ライン テレビ 電話。 Fire TVでミラーリングすれば、テレビでLINEのビデオ通話ができる

ラインでビデオ通話は無料?知っておかないと恐ろしい注意点

ライン テレビ 電話

家族や友人とテレビ電話をしたいけどどのアプリが使いやすいの?• テレビ電話に料金はかかるの? そんなあなたの悩みに答えます。 今回はテレビ電話(ビデオ通話)ができるアプリであるLINEとSkypeについてです。 離れた家族や友人と話をしたいとき、電話でも用件は伝えられますが、できればお互いの顔を見ながら会話したいですよね。 私も妻が出産のために里帰りしたときに重宝しましたし、今でも実家の両親とよくテレビ電話をします。 テレビ電話なら実家の両親も孫の姿が見られてすごく嬉しそうです。 今回はテレビ電話ができる代表的なSNSアプリであるLINEとSkypeについて、その特徴と私が利用してみて感じたメリットやデメリットについてまとめてみました。 2~3分でサッと読めるのでぜひ読んでみてください。 LINE(ライン)でのテレビ電話(ビデオ通話)のメリット・デメリット LINE(ライン)テレビ電話の特徴・メリット LINEのメリットは、 ほとんどの人が利用しているアプリであるということです。 スマホを持っている人であればほぼすべての人が利用しており、最近はメールではなくほとんどの人がLINEで連絡を取り合っていますね。 そのため、家族や友人の連絡先が既に入っているので、テレビ電話をかけようと思ったときに特に新しい設定なども必要なく簡単にかけることができます。 かけ方も簡単で、かけたい相手とのトーク画面で電話のマークを押すと「無料通話」か「ビデオ通話」を選ぶタブが出てくるのでビデオ通話を選択すればよいだけです。 接続も早く相手が電話を取ればすぐに通話を開始することができます。 LINE(ライン)テレビ電話のデメリット LINEでのテレビ電話を利用してみて私が感じたデメリットとしては、 通信環境が悪いと映像がカクカクとして滑らかに動かなくなってしまうといったことです。 環境によっては数秒間止まって少し動き、また数秒間止まるといったように結構カクカクします。 スマホでのテレビ電話はまだましなのですが、 パソコンで利用したときは映像の動きが重すぎてとても実用に耐えうるものではありませんでした。 パソコンでのLINEテレビ電話はおすすめしません。 スポンサーリンク Skype(スカイプ)でのテレビ電話(ビデオ通話)のメリット・デメリット Skype(スカイプ)テレビ電話の特徴・メリット SkypeのメリットはLINEに比べるとテレビ電話の映像が滑らかに動くことです。 カクカク感があまりないのでストレスなくテレビ電話をすることができます。 実際に私もLINEでカクカクしている通信環境でSkypeを使ってみたことがありますが、動画の動きがかなり改善されました。 音声通話ではなくわざわざテレビ電話をするので、映像の滑らかさは大事ですよね。 また、パソコンで利用する場合でも滑らかな映像でテレビ電話することができます。 他のウィンドウを開いても映像は右上に小さなウィンドウで開かれるので、 パソコンの作業をしながらテレビ電話することもできます。 Skypeテレビ電話のデメリット Skypeのデメリットとしては接続までに時間がかかるということです。 通信環境の問題もあるかもしれませんが、相手がとっても通信が始まるまでに時間がかかったり、接続が切れることがあります。 また、もう1つのデメリットとしては、LINEと比べると利用しているユーザーが少ないということです。 もし相手がSkypeのアカウントを持っていない場合はアプリをインストールしたり連絡先を登録するのが必要になります。 SNSでのテレビ電話(ビデオ通話)は無料?有料? LINEやSkypeは通話は無料ですが、テレビ電話には料金がかからないのか気になる人も多いと思います。 結論から言うと、テレビ電話を利用しても通話と同じく料金がかかることはありません。 料金が発生することはありませんが、1つ気を付ける必要があります。 パケット通信料がかかるのには注意が必要 LINEやSkypeの基本的な利用には料金はかかりませんが、 パケット通信料がかかるので注意が必要です。 