仁 その後。 【あの花】その後、各キャラがどうなったか勝手に妄想してみた【あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない】

JIN仁で野風ネタバレ!乳がんの病気や結婚や出産についても

仁 その後

当初ドラマが作成されたとき、 「JIN-仁-」に続編の予定はありませんでした。 仁の最終回のその後は現代に戻れなかった? JIN完結編 最終話観たあ~~~! 涙がとまらなかった。 「君の名は。 」を少しおもいだしたョ。 パラレルワールドはあるとおもってる。 ありがとう。 — Saki Murasato murachan29s 「JIN-仁-」の最終回のタイトルは「タイムスリップの果て…時空を超えた物語が今!! 南方仁(大沢たかお)は、現代で恋人だった友永未来(中谷美紀)に瓜二つの花魁の野風(中谷美紀)の 乳癌の手術をして命を助けます。 仁を慕っている橘咲(綾瀬はるか)は、自身の結納の日が野風の手術日と知り、破談にして仁の元へ駆けつけます。 野風や坂本龍馬(内野聖陽)が仁の前から旅立ち、江戸の街中に 新しく建てられた仁友堂(病院)に仁と咲がいるところで最終回の幕を閉じました。 ということは 現代には帰れなかったってこと?! 最終回では南方は江戸でそのまま生活していくことになったようです。 仁の最終回では 解き明かされない謎が残ったままでした…。 驚愕の最終回に「続編」を望む声が多くあがりました。 仁の最終回その後はどうなるの?解説・解き明かされる謎 仁の最終回では謎が残ったままでした。 その謎とは・・。 【 仁のシーズン1での謎】• 仁の頭の痛みは何だったのか• 咲の想いは届くのか• 吉原を離れた野風のその後は• そして刻々と近づく坂本龍馬暗殺という史実 仁は坂本龍馬を救うことができるのでしょうか? 仁はタイムスリップして再び現代に戻るのか、それとも江戸で生きるのか? 仁と咲の未来はどうなるのでしょうか? 最終回では明かされなかった謎が、続編によって明らかになっていくようです! 仁の続編・シーズン2はある? 眠くないので『JIN-仁- 完結編』をスタートしました。 またハマりそうだ。 — good bye my love. gbml1122 「JIN-仁-」の最終話では平均視聴率25. この記録は、2009年に放送された民放の連続ドラマ視聴率の中で最高記録でした。 しかし、 タイムスリップの謎を残したままの最終回。 続編の予定が無かった放送終了当時は、続編・シーズン2についての問い合わせや否定的な声が寄せられたそうです。 2010年6月に 続編・シーズン2『JIN-仁- 完結編』の放送が決定されました。 仁の続編・シーズン2のサブタイトル 第1話 時空を超えた愛と命の物語〜完結編始動!! 歴史の針が今、再び動き出す…人は人でしか救えない 第2話 未来との選択 第6話 坂本龍馬の闇 第3話 さらば愛しき人 第7話 永遠の愛と別れ 第4話 江戸から消える 第8話 歴史に逆う命の誕生… 第5話 消えた体の謎 第9話 坂本龍馬、暗殺 第10話 最終章前編〜タイムスリップの結末… 最終回 完結〜時空の果て… 150年の愛と命の物語が起こす奇跡のタイムスリップの結末 仁の続編・シーズン2も全11話です。 続編・シーズン2も江戸で医者として生活する南方仁。 やはり続編でも、愛と命の物語ですね。 仁の続編・シーズン2の内容は? 見直してみた。 仁を待っていたのは、明らかに 以前自分が生きていた場所とは違う現代でした。 そして、 今を生きる私たち、その祖先、魂が、どこかで出会い繋がっていたかもしれない真実。 そこには、この世で一番美しい夕陽と奇跡が待っていたのです。 これが意味する意味とは…?! 「繋がっていたかもしれない事実」とはどういうことなのでしょうか。 仁の続編・シーズン2の最終回はどうなる? JIN-仁- JIN-仁-完結編 本放送のとき最後の手紙で号泣した…名作中の名作! — 玄さん km92344 仁のシーズン2の最終回では咲から手紙が残されています。 咲から残された手紙が、橘未来と言う女性の手から渡されることに。 そこには、仁の知らなかった 彼が現代へ戻ってからの江戸での真実がありました。 江戸にいる仁が咲と結ばれ、現代にいる仁は救われそのまま生活していく…という形になるのでした。 ドラマの最後の終わり方としてはすごく悲しかったので、原作の終わり方の方が女性的には嬉しかったのかも。。。 でも現実的に考えるとドラマの方がいいのか…と悲しい終わり方となってしまいました。 仁の最終回のその後!まとめ ドラマ『JIN-仁-』4-8話、本日14時から一挙放送。何度見ても涙腺崩壊、TBS『日曜劇場』における最高傑作!幕末の江戸にタイムスリップした脳外科医・南方仁が疫病から人々の命を救っていく。~誰もが歴史の中で戦い、もがき苦しんだ。が、神は乗り越えられる試練しか与えない。 — チェリー|昭和TVワンダーランド cherrycreekjp 「仁最終回のその後は?続編・シーズン2は現代に戻れず江戸で生活?」と言うことで、 仁の最終回のその後にポイントを絞って紹介してきました。 続編・シーズン2は現代に戻れず江戸で生活していた仁が、最後には咲や仲間と別れて現代へ戻ってきます。 『神様は乗り越えられる試練しかあたえない、試練のあとには素晴らしい未来がまっている』は南方仁の言葉。 「JIN-仁」は、感動して涙を流せる素晴らしいドラマです。

