どっ こ から あらすじ ネタバレ。 湊かなえ『カケラ』あらすじとネタバレ感想!美しさや健康から見える人の本性|よなよな書房

【東宮】10・11・12話あらすじとネタバレ感想|胸糞クソクソ

どっ こ から あらすじ ネタバレ

『M 愛すべき人がいて』の原作小説ネタバレ 『M 愛すべき人がいて』は、平成の歌姫・浜崎あゆみと、エイベックスの専務・松浦勝人の禁断の恋を描いたラブストーリーです。 ドラマ『M 愛すべき人がいて』は、2019年8月1日に幻冬舎から出版された大ヒット同名小説をドラマ化したものとなります。 私も去年小説を読みましたが、日本を代表する歌手・浜崎あゆみの原点を知ることができて嬉しく思いましたし、小説としてもとても面白い内容でした。 今回、テレビ朝日系列・AbemaTVで放送される『M 愛すべき人がいて】は、松浦勝人役に三浦翔平、浜崎あゆみ役に安斉かれんさんということで、あゆ役の安斉さんの歌声がとても気になるところです。 そんな『M 愛すべきひとがいて』の原作小説を説明していきます。 浜崎あゆみと松浦勝人との出会い 2016年末、離婚を経てアメリカの家を引き払い、年明けに日本に戻ってきた浜崎あゆみ。 そんな浜崎を空港で出迎えたのは言わずと知れたエイベックスの専務・松浦勝人でした。 久しぶりの再会に、驚きと過去の切ない記憶が鮮明に蘇りました。 なぜなら2人は恋人同士だったから。 松浦がこの日、浜崎を迎えに来たのには意味がありました。 2人はその後、レストランで食事をしながら幾つかの会話を交わしました。 そこで、松浦は浜崎を迎えに来た理由を告げます。 それは、もう一度自分が今後の浜崎さんの活動をサポートしたいという内容でした。 ここで話は、約20年前の浜崎さんと松浦さんの出会いに遡ります。 母子家庭で母親と祖母と暮らすあゆ(浜崎あゆみ)。 家計を支えようと、中学生の頃から「浜崎くるみ」として芸能活動をしていました。 ですが、芸名が気に入らず、翌年には本名の「浜崎あゆみ」に戻して活動します。 高校の芸能コースに進学したあゆは、学校になかなか馴染むことができませんでした。 なので学校では友達を作ろうとせず、いつも同じ事務所の女優・メイと毎日遊びに明け暮れていました。 メイと一緒に年齢を誤魔化して入っていたディスコ「ヴェルファーレ」。 1994年12月に六本木にオープンし、当時爆発的人気を誇っていた最新のディスコでした。 スタッフはあゆのことを未成年だと気づいていましたが、通い続けているうちにスタッフとの仲が深まり、許容されるように。 そんなあゆは週に2、3度ヴェルファーレに足繁く通い続け、ある日スタッフの計らいで初めてVIPルームへ案内されました。 そこでついに、エイベックス専務・松浦勝人と出会うことになります。 この出会いが、あゆの人生を大きく変えるきっかけとなったのです。 マサの言葉を信じてあゆが歌手を目指す 当時、松浦は「Max Matsuura」として既にとても有名な存在でした。 最初はあゆに対しそっけない対応だった松浦。 しかし、その年の「ヴェルファーレ」のカウントダウンイベントに入場することが出来た浜崎さんは、再度VIPルームに通され、松浦と電話番号を交換するに至ります。 フロアのスタッフによると、当時、松浦さんはVIPルームで次のスターとなる、宝石の原石を探していたとのこと。 マサ(松浦勝人)とあゆは、密に連絡をとるようになり、2人の仲は徐々に深まっていきます。 マサから呼び出されれば、あゆはすぐにどこへでも向かいました。 その頃はまだ自分の気持ちには気づいておらず。 有名人への憧れとして、マサと関わっていました。 そんなマサは、なぜかいつもあゆの歌を聴きたがりました。 その頃のあゆは、以前にミニアルバムは出していたものの、歌うことがあまり好きではありませんでしたが、マサが喜ぶならと、いつも「ヴェルファーレ」のVIPルームにあるカラオケで歌声を披露していました。 