るためにずれたりします。 その間は他の味方が移動する敵を撃つチャンスが生じます。 敵がしびれを切らして真正面の味方に突撃したら横から一方的に敵を倒してあげましょう。 この立ち回りを理解するだけで2つのチーム同士の戦いまでは十分に安定して勝つことができるようになります。

次の

【Apex Legends】「ウィングマン」の性能や立ち回り【エーペックス レジェンズ】

エイペックス 弾 当たらない

執筆者:ぱっかん()。 今ハマってるのは「」 こんにちは。 FPS依存症(仮)のぱっかんです。 最近は 「エイペックス・レジェンド」という無料バトロワゲーにハマってますが、 APEXの世界では何故か全く活躍できません (依存症のくせに)。 ある程度のセオリーは理解したので、「レジェンドごとの立ち回り」とか、「ギミックの使い方、活かし方」は応用してるつもりです。 それに今までプレイしてきた数多くのFPS (最近では、COD、シージ、バトルフィールド、そしてAPEXと同じ世界線の「タイタンフォール」)も全て、 常にスコア上位をキープするくらいの腕前でした。 そんな 「FPS中・上級者」の僕ですが、何故か APEXだけは0キルが続き、プレイしながらずっとお腹が立っていました。 あまりに負けが続くので、一旦冷静になり、いろいろ考えて鍛えぬいたら 、1マッチでだいたい5キルは取れるようになったので、 「具体的にどうしたら勝てるようになったか」を順序だてて解説します。 まず、「APEX」が他FPSと違う部分を理解する APEXは、僕が慣れ親しんだFPSの中でも特に ・足が速い ・体力が多い ・武器のマガジン弾数が極端に少ない という部分で特殊です。 APEXは 「ユニークなレジェンド達」や「リスポーン」などの独自システムに目が行きがちですが、そういう部分よりも、 「足が速い」などのゲーム性の基盤となる部分の方が意外と特殊です。 そこを理解すれば 「あらゆるFPSで神に君臨してたのに、なんでAPEXだけは活躍できないんだ!」とイライラすることも無くなるはず。 高威力のスナイパーを拾い、遠距離合戦で決着をつける。 しかし 「APEX」は遠距離で勝負がつくことはほぼありません。 というのも、 もし遠距離合戦が始まっても、ほぼ間違いなくどちらかが詰め寄るからです。 ゲーム性を基に考えてみます。 どれだけダメージを食らっても、 物陰に隠れて回復さえすればまた戦線復帰できます。 そして遠距離合戦だとお互いにそれが出来るので、半ば 「永遠に終わらない撃ち合い」となってしまいます。 だから大抵の場合、 もしどちらかが先に相手をダウンさせたら、「よっしゃ今だ」と言わんばかりに突っ込んでいきます。 (そうしないとマジで決着がつかない) その結果 近距離戦にもつれ込むのです。 APEXの特徴である 「足が速い」ということや、 「移動系スキルを持ったレジェンドの存在」も考慮すると、 APEXの製作陣は「近距離戦が頻発するゲーム性」を明らかに意識していると言えます。 というわけで、 APEXで大量にキルを取る為には 「近距離戦」に強くなることが不可欠です。 早い話が「究極のエイムゲー」である APEXは 「カジュアル層にオススメのゲーム性」を意識して作られてるようです。 (体力の多さや武器のマガジン弾数の少なさから) しかし僕はその事実のせいで本質に気付くのが遅れました。 実は僕は、 APEXデビュー戦にて早速優勝しました。 しかしそれは自分の活躍では無く、味方の一人が鬼強かったから成し得たことでした。 「カジュアル層向けのゲーム(と勝手に思ってる)」と言いながら、なんだかんだ 玄人 ( くろうと )が活躍し続けるゲームです。 では、なぜ玄人無双になるのか? それは恐らく 「体力が多いから」です。 他ゲームで稀にある「ラッキーキル」がほぼ無い 例えば 「Rainbow six siege(シージ)」というゲームは、明かに玄人向けのデザインです。 リスポーンも無いし、マップの地理関係を熟知しないとまともに戦えません。 