おみくじ 大吉 持ち帰り。 おみくじで大吉が出たら結ぶか持ち帰るかどっち?保管方法や処分方法は?

おみくじの大吉、結ぶ?持ち帰る?5分でわかるおみくじルール

おみくじ 大吉 持ち帰り

コンテンツ• おみくじで「大吉」の意味 大吉の意味と順位 おみくじを引いて「大吉」だったら、みんなに自慢したくなりますよね。 そう!みなさんご存知の通り大吉というのは、おみくじの中で、一番良い運勢とされています。 今が一番良い時期であるという意味がある「大吉」。 しかし逆に考えると、「油断してしまうと、今後運気が下がる可能性がある」という風にも捉えることができるので、注意も必要なんです。 大吉は一番良い運勢とご紹介しましたが、東京にある靖國神社や京都にある伏見稲荷大社のように、大吉よりも更に良い運勢とされる、「大大吉」という珍しいおみくじを引くことができる神社もあるんですよ。 大吉が出る確率 おみくじを考案した元三大師によって書かれた『元三大師百籤(がんざんだいしひゃくせん)』には、おみくじの割合について、 『「大吉」16%、「吉」35%、「凶」29%、「その他」20%』と記されています。 一般的に、おみくじを引いて 大吉が出る確率は、20%程度と言われています。 平均すれば20%程度なのですが、大阪にある今宮戎神社のように、大吉は全体の4%程度しか入っていないと言わ れているところもあれば、東京の夫婦木神社のように、40%が大吉と言われているところもあるんですよ。 大吉と各項目の関係は?どちらが重要? おみくじを引いた時に、多くの人がまず確認する部分といえば、吉凶などの運勢全般の部分ではないでしょうか? 気になる運勢が「大吉」だったら、嬉しくなってその他の部分は確認しないという人も少なくないようですが、 実は全般ではなく、各項目に書かれている内容の部分の方が重要なんです。 「大吉」のおみくじであっても、各項目を詳しく見てみると、あまり良いことが書かれていなかったという場合も珍しくありません。 大切な部分を見落としてしまうと、せっかく引き寄せた大吉という良い運勢を下げてしまう原因にもなりかねないんです。 良い運気を保つためにも、各項目に書かれている内容も、きちんとチェックしてみてくださいね。 願いを叶えるために、現時点でできることや、今後進むべき道についてのお告げが書かれており、その効果は「願いが成就するまで」とも言われています。 しかし、今現在の運勢は「大吉」で非常に良いものだったとしても、その後の行いや出会う人によって運勢が変わってしまう可能性は十分に考えられます。 「おみくじを引くのは、初詣の時だけ」という人もたくさんいるかと思いますが、可能であれば年に数回神社仏閣をお参りして、おみくじを引き、神様仏様からのお言葉に耳を傾けてみてはいかがでしょうか? スポンサーリンク 結んで来たほうが良い?悪い?どっちでも良い? 多くの神社仏閣には、おみくじを結ぶスペースが設けられています。 しかし、引いたおみくじは持ち帰るのが正しいマナーと言われているんですよ。 持ち帰ったおみくじは、手帳や財布などに入れて大切に保管し、時々見返すと良いでしょう。 お告げの通りに行動すれば、思っていたよりも早く願いが叶うかもしれません。 おみくじを結ぶのは、次におみくじを引く時。 古いおみくじは所定の場所に結び、新しいおみくじを持ち帰りましょう。 おみくじに書かれている番号の意味は? おみくじに、番号が書かれているものをよく見かけますよね。 この番号、実はただの通し番号なんです。 数が若い方から順に大吉、中吉…というわけではなく、ランダムに吉凶が記されているので、1番を引いたから良い運勢とは限りません。 様々な種類のおみくじがありますが、同じ種類の同じ番号であれば、場所が違っても同じことが書かれています。 