通話のときもパケット通信料はかかっているのですが、これがテレビ電話になると通話のみのときと比べて何倍ものパケット通信料が発生します。 契約している通信料の上限が3GBや5GB程度だと長時間の利用ですぐに上限に到達してしまいます。 Wi-Fi環境下で利用すればパケット通信料は発生しないため、テレビ電話はできるだけWi-Fi環境のある場所だけで利用するようにしましょう。 また、LINEモバイルを契約すればSNS使い放題のプランもあるため、どこでもテレビ電話やSNSが使いたいという場合はLINEモバイルに乗り換えるのもおすすめです。 私のおすすめはスマホならLINE、パソコンならSkype 今回はLINEとSkypeでのテレビ電話について特徴やメリット・デメリットを紹介しました。 それぞれによいところ、悪いところがありますが、私はパソコンでのSkypeテレビ電話が気に入っています。 その理由としては、画面が大きいこととテレビ電話しながらパソコン作業もできるからです。 ただ、スマホからであればLINEでも動画がそれなりに動くので、誰とでも繋がりやすいLINEの方が便利だと思います。 スマホ操作が苦手なお年寄りには「まごチャンネル」がおすすめ まごチャンネルは厳密にはテレビ電話ではありませんが、子供がいる家庭におすすめの商品です。 実家のご両親に孫の成長を見せたいけれど、両親がスマホを持っていないもしくは操作が苦手でテレビ電話ができないというケースも少なくないと思います。 最初に少し紹介しましたが、そんなときに大活躍してくれるのがこの 「まごチャンネル」です。 仕組みとしてはあなたがスマホの専用アプリから送った動画をがまごチャンネルの本体(受信ボックス)に届き、テレビでその動画が見られるというものです。 まごチャンネルのメリット• 両親へのプレゼントに最適(出産祝いのお返しや父の日、母の日、誕生日、還暦祝いなどなんにでもマッチします)• 一度設置してしまえばあとは 簡単操作で見られる(不安な方には設置サービスもあり)• 撮影した動画をアプリで送るだけなので手間いらず• テレビの大画面で孫の動画が見られるのでおじいちゃん、おばあちゃんも大喜び• 動画を見たことがスマホに通知されるのでご両親が元気にしているかがわかる• 受診ボックスがインターネット回線を内蔵しているので実家に インターネット環境が無くても問題なし 実家になかなか帰れないあなたにこそおすすめ 他にも、 孫を見せに実家に帰る頻度が少なくてもよくなるということもメリットとして挙げられます。 私は今住んでいるところが義父母の実家から離れており、帰るのにもそれなりのお金と時間がかかるため、なかなか帰ることができません。 孫を見せに帰れないということもあって少し負い目を感じることもありましたが、 まごチャンネルを送ってからは孫の動画を見てすごく喜んでくれるようになったため気持ちも楽になりました。 自分の両親にも義父母にもプレゼントとして送りましたが、どちらも喜んでくれて 親孝行できてよかったという気持ちになりました。 また、以前はことあるごとに次はいつ帰ってくるのかというプレッシャーがすごかったですが、まごチャンネルを送ってからはそのプレッシャーも減ったように感じます(笑) 本体価格は19,800円とコスパがよい 価格は19,800円と若干高めですが、 親孝行にもなるし、実家にしょっちゅう帰らなくてよくなるということを考えるとコストパフォーマンスとしては非常に優れていると思います。 また、特別なプレゼントとして価格帯的にちょうどよいのもグッドです。 購入した後でもマイページから決済情報を変更で支払う人を変更することができるので、まずはサプライズでプレゼントしてその後支払い者を変更ということができます。 もし自分達で支払うという場合でも、ご両親にスマホをプレゼントする代わりにまごチャンネルをプレゼントしたと考えれば、スマホの料金よりはかなり安いため、負担としてはごくごくわずかと思います。 孫の成長をおじいちゃん、おばあちゃんに見せてあげたいという方にはおすすめですので、ぜひご検討ください。

