日本 産婦 人 科学 会。 日本産科婦人科学会学術講演会|公益社団法人 日本産科婦人科学会

公益社団法人 日本産科婦人科学会

日本 産婦 人 科学 会

第142回近畿産科婦人科学会総会ならびに学術集会のWeb開催について 本邦における新型コロナウイルス(COVID-19)感染に関しましては、緊急事態宣言は解除されましたが、引き続き外出の自粛や移動制限などは継続され、未だ予断を許さない状況が続いております。 本学術集会開催の是非や方法について、慎重に議論を進めました結果、現地開催を断念しWeb開催のみとすることが理事会で決定されました。 Web学会の開催期間は、6月27日(土)から7月3日(金)の7日間を予定しております。 日本産科婦人科学会専門医研修出席証明・日本専門医機構単位・日本産婦人科医会の研修参加証明書も取得できます。 詳細は随時、学術集会ホームページにてご案内いたしますので、ご確認くださいますようお願い致します。 尚、講演演者をお受けいただいております皆様、一般演題(口演)をご登録いただきました皆様には、ご発表等に関する詳細を運営事務局からご連絡をさせていただきますので、何卒ご協力を賜りますようお願い申し上げます。 大変厳しい状況下ではございますが、皆様にとってお役に立てる学術集会の開催を目指して、準備を進めてまいります。 オンライン参加登録期間:6月1日(月)-28日(日)予定 ご発表データ登録期間:6月8日(月)-26日(金)予定 オンライン参加登録などの詳細は、「参加者の皆さまへ」をご確認ください。 **2020年5月1日更新**• 第142回近畿産科婦人科学会学術集会プログラム掲載いたしました• 第143回近畿産科婦人科学会学術集会、研究部会第1回予告掲載いたしました **2020年2月14日更新**• 第142回近畿産科婦人科学会学術集会「演題募集期間」終了致しました **2020年1月30日更新**• 第142回近畿産科婦人科学会学術集会「演題募集期間」を2月10日まで延長致しました• **2020年度学術集会日程**• 第142回近畿産科婦人科学会学術集会 2020年6月27日-28日• 第143回近畿産科婦人科学会学術集会 2020年10月25日 **2019年10月1日更新**• 第142回近畿産科婦人科学会学術集会ご案内(第1回予告) 関連学会・研究会からのお知らせ• 7月開催予定の母体保護法指定医師研修会(大阪府開催)は 延期となりました。 今後の開催は検討中• 日程未定 その他お知らせ•

次の

第67回日本産科婦人科学会学術講演会

日本 産婦 人 科学 会

第142回近畿産科婦人科学会総会ならびに学術集会のWeb開催について 本邦における新型コロナウイルス(COVID-19)感染に関しましては、緊急事態宣言は解除されましたが、引き続き外出の自粛や移動制限などは継続され、未だ予断を許さない状況が続いております。 本学術集会開催の是非や方法について、慎重に議論を進めました結果、現地開催を断念しWeb開催のみとすることが理事会で決定されました。 Web学会の開催期間は、6月27日(土)から7月3日(金)の7日間を予定しております。 日本産科婦人科学会専門医研修出席証明・日本専門医機構単位・日本産婦人科医会の研修参加証明書も取得できます。 詳細は随時、学術集会ホームページにてご案内いたしますので、ご確認くださいますようお願い致します。 尚、講演演者をお受けいただいております皆様、一般演題(口演)をご登録いただきました皆様には、ご発表等に関する詳細を運営事務局からご連絡をさせていただきますので、何卒ご協力を賜りますようお願い申し上げます。 大変厳しい状況下ではございますが、皆様にとってお役に立てる学術集会の開催を目指して、準備を進めてまいります。 オンライン参加登録期間:6月1日(月)-28日(日)予定 ご発表データ登録期間:6月8日(月)-26日(金)予定 オンライン参加登録などの詳細は、「参加者の皆さまへ」をご確認ください。 **2020年5月1日更新**• 第142回近畿産科婦人科学会学術集会プログラム掲載いたしました• 第143回近畿産科婦人科学会学術集会、研究部会第1回予告掲載いたしました **2020年2月14日更新**• 第142回近畿産科婦人科学会学術集会「演題募集期間」終了致しました **2020年1月30日更新**• 第142回近畿産科婦人科学会学術集会「演題募集期間」を2月10日まで延長致しました• **2020年度学術集会日程**• 第142回近畿産科婦人科学会学術集会 2020年6月27日-28日• 第143回近畿産科婦人科学会学術集会 2020年10月25日 **2019年10月1日更新**• 第142回近畿産科婦人科学会学術集会ご案内(第1回予告) 関連学会・研究会からのお知らせ• 7月開催予定の母体保護法指定医師研修会(大阪府開催)は 延期となりました。 今後の開催は検討中• 日程未定 その他お知らせ•

次の

利益相反状態開示方法|公益社団法人 日本産科婦人科学会

日本 産婦 人 科学 会

(申請) 第1条 公益社団法人日本産科婦人科学会が作成・編集した刊行物に掲載された図表の転載を希望する者(以下「申請者」と略す。 )は、すべて公益社団法人日本産科婦人科学会に転載を申請しなければならない。 但し、出版社が別にある場合には当該会社に申請する。 (許可) 第2条 前条の申請があった場合、該当委員会の決議を経て、理事長がこれを許可する。 2.前項により許可した場合には、理事長は理事会に報告するものとする。 (料金) 第3条 学術、教育などの目的のうち公益目的その他非営利目的による転載の場合は、無料とする。 2.特定の企業の営利活動やその他の営利を目的とする転載の場合は、所定の転載料を支払うものとする。 3.前項の場合、転載料は、原則として図表1点につき10円(税別)とし、これに発行部数を乗じて算出するものとする。 (転載条件) 第4条 申請者は、転載先著作物の引用文献欄に、転載元刊行物名、頁数、発行年を明記した上で、図表説明文に刊行物名、発行年を記載するものとする。 ただし、引用文献欄がない場合は、図表説明文に刊行物名、頁数、発行年を記載するものとする。 2.申請者が、転載許可対象の図表を一部改変して掲載しようとする場合は、事前に該当委員会に内容を明示して、申請しなければならない。 理事長がこれを許可した場合は、改変した内容についての記載を図表の説明文に加えるものとする。 (変更) 第5条 この規程は、理事会の決議を経て変更できるものとする。 附則 この規程は、平成24年4月1日から施行する。

次の