ボケて。 ボケとは|ヤサシイエンゲイ

ボケ (植物)

ボケて

名称 [ ] がに似ており、になる瓜で「(もけ)」とよばれたものが「ぼけ」に(てんか)したとも 、「木瓜(ぼっくわ)」から「ぼけ」に転訛したとも言われる。 『』(918年)には、果実のを木瓜(もくか)、を毛介(もけ)として登場する。 中国植物名(漢名)は、貼梗海堂(ちょうきょうかいどう)。 は「先駆者」「指導者」「妖精の輝き」「平凡」。 分布・生育地 [ ] 原産地はで、日本へは古くに渡来し、観賞用にされたである。 から、にかけて植栽、または自生。 温暖地でよく育ち、南部では種類が限定される。 木瓜の名所としては、鎌倉市のが知られる。 形態・生態 [ ] ので 、樹高は1 - 2 m。 は叢生してよく枝分かれし 、若枝はのがあり、古くなると灰黒色。 は縦に浅く裂け、小枝はとなっている。 は長楕円形から形でする。 葉身は長さ5 - 9 cm で、鋭頭でまれに鈍頭、基部は形で細鋭縁。 葉の付け根に腎臓形のがつく。 は3 - 4月に葉が芽吹くよりも先に、朱色の5弁花を咲かせる。 短枝の脇に数個つき、径2. 5 - 3. 5 cm。 様々な品種があり、花色は淡紅、緋紅、白と紅の斑、白などがあり、雄性花と雌性花がある。 秋に結実するは楕円形で、直径は約3 cmほど。 は黄色味を帯びて落果する。 同類種に栽培種で中国産の、野生種で日本産のがある。 花(白と紅の斑) 栽培 [ ] 樹としてよく利用され、として花をする目的で植栽される。 鉢植えにしてにも用いられる。 好陽性でを選ばず、排水性が良く、やや乾燥地を好む。 繁殖は、、で行われる。 実生は果実を割って種を取り出し、洗って床蒔きする。 挿し木と株分けは、春の芽吹き前に行う。 は容易だが、・にはさほど強くない。 利用 [ ] 果実には、、などの類とが含まれていて、有機酸類には制菌作用があるとされ、腸内が酸性化するほど多く内服すると、細菌は(pH7以上)で繁殖するため増殖を止める働きがあるといわれる。 また、有機酸類にはの吸収促進に役立つとも考えられている。 果実は 木瓜(もっか)と称されるになり、8 - 9月ごろの落果する前の青い未熟果実を採取して、水洗い後に輪切りにして天日乾燥して調製される。 補血、強壮、疲労回復、、のほか、筋肉のひきつり()、に効用があるといわれ、乾燥果実1日量5 - 10を水200 - 600 にて半量になるまで煎じて、3回に分けて服用する用法が知られている。 ただし、胃腸に熱があるときはとされる。 また、ボケ酒と呼ばれるにすることもあり、果実の2 - 3倍量のまたは35度のに漬け込んで、冷暗所に半年から1年置いて作られる。 果実酒にも疲労回復、滋養保険、低血圧、不眠症などの薬効があるので、就寝前に盃1杯ほど服用される。 クサボケ [ ] ウィキスピーシーズに に関する情報があります。 ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 クサボケ(草木瓜、: 、: Japanese quince)は、の一つ。 50cmほど。 実や枝も小振り。 ボケの野生種で、和名の由来は全体に小型のため草に見立てられて名付けられた。 シドミ、ジナシとも呼ばれる。 本州や四国の日当たりの良い斜面などに分布。 花は朱赤色だが、白い花のものを白花草ボケと呼ぶ場合もある。 果実はボケや同様に良い香りを放ち、果実酒の材料として人気がある。 また果実にボケ同様の薬効があり、日本産の意で 和木瓜(わもっか)と称される生薬となり、木瓜(もっか)と同様に利用される。 果実酒はクサボケ酒と呼ばれ、果実の3倍量の焼酎に漬け込まれて作られる。 減少傾向にある。 米倉浩司・梶田忠 2003-. 2013年4月5日閲覧。 米倉浩司・梶田忠 2003-. 2013年4月5日閲覧。 ウメにちょっと似ている花。 トゲがあるので注意。 159. 171. 104. 参考文献 [ ]• 貝津好孝『日本の薬草』〈小学館のフィールド・ガイドシリーズ〉、1995年7月20日、171頁。 馬場篤『薬草500種-栽培から効用まで』大貫茂(写真)、、1996年9月27日、104頁。 田中孝治『 効きめと使い方がひと目でわかる 薬草健康法』〈ベストライフ〉、1995年2月15日、159頁。 は列挙するだけでなく、などを用いてしてください。 記事のにご協力をお願いいたします。 ( 2020年3月)• 林将之『葉で見わける樹木 増補改訂版』〈小学館のフィールド・ガイドシリーズ〉、2010年、62-63頁。 茂木透写真『樹に咲く花 離弁花1』高橋秀男・勝山輝男監修、〈山溪ハンディ図鑑〉、2000年、645頁。 関連項目 [ ] ウィキスピーシーズに に関する情報があります。 ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 外部リンク [ ]• 2013年4月5日閲覧。 (英語)• GRIN. ARS , USDA. 2013年4月5日閲覧。 NCBI 英語. (英語)• 2013年4月5日閲覧。 山本純士. 季節の花300. 2013年4月5日閲覧。 - (2010年1月1日アーカイブ分) [ ].