成功しているマサと一緒にいることで、あゆの心にも次第に変化が生まれます。 自分は果たしてこのままでいいのかと。 ステップアップしたい。 マサにもっと近い存在でありたい。 そう感じたあゆは、意を決して入学した高校を早々に中退します。 マサに高校を辞めたことを伝えると、なんとエイベックスで歌手になることを薦められました。 マサはあゆをプロデュースし、日本で知らない人がいないくらいの歌手に育て上げると宣言します。 当時のマサは、あゆが不安な顔をするたびに、「俺を信じろ」と言っていたそうです。 あゆはマサの言葉を信じ、歌手になることを決意します。 決断したのも束の間、プロデューサー松浦勝人はさっそく行動に移します。 なんと、あゆを1年間単身でニューヨークに留学させたのです。 初めての海外。 慣れない英語。 厳しいレッスン。 不安でいっぱいな毎日。 あゆの心はだんだんと擦り減っていってきました。 その度に思い出すのはマサのこと。 次第にあゆの中でのマサの存在がとても大きくなっていきました。 ニューヨークで厳しいレッスンを受けている時、1度だけマサがあゆに会いにニューヨークに来てくれました。 その時、あゆはマサに恋愛感情を抱いていることに気が付きます。 留学を乗り越え、無事に日本に帰国したあゆにマサから、「作詞」という新しいミッションが課されます。 その歌詞はとても心に響くもので、マサは隠されたあゆの才能に心の底から驚きました。 それからというもの、あゆにたくさんの作詞をさせていきました。 それはすべて、マサへの気持ちを綴った嘘偽りのない言葉たち。 マサへのラブレターを日々綴っているうちに、どんどん想いが大きくなり、ついにあゆはマサへ本物のラブレターをFAXして送りました。 あゆの実家に出向いたマサは、あゆの家族に自分があゆと付き合っていることを告げ、晴れて付き合うことに。 ふたりは一緒に暮らすことになりました。 浜崎あゆみの成功とは裏腹に2人はすれ違う マサとあゆは最初こそとても幸せに過ごしましたが、その時間は長くは続きません。 マサのプロデュースにより着実に人気を付けていったあゆは、周囲にマサとの関係を絶対に知られるわけにはいきません。 あゆは多忙を極め、休日がなくなり、マサともすれ違いの日々。 マサは、自分が作り上げた「浜崎あゆみ」という歌手が、コントロールできないくらいに大きな存在へと成長したこと、浜崎あゆみと自分が交際していることに重圧を感じるようになります。 そして、マサは次第にふたりで暮らしていた部屋に戻らなくなりました。 そんな時、マサが「ヴェルファーレ」で毎晩酒を浴びるように飲み、女の子を連れまわしているという噂をあゆは耳にします。 あゆはそのことに大きなショックを受け、仕事から逃げ、逃亡してしまいます。 別れから名曲「M」が誕生する 1人でホテルに閉じこもっていたあゆ。 このままではいられないと心を改め戻ってきたあゆは、松浦への別れの歌を作詞します。 そこで生まれたのが、大ヒットした名曲「M」です。 しばらくしてマサは拠点をハワイに移すこととなり、2人の恋愛は、そこで確実に終止符を打つこととなりました。 あゆはこの先、マサ以上に誰かを愛することはないと確信しました。 時は流れ、2019年。 あゆはマサの宣言通り、日本で知らない人はいないであろう歌手に成長し、平成から令和への時代をまたぐコンサートツアーに向けて、忙しく活動に追われていました。 そんな中、マサが帰国し、2人は再会を果たします。 日本を代表するプロデューサー・松浦勝人と、日本を代表する歌手・浜崎あゆみ。 お互いを愛する関係ではなくなりましたが、時が経ち、2人の絆は強く結ばれ、信頼できるパートナーとなりました。 2人の第二章は始まったばかりです(完)。 