中国 大使 館 パスポート 更新。 パスポート更新(大人16歳以上)

【中国でやってみた】パスポート更新後、居留許可証更新のために準備したこと|中国北京で子供を育てる Lamaのブログ

中国 大使 館 パスポート 更新

Contents• パスポートを受け取った日ではなく発行日が起算日なので、できあがったパスポートはすぐに取りに行きましょう。 どこで手続きをすればいいの? 居住地域の公安局出入国管理局です。 (在中国日本大使館管轄エリアの) Lamaの場合、旦那さんの会社が委託する代行業者が手続きを行ってくれました。 初めて居留許可証を発行してもらう際は、本人が公安局に行く必要がありましたが、パスポート更新に伴う変更は本人不在でOKで、すべて業者が代行してくれました。 学校もあるので、平日子供を連れださなくてもよかったのは助かりました。 今回はたまたま手元に別件で取り寄せた戸籍謄本原本があったので、Lamaは命拾いしました。 面倒なことに大使館では戸籍謄本の取り寄せができないので、日本の本籍地のある自治体から郵送してもらうなど手間と時間がかかります。 特に必要性に迫られていなくても、日本に一時帰国するタイミングに合わせて定期的に発行期日の新しい戸籍謄本をとっておくと安心だと痛感しました。 なお、中国語訳は念のため添付しましたが本来求められていたのかはわかりません。 もし中国語訳も準備されたい場合は、事前に大使館領事部へコンタクトを取って事情を話せば パスポート受領日当日に併せて中国語訳を受け取れるように手配してくれます。 何度も大使館に足を運ぶのは手間なので、メールでやり取りしたうえで当日準備いただけるのは大変助かりました。 なおPDFや写真で戸籍謄本の内容を送ってあっても、最後は必ず原本確認を求められるので、受領の際は忘れずに実物を持って行ってください。 Lamaの場合、依頼したその日に発行してもらえました。 出張があってパスポートがないと困る!ということにならないように気を付けてください。 こちらは申請日に必要ですが、すぐに返却してもらえます。 どのくらいの日数がかかる? Lamaは2週間かかりました。 稼働日計算だと10日目ですが、大使館からの書類には最大15稼働日かかると注意書きがありました。 旅行や出張のスケジュールを入れる場合は余裕をみて予定したほうがよさそうです。 その他の手続きもお忘れなく 子供の新しい居留許可証を入手した後、Lamaは自分の住むマンションのフロントと学校に外国人居留証が変更されたことを連絡しました。 子供の場合は実質居留許可証のみですが、銀行口座を持っていたり、免許証や、不動産など大人の場合は他にも旧パスポート番号で登録されているものがあれば軒並み新番号に登録変更する必要があります。 最近はアプリでも実名登録で、パスポートと顔写真のセットでアップする必要があったりするので、取りこぼしのないように手続き完了してくださいね。 読んでいただきありがとうございます。 このブログがあなたのお役に立てれば嬉しいです(^^).

次の

中華人民共和国駐日本国大使館

中国 大使 館 パスポート 更新

申請例• パスポートの残り有効期間が1年未満になった• パスポートの記載事項に変更があった• 査証欄(ページ)の余白がなくなった(査証欄の増補は1回のみです。 出生した子供の初めてのパスポートを申請するとき• 有効なパスポートを所持していないとき• パスポートを著しく損傷したとき 必要書類 1.一般旅券発給申請書(10年用又は5年用)• から「一般旅券発給申請書(10年・5年)」を選択し、印刷の上お持ちください。 来館した上で手書きで記入することも可能です。 (用紙は当館にもあります。 ) 2.現在有効のパスポート 3.写真:1枚(6か月以内撮影)• (当館では写真撮影はできません。 ) 4.戸籍謄本:原本1通(6か月以内のもの)• 有効なパスポートがあり、氏名及び本籍地の変更がない場合は原則省略可能ですが、審査の過程で提出が必要になる場合もあります。 5.「在留届」を未提出の方は提出をお願いします。 「」から、新規の在留届、帰国、転出、住所変更等も全てオンラインで入力できます。 来館時に手書きで記入の上提出することもできます。 6.未成年者(20歳未満)の必要書類・注意事項については、を御覧ください。 手数料 支払いは受取時です(現金のみ)。 10年パスポート 1,000元(20歳以上の方のみ申請可能。 5年パスポート 690元(12歳未満の方は375元。 所要日数 2業務日(例:通常月曜日に申請した場合は水曜日に交付。 ) 代理申請 1.申請時:原則不可• 配偶者、親族又は特に指定する者が代わりに申請書などを提出する場合は、申請者の来館免除が可能です。 この場合、申請書を事前に入手し、申請書裏面の「申請書類等提出委任申出書」に記入が必要です。 未成年者等が法定代理人(親権者、後見人など)を通じて申請書などを提出する場合は、申出書の記入は不要です。 なお、未成年者(20歳未満)の場合の注意事項については、を御覧ください。 2.交付時:不可(必ず本人が来館する必要があります。 ) 注意事項 1.署名(所持人自署欄)は、未就学児(原則、小学校入学前の児童)を除き、必ず本人が署名する必要があります。 2.新生児の申請は、名前の読み方(フリガナ・ローマ字)を確認してから来館してください。 交付時には必ず新生児を連れて来館する必要があります。 3.パスポート申請中は現有パスポートを原則当館でお預かりします。 ただし、申請中に現有パスポートが必要であることを客観的に説明できる場合は、特例として現有パスポートをお返ししますので、疎明資料とを準備してください。 4.新しいパスポートを受け取った後は、公安局出入境管理局で、旧パスポートにある外国人居留許可証、中国査証(ビザ)を新パスポートへ転記する手続きが必要です。 詳しくはを御覧ください。 5.また、銀行等に旧パスポート番号を登録している場合は、パスポート番号の変更手続きが必要です(銀行・不動産関係、臨時宿泊登記、外国人就業証、専家証等)。 これらの変更手続きのために新しいパスポートと旧パスポートの「同一人物証明」が必要な方は、を御覧ください。 6.当館管轄内遠隔地(陝西省、山西省、甘粛省、河南省、湖北省、湖南省、青海省、新疆ウイグル自治区、寧夏回族自治区、チベット自治区、内蒙古自治区)にお住まいの方に、パスポートの早期発給を行っています。 御利用には、事前に電話で予約していただく必要があります。 午前11時までに申請した方の交付は、当日午後4時頃になります。 午後申請した方の交付は、翌開館日午前11時頃になります。