次の

タブレットで電話・通話はできる?LINE通話はできるの?

ライン テレビ 電話

タブレットで電話や通話ができる!しかし、できる条件がある 電話は携帯電話会社が提供する電波を使って通話を行うことを指します。 通話は電話を含めた会話を行うことを指します。 タブレットは電話と通話どちらもできますが、利用するための条件があります。 タブレットで電話を使うには、回線の契約が必須になる タブレットの電話機能はスマホと同じように電波を使うので、回線の契約が必要です。 回線を契約しているタブレットは、電話番号を持っています。 設定画面でタブレットが回線契約をしているのかは、設定画面で見ることができます。 iPadの場合、設定画面の一般から情報に入り、電話番号が表示されていれば回線を契約していることを意味しています。 iPad以外のモデルも、ほぼ同じ方法で確認できるでしょう。 しかし、 回線契約をしていてもデータ通信専用プランだと電話が使えません。 電話を使うには音声通話が付いているプランに契約していなければいけません。 タブレットで電話を使うには、対応している機種を選ぼう 携帯電話ショップで購入したタブレットは、携帯電話会社が供給する電波を使ってネットができるデバイスです。 タブレットも回線を使うための電話番号が割り当てられているので、電話ができるように思えます。 しかし タブレットは全てのモデルが電話機能に対応しているわけではありません。 タブレットで電話を利用したい場合、対応機種を購入しなければいけません。 (対応機種は後ほど詳しく紹介します。 ) 電話に対応していないタブレットでも、専用アプリで通話ができる 電話に対応していない機種でも、通話が利用できます。 スマホを持っているほとんどの人が利用しているアプリのLINEは、タブレットでも使えます。 タブレット用のLINEも音声通話の機能が利用できます。 またLINEの他にも通話ができるアプリがあるので、自分の用途に合ったアプリを選ぶと良いでしょう。 タブレットで電話をするには回線契約をして、電話ができるタブレットを選ぶ タブレットで電話を利用したい場合、電話機能に対応しているモデルを選ばなければいけません。 電話機能に対応しているタブレットを選ぶ代わりに、不便になることもあります。 タブレットの電話は、携帯電話会社の電波で使う まずタブレットで電話を利用するには、回線を契約しなければいけません。 契約する回線事業者はdocomoやSoftBankなどの携帯電話になりますが、今流行りの格安SIMも選択肢に入ります。 ただdocomoなどの大手キャリアは電話が利用できるタブレットを販売していません。 大手キャリアの回線を使う場合、事前にSIMフリーのタブレットを購入する必要があります。 大手キャリアは全国にあるショップで手続きをすれば契約できます。 格安SIMはショップがない事業者が多いため、オンラインで契約手続きを行います。 電話ができるタブレットは7インチ以下のモデルが多い 電話機能に対応しているタブレットは、画面サイズが7インチ以下のモデルがほとんど。 大きな画面のタブレットが欲しい人は、電話機能を捨てなければいけない可能性が高いと言えます。 しかしタブレットで電話が使いたい人は持ち運びやすさも重視する人が多いでしょう。 7インチ以下のディスプレイモデルは、10インチ前後のモデルに比べると片手で持てるほどの手軽さが魅力。 場所を選ばずにタブレットで電話が使いたい人には、7インチ以下のコンパクトなタブレットはピッタリと言えるでしょう。 iPadは電話が使えないが、FaceTimeで代用できる iPhoneを使っている人は、購入するタブレットをiPadにしようと考えている人が多いのではないでしょうか? iPadは電話が利用できないデメリットがあります。 しかし電話したい相手がiPadかiPhoneを使っている人であれば、FaceTimeアプリを使えば電話ができます。 FaceTimeの使い方は、後ほど詳しく解説します。 電話が使えるタブレットを紹介!対応機種はAndroidタブレット! 電話機能に対応しているタブレットは、SIMフリータブレットばかり。 docomoのFOMA回線に対応しているタブレットばかりです。 契約する回線はdocomoか、docomo回線が利用できる格安SIMを選びましょう。 HUAWEIのSIMフリータブレットは、ほとんどのモデルがdocomoのFOMA回線に対応しています。 5,100mAhの大容量バッテリーが搭載されているので、外出先で充電がなくなる可能性も低いと言えるでしょう。 できる限り安い価格でタブレットがほしい方は、以下のページもあわせてご覧ください。 