スポンサーリンク 『M 愛すべき人がいて』の最終回ネタバレ(予想) ドラマ『M 愛すべき人がいて』では、原作通り、ヴェルファーレ(ディスコ)でアユ(安斉かれん)はマサ(三浦翔平)と出会い、歌手となるためレッスンを重ねると共にマサと恋に落ちるが、互いの立場によってすれ違っていく様子が描かれるでしょう。 そして、別れの悲しみから名曲「M」が誕生します。 最終回は、時は流れ、2020年(現代)。 アユとマサが再開、再び恋人関係になることはないが、過去を振り返る微笑ましいラストを向かえます。 更に、ドラマ版のオリジナル要素として、浜崎あゆみさんご本人からのメッセージもしくは本人役出演で物語が締め括りを迎えると予想します。 ドラマ『M 愛すべき人がいて』で主人公のアユを演じる安斉かれんさんですが、雰囲気が当時の浜崎あゆみさんそのもので、大変期待しています。 ドラマ初主演とのことで、演技力に注目しています。 その一方で「M]こと、プロデューサー・マサを演じる三浦翔平さんは、他ナイトドラマや映画などで活躍し、実力派イケメン俳優と言われるのも納得の人です。 ドラマを継続して見るかどうかは、やはり演技力と脚本です。 脚本は人気作家の鈴木おさむさんということで、すごく面白いドラマになっていると予想できます。 また、物語とは切っても切り離せない90年代ミュージックが、当時の懐かしさを感じさせます。 同じくデビューを目指すライバルたちからの嫉妬やひがみを呼び、アユはライバルたちから壮絶な嫌がらせをうけますが、しかし、アユは自分の才能を見出してくれたマサの言葉だけを信じ嫌がらせに耐えながらレッスンに打ち込むうちに、いつしかマサへの信頼感が彼への恋心に変わっていきます。 結果的にアユが1990年代、2000年代を代表する歌姫として成り上がっていく様を描きながら、今まで表には出ることの無かった「M」氏との恋愛事情、プロデューサーとのビジネスパートナーとしての関係性、この2つがどう描かれていくのかが、ドラマの見どころとなるでしょう。 『M 愛すべき人がいて』各話のあらすじ 2020年4月18日からテレビ朝日系にて放送開始される安斉かれん・三浦翔平さん主演の連続ドラマ『M 愛すべき人がいて』の各話あらすじネタバレを、放送後に随時更新してお届けしていきます。 所々で礼香は怪しく怖さも感じ猟奇的な雰囲気を漂わせる、そんな田中みな実さんの演技にゾクッとしてしまいました。 何故か上手な気がして凄いと思って見てしまいました。 あのデビュー曲がこんな想いで出来上がり、最後はマサを想い書いた詞だと知る事が出来た場面でした。 マサを逃がさないと言わんばかりの執念が伝わる場面でした。 マサに負け、だんだんと悔しがる様子が異様になって来ていて、大浜社長も猟奇的な表情をする事が増えてきて怖さを感じる場面でした。 関連記事 6話のあらすじネタバレ 『M 愛すべき人がいて』6話のあらすじネタバレは、2020年6月27日(土)23:15の放送後こちらに追加します。 今しばらくお待ちくださいませ。 『M 愛すべき人がいて』の基本情報• タイトル:M 愛すべき人がいて• ドラマ公式URL• ドラマ公式Twitter• ドラマ公式ブログ• 主演:安斉かれん・三浦翔平• ジャンル:ヒューマンドラマ• 放送局:テレビ朝日系• 放映日時:土曜 23:15 — 24:05• 浜崎あゆみ(アユ)役を安斉かれん、松浦勝人(マサ)役を三浦翔平が演じます。 ドラマ『M 愛すべき人がいて』は、無名だった浜崎あゆみが、松浦勝人に出会い、日本のトップアーティストになるまでの道のりとは裏腹に、松浦との大恋愛から別れまでの苦悩を、放送作家・鈴木おさむの脚本で描きます。 キャストは、浜崎あゆみ(アユ)役を安斉かれん、松浦勝人(マサ)役は三浦翔平が演じる。 原作を読みましたが、暴露本と揶揄されたこともありましたが、決してそうではない、当時のあゆの本当の気持ちが伝わる作品です。 