次の

ドラマ「仁」完結編タイムスリップと胎児様腫瘍のナゾ|ちーさん|note

仁 その後

『あの花』って? 出典: 2011年に放送されたオリジナルアニメーション、『 あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない』!監督は『とらドラ!』や『とある科学の超電磁砲』などで有名な 長井龍雪さん、脚本は同じく『とらドラ!』や『黒執事』を手がけた 岡田磨里さんが務めました。 宿海仁太、本間芽衣子、安城鳴子、松雪集、鶴見知利子、久川鉄道の六人は幼馴染で、「超平和バスターズ」というグループをつくっていつも遊んでいました。 しかし、「めんま」こと本間芽衣子がある日事故で亡くなってしまいます。 各々が心に闇や後悔を抱え、いつしかバラバラになっていき、会うこともなくなっていきました。 そんなある夏、以前はグループの中心にいた、今は引きこもりになっている仁太の前に、 死んだはずのめんまが現れます。 普通の人間のように話したり食べたりしますが、仁太以外にはけして見えません。 めんまは「お願いを叶えてほしい」と訴えますが、なにをしたらいいのか分かりません。 そこで昔の仲間に再び関わりはじめ、止まっていた時が動き出します、、。 死んだ少女が現れるという、ファンタジックなテーマですが、微妙に揺れ動く登場人物たちの心情がリアルに描かれていて、引き込まれる作品です!物語が進むにつれそれぞれの想いが交錯しますが、めんまの願いが叶い、消えていくところで最終回を迎えました。 感動の最終回ですが、その後各キャラクターはどうなったのか、予想してみたいと思います! どうなったか予想してみた! 宿海仁太 出典: 以前は勉強もでき、運動も得意な みんなの人気者で、「超平和バスターズ」でもリーダー的な存在でしたが、好意を寄せながら、めんまに心無い言葉をかけてしまい、その日にめんまが亡くなってしまったため、心に闇を抱えてしまいました。 めんまの事が好きで、自分にしか見えないめんまとずっとそばにいたい気持ちもありながら、めんまの「生まれ変わって、みんなに会いたい」という想いを受け取り、願いを叶えさせると心に決めます。 めんまと相思相愛だった仁太ですが、めんまが現れたことで、周りと関わりはじめ、学校にも行くようになりました。 あの後も、めんまが望んでいたように学校に行っているのではないでしょうか。 ずっと心を閉ざしていた仁太ですが、めんまの件で人とふれあい、めんまのために全力で行動し、 以前のような仁太になっていたように思います。 きっと引きこもりを卒業したのではないでしょうか。 出典: 安城鳴子 出典: くせ毛がトレードマークの鳴子ですが、昔からくせ毛とメガネがコンプレックスで、サラサラなストレートヘアで青い目をしたロシアのクウォーター、 めんまをうらやましく思っていました。 