ワンピース ゴング。 【ワンピース】世界政府と海軍の違いと天竜人との関係性を考察

【MAD】ワンピース/GONG

ワンピース ゴング

11月13日、集英社が発行する『週刊少年ジャンプ』に連載中のマンガを、共謀の上、発売日前にスキャンしてデジタル化し、無断でインターネット上に公開したとして、被疑者4人が京都府警サイバー犯罪対策課と東山署に逮捕されました。 報道などで被疑者が無断で公開を企てたとされている、英語海賊版サイト「mangapanda」は複数のマンガ誌を発売日前に入手し、それをスキャン、翻訳、加工して自らのサイトに掲載し広告収益を得ていた非常に悪質なサイトであり、また、他の海賊版サイトにスキャンしたファイルを供給するなど、国境を越えた海賊版グループの中核と推測されます。 ネットの海賊行為に関しては、その収益や制作過程、流通経路など不明な点が非常に多く、今回の摘発を機に、その全容が解明されることを期待しております。 また、今回の事案は今年施行されたばかりの改正著作権法に基づき、集英社が有する出版権の侵害としても摘発されました。 集英社ならびに週刊少年ジャンプ編集部は著作者が心血を注いで作り上げた大切な作品を正しい形で日本をはじめとする全世界の読者のみなさまにお届けするという自らの役割を果たすため、引き続き著作物の海賊行為に関しては刑事告訴も含め厳正に対応していきます。 2015年11月17日 週刊少年ジャンプ編集部 今、ネット上には漫画を不正にコピーしたものがあふれています。 これらの「不正コピー」とアップはすべて、漫画家たちの気持ちに反しておこなわれたものです。 そして、「この作品はこう読んでほしい」という作者の意図をも大きくねじ曲げています。 「不正コピー」を作りネットにアップする行為は、たとえそれが気軽な気持ちでおこなわれたとしても、漫画家が心血を注いだ表現活動を傷つけることであり、また法に触れる行為でもあります。 私たちは、こうした「不正コピー」を発見するつど、漫画家と話し合いながら、考えられるあらゆる策を講じてきました。 しかし、心ない人たちはあまりに多く、残念ながらそのすべてには対応し切れてはいないのが現状です。 読者の皆様にお願いです。 ネット上にある「不正コピー」は、漫画文化、漫画家の権利、そして何より、漫画家の魂を深く傷つけるものです。 それらはすべて法に触れる行為でもあるということを、今一度、ご理解ください。 また漫画家の方々と集英社は今後も、ネット上のあらゆる「不正コピー」に対しては厳正に対処していきます。 読者の皆様の変わらぬご支援をお願いいたします。

次の

【ワンピース】歴代元帥3名の比較考察、古き良き時代はもはや…。

ワンピース ゴング

com 世界政府の上にいるのが天竜人です。 800年前に政界政府を作った王達の末裔である彼らは、絶対的な権力をもち世界の頂点に君臨しています。 原作では横暴な態度が何度も登場するので、良い印象を持たない読者は多々いることでしょう。 天竜人の要請があれば、海軍最高戦力である、大将が出動するシステムとなっています。 そして、海軍よりも上に位置すると思われる、天竜人直属のCP0もいます。 世界政府と天竜人の関係 天竜人は世界政府の最高権力「五老星」を上回る権力を有しています。 つまり、世界政府よりも上になります。 問題は天竜人がなぜそれほどの権力を持っているのかです。 世界政府を作った王達の末裔、それだけでこれだけの権限が与えられたとは思えません。 おそらく、天竜人は「何か」を知っている、または「何か」を持っているから、これだけの権力があるではと思います。 では、この「何か」の正体はなんなのか? この答えは「古代兵器」ではと管理人は予測しています。 com 以前、ドフラミンゴはマリージョアに眠る国宝を 「その存在自体が世界を揺るがす」 と発言していました。 天竜人が居住するマリージョア。 そのマリージョアに眠る世界を揺るがすほどの国宝。 もちろん、この国宝が何なのかは明かされていませんが、古代兵器ウラヌスは神話では「天空の神」です。 天竜人の「天竜」は「天上の竜神」という意味があり、「天空」を連想させます。 このことから、マリージョアにある国宝は「ウラヌス」 そして、ウラヌスを保有しているからワンピースの世界で頂点に君臨していると予想します。 まとめ ワンピースは海賊の話なので、海がメインとなります。 ただ、空島編の頃から空の世界も度々登場するようになりました。 もし、今回の管理人の考察が正しければ、相当以前から伏線が張られていたことになります。 ワンピースには他にも未回収の伏線がかなりあり、そこがワンピースの楽しいところでもあるのですが、果たして最終話までに全ての伏線を回収できるのでしょうか。 そもそも、最終話はいつになるのかすらわかりませんが、これまでに張られた伏線を全て回収となると・・・まだまだ先のような気がしてきます。

次の

『ONE PIECE』|集英社『週刊少年ジャンプ』公式サイト

ワンピース ゴング

11月13日、集英社が発行する『週刊少年ジャンプ』に連載中のマンガを、共謀の上、発売日前にスキャンしてデジタル化し、無断でインターネット上に公開したとして、被疑者4人が京都府警サイバー犯罪対策課と東山署に逮捕されました。 報道などで被疑者が無断で公開を企てたとされている、英語海賊版サイト「mangapanda」は複数のマンガ誌を発売日前に入手し、それをスキャン、翻訳、加工して自らのサイトに掲載し広告収益を得ていた非常に悪質なサイトであり、また、他の海賊版サイトにスキャンしたファイルを供給するなど、国境を越えた海賊版グループの中核と推測されます。 ネットの海賊行為に関しては、その収益や制作過程、流通経路など不明な点が非常に多く、今回の摘発を機に、その全容が解明されることを期待しております。 また、今回の事案は今年施行されたばかりの改正著作権法に基づき、集英社が有する出版権の侵害としても摘発されました。 集英社ならびに週刊少年ジャンプ編集部は著作者が心血を注いで作り上げた大切な作品を正しい形で日本をはじめとする全世界の読者のみなさまにお届けするという自らの役割を果たすため、引き続き著作物の海賊行為に関しては刑事告訴も含め厳正に対応していきます。 2015年11月17日 週刊少年ジャンプ編集部 今、ネット上には漫画を不正にコピーしたものがあふれています。 これらの「不正コピー」とアップはすべて、漫画家たちの気持ちに反しておこなわれたものです。 そして、「この作品はこう読んでほしい」という作者の意図をも大きくねじ曲げています。 「不正コピー」を作りネットにアップする行為は、たとえそれが気軽な気持ちでおこなわれたとしても、漫画家が心血を注いだ表現活動を傷つけることであり、また法に触れる行為でもあります。 私たちは、こうした「不正コピー」を発見するつど、漫画家と話し合いながら、考えられるあらゆる策を講じてきました。 しかし、心ない人たちはあまりに多く、残念ながらそのすべてには対応し切れてはいないのが現状です。 読者の皆様にお願いです。 ネット上にある「不正コピー」は、漫画文化、漫画家の権利、そして何より、漫画家の魂を深く傷つけるものです。 それらはすべて法に触れる行為でもあるということを、今一度、ご理解ください。 また漫画家の方々と集英社は今後も、ネット上のあらゆる「不正コピー」に対しては厳正に対処していきます。 読者の皆様の変わらぬご支援をお願いいたします。

次の