キャスト一覧• アユ:安斉かれん 「平成の歌姫」と呼ばれるカリスマアーティストとなる• マサ:三浦翔平 レコード会社「A VICTORY」を設立、名プロデューサー「マックス・マサ」として活動• 流川翔(るかわ・しょう):白濱亜嵐 レコード会社「A VICTORY」の社員、専務のマサ直属の部下• 姫野礼香(ひめの・れいか):田中みな実 レコード会社「A VICTORY」の社員で眼帯姿のマサの秘書• 大浜:高嶋政伸 レコード会社「A VICTORY」代表取締役社長• 中谷:高橋克典 上京したアユが所属する芸能事務所・中谷プロの社長• 輝楽天明:新納慎也 レコード会社「A VICTORY」のカリスマプロデューサー• 幸子:市毛良枝 アユの祖母• 椎名里見:上野なつひ アユの親戚• 玉木理沙:久保田紗友 歌手を目指すアユの同級生• 西谷真理:傳彩夏 ダンサー• 佐山尚樹:水江健太 西麻布BAR SILVERのバーテンダー• 天馬まゆみ:水野美紀 ニューヨークに渡ったアユを指導する鬼講師• 野島美香:河北麻友子 アユのマネージャー• 吉田明日香:田中道子 社長秘書• 3人組ユニット「OTF」:和田颯(Da-iCE)、Hina(FAKY)、栗原陸人• 水島:大鶴義丹 音楽番組を手掛ける番組プロデューサー• 黒川誠:モト冬樹 音楽界の大物プロデューサー スタッフ一覧• 原作:M 愛すべき人がいて 作者:小松成美 出版社:幻冬舎• 脚本:鈴木おさむ• 音楽:沢田完• 主題歌 曲名:M 歌手:浜崎あゆみ レーベル:avex trax• ゼネラルプロデューサー:横地郁英(テレビ朝日)• プロデューサー:服部宣之(テレビ朝日)、谷口達彦(AbemaTV)、山形亮介(角川大映スタジオ)、佐藤雅彦(角川大映スタジオ)• アソシエイトプロデューサー:川島彩乃(AbemaTV)• 演出:木下高男、麻生学• 企画:藤田晋(AbemaTV)• 制作:テレビ朝日• 制作協力:角川大映スタジオ 各話の視聴率 『M 愛すべき人がいて』各話の放送後、視聴率がわかり次第情報を追加します。

次の

カカフカカネタバレ55話/11巻!最新話の感想&あらすじもチェック!

どっ こ から あらすじ ネタバレ

の一次審査の結果を待つ4人。 サイトに音源を公開し、一般からの投票数を競う 一次審査に残れるのは上位50組まで。 このままでは一次審査も通過できない。 町でビラ配り、テレビに出るなど、 知名度を上げる方法を考えるがうまくいかない。 「楽曲で勝負しろ!音楽を信じろ!」と 訴えるシズマに「頭固すぎ、ジジイかよ」と あきれ顔の3人。 自分そっちのけで話を勧めることが 気に入らないシズマは起こりだしてしまい、 楽屋を出ていこうとするが扉が開かない。 「もしかして…閉じ込められてる!?」 「それ、引くヤツ」 引く扉を押していたことに気づき、 扉に八つ当たりしながら出て行ってしまうシズマ。 「まったく…、ガンコなんだから」 「そのうえ天然」 「リアクションも独特だよね~」 その会話でコバがひらめいた。 有名になる手段、 それは小学生がなりたい職業第一位の、 アレだ。 「YouVideoの有名人はすげえ有名だ」という ひどく安直な発想だが、 やらないよりは投票数の足しになるだろう。 「珈琲ルアン」という喫茶店の全面協力のもと、 シズマをひっかけておもしろ動画を撮ることにした3人。 「バンドのリーダーであるシズマにドッキリをしかけ、 妙におかしい彼の人間性を知ってもらいたい」と テツが動画の趣旨を説明し、 さっそく3人は店内に入っていった。 このドッキリにはものすごく乗り気だ。 2階を貸し切ってモニタールームにして、 仕掛け人・大迫とシズマのやり取りを、 事前に仕掛けた隠しカメラで モニタリングすることにしたコバ、テツ、オギノ。 「一次審査の結果を待つ」という名目で 呼び出したシズマに、 全員が遅刻の連絡をしたところでドッキリスタート。 