しかしたまに 「初心者でも1ラウンドで5キル」という奇跡が発生します。 体力が薄いと 「反射的に撃ったら上級者に勝てた」という事があり得る為、何試合か続けていれば刺さるゲームがたまにあります。 しかしAPEXはというと、 全プレイヤー硬いので、安定して弾を当て続ける必要があります。 「反射的に撃った」というレベルで覆せるシーンは一つもありません。 更に 「スピーディー」という部分も エイムの難しさに拍車をかけています。 つまり、「キルできない」=「クソエイム」だと発覚した 悔しいけど認めました。 僕は今まで 「立ち回り」を重視してFPSで活躍してきたようです。 Amazonレビューとかでもたまに見かけますよね。 「このゲームは、エイムが下手な私でも立ち回りでスコア上位に入れます」みたいなコメント。 どうやら僕はそれです。 もちろんAPEXでも当然立ち回りは重要です。 しかしその後の 「エイム合戦」が間違いなく長期戦にもつれこむ為、 「ステルスでこっそり近づいて背中から刺す」というテクニックが全くと言って良い程通用しません。 APEXは奥が深いように見えて、実はその辺が浅い・・・わけでは無いですが、 意外にも戦闘がパターン化しがちな気がしています。 それらを見ると、エイム以外に重要な要素もたくさんあることが伺えます。 結論:極端にエイム速度を落とす というわけで僕が 「5キル」を安定的に取れるようになった方法ですが、それは 「エイム感度を見直す」ことでした。 僕はどのゲームでも「マックス感度」でプレイしており、APEXでも最初は 「MAX(8)」でプレイしていました。 しかし「やっぱなんかおかしいな」と感じたので、 7にしたり、6にしたり、また7にしたりと色々試しました。 でもそれでもキルできず・・・ そして結果的に、 通常時で「5」、エイム時で「6」に安定しました。 生まれて初めて「エイム時の方が早い」設定にしましたが、おかげでショットガンがバシバシ当たります。 慣れたら徐々に感度アップしていく予定です。 重要:意外と「通常時」のエイム速度が大事 思い返せば僕がプレイしてきたFPSは全て 「ADS(サイトを覗き込むこと)」が基本のゲームばかりでした。 しかしAPEXは 「腰撃ち」の頻度が高いゲームなので、僕のように 「ADS中のエイム力」に自信があるだけのプレイヤーは駆逐されます。 だからこそ 「通常時のカメラ感度」が重要です。 ・「ピースキーパー(単発ショットガン)」の弾を連続で敵に当て続ける これくらいの事ができるエイム力じゃないと中々勝てません。 「通常時のカメラ感度の方が遅い」というのは今までの僕のプレイスタイルでは思いつきもしなかったことですが、腰撃ちの強さ、取り回しを考えると理にかなってます。 この設定には拒絶する人も多いと思いますが、 個人的には劇的な変化だったので是非試してみてください。 もちろん「ADS中のエイム力」も大事です。 しかし 強い奴は大抵突っ込んでくるし、 明らかにそれを推奨するゲーム性なので、 「接近戦での強さ」の方が重要。 というわけで、カメラ感度を落とすと (振り向きが遅くなるなどで)不都合も増えますが、まずは戦闘に慣れるまで 「ショットガン腰撃ちノーミス連続ヒット」が出来るくらいの感度、及び技術を持ってプレイを続けるのが得策のようです。 だからやっぱり近距離戦にもつれこむ ・しかも移動スピードが速いので「ショットガン腰撃ち」などの戦い方が基本となる ・APEXで安定してキルを取るために「近距離エイム」を鍛えよう ・または「エイム速度」を他ゲーの時より落としてみよう 割と中級者向けの記事になってしまいました。 意外な盲点でしたが、 APEXは「ソロモード」が無いせいで練習や研究が気軽にできません。 その仕様が上達に制限をかけているような気がします。 だからしっかりキルしていけるようになりたいですね。 それではみなさん、戦場でお会いしましょう! 【APEX】レジェンド考察・解説• 人気タグ, カテゴリー.