タブレットで通話をする方法は、専用アプリを使う タブレットは回線契約がなくても、通話機能があるアプリを使えば電話と同じやり取りができます。 アプリではネット通信を使って通話をするので、通話料金が発生しないメリットがあります。 通話アプリの定番はLINE!電話回線にも電話がかけられる 通話アプリの定番と言えば、やはりLINEでしょう。 スマホを持っている人の中で、LINEを使っていない人はほとんどいないといっても過言ではありません。 しかし、 通話をするには相手もLINEを使っていることが条件です。 LINE Outを利用すればLINEを使っていない人とも通話ができますが、別途通話料金が必要になるので使っている人はあまりいません。 LINE以外の通話ができるアプリを知ろう LINEの他にもネット通信で通話ができるアプリがあります。 LINEの利用者は日本に限られています。 海外に住んでいる人は、LINE以外のアプリを使っています。 海外への通話をすることがある人は、ここで紹介する3つのアプリを覚えておいて損はないでしょう。 Skype Tango Viber この3つのアプリはネット通信を利用した通話機能が利用でき、メッセージ機能もあります。 相手が同じアプリを使っていれば、これらのアプリでやり取りができます。 基本的な機能はLINEと同じと言えるでしょう。 またこの3つのアプリも別途通話料金を支払えば電話番号への通話ができます。 iPadはFaceTimeで通話ができる iPadは電話機能を持っていないタブレットですが、FaceTimeアプリで通話が利用できます。 FaceTimeはテレビ電話というイメージを持っている人がいるのではないでしょうか? 実はFaceTimeはテレビ電話だけでなく、音声だけの通話も利用できるのです。 FaceTimeの通話ネット通信を利用するので、通話料金が発生しないメリットがあります。 しかし、iPhoneを使っている相手でなければ通話できない欠点あるので他のアプリと併用したほうが良いでしょう。 FaceTimeは、設定画面で通信用のメールアドレスとiPhoneの電話番号を入力すれば利用できます。 タブレットで電話・通話をするときは、イヤフォンマイクがおすすめ タブレットはスマホのように受話口がないので、相手の声がスピーカーから聞こえます。 しかし それだと音量が大きく周りに会話の内容が丸聞こえになってしまうので、外出先で電話ができません。 タブレットで電話をする場合、イヤフォンマイクを使ったほうが良いでしょう。 iPadはEar Podsの利用がおすすめ!Air Podsも使える! iPadはiPhoneの箱に同封されているEar Podsを使えば、快適に通話が行えます。 Ear Podsは声を拾うマイクがついており、マイクで受話音量の調節も行える優れもの。 またプロのDJからもヘッドフォンの代わりに使われることが多いことから、音質クオリティも優秀だと言えます。 iPhoneを持っている人は、同封されているEar PodsをそのままiPadで利用できるので導入コストが節約できます。 ヘビーに使い続ければ自分の音声を拾わなくなったり、音が聞こえなくなったりしますが、3,200円で購入できるので万が一のときも買い換えがしやすいでしょう。 正規の販売価格は8,000円代ですが、 Amazonなどのオンライン通販であれば最安値で3,000円代で購入できます。 まとめ タブレットで電話を使いたい場合、まず電話を使うための回線契約を必ずしなければいけません。 回線はdocomoなどの携帯電話事業者や、格安SIMサービスのものが利用できます。 契約するプランは音声通話ができるものを選びましょう。 誤ってデータ通信専用プランに契約しないように注意してください。 携帯電話会社が販売するタブレットは、電話機能がないモデルがほとんどです。 電話機能があるタブレットを使いたい場合、回線契約をする前にSIMフリーモデルを購入する必要があります。 回線契約がない、電話機能がないタブレットを使っている場合はLINEなどのアプリで音声通話が利用できます。 しかし相手が同じアプリを使っていなければ通話ができない欠点があります。 通話ができるアプリで電話番号へ電話をかけることができますが、別途料金が発生するのでおすすめはできません。 タブレットはスマホと違い受話口がなく、相手の声がスピーカーから聞こえます。 スピーカーからだと音量が多すぎるので、マイク付きのイヤフォンを活用してください。 ちなみにタブレットをより快適に使いたいなら、モバイルルーターも持っておくといいですよ。 月ごとの制限を気にせず、速いスピードで快適に通信できます。 詳しくは以下の記事で解説しているので、興味のある方はこちらもあわせて参考にしてみてください。