ドッキリの内容は単純で、 シズマがアイスコーヒーに必ず入れるガムシロップの中身が 塩水になっており、アイスコーヒーが 塩味になってしまう第一段階、 マスターが1度ならず2度までも アイスコーヒーをこぼしてしまう第二段階、 そして最後にアイスコーヒーを警戒させておいて、 差し入れた水をこぼすという第三段階だ。 普通なら激怒してもおかしくない展開だが、 シズマは怒るどころかまずい塩水コーヒーを 全て飲み干してしまう。 しかも完全にマスターのミスであるにもかかわらず、 「すいませんでした」と謝ってしまうシズマ。 しまいには「体調悪いんですか?」と マスターを気遣う始末。 シズマの独特のリアクションと神対応に感心する3人だが、 ドッキリとしては物足りない展開。 予定していなかったダメ押しのドッキリを提案するコバに、 マスターは何かを思いついたようだ。 「感想も聞かせてほしい」と、 マスターは言葉巧みにシズマの遠慮をかわす。 まかないのパスタとおでんをめちゃくちゃに煮込んだ スープパスタおでんには、ハバネロスパイスがふりかけられており、 辛いものが苦手で寿司もさび抜きのシズマは、 ハバネロ入りおでんを一口食べただけで悶絶。 しかし、シズマは水をがぶ飲みしながらも スープパスタおでんを食べ続けた。 「おいこのままじゃ体壊すぞ…」 「ちょ、僕止めてきます!」 思わぬ展開にテツがモニタールームを飛び出して シズマのところに向かう。 しかし時すでに遅く、 下に降りたときには激辛(激マズ)スープパスタおでんを 完食したあとだった。 当然「あまりおいしくなかった」の一言だが、 「なぜおいしくないものを完食したのか」という問いかけに、 シズマは考えながら答えた。 「それは、マスターのお詫びの気持ちだと思ったから…」 「それだけで?」 「…なんつーか、俺、仲間とケンカして、 思わずカッとしちゃったことを反省してて。 これからは、誰かに嫌な思いをさせたくないなあって…」 シズマのやさしさに、言葉の出ない3人。 「おいしくないのはわかってる、自分にはセンスがない」と 落胆するマスターを慰めるシズマ。 「マスターの気持ち、ちょっとわかります」 「はい?」 「俺、バンドやってるんですけど、 バンドのメンバー、俺以外はみんないいところあるんです。 ベースのやつは、とにかく技術があるし。 パーカッションは明るくて面白くて、MCで盛り上げてくれるし。 ドラムは、イケメンで人気があるし。 その上バンドのアドバイスもしてくれて! リーダーのくせに、なんつうか、良いところがない気がして。 その焦りもあってケンカしちゃって…。 今日は謝りたいんですけど、誰も来ねえし… やっぱ、リーダー向いてないのかな、って。 だから、俺、マスターの気持ちわかるんですよ! けど俺、このバンドが好きだから! ダメなりに支えていきたいんです!! だから、マスターもあきらめずに次のメニューを」 「シズマお前ダメじゃない!!」 シズマの独白を聞いていたコバが1階に飛び込んだ。 シズマを怒らせるためのドッキリは、意外な展開を見せた。 ほら、そこカメラ」 複数台のカメラと見知らぬおじさんに モニタリングされていたことを知り、 呆然とするシズマ。 ケンカの仕返しをするために仕掛けたドッキリだったが、 逆にドッキリさせられたコバ、テツ、オギノ。 想像を絶する人の好さを発揮したシズマに、 3人は改めて感動した。 「でもよかったあ~、俺、 だんだんこの店が心配人って来ちゃって…。 え、ひょっとして、 俺がマスターに言ったバンドの事、 聞いてた…?マジかよ~」 「あのさあ、一応言っとくけど、 リーダーはシズマしかいねえから」 「オギノもそう思ってる」 「まあ、兄貴がバンドのこと 一番に考えてるっていうのは、認める」 気持ちを確かめ合う4人。 やはり、4人でなければ悲しみの向こう側には 行けないのだ。 「…みんな、ありがと。 