笠井 タイムズ 人生 プラマイ ゼロ が ちょうど いい。 笠井アナ、悪性リンパ腫は「予後の悪いタイプ」 開設ブログで説明

笠井アナが心境告白。旅番組でも辛そうで悪性リンパ腫発覚きっかけは…

笠井 タイムズ 人生 プラマイ ゼロ が ちょうど いい

闘病についてつづるブログの開設を予定していることをか明かした。 番組では「びまん性大細胞型B細胞リンパ腫」という病名や、病状などを説明した笠井アナ。 治療期間は4~6ヵ月かかるそうでMCの小倉智昭が「あなた休みながら仕事したがるから、それが心配なんだよね。 安静だからね?」と話を振ると、笠井アナは図星を突かれたような表情を見せた。 笠井アナは「でもまぁ……書いたりはできるんじゃないかなと」と言い、「やっぱり発信していかなければって思いがどこかにある。 ブログも入院したら始めようと思ってる」とブログ開設を予告。 番組のテロップでは「『笠井TIMES 人生プラマイゼロがちょうどいい』で闘病生活をつづる」とブログのタイトルも紹介された。 ブログ開設の理由について笠井アナは、長期間テレビなどから姿を消すことに不安があると明かし、「どこか繋がっていたいという思いがある。 それが自分の(闘病の)助けになるんじゃないかなと。 甘えなんですけど」とコメント。 さらに「同じ病気の人たちのためにとかあまりそういうところまでいけてなくて、自分が頑張ってる姿を見て、もしかしたらそれで共感してくださる方もいるかもしれませんけど、誰かが自分の戦いを見ていてくれることで自分の力づけにしようとしてます」と正直な思いを語った。 また、『とくダネ!』では笠井アナの闘病に完全密着する模様をシリーズで放送することがテロップで告知された。

次の

悪性リンパ腫公表の笠井アナ、ブログ開設を予告!闘病もシリーズで放送

笠井 タイムズ 人生 プラマイ ゼロ が ちょうど いい

16日のイベントで司会を務めていた笠井。 いつも通りの軽妙なトークで沸かせていた 悪性リンパ腫が公になった元フジテレビのフリーアナウンサー、笠井信輔(56)が、今月上旬の告知後もほぼ連日、仕事を続けていることが18日、分かった。 所属事務所を通じて病名を正式発表したこの日も、民放の情報番組の収録に参加。 19日には9月末に退社した古巣のフジテレビ系「とくダネ!」(月~金曜前8・0)に生出演し、近日中に控える入院を前に病状報告を行う。 悪性リンパ腫を公表したこの日、笠井のインスタグラムにファンや同じ病の患者らから激励のコメントが相次いだ。 「また元気な笑顔を見せてください!待ってますよ」「同じ病気です。 絶対に負けないでください。 」「私は治らないタイプの悪性リンパ腫のステージ4です。 今は良い病院で良い先生に会えて抗がん剤やってます。 1歳の娘のために、私は生きないといけない」などの声が寄せられた。 笠井は新たに始めるブログ「人生プラマイゼロがちょうどいい」で闘病生活を明かす予定という。

次の

笠井アナが心境告白。旅番組でも辛そうで悪性リンパ腫発覚きっかけは…

笠井 タイムズ 人生 プラマイ ゼロ が ちょうど いい

悪性リンパ腫を公表したフリーの笠井信輔アナウンサーが22日、ブログを開設し、病状について新たに分かったことなどを報告した。 笠井信輔アナウンサー 『笠井TIMES 人生プラマイゼロがちょうどいい』と題したブログで、今回悪性リンパ腫を公表したことで、インスタグラムのフォロワー数が300人から3万人に急増したという笠井アナ。 「足し算の縁と引き算の縁」という考えに基づき、「この3万人もの方たちは、私が『悪性リンパ腫』になったから繋がれた人たちです。 皆さんの応援メッセージにとても励まされています。 中でも『がん』の方、『悪性リンパ腫』の方、さらには私と同じ『びまん性大細胞型B細胞リンパ腫』の方から『治りました!』『私も闘っています』という声が続々と届いているんです」という。 その上で、「『病気になったとたんにフォロワーが増えるとは…』じゃないんです。 病気になって山のような仕事が失われましたが、その代わりに、新たな人たちとの絆が生まれる。 やっぱり、これって素敵なことだと思うんです。 腐ってる場合ではありません」と奮起したようだ。 そしておととい、主治医の先生から家族に対して、細かな治療方針の説明があったことを報告。 「新たに分かったことは、びまん性大細胞型B細胞リンパ腫の中でも、私は『予後の悪いタイプ』だということ。 そのため、『通常より一段階強い抗がん剤治療を行う』ことが明かされました。 右胸にCVポートを手術で埋め込んだのも、強い抗がん剤治療をスムーズに行うためだということもわかりました」とし、「明日、月曜日、ついに抗がん剤治療が始まります。 が・ん・ば・る! 」と決意を新たにした。 予めご了承ください。 関連記事•

次の