次の

【LINE】ビデオ通話(テレビ電話)のやり方|顔を見合って会話しよう!

ライン テレビ 電話

まずは、LINE通話・LINEビデオ通話を使うとどのくらいデータ通信量がかかるか確認してみよう! LINEビデオ通話を10分した場合 LINE通話を10分した場合 LINEのデータ通信量 LINE通話 LINEビデオ通話 10分 13. 1MB 232MB 30分 39. 3MB 696MB 1時間 78. 6MB 1,392MB LINE通話よりも映像が映るLINEビデオ通話の方が20倍近くデータ通信量がかかる結果になりました。 ちなみに1,000MB=1GBなので、毎日1時間LINEビデオ通話した場合には1ヶ月で約40GB程度のデータ通信量が必要になります。 LINE以外にもYou Tubeを見たり、アプリをダウンロードする事もあるので、LINEビデオ通話を頻繁に使いたい場合にはデータ容量の大きなプランの契約が必須になります。 1つはLINEモバイルという格安SIMを使う方法です。 LINEモバイルは自社のサービスであるLINE通話やLINEビデオ通話のデータ消費を0にするデータフリーというサービスを行なっています。 もう1つが1年間のみの限定になってしまいますが、1年間無料キャンペーン中の楽天モバイルを使う方法です。 今使っている携帯番号をLINEモバイルか楽天モバイルに乗り換えて使う方法でも、もちろん大丈夫ですが、余っているスマホがあるのであればサブ回線として契約するのもおすすめです。 データフリーとは、対象のサービスがデータ通信量にカウントされずに、通信量の消費無しで使えるサービスのことです。 LINEモバイルでは、料金プランによってデータフリーになるサービスが異なりますが、LINEモバイルのデータフリー対象サービスは以下の7つになります。 LINEトーク• LINE通話• LINEビデオ通話• LINEミュージック• フェイスブック• ツイッター• インスタグラム つまり、LINEモバイルを使えば、月に100時間でも200時間でもLINEビデオ通話で話をしてもデータ通信量が消費しないという事になります。 LINEモバイルで一番安い月額600円のプランでもLINEトーク/LINE通話/LINEビデオ通話はデータフリー対象になります。 使ってないスマホに600円のLINEモバイルを挿して2台持ちでもいいかもね! LINEモバイルの料金 LINEモバイルの料金体系を詳しく説明していきます。 プランに関係なく月額880円で10分間の電話かけ放題サービスも付けることが出来ますが、LINEモバイルにする人はLINE通話がメインなので、あんまり必要はないかなと思います。 LINEデータフリー 600円〜 データフリー対象サービス• LINEトーク• LINE通話• LINEビデオ通話 最安月額600円のプランで500MBのデータ容量が使えるプラン。 LINE専用端末として2回線目のプランとしてオススメ。 月額600円で持てるのはありがたいプランですね。 SNSデータフリープラン 1,260円〜 カウントフリー対象サービス• LINEトーク• LINE通話• LINEビデオ通話• フェイスブック• ツイッター LINEデータフリープランからFacebookとTwitterも追加されたプランです。 TwitterとFacebookを頻繁に使う人向けのプランです。 LINEデータフリープランと比較すると、500MBのプランがなく、最低3GB1,260円からの月額料金になっています。 SNS音楽データフリープラン 1,810円〜 データフリー対象サービス• LINEトーク• LINE通話• LINEビデオ通話• インスタグラム• フェイスブック• ツイッター• LINE MUSIC LINEのサービスとSNSにプラスして音楽のストリーミングサービスであるLINEミュージックがデータフリーになったプランです LINEミュージックはスマホに音楽を保存することもできますが、スマホのデータ保存容量が一杯で保存することが出来ない場合には、その都度音楽をストリーミング再生しなければなりません。 ストリーミング再生の場合には、毎回データ通信量が必要になりますが、SNS音楽データフリープランであればストリーミングでの再生時も、ダウンロードする時もデータ通信量がかかりません。 LINEミュージックを使っている人にはおすすめのプランです。 LINEモバイルはiPhoneも使える もちろんiPhoneでもLINEモバイルは使えるんですが、使えるiPhoneと使えないiPhoneがあるので要注意です。 LINEモバイルはドコモ回線・au回線・ソフトバンク回線の全てを使うことが出来るので、ドコモやソフトバンク、auで購入したiPhoneでも利用する事が可能です。 