行政書士 試験範囲。 行政書士と司法書士の試験科目

行政書士の試験内容や試験科目について詳しく紹介します!

行政書士 試験範囲

【行政書士】 試験科目の特性と効率的学習法 先週は、行政書士試験の受験者や合格率についてお伝えしました。 今日は、行政書士試験の試験科目の特性と効率的学習法についてお伝えしていきます。 行政書士試験は科目の内容から大きく2つに分けられます。 法令科目と一般知識科目です。 それぞれの内容と、学習法を見ていきましょう。 日本の法は1500あるとも2000あるとも言われています。 それがすべて出題対象となるわけではありません。 その中のごく一部の限られた法令等から出題されます。 出題されるのは日本の法体系のなかでも、大きな法です。 得点効率は悪いところです。 試験直前期の答練などで出題されるものを中心に押さえておくようにします。 深入りは禁物です。 人権の保障や国家統治の仕組みについて定めた法です。 得点効率が良いところですので、人権は条文+判例を、統治は条文を押さえていきます。 問題演習量に比例して得点は伸びますので、問題演習を丁寧にこなします。 「行政手続法」「行政不服審査法」「行政事件訴訟法」は、条文からの中心となりますので、過去問の演習が有効です。 法律実務で必須の法律ですから、十分な理解が必要です。 事例問題が中心となります。 条文、判例を理解するときには、それが具体的にどのような場面で適用されるのかをイメージしながら学習を進めます。 問題を解くときにも、事案を図に書きながら、事案を読み、分析することが必要です。 5問中2問程度の正解を目標とします。 頻出する「株式」「機関」で過去出題されたところは絶対に間違えないように、知識を固めておきます。 それ以外のところは余裕があればでよいでしょう。 学習効率もよくありません。 行政書士試験用に勉強するというよりも、他の行政書士試験科目の勉強時間を圧迫しない程度に、新聞やニュースなどに目を通します。 そこで、分からない用語が出てきたら、インターネットで検索をかけて、出てきたページを上から1つ2つ見ておくことも有効です。 あとは、直前期の答練やヤマ当て講義的なもので、フォローします。 7問中3問程度取れれば良しとします。 過去問を中心に問題演習を丁寧にこなすことで、比較的容易に得点を伸ばすことができます。 本文内容全体把握問題、空欄補充問題、並べ替え問題などが出題されます。 1つの文章に1問の問題がつきます。 文章の論理性を把握できるかが問われます。 論理性を磨く対策としては、問題の数をこなすというより、問題文を段落ごとに要約しながら、それぞれの段落の関係性を把握するようにすれば、論理的に文章を読む力がついていきます。 他の科目の学習時間を圧迫しない程度に、1、2週間に1、2問程度、解いておくとよいでしょう。 これらのことを踏まえて、試験特性に合わせた無駄のない効率的な学習を心がけましょう。 資格は、資格を使った仕事をするための前提です。 資格試験に合格することが目的ではなくて、私たちの目的はその先にあります。 ですので、資格試験に費やす時間はできる限り最小限に抑えて、合格を勝ち取りましょう。 それでは、次回は、 「 行政書士試験合格後の展望(行政書士の仕事)」 について見ていきます。 お楽しみに! (つづく).

次の

行政書士の試験科目を徹底解説! 出題範囲・配点・科目別攻略法まで

行政書士 試験範囲

商法と会社法は、全部捨ててしまおうと何度思ったことか... しかも、出題数はと言えば、商法1問、会社法4問とあまり多くありません。 つまり商法・会社法は、「学習する範囲は膨大なくせにリターンは少ない」という受験生泣かせな科目なのです。 商法・会社法の試験対策のポイント 商法・会社法は受験生泣かせな科目ではありますが、全く勉強しないわけにはいきません。 商法・会社法の試験対策のポイントについて考えてみましょう。 まず商法・会社法については、 深入りをしないことが他の科目以上に大切になってきます。 何せ会社法だけで約1000条、それにほんのちょっぴりですが商法も勉強しなくてはいけないのですから、深入りしていたらいつになっても試験対策が終わらなくなってしまいます。 得点の目安 まず、商法は1問しか出ませんが、とても簡単です。 この1問は死守しましょう。 商法は簡単なので、勉強が進めば初見の問題でもほぼ取れるようになります。 会社法は4問中2問取れれば十分です。 合格を目指すなら目標は商法・会社法全体で5問中3問は取れるのが望ましいと言えます。 ただ、会社法は年度によっては本当に難問奇問が出題されるので、全く取れないという可能性もあります。 それはそれで仕方がないので、とにかく商法の1問を死守して5問中1問取れれば御の字くらいの気持ちでもかまいません。 商法の1問は死守。 会社法は4問中2問は正答しましょう 行政法や民法を完璧に仕上げないといけない理由 商法・会社法から少し脱線しますが、行政法や民法をほぼ完璧に仕上げないといけない理由、おわかりいただけたでしょうか。 関連記事 行政書士試験は、行政法・民法、できれば憲法も、ほぼ完璧に仕上げておかないと、 商法・会社法、多肢選択、記述、一般知識、の得点があまり期待できないために一気に難易度が高くなってしまうのです。 逆に言えば、商法・会社法が得意な方は、行政法や民法で多少点を逃しても十分巻き返せるので余裕がありますね。 関連記事 商法・会社法の勉強の仕方 商法・会社法については、深入りが禁物な科目です。 基本テキストや過去問に載っている範囲の学習だけで十分です。 それ以外の箇所に手を出し始めると、どこまでも学習範囲が広がってしまいます。 また、近年の行政書士試験の傾向として、商法・会社法の出題が基本知識で十分答えられる問題が多くなっています。 過去問とよく似た論点が出題されていることもあります。 商法・会社法は、過去問と基本テキストの反復学習が効果的です。 商法・会社法の捨て問 過去問をある程度こなしておけば、おそらく3問くらいは「何となくこの問題わかるかも?」的な感覚で解けるかと思いますが、 中には複雑な事例を問われる問題もあります。 過去問で全く見たことも聞いたこともないような論点は、捨ててもかまいません。 そういった問題は受験生の大半が解けないので、合否に直結しませんから。 特に、商法・会社法で よくわからない論点が個数問題として登場したら、見た瞬間後回しにして他の問題を解く方が良いでしょう。 そんな問題はまず解けません 笑 もちろん、どこにもマークしないのはご法度なので、どこでもいいから塗りつぶすのは忘れないようにしてくださいね。 もちろん、時間に余裕があるならじっくり考えて答えればいいですよ。 商法・会社法は、過去問で全く見たことも聞いたこともないような論点は、捨て問です 商法・会社法の注意点 ひと昔前の初学者向けに書かれた行政書士試験必勝法で時折見られるのが「商法・会社法は捨てて、全部4にマークしておきましょう」というものでした。 実は昔は何故か商法・会社法の正解肢に4が多かったのです…それがなくても、5問5肢あるので5分の1の確率で1問くらい取れるのではという目論見もあったと思われます。 …が、 今は商法・会社法を捨てるのはもったいないので、初学者でも頑張って過去問くらいは何とか取り掛かりましょう。 もったいない理由は「商法・会社法の勉強の仕方」でも触れたとおり、過去問の知識で十分答えられる問題が増えているからです。 一見難しい科目ではあるけど、難しいからといって学習しないというのはもったいないのです。 それに会社法は、実務の場では必ずと言っていいほど必要となってくる法律なので、合格後は開業を考えている方なら特に、今のうちに学習しておくといいですよ。