次の

中国大使館とビザセンター臨時業務体制のお知らせ(更新)

中国 大使 館 パスポート 更新

中国人の方が帰化申請をしようとするときに必要となる書類のひとつに 国籍証明書があります。 この国籍証明書は帰化申請者本人が中国大使館に行き、中華人民共和国国籍退出申請書を提出し申請することになります。 国籍証明書を取得するタイミングは? 中国人の方が帰化申請をするにあたり、書類を収集、作成する必要があります。 帰化申請に必要な書類の中には、有効期限が決められているものが存在しています。 例えば、• 運転記録証明書は発行日から3ヶ月• 住民票は発行日から6ヶ月 などのように、有効な期限が定められています。 その中でも、帰化申請の書類を収集する時に 最も注意しなければならないことは、 国籍証明書は書類が全てそろい、 法務局へ申請できる状態になってから取得しなければならないということです。 つまり、法務局などから国籍証明書の取得を指示されるまで、取得してはいけないということです。 もちろん、あらかじめ国籍証明書を取得しておくことも不可能ではないのですが、 例えば、先に国籍証明書を取得していた場合において、帰化するための要件などが満たしていないことが判明したとします。 そうなると、帰化申請書類が法務局で受理されないといったことになります。 国籍証明書を取得しているということは、中国国籍からの離脱を意味しますので、帰化申請の書類が受理されないと、中国国籍でもなく日本国籍でもないといった状態になりますので、国籍証明書は法務局の指示があるまで取得することは避けた方が無難です。 上述した通り、国籍証明書は帰化申請の書類が全てそろった段階で取得の 指示をされることになります。 追記 現在は、書類が全て揃う前に、取得しても大きな問題はなく手続きを進めていくことが可能です。 国籍証明書の取得時におけるパスポートの取り扱いについて 2016年5月から国籍証明書の取得時における パスポートの取り扱いに変更がありました。 2016年5月以前は、国籍証明書の取得申請をするとパスポートにハサミが入れられ、使用不可になりました。 しかし2016年5月から国籍証明書の取得申請をしてもパスポートにハサミが入れられることはなく、使用することが可能になりました。 つまり、帰化申請中にパスポートの有効期限がきれた場合は、パスポートの更新などもすることができるということです。 ただし、帰化申請中に新たなパスポートが手元に届いた場合や、旅行等で日本国外に出国した場合は、法務局の担当者に新しいパスポートの提出や、連絡をする必要があります。 国籍証明書の申請用紙について 国籍証明書を取得するには、中華人民共和国国籍退出申請書を 中国大使館に申請しなければなりません。 中華人民共和国国籍退出申請書は中国語で書かれていますので、中国語が読めることが必要になります。 留学や就労などの在留資格を取得して日本に滞在している中国人の方は、問題いなく記載できると思いますが、日本で生まれ育った中国国籍の方の場合は、申請用紙に記載していくことが難しいかもしれません。 そこで、ここでは中国語と日本語訳をした中華人民共和国国籍退出申請書を載せておきます。 パスポートと写真ページのコピー• 住民票(3ヶ月以内のもの)• 在留カードの原本とそのコピー• 中華人民共和国国籍退出申請書 が原則的には必要になります。 また、申請者が未成年者の場合は• 出生医学証明書• 法定代理人のパスポートと写真ページのコピー などが別途必要になります。 国籍証明書の日本語訳について 国籍証明書は中国語で記載されていますので、帰化申請をする際には国籍証明書を日本語に翻訳しなければなりません。 国籍証明書の日本語訳については 以下の翻訳文を参考にしてください。 空欄に申請者の姓名及び申請日、パスポートナンバーを記載します。 また、右下の翻訳日に翻訳した日付、翻訳者の名称、住所を記載する必要があります。 中国大使館について 大阪における中国大使館の詳細については 所在地:大阪府大阪市西区靱本町3-9-2 受付時間:月曜日〜金曜日(中国、日本の休日は除く)9:00〜12:00 電話番号:06-6445-9481 となっています。 早い時間に訪れた方が、混雑を回避することができますので、早い時間帯にいくことをお勧めします。 まとめ 中国人の方が帰化申請をするには中国大使館から国籍証明書を取得しなければなりません。 国籍証明書は取得するタイミングなども重要になりますので、注意が必要です。

次の