ダイソー bluetooth イヤホン。 【100均検証】ダイソーの500円「ブルートゥースイヤホン(マグネット式)」は “買い” なのか?

【ダイソー】百均で500円のBluetoothイヤホンの音質は?使える?実機レビュー

ダイソー bluetooth イヤホン

どうやらバッテリーが完全に放電している模様。 この手の製品で初回から電源が入らなかったのは初めてです。 大抵の製品はバッテリー残量が少ないながらも電源は入っていたのですが・・・。 説明書には初めて使用する際には約2時間の充電が必要とあったので、とりあえず充電してみると1時間もしないうちに終わりました。 音楽を再生させてみた 音楽再生中ノイズは全く感じられませんでした。 600円Bluetoothスピーカーの時は背後で常にジリジリとしたノイズが鳴っていたので、これは意外でした。 接続も安定しています。 で、問題の音質ですが「それなり」といったところです。 高音も低音もあまり出ていませんね。 全体的に音が籠もった感じに聞こえます。 イヤーピースを変えれば少しはマシになるかもしれませんが・・・。 そもそも300円のイヤホンに音質を求めるのは酷でしょう。 ボイスレコーダーでマイクの性能を確認してみましたがこちらは問題なし、音声入力の認識も普通に使えました。 これは300円という価格を考えれば仕方のないことです。 実際に連続で使用してみると1. 5時間程使用できました。 但しこれは室内で音量抑えめで使用した場合の結果ですので、屋外で音量を上げての使用であれば、パッケージ通り1時間程度になりそうです。 メインのイヤホンとして1日中外出先でガッツリ使用するのは厳しそうですが、ちょっとした散歩や家事で音楽を聞く程度なら全く問題ありません。 片耳イヤホンなので付けていても周囲の音は聞こえるため、両耳のものより安全です。 価格が価格なので、興味のある人は見かけたら即購入で良いと思います。 【おまけ】コーデックを調べてみました マニアックなネタになりますが、このイヤホンで使用されているコーデックを調べてみました。 300円という価格を考えればおそらく「SBC」だと思いますが一応。

次の

【100均検証】ダイソーの500円「ブルートゥースイヤホン(マグネット式)」は “買い” なのか?