次の

行政書士試験2018の出題範囲をまとめてみた!今年は合格の大きなチャンス!?

行政書士 試験範囲

行政書士試験の難易度と試験範囲の広さの関係 「試験範囲の広い試験は難しい」と言われることがある。 勉強に取り組みにくいということは、確かに言えるかもしれません。 参考までに、 法律系資格試験の試験範囲をまとめてみます。 資格 試験科目 司法書士 ・憲法、民法、商法、刑法 ・不動産登記法、商業登記法(登記申請書作成知識を含む) ・供託並びに民事訴訟、民事執行及び民事保全法・司法書士法 社会保険労務士 ・労働基準法及び労働安全衛生法 ・労働者災害補償保険法 ・雇用保険法 ・労働保険の保険料の徴収等に関する法律 ・健康保険法 ・厚生年金保険法 ・国民年金法 ・労務管理その他の労働及び社会保険に関する一般常識 行政書士 ・憲法、民法、行政法 (行政法には、行政手続法、行政不服審査法、行政事件訴訟法、国家賠償法、地方自治法を含む) ・基本法学、商法 ・一般知識 宅地建物取引主任者 ・土地の形質、地積、地目及び種別並びに建物の形質、 構造及び種別 ・土地及び建物についての権利及び権利の変動に関する法令 ・土地及び建物についての法令上の制限 ・宅地及び建物についての税 ・宅地及び建物の需給に関する法令 ・宅地及び建物の価格の評定 ・宅地建物取引業法及び同法の関係法令 FP技能検定試験2級 ・ライフプランニングと資金計画 ・リスク管理 ・金融資産運用 ・タックスプランニング ・不動産 ・相続、事業継承 ビジネス実務法務検定試験2級 ・ビジネス法務の実務 ・取引を行う主体 ・会社取引の法務 ・会社財産の管理と法律 ・債権の管理と回収 ・企業活動に関する法規制 ・会社と従業員の関係 ・ビジネスと個人のかかわり ・紛争の解決方法 ・国際法務 こんなふうに並べてみると、 試験の特徴が見えてきます。 各試験の特徴 司法書士試験は、試験に関係する法令数は多いが、民法と商法を中心として、民事訴訟、民事執行・・・と、何となく関連している法令です。 社会保険労務士試験も同様、法令数が多く、労働関係と社会保険関係に二分されてはいるものの、何となく相互に関連する法令のようです。 宅地建物取引主任者試験は、民法の権利関係や不動産に関する法令中心で、かなり科目の統一性がある試験であります。 FP試験は、バラバラの科目のようにも見えるが、これは実は全て資産に関係する事柄です。 行政書士試験 こうして見ていくと、一番、科目同士の関連が薄い試験は、行政書士試験なのではないかという気がしてきます。 基本的な法令が主にはなっているが、ちょっと、試験科目がバラバラなのです。 確かに、一つ一つの問題は、それほど難解ではないかもしれません。 民法ひとつとっても、司法書士試験の民法と比べれば、行政書士試験の設問は易しいと思われます。 というか、問題文を見てみればわかるのですが、行政書士試験の方が、 絶対に問題が易しいです。 しかし、「狭く、深く」が得意で、「浅く、広く」が苦手な人というのが、現実に存在します。 浅く広くやるよりは、狭く深く、マニアックな試験が得意な人がいます。 つまり、行政書士試験というものは、他の法律系資格試験と比べると、何というか、つかみどころがない性質があります。 結局は、 試験範囲が広いということです。 範囲が広いと、勉強はしづらいものだ。 「一般科目なんてものはなくして、行政法あたりをもっと難解にしてくれた方が受けやすいよ!」と叫びたい受験生、結構多いんじゃないかと思います。

次の