頭がいいほうでなく、底辺といわれるレベルの高校に通う鳴子。 見た目の印象を変えようとしたり、遊んでばかりいそうな友達とつるんでいますが、根はおとなしい少女。 少し無理して付き合っている感じがありました。 しかしめんまの件で、本当の自分を出せる場所を見出し、少しずつ変わっていきます。 仁太のことが好きだった鳴子ですが、あの後、学校に来るようになった仁太ともっと仲良くなっていくのではないでしょうか。 どうなっていくのかは、仁太次第でしょう。 出典: 松雪集 出典: めんまのことが好きだった集は、仁太がめんまにひどいことを言ったからあんな事故が起きた、ということで 仁太のことを許せずにいました。 めんまのことにずっととらわれ、底辺高校に通っている仁太に対し、進学校に通うことで仁太を見下すような態度をとっていた集ですが、実は仁太と同じくらいめんまの事が忘れられずにいました。 めんまのことが大好きな集。 しかし、めんまの気持ちか今も昔も仁太にあって、、。 鳴子に言い寄るようなこともありましたが、集のなかでめんまのことを整理できない限りは、誰かと付き合ったりはしないのではないでしょうか。 出典: 鶴見知利子 出典: 知利子は大人っぽい少女で、現在は集と同じ進学校に通っています。 サバサバしているようで、実は周りを気にしていて、 少しの変化にも気付くことができます。 集がめんまにとらわれ、心の闇を抱いていることも知っていました。 集と一緒にいることが多く、ひそかに恋心を抱いていましたが、集が好きなのはめんま。 自分は一番にはなれないとわかり、よき理解者としてそばにいようとします。 しかし、集の気持ちは鳴子に揺らぎ、、。 物語の終盤で、集が好きなことを明かしましたが、集は全く気付いていなかったようです。 鳴子の気持ちも仁太の方によっているので、知利子の気持ちを知った今、彼女の気持ちに真剣に向き合うのではないかと思います。 出典: 久川鉄道 出典: 今と昔で、みんなとの関わり方があまりかわっていないのは久川鉄道。 現在は大柄で明るく、アルバイトで貯めたお金で世界を飛び回る行動派です。 仁太が、めんまが見えるといい始めたときも唯一信じ、めんまのために何かしようと必死になってくれます。 そんな鉄道ですが、実は めんまが川で流されていくのを目撃していたのです。 怖くなり、逃げ出してしまった彼は、ずっとめんまに対し罪悪感をもっていて、少しでも自分の世界を広げようと旅をしますが、心はあの事故にとらわれたままでした。 めんまと関われたとこや、の願いが叶ったことで気持ちが救われたであろう鉄道。 あの後は、みんなの 頼れる存在となっていったのでしょう。 人間関係や、恋に揺れる仲間たちのよき相談相手になっていそうです。 出典: 最後に いかがでしたでしょうか?つい続きが気になってしまう名作アニメ。 あなたも続きを想像してみては?.