多いものでは100種類ほど、少ないところでは30種類程度のおみくじが用意されているので、どこでどの種類のおみくじが引けるのか、またどの番号にどんなことが書かれているのか、など記録してみるというのも、楽しいかもしれませんね。 細部項目の意味 おみくじの各項目にはどのような意味があるのか、代表的なものを例に挙げてみます。 【待人・待ち人】 まちびと。 人生を良い方向に導く人のこと。 詳しくはこちらにあります。 喧嘩や、訴訟などの何か対立している問題のこと。 【商い・商売】 あきない。 文字通り、商売。 何か売り買いすること。 【失物・失せ物】 うせもの。 なくしたもの、失ったもの。 【家うつり・屋うつり】 やうつり。 転居、引っ越し。 【縁談】 えんだん。 結婚に関する出会い。 【相場】 そうば。 株式相場。 【抱人・抱え人】 かかえびと。 使用人、社長さんでしたら社員、役職者でしたら部下などと捉えることができるでしょう。 【造作】 ぞうさく。 家などの建築に関わること。 新築や改築など。 【病事】 やまいごと。 病気に関すること。 【走人・走り人】 はしりびと。 失踪者、いなくなった人、逃げた人。 スポンサーリンク よくあるお言葉 大吉のおみくじをいくつか見比べてみると、よく見かけるお言葉がいくつかあったのでご紹介します。 【学問:安心して勉学せよ】 大吉を引いて、なおかつ学問の項目に、このようなお言葉が書いてあったら、受験生や重要なテストを控えている学生さんは嬉しいですよね。 【待人:来る】 「おそいが来る」や「おとずれなし来る」など、詳細は様々ですが、「来る」ことが期待できるお言葉が多いようです。 【失せ物:出づ】 「出てくる」という意味。 大吉のおみくじの中にも、失せ物の項目では「出てこない」という意味の「出でず」という文言ももちろん見かけますが、「出づべし」とか「おそくとも出づべし」といったように、失くし物が見つかるということを意味するお言葉が比較的多いように思います。 【さわぐな】 商売や転居、争い事などの項目で、「さわぐな」「さわがぬがよし」「さわぐと損」といった文言が多く使われています。 大吉だからといって浮かれすぎず、落ち着いて事を進めなさいという忠告でしょうか。 【さわりなし】 旅行、造作、出産、転居といった項目で、「さしつかえない」とか「問題ない」という意味の「さわりなし」というお言葉をよく見かけます。 特に、出産の項目では、このお言葉が特に多いように思います。 出産を控えた妊婦さんが引いたおみくじに、この文言が書かれていたら、不安な気持ちも和らぎそうですよね。 まとめ おみくじは、各項目に書かれている内容が大切だとわかっていても、やっぱり『大吉』が出たら笑顔になるものです。 神様仏様からのお言葉を大切にしていれば、人生の選択に迷った時でも、きっと進むべき道を誤ることなく前進していけるのではないでしょうか。 【管理人 ノリ】 福岡県在住のスポーツ好き理系おじさんです。 身体を動かすことが好きで、時々こんな事をして楽しんでいます。 このブログは、私の好みや興味のあるものについて綴っています。 例えば、私が大好きな「おみくじに関すること」「食べること、食べ方」などをメインに掘り下げた情報を発信しています。 また、記事作成には数人のライターさんにご協力頂いて、ライターさんからの情報も積極的に取り入れています。 【ヨウコ さん】 ご主人とお子さんが二人いらっしゃる主婦ライターさんです。 【みゃあちょこ さん】 ご主人とお子さんがいらっしゃる主婦ライターさんです。 【ラン さん】 主婦のライターさんです。 【ローラ さん】 女子学生のライターさんです。 【はるかさん】 中学生と、小学生のお子さん(ご主人も)が、いらっしゃるお母さんライターです。 【アンさん】 独身OLのライターさんです。 最近の投稿• カテゴリー• 人気記事•