しかし、古いiPhoneの場合には使えない場合もあるので、LINEモバイルの公式サイトで自分が使っているiPhoneが利用出来るか必ず確認してから契約するようにしましょう。 \\自分のiPhoneが使えるか確認する// ソフトバンクで購入したiPhoneで使えるのは? iPhone11/iPhone11Pro/iPhone11Pro Max/iPhoneXs/iPhoneXs Maxi/PhoneX/iPhone8/iPhone8Plus/iPhone7/iPhone7Plus/iPhoneSE/iPhone6s/iPhone6sPlus/iPhone6/iPhone6Plus/iPhone5s/iPhone5 ソフトバンクで購入したiPhoneは、LINEモバイルのソフトバンク回線で使う場合にはiPhone5以降が利用出来ます。 LINEモバイルのドコモ・au回線で使う場合には、iPhone6s以降のモデルでSIMロック解除してある事が条件になります。 ドコモで購入したiPhoneで使えるのは? Phone11/iPhone11Pro/iPhone11Pro Max/iPhoneXs/iPhoneXs Maxi/PhoneX/iPhone8/iPhone8Plus/iPhone7/iPhone7Plus/iPhoneSE/iPhone6s/iPhone6sPlus/iPhone6/iPhone6Plus/iPhone5s/iPhone5 ドコモで購入したiPhoneは、LINEモバイルのドコモ回線で使う場合にはiPhone5以降が利用出来ます。 LINEモバイルのソフトバンク・au回線で使う場合には、iPhone6s以降のモデルでSIMロック解除してある事が条件になります。 au版で使えるiPhone iPhone11/iPhone11Pro/iPhone11Pro Max/iPhoneXs/iPhoneXs Maxi/PhoneX/iPhone8/iPhone8Plus/iPhone7/iPhone7Plus/iPhoneSE/iPhone6s/iPhone6sPlus auで購入したiPhoneはau回線でもドコモ回線でもソフトバンク回線でもiPhone6s以降のモデルでしか使うことが出来きません。 モデルによってSIMロック解除が条件の場合もあるので、公式サイトで自分のiPhoneが使えるか確認して下さい。 ワイモバイルで購入したiPhoneで使えるのは? iPhone7/iPhoneSE/iPhone6s LINEモバイルと同じ格安SIMのワイモバイルで購入したiPhoneの場合でもSIMロック解除を行なうことでLINEモバイルで使うことが可能です。 Appleで購入したSIMフリーiPhoneで使えるのは? iPhone11/iPhone11Pro/iPhone11Pro Max/iPhoneXs/iPhoneXs Maxi/PhoneX/iPhone8/iPhone8Plus/iPhone7/iPhone7Plus/iPhoneSE/iPhone6s/iPhone6sPlus/iPhone6/iPhone6Plus/iPhone5s Appleから直接購入したSIMフリー版のiPhoneの場合には、SIMロックがかかっていないのでSIMロック解除をする必要がなく使うことが出来ます。 使うことが出来るのはiPhone5s以降のモデルですが、LINEモバイルのau回線を使いたい場合に限りiPhone5sは利用できず、iPhone6以降のモデルから使うことが可能です。 こんな人にLINEモバイルはおすすめ• 恋人と毎日LINEビデオ通話をしている• 単身赴任で家族と離れている人• LINEミュージックを毎日使っている人• 子供のスマホデビューに 連絡手段のメインがLINEになっている人は多いと思いますが、LINEビデオ通話を多く使う人には特におすすです。 ずーーとビデオ通話を映しっぱなしにしたとしてもデータ消費は0ですからね。 俺は、車で移動中もLINEビデオ通話で友達と話しながら移動してます。 600円で持つことが可能で、データ容量が500MBなら余計な事でスマホを使いすぎることもなし! LINEモバイルで地味に嬉しいのは、LINE年齢認証・ID検索が可能になるところ。 他の格安simでは出来ないんですが、LINEモバイルはLINEが運営している格安simなので、可能なんです。 私もLINEモバイルを契約して余っているスマホに入れて家族にプレゼントしましたが、月額600円なので負担も少なく。 非常にオススメな格安simですよ。 LINE以外にも特定のデータを消費しない「カウントフリー」サービスを行っている格安simを集めてみました!.

次の