次の

完結編『JIN ~仁~』の終わり方は… 下: まるよし講読

仁 その後

原作は仁先生が現代戻るのは同じですが、その後は 現代の仁先生が居た病院が仁友堂になっていて 仁友堂病院の創立者が咲と仁先生になってます。 ここで疑問なんですが現代に戻った仁先生と幕末から居なくなったハズの仁先生が咲と一緒になっていて二人、仁先生が居ないとつじつまが合わないのです。 原作には仁友堂病院の社史?院史?だかを現代に戻った仁が見て咲が自分と結婚したのを確認してます。 最終的な回答は、原作コミックを買うなりコンビニのムックを買うなりして、原作を知って自分で得てください。 自分の理解で回答するなら、原作には仁が3人登場し、歴史は3本あります。 歴史A、読者の知らない歴史。 南方仁がタイムスリップしているが、歴史改変をしたかどうかは不明。 歴史B、読者の知る、改変されていない普通の歴史。 歴史C、物語の中で主人公仁がたどった、改変された歴史。 仁A、第1話に登場する、歴史Aからタイムスリップしてきた仁。 ホスミシンを盗んでいるので、主人公と同じ歩みをした可能性はあるが、明確ではない。 仁B、歴史Bにいる仁。 本物語の主人公。 東都大学病院の医師。 仁C、歴史Cにいる仁。 最終回の主人公。 仁友堂大学病院の医師。 歴史Cの江戸時代で、咲を救うため、龍馬の声にみちびかれ、仁Bは歴史Cの現代へタイムスリップします。 ここで仁Bは仁Aの行動を思い出しながら、江戸時代へ戻るべく、ホスミシンを盗んで階段へ行きます。 仁Cともみあったあげく、仁Bは再度タイムスリップし、歴史Cの、自分が現代へもどった直後の時間へ戻ります。 盗んできたホスミシンで咲を治し、後は咲と結婚して仁友堂を発展させます。 仁Bは歴史Bの現代から歴史Cの幕末へ移り、仁友堂と医学の歴史を築きます。 一方、歴史Cの現代にいた仁Cは、タイムスリップすることなく現代に留まります。 タイムスリップしないので、頭の腫瘍も良性の状態のまま摘出されます。 ただ、仁Bともみあった際に、仁Bの意識と記憶が混ざりこんでしまい、肉体は仁Cですが、中身は仁Bのコピーとなります。 最終回の現代編は、この仁Bとなった仁C(ややこしい!)を主人公として語られます。 と、いうわけで、歴史Cには仁が二人います。 江戸時代で仁友堂を築いたオリジナル仁Bと、現代で国境なき医師団として活躍する仁Bのコピー意識をもつ仁Cと。 一方で歴史Bでは、歴史Aから移動してきた仁A、最初の包帯男がいるはずですが、彼がどうなったかは不明です。 おそらく、仁Bがタイムスリップしてしまったので、彼は現代に残ったのではないかと思われます。 歴史Bには咲も仁友堂もないので、彼は歴史改変をしなかった、ということになるでしょう。 また、そもそも仁Aが江戸時代からタイムスリップするきっかけとなった事件が、歴史Aにはあると思いますが、ホスミシンを持ち帰れないので、その人は救われなかったことでしょう。 (それが龍馬なのか咲や恭太郎なのかは不明) 一番最初の手術後の正体不明の過去から来た仁先生と 現在の仁先生の入れ替わりします。 「仁友堂に戻りたい」と過去からの仁先生が言うと「ここがそうじゃないですか」と。 過去の記憶のある仁先生は咲さんと結婚の約束をして元の世界を懐かしむ。 現在の仁先生が過去に戻り咲さんの病気を治療。 長男の恭太郎さんは死にました。 仁先生は婿養子となり橘夫妻は仲間とともに仁友堂を病院に発展させる。 本道と蘭医が同化した科もある医療が発達する。 夫婦には子供ができなくて養子(ドーナツを売っている子)を迎え医師として教育する。 で、現在の仁友堂病院に発展する。 (病院のモデルは順天堂病院:松本良順) 現在の仁先生は過去に未練があり精神的に満たされないまま 国境なき医師団で活躍し日本に帰宅した時 同じように国境なき医師団で活躍している野風の子孫 (妙齢の女性・外国人・祖先に日本人がいる)と出会う。 女性に積極的でない仁先生が珍しく彼女をお茶に誘う。 きっとその後、意気投合して結婚するだろうなぁ~~~ と余韻があります。 あのドラマの終わり方だと行方不明になった 過去を知らない仁先生を主人公に続編できますねぇ。 終わり方すっきりしないってその点かなぁ。

次の