次の

『エーペックスレジェンズ』今からでも遅くない! 初心者でもチャンピオンになれる攻略法を指南【電撃PS】

エイペックス 弾 当たらない

『Apex Legends』でのショットガン ショットガンはゼロ距離で敵を倒しきるために使う武器で、接近戦では驚異的な力を発揮します。 弾が散るので 少しでも距離が離れたら10ダメージ程度のかすり傷にしかならない場合もあるため、ショットガンを使うときは距離感だけは間違えないようにしなければなりません。 連射速度も遅いので、至近距離で、絶対に外さないようしっかり狙って撃たなければなりません。 多少被弾してもいいので、 確実に1発を当てるよう心がけましょう。 装弾数が多く連戦向き• 連射が速い• 外してもリカバリーしやすい 連射速度の遅いショットガンの中で相対的にそれなりに速い連射が可能な武器です。 1発を外したら負けるショットガンという武器種において 失敗を取り返しやすい武器とも言えます。 連射しやすいので走り回りながら扱うことも容易で、その代わりに火力はそれほど高くありませんが、それでもショットガンなので、ゼロ距離で当てれば敵を倒しきれるでしょう。 総合的に見て初心者が扱いやすいショットガンと言えます。 EVA-8オート トレーニングモード 移動しながら撃つのであればEVA-8は安定して戦いやすいです。 EVA-8オートの撃ち方 ショットガンの基本的な戦い方はどの武器も変わらず、 外さないように1発1発撃つことですが、この武器は外した後も ゼロ距離で敵にまとわりついて撃ち続けることができます。 敵に格闘戦を仕掛けるイメージでエイムを合わせて撃つだけなので難しいことは考えずにとにかくゼロ距離まで攻めましょう。 EVA-8オートの立ち回り 弾数が多く連射速度も速いので敵との駆け引きがしやすい武器です。 もちろん遠距離での戦闘は避け、角待ちなどで迎撃し、仮に弾を外しても安定して撃ち続けることができます。 攻めるときは敵に向かって前進しながらクリックするだけの簡単な戦い方でOKです。 圧倒的高火力• ケアパッケージ限定武器• 連射が遅い ピースキーパーはケアパケからしか出てこない最強のショットガンです。 覗きこむことでチャージして集弾率を高めることができ、ショットガンの強みでもあり弱みでもある 散弾を調整することができます。 シーズン4まではマスティフがケアパケ限定武器、ピースキーパーが通常武器でしたが、シーズン5からはポジションが逆転しました。 通常武器にしてはピースキーパーは強すぎたのでむべなるかな。 しかしケアパケ専用武器になったことでリロードや連射速度なども強化された一方、総弾薬にも制限がかかったので、これまでのように中距離でも撃ち放題というわけにはいかなくなりました。 ピースキーパー トレーニングモード ピースキーパーは一度戦い方を覚えれば非常に強力で、事実上の 近距離戦闘最強武器と言えるでしょう。 ピースキーパーの撃ち方 火力が高い代わりに連射速度が遅いので、しっかりエイムを合わせながら テンポよく撃つことが重要です。 ゼロ距離まで詰めたうえで弾を撃つ直前に ジャンプして上から撃ちおろすようなイメージで敵のヘッドショットを狙うムーブが強力です。 ピースキーパーはEVA-8と違って連射出来ないので、 コッキングをジャンプの着地と合わせるテンポで撃つとタイミングが取りやすいのでオススメです。 ピースキーパーの立ち回り これぞショットガンというような武器で、EVA-8と違ってミスを取り返す事が難しい武器となっています。 一方、ここ一番の高火力で押し切る事ができるので、敵との駆け引きで負けていても1発で全てをひっくり返す可能性を秘めている武器でもあります。 攻めるときも待つときも火力差を押し付けることを意識し、できるだけ外さないよう慎重に狙い撃ちましょう。 このぐらいしかまともなキルが取れませんでした。 許してください。 モザンビークの撃ち方 とりあえず1発敵をぶん殴りましょう。 パンチで30ダメージ与えた後に、その流れでモザンビークを3発当てればどうにか勝てます。 モザンビークを3発当ててから格闘でもいいですが、1発でもモザンピークを外してしまったら2回格闘攻撃を当てなければならなくなります。 続けて2回格闘攻撃を当てるより最初と最後に組み合わせるほうが当てやすいので、オススメの戦術は「スライディングからジャンプして敵を キックしてからモザンビークを3発撃って最後にもう一度走ってスライディングしてジャンプして チョップで倒す」です。 モザンビークの立ち回り 状況を見てモザンピークじゃどうしようもないな!と思ったら潔く 他の武器を探すことが最善の立ち回りだと自信をもって断言します。 ただ、私は1つのチームをモザンピークで壊滅させたことがあります。 ショットガンはそもそも簡単な武器ではありません。 急がず焦らず隠れて撃って逃げてを繰り返す 頑張る心が重要です。 大事な事なのでもう一度言います。 頑張る心が重要です。 比較的当たりやすいショットガン• ADSすれば弾が収束する• そこそこの連射力 マスティフはケアパケからしか出てこない最強のショットガンで、連射速度、火力、集弾率など何を見ても超強力です。 性能的に全武器中最強であることは疑いようがありません。 現在のマスティフはケアパケ専用武器から通常ドロップ武器に格下げされ、特にダメージが大きな弱体化を受けました。 もはやピースキーパーのようなインパクトはないものの、それでもまだ連射力のあるショットガンとして存在感を保っています。 ショットガン最強武器 ピースキーパーはショットガンどころか全ての武器を通して単体の性能上の「最強武器」候補です。 Apex Legends関連記事 『Apex Legends』の攻略ガイドはこちら。

次の