次の

ボケ 新・花と緑の詳しい図鑑

ボケて

ボケのデータ 花色: 学名:Chaenomeles speciosa 科名:バラ科 分類:落葉低木 原産地:東アジア 大きさ:背丈1. 0〜2. 0m(3m) 横幅1. 2〜2. 5m(2. 花色は赤やピンク、白で、咲き分け種もあります。 葉は小さめの卵形〜楕円形〜へら型で変化があります。 束になって葉をつけるのが特徴。 また、托葉をつける場合があります。 成長がとても早く当年枝の伸びもよいですが、背丈は大きくなっても3m程度で高くなりません。 新梢や枝先につくトゲは非常に鋭いので注意がいります。 初夏以降に病害虫のせいで葉が汚れたり落葉することが多いです• 難易度: 丈夫ですが、病害虫の被害にもあいやすい• 日照量: 〜 日当たりを好みますが、半日陰でも育ちます• 水分量: 強い乾燥には弱いところがあります• 耐寒性: 耐寒性は強いです• 成長速度: 早い 一年で1m以上伸びることも普通にあります• 移植: 落葉期(晩秋) 根頭がん腫病にかかりやすいため、移植は晩秋に行うのが良いとされています。 移植自体は易しいです ボケの育て方 日当たりと水はけ・水もちのよい場所を好みます。 花木では珍しく日当たりのやや悪い場所でも花をつけます。 育てることは容易な花木ですが、病害虫の被害にあうことが多く、美しく育てるためには管理が必要です。 ただ、葉がほとんど枯れてしまうような被害を受けた場合でも、株自体が枯れることはまれです。 そういった意味ではバラと性質がよく似ています• 管理:花後に新梢が伸びますが、放任すると伸びすぎてしまうので適切切り戻します• 剪定: 花後〜初夏・落葉期 新梢が伸びすぎたら切り戻します。 夏以降は剪定を控え、落葉期の剪定は花芽を切らないようにします。 徒長した枝には葉芽が多く、花芽は短い枝に多くついています• 肥料:寒肥に遅行性肥料を、花後にお礼肥として緩効性肥料を与えますが、いずれもチッソ分の多い肥料は避けます。 順調に育っているなら特に与えなくても構いません• 病害虫:アブラムシ:新梢に黒い小さな虫がびっしりつきます グンバイムシ:葉裏に黒い点がついて、葉表が白くかすれます 赤星病:葉裏に赤黒い斑点から毛状の突起が生えます ボケのアレンジ 和風庭園の花木としてよく用いられます。 満開時はとても美しいです。 ただ、病害虫が発生しやすいうえ開花期以外の観賞価値はあまりなく、樹形も暴れやすいので植栽場所はよく考慮します。 japonica) 日本にも自生する地を這うように育つボケの近縁種で、まれにグランドカバーや境裁に使われています。 花色は赤〜オレンジ。 葉はボケに比べ小さめ その他の写真 ボケのトゲ。 とても鋭いので注意しましょう ボケの実。 ゆがんだ丸型で硬い。 柄がないため枝に引っ付いているように見えます 短い枝につく冬の花芽。 分かりやすいので剪定時に戸惑うことはないでしょう ボケの個人的な印象 オススメ度:50% 花は美しいけれど、トゲなどバラ同様いろいろな意味で好みの分かれる花木。 枝が入り組んだ独特な樹形をどう生かすかも悩ましいです コメント• 丈夫なのか、弱いのか…評価が難しい花木。 放任でも花を咲かせますが、アブラムシや赤星病などで、秋には葉が落ちた枝だらけの姿になりやすいです。 そんな状態にもかかわらず、冬には来年の花芽をたくさんつけた姿が見られます.

次の

『ボケの木』とは?ボケの育て方・剪定方法などわかりやすく解説!|生活110番ニュース

ボケて

木瓜(ボケ) 木瓜 (ぼけ) Japanese quince (寒木瓜(かんぼけ)も掲載) 「木瓜」 2011. 31 江東区 南砂 「寒木瓜」 2007. 8 木場公園 (つぼみ、花) (花) (寒木瓜) (木瓜の実) ・薔薇(ばら)科。 ・開花時期は、11/25 ~ 翌 4/15頃。 11月頃から咲き出す花は 春に開花するものと区別するために 「寒木瓜 かんぼけ 」と 呼ばれることがある。 ・中国原産。 ・実が瓜のような形 であるところから「木瓜」。 ・枝にトゲがある場合と ない場合がある。 <木瓜と草木瓜のちがい> 【木瓜(ぼけ)】 ・背が高い。 ・枝のトゲはあまり目立たない。 ・実は草木瓜の実よりも 大きくて、色は黄色。 縦に「彫り」が入っている。 【】 ・背は木瓜より低い。 ・枝にトゲがいっぱいある。 ・実はボケよりは小さく、 色は黄色。 縦に「彫り」は入っておらず、 表面はつるつる。 ・1月21日、2月19日の誕生花。 ・花言葉は「指導者、先駆者」。 ・似ている花へのリンク __________________ __________________ 大判写真 __________________ Copyright C Since 1997 Atsushi Yamamoto. All rights reserved.

次の