ダイソー bluetooth イヤホン

最近はスマホの音楽や動画を見るのに、Bluetoothのワイヤレスイヤホン使う人が多くなっています。 有線のイヤホンは配線がからまったり、配線が邪魔で鬱陶しいですよね。 ワイヤレスのイヤホンが最強ですが、やはり価格が高いです。 そんなBluetoothのワイヤレスイヤホンが、あの100均のダイソーで売られていたので早速購入しました。 購入価格はさすがに100円ではなく300円 税抜 ですが、安いことに違いはありません。 しかしステレオではなく片耳のモノラルイヤホンです。 少し残念な気分ですが、超安いBluetoothのワイヤレスイヤホンの充電方法などの使い方から、ダイソーでの売っている場所はどこかまでご紹介します。 ダイソーのワイヤレスイヤホン 300円 の売ってる場所はどこ? まずBluetoothのワイヤレスイヤホンの売っている場所ですが、ダイソーの電気小物の棚に、数多くの有線イヤホンと一緒に売られています。 有線イヤホンは非常に数多く陳列されていますが、ワイヤレスイヤホンは一つです。 私が買った時には写真のように数多く陳列されていました。 色は黒と白があります。 黒のほうが売れているようですね、装着したときに目立ちにくいからでしょうね。 私も装着したときに目立ちにくいほうが良いので黒色を選びました。 ダイソーのワイヤレスイヤホン 300円 の概要 100均のダイソーで300円 税別 で売られていたBluetoothのワイヤレスイヤホンです。 Bluetoothのワイヤレスイヤホンなのに300円で激安です。 通話用ではありますが、片耳のみのところが残念ではあります。 Bluetoothのワイヤレスイヤホンの内容物 中身はBluetoothのワイヤレスイヤホン本体 片耳 、充電ケーブル USBケーブル、片側はmicroB端子 、イヤーフック、説明書が入っています。 付属の充電ケーブルは、片側がmicroB規格のUSBケーブルで長さは約50cmです。 短い場合は他のUSBケーブルでも代用は可能です。 取扱説明書には、Bluetoothのワイヤレスイヤホンの簡単な使い方が書かれています。 まずは内容物の説明が書かれています。 基本的には一つしか無いボタンを押して電源を入れ、スマホや音楽プレーヤーにBluetoothで認識させるだけで非常に簡単です。 最後のページには電話がかかってくると着信音が鳴ること、音楽を聞いているときに電源ボタンを押すと再生・停止ができるなどが書かれています。 Bluetoothのワイヤレスイヤホンの仕様 Bluetoothのワイヤレスイヤホンのスペックは次のとおりです。 デバイス名:BT earphone ペアリングする際にはこの名前で出てくる• 通信:Bluetooth4. 送信周波数:18Hz-20KHz• 通信距離:10m• 電池:リチウムポリマー電池、50mAh• 重量:6. 再生時間:パッケージの表記は約1時間ですが、実際に音楽を聞き続けた結果、フル充電で3時間は持ちました 使用状況によります。 充電時間:約1時間 カラーバリエーションは黒と白があります。 ダイソー・Bluetoothのワイヤレスイヤホンのレビュー ダイソーの300円Bluetoothのワイヤレスイヤホンですが、使い方は簡単で音質もそれなりに良いです。 使用感も含めてご紹介します。 Bluetoothへの接続は簡単! Bluetoothに接続するには、一つしか無い丸いボタンを長押します。 青いランプが点滅しますとペアリングが可能ですので、この状態からスマホや音楽プレーヤーから「BT earphone」を探してペアリングして下さい。 これでペアリングがOKです。 電話や音楽・動画の聞き取りが可能になります。 Bluetoothのワイヤレスイヤホンの耳への装着方法 付属のイヤーフックをワイヤレスイヤホンに取り付けます。 イヤーフックの付け方を変えれば、右耳・左耳どちらでも可能ですので、好きな耳につけられるようにイヤーフックをつけて下さい。 このまま耳に装着します、結構しっかり装着でき、歩きまわっても問題ありませんでした。 Bluetoothのワイヤレスイヤホンのペアリング可能機種 対応機種はパッケージにも書かれており、iphoneなら5以降は問題ありません。 またandroidも、バージョンが4. 3以降なら対応とのことです。 私のスマホはmotorolaのandroid9ですが問題なく接続できました。 またSONYのWalkmanも試しました。 機種はかなり古い8年前に購入したNW-S774ですが、問題なく繋がりました。 Bluetoothのワイヤレスイヤホンの充電方法 Bluetoothのワイヤレスイヤホンの先にUSBのmicroB端子があります。 そこに充電ケーブルを接続します。 接続すると赤いランプが付きます、このランプが青色に変わるまで充電します。 電池が空っぽの状態からだと約1時間程度充電に掛かりました。 フル充電では3時間程度利用が可能でした。 Bluetoothのワイヤレスイヤホンの使用感 ダイソーのBluetoothのワイヤレスイヤホンは非常に軽く、音質も激安の割に悪くはないです。 Bluetoothの接続も非常にスムーズです。 片耳のみですが、音楽もよく聞くことができます。 しかし、音量を大きくすると音漏れがひどいので、電車の中などで聞く場合は音量を上げすぎないように注意が必要です。 また音量ボタンに軽く触れた際に、時々音が切れたりノイズが入ります。 演奏中などは、あまり音量ボタンに触らないほうが良さそうです。 かなり小さくておもちゃ感がありますが、機能としては合格レベルです。 500円でステレオバージョンが販売されたら即買いします。 ぜひ期待したいです。 今回はダイソーの激安Bluetoothのワイヤレスイヤホンをレビューいたしました。 安い割にかなり使い勝手がよく、音もそれなりに好評価でした。 また以外に再生時間も長く音楽を気軽に聞くこともでき、非常に良い感じです。 Bluetoothのシリーズは店頭からすぐ無くなる傾向がありますので、少しでも気になる場合は見つけたら即購入が必要です。 この記事がお役に立ちましたら幸いです。

次の

ダイソーのワイヤレスイヤホン(300円)のレビュー!充電方法など使い方の紹介と売ってる場所はどこ?

ダイソー bluetooth イヤホン

私の中でのスマホ用イヤホンは、もう完全に無線の「ブルートゥース(Bluetooth)」なのである。 線が付いているだなんて ありえない。 アップルの「AirPods」ばんざーい! ばんざーい!! AirPodsに関しては、心の底から買ってヨカッタと思っている。 今でもなお。 使うたびに。 ずばり、「ブルートゥースイヤホン入門用としてならアリ」だ。 500円だしね。 しかし、1度でもブルートゥースイヤホンを使ったことのある人であれば、買う必要は一切ない。 これが答えだ。 500円でブルートゥースイヤホンが買えるという状況は素晴らしいし、オドロキだ。 それなりに重厚なイヤホンも、とても500円とは思えない。 マグネット式なのでパチンとくっつくし…… リモコンも付いている。 装着感も悪くない。 電源ONして、スマホでBluetoothを検索したら…… すぐに出てきて、いとも簡単にペアリング。 ここまでは素晴らしい。 今まで様々なブルートゥースイヤホンを使ってきた。 それこそ20種類くらいは使ってきたと自負しているが、 これほどまでに音がダメダメなブルートゥースイヤホンは人生初。 厳しく言えば、「 ダメなイヤホンをBluetooth仕様にしました」的な商品であり、二度と使いたくないイヤホンだ。 しかしながら、先にも書いたが 入門用、「なるほど、Bluetoothってこういうモノなのか〜」と学ぶためなら、ギリのギリでアリである。 Amazonで売っている謎の中国メーカーの商品に2000円くらい出して失敗するよりは、500円で「なるほど、安物とはこういうものなのか〜」と人生の厳しさを学んだほうが安上がりだ。 Report:100均評論家・ Photo:RocketNews24•

次の