次の

おみくじで大吉が出たら結ぶか持ち帰るかどっち?保管方法や処分方法は?

おみくじ 大吉 持ち帰り

Contents• おみくじの歴史 おみくじはたんなる占いと同じと思っている方多いのではないでしょうか? おみくじはたんなる占いではありません。 そもそもは、神様の声をきくものとしてできたものです。 おみくじの歴史は 古代においては 国の祭政に関する重要な事項や 後継者を選ぶときに 神の意志を問うために籤引き(くじびき)をもちいたことからはじまります。 これが 神籤(おみくじ)の起源です。 その後、多くの神社仏閣でみられる現在のおみくじの原型となるものができたのは、平安時代の中期の天台宗の僧侶である 慈恵大師良源上人(じえいたいしりょうげん912年~985年 が創始とされてます。 慈恵大師良源上人は、 元三大師(がんざんだいじ)ともよばれる 「日本天台宗中興の祖」であります。 人並外れた霊力で数々の奇跡をおこしたりして崇められていている方です。 その 元三大師が観音菩薩に祈念して偈文(げもん)を授かった観音籤(くじ)が現在のおみくじにつながるものだと言われています。 ということで今でもおみくじ発祥の地比叡山延暦寺の 元三大師堂では元三大師のご宝前で 読経をし、おみくじを引いてくれるということができます。 (要予約) 現在の 神籤(みくじ)は参詣者の個人の運勢を神様が教えてくれるといったものです。 これは 鎌倉時代初期から行われるようになりました。 当時は 自分で籤を用意するのが一般的であったそうです。 それから、 「元三大師神籤」と呼ばれる引き出しに1番から100番まで番号が振られて中に運勢を漢詩で表しているおみくじが入っているという現代の形とほぼ同じものが確立してきました。 又、おみくじは、戦国時代には、九州地方などで戦の日取りや戦い方を決める方法として用いられた話があったり、 本能寺の変の出陣前に明智光秀が、京都府左京区の愛宕権現堂において熱心に祈願してからおみくじを引き、一度目に、凶がでたためひきなおし、二回目にも凶そして再度おみくじを引き、三度目に大吉がでたことから信長を撃つことを決心したといった話があります。 そのようにおみくじは神の意志を聞くものとして人々に取り入れられてきたのです。 おみくじの大吉は持ち帰るor結ぶべき? スポンサードリンク そういった歴史をもつおみくじですが、引いた後にどうしていますか? よく言われるのは、 凶などあまりよくないおみくじは、神社内の木や所定の場所に結んで帰るといったことですね。 そして、 大吉が出たときにはそのよい運を持って帰るといった意味から持ち帰るといった方が多いのではないでしょうか? ではなぜ、おみくじの大吉は、持ち帰るべきなのでしょうか? それともほんとうは境内に結んで帰るべきなのでしょうか正しい方法をみていきます。 しかし、おみくじの正しい意味は、 神様のアドバイスが語源化されたものをいただくといったことです。 ですので、 「現在の自分にとって一番必要なメッセージをください。 」 と願いながら引くことです。 そして、その結果が、大吉である凶であるというよりも 書かれている内容を受け取ることが必要です。 ですので、 おみくじの大吉は持って帰っても結んで帰ってもいいそうです。 もちろん 凶が出た場合にも絶対に結んでかえらなければいけないといった理由はありません。 おみくじはあくまで神様のおつげ、メッセージです。 いいことがでたからあたりといったわけでもありません。 ですので 内容をしっかり読むといったことが大切でなのです。 気をつけたいのは 指定された場所で結ぶといったことです、結ぶところがいっぱいだからといって違う木の枝などに結びつけてたりしてはいけません。 木を痛めたりすることになります。 そういったことを神様が喜ばれるはずはないですからしっかりマナーを守りましょう。 財布などに入れる方も多いかと思いますが、こういった方法で保管するようにしましょう。 1.丁寧にあつかう おみくじは紙でありますので、何か汚れがつかにようにまわりを包むといいですね。 2.財布などに入れる いつも持ち歩くためにお財布の中にいれるのもおすすめです。 3.神棚などに置く 神棚などがお家にある場合はそこに置くのももちろんOKです。 このようにおみくじは雑にあつかうのは絶対NGな行為です。 そうすることでメッセージをいただいたことに対して 感謝の気持ちをこめやすいです。 もし、そういったことができない場合であれば、「お焚き上げ希望」と書いて、郵送で送る方法もあります。 また、普通に捨てるといったことをしても特段だめだといったことはありません。 神様のアドバイスに対して感謝の気持ちとともにおみくじを袋などに入れお塩でお清めするといいですね。 ま と め おみくじの大吉は持ち帰るor結ぶべきなのかや保管に財布はOKなのかや処分方法とおみくじの意味や理由などをみながらおみくじのとり扱いをみていきました。 おみくじは神様のメッセージをきける大切なものです。 大吉に限らず、凶であっても持ち帰るのか結んで帰るべきなのかどちらでもいいといったことです。 持ち帰って、しっかりといつでもメッセージを見れるようにするのもいいですし、その場でしっかりと胸に刻んで、ご縁を結んで帰るのもよいということです。 大事なのは神様の忠告をしっかり受け止めることなのですね。 一見、関係のないような言葉の中にも自分に必要なことがうきあがってくるかもれませんので無の状態でながめ直してみてみるのもお勧めです。 投稿者 投稿日: カテゴリー.

次の

おみくじ大吉が出たら結ぶ?持ち帰る?保管方法も教えます!

おみくじ 大吉 持ち帰り

「おみくじの順番がよくわからない!末吉と小吉、どっちが良い運勢なの?」 「カワイイおみくじだから記念に持って帰りたいけど、おみくじって結ぶものだよね?」 「『縁談』『恋愛』の意味はどう違うの?結婚が気になる私はどっちを見たら良いんだろう・・・?」 初詣などで神社やお寺へお参りに行くと、ついおみくじを引きたくなりますよね。 こんにちは。 神社お寺の投稿サイト「ホトカミ」神道担当の森です。 今回取り上げるテーマは 「おみくじ」。 友人のA子ちゃんは七夕の日に、B美ちゃんと神社で縁結びおみくじを引きました。 A子ちゃんはおみくじの結果だけ見たあと、他の部分を見てもよく分から無かったので、すぐに結んで帰りました。 結局、彼氏もできず、気付いたら37才になっていました。 しかし、B美ちゃんは末吉でしたが、おみくじの内容を生活の指針とした結果、彼氏ができ、付き合ってわずか3ヶ月で結婚が決まりました! A子ちゃんの後悔は、 「おみくじの順番や意味をちゃんと知っておきたかった(涙)!!!!!」 そこで今回は、おみくじの小吉や末吉の順番、結ぶか持ち帰るか?凶を引いた場合のおみくじの活かし方、おみくじの意味まで、 安心しておみくじを引くための全知識を徹底解説します。 さらに、全国のカワイイおみくじや、珍しいおみくじも紹介します。 この記事を読めば、 おみくじを引くのがさらに楽しみになること間違いなし! ぜひ最後まで読んで下さいね。 それではまずは、おみくじの順番から見ていきましょう! おみくじの順番 まずは、おみくじの順番の基本を紹介します! 一般的なおみくじの順番は、以下の通りです。 大吉 >吉>中吉>小吉>末吉> 凶 大吉が良く、 凶が悪いというのはわかりやすいですよね。 しかし、「吉>中吉>小吉>末吉」の順番はわかりにくいのではないでしょうか? 簡単な覚え方も紹介します。 小吉と末吉はどちらの方が良い? 「吉>中吉>小吉> 末吉」 末吉(すえきち)は文字通り、吉の末(さいご)です。 だから、末吉のなかでは最も下の運勢となります。 そのため、小吉と末吉の順番は、 「 小吉>末吉」となります。 日枝神社のおみくじは12種類以上! また、おみくじは実は明確には順番が統一されていないんです。 なかには、おみくじの種類が10種類以上ある神社やお寺もあるんです! 例えば、東京の赤坂にあるは、12種類のおみくじの順番があります。 末小吉• 大凶 凶だけでも、5種類!たくさんありますね。 また、京都にある石清水八幡宮や下鴨神社には、 平(たいら)という順番のおみくじがあります。 平(たいら)という順番は、 普通、平凡を表します。 伏見稲荷大社は、以下のように17種類もの吉凶に分けられています。 大大吉• 向大吉(むこうだいきち)• 末大吉(すえだいきち)• 吉凶末分末大吉(よしあし いまだわからず すえだいきち)• 吉凶不分末吉(きちきょう わかたず すえきち)• 吉凶相交末吉(きちきょう あいまじわり すえきち)• 吉凶相半(きちきょう あいなかばす)• 吉凶相央(きちきょう あいなかばす)• 小凶後吉(しょうきょう のち きち)• 凶後吉(きょう のち きち)• 凶後大吉(きょうのちだいきち) 大大吉はかなり縁起が良さそうですね! しかし、伏見稲荷大社のおみくじの順番を覚えるのは、さすがに難しそう・・・ 伏見稲荷大社のようなおみくじもありますが、 まずは基本の順番だけを覚えておけば、問題ありません。 おみくじの順番の基本は、以下の通り。 大吉 >吉>中吉>小吉>末吉> 凶 まずは、これだけ覚えておきましょう! また、おみくじの順番だけを見て、喜んだり、落ち込んだりしていませんか? おみくじの内容は、吉凶だけではありません。 次に、「仕事」「失せ物」「旅行」「商売」などの、おみくじの意味について紹介します。 おみくじの意味 おみくじには、吉凶だけでなく「仕事」「失せ物」「旅行」「商売」など、おみくじの意味についても書かれていますよね。 そのなかでも、『待ち人』『縁談』『恋愛』の違いはわかりますか? ここでは、おみくじでよく見る、それぞれの意味について紹介します。 一般的なおみくじの意味は、以下の通りです。 待ち人 : 良い方向に人生を導いてくれる人• 失せ物 : 失くした物・失った物・落とし物• 旅行 : たびだち 出かける・旅行する• 商売 : 売り買いすること・商売• 学問 : 勉強・勉学• 相場 : 株・株式相場• 争事・争い事 : 他人とのいさかい・ケンカ・訴訟• 恋愛 : 恋心・恋愛• 転居 : 引っ越し・移住• 出産 : 出産• 縁談 : 結婚相手・結婚に関する出会い• 探し物 : 探している物• 方位 : 良い・悪い方角・方位• 抱え人 : 使用人・雇用人• 走り人 : 失踪した人・居なくなった人• 造作 : 家の建築・改築• 土木 : 土木工事・家の建築 「商売」「学問」といった、多くの人が気になる内容から、 「抱え人(雇用人)」「土木(家の建築)」といった珍しい内容まで、 人生に関係する幅広い内容が扱われていますね。 「待ち人」「縁談」の意味は? おみくじを引くときに、恋愛に関する内容が気になったことはありませんか? 「『縁談』『恋愛』の意味はどう違うの?」などと混乱したことがある方もいるかもしれません。 そこで、恋愛に関するおみくじの意味を紹介します! 「待ち人」は、 良い方向に人生を導いてくれる人 「縁談」は、 結婚相手・結婚に関する出会い 「恋愛」は、 文字通り恋愛について 待ち人(良い方向に人生を導いてくれる人) は恋愛のことだけではなく、仕事においてのパートナーも含まれるんです。 結ぶ場所があるということは、引いたおみくじは結んだ方がいいのかな、と思ってしまうかもしれません。 また、 大吉だとそのまま持ち帰り、凶だと結んで帰るという話をきいたことがあるかもしれません。 ここでは、引いたおみくじを結ぶべきか?持ち帰るべきか? あなたのお悩みにお答えします! 結論から言うと、 おみくじは結んでも、持ち帰ってもどちらでも大丈夫です。 なぜ、結んでも持ち帰ってもどちらでも大丈夫と言えるのでしょうか? 以下、日本の多くの神社を取りまとめる神社本庁の説明を紹介します。 「おみくじ」は単に吉凶判断を目的として引くのではなく、 その内容を今後の生活指針としていくことが何より大切なことといえます。 また神社境内の木の枝に結んで帰る習わしもありますが、 持ち帰っても問題はなく、引いた「おみくじ」を充分に読み返し、自分自身の行動に照らし合わせてみたいものです。 より 単に吉凶を知るだけではなく、おみくじの意味など、 おみくじの内容を生活の指針としていくことが大切なんですね! そのため、おみくじは結んでも持ち帰っても大丈夫です。 凶のおみくじは、結ぶべきか?持ち帰るべきか? おみくじは結んでも持ち帰ってもどちらでも大丈夫ということがわかりましたが、 凶の場合はどうでしょうか? 写真提供:さん やはり、凶がでると落ち込んでしまいがちですよね。 しかし 凶の場合も、おみくじは結んでも持ち帰っても、どちらでも大丈夫です。 なぜなら、おみくじを引いたときに大切なことは、吉凶の判断ではなく、 その おみくじの内容をこれからの生活の進むべき方向に活かすことなんです。 だから、おみくじを持ち帰ることで、何度も読み返せるほうが、これからの生活に活かしやすいかもしれませんね。 1000年以上続く、おみくじの歴史 ここまで、おみくじの順番や意味、結ぶのか?持ち帰るのか?などを見てきました。 おみくじとは、占いのひとつなんですね。 720年に編纂した『日本書紀(にほんしょき)』という歴史書には、おみくじの原型である「短籍(ひねりぶみ)」がおこなわれたとあります。 この短籍(ひねりぶみ)とは、紙や木などでくじを作り、吉凶を占ったものです。 1000年以上前からおみくじの文化が続いているってすごいですよね! 写真提供:さん そののち、天台宗延暦寺のお坊さんである 元三大師良源(がんざんだいしりょうげん)が、 「元三大師御籤(がんざんだいしみくじ)」をつくり、さらにおみくじは日本全国に広がりました。 「元三大師御籤(がんざんだいしみくじ)」とは、箱の中の100本の棒から1本を取り出し、それに記された番号に対応する漢詩によって吉凶を占うものです。 当時は、100本のなかに大吉は16本、吉は35本、その他の吉は19本、凶は30本という割合が決まっていました。 吉が51本で、凶が49本と、微妙に吉の方が多いですね。 また戦国時代には、 明智光秀(あけちみつひで)という武将が本能寺の変の直前、京都府にある愛宕神社(あたごじんじゃ)で、 大吉が出るまで三度おみくじを引いたという文献も残っています。 おみくじは昔から、大事なことや悩み事を決めるときに使われていたんですね。 おみくじの引き方 おみくじの歴史も分かり、実際に神社やお寺におみくじを引きに行くその前に! おみくじの引き方を確認しておきましょう。 神社やお寺にお参りする前におみくじを引いていませんか? まずはお参りしてから、おみくじを引きましょう。 でも伝えたように、おみくじは、 「決めごとをするとき、神さまの意見を知るためにおこなう占いのひとつ」です。 願い事を神さまに聞いてからでないと、神さまの意見を知ることはできませんよね。 だから、お参りをしてからおみくじを引くことを心がけましょう。 場合によっては、それぞれの神社やお寺でおみくじの引き方が異なることもあります。 おみくじの引き方が気になる場合は、神主さんやお坊さんに聞いてみましょう。 お参りの作法が気になる方は、仕方はコチラを見てチェックしてみてくださいね! ・神社のお参りの作法 ・お寺でのお参りの作法 珍しいおみくじがある神社お寺 それでは、実際におみくじを引いてみましょう! 日本全国、多くの神社やお寺におみくじは置かれています。 ぜひ近くの神社やお寺の授与所や社務所におみくじがあるか見てみましょう。 また、を使えば、近くの神社やお寺を地図から見つけることができます。 ぜひ活用して、近所の神社やお寺を探してみてください。 吉凶の順番がない明治神宮(東京都) 写真提供:さん 明治神宮のおみくじは、「大御心(おおみごころ)」と言います。 このおみくじには、 吉凶の順番が書いてないんです。 大御心には、明治天皇と、昭憲皇太后(しょうけんこうたいごう)がよまれた生活の教訓になるような30首の和歌とその和歌の解説が書かれています。 英語バージョンもあるので、海外観光客からも人気を集めています。 凶が多い浅草寺(東京都) 写真提供:さん 浅草寺のおみくじは、 凶が多いと言われています。 おもてに書いてある内容は、裏にわかりやすく解説がついています。 五文字の漢文は、今後の生活について説明している言葉なので、生活の指針にしやすいですね! 縁結びで女性に人気、東京大神宮(東京都) 東京大神宮には、恋愛に関するおみくじが何種類も置いてあります。 そのなかでも、 縁むすびみくじは、小野小町など有名な歌人がよんだ恋の歌と、花の絵が書いてあるんです。 また、おみくじからは、花のいい香りがします。 本のしおりとしても利用できる形になっていて、カワイイですね! 「幸せおみくじ」秩父神社(埼玉県) 秩父神社は、恋愛系のおみくじが豊富で、「幸せおみくじ」というおみくじは、 水につけるとおみくじの内容が浮かび上がる仕組みになっているんです! 見た目もカワイくてついひきたくなりますね。 「オリジナル月見くじ」阿佐ヶ谷神明宮(東京都) 写真提供:さん 阿佐ヶ谷神明宮では、 月みくじというおみくじがあります。 この神社オリジナルのもので、誕生月のものを引くおみくじです。 月みくじには、 大大吉も入っているそうです。 大大吉を引いてみたいですね! 女性に人気「鯛みくじ」川越氷川神社(埼玉県) 写真提供:さん 川越氷川神社の、 「一年安鯛みくじ」と 「あい鯛みくじ」は、竿でおみくじを釣ります。 色も、「一年安鯛みくじ」は赤色、「あい鯛みくじ」はピンク色でかわいらしく、女性から人気です。 池に浮かべて占う八重垣神社(島根県) 八重垣神社には、良縁の占いができるおみくじがあります。 八重垣神社にある『鏡の池(かがみのいけ)』に「占い用紙」浮かべ、10円もしくは100円を乗せると、文字が浮かび上がり、 用紙が早く沈むと近いうちに良縁が訪れるそうです。 また、近くに沈むと近くにいる人、遠くに沈めば遠くにいる人と結ばれると言われています。 まとめ いかがでしたか? おみくじの順番は、 大吉 >吉>中吉>小吉>末吉> 凶であることや、 縁談は結婚に関する出会いであるなどおみくじの意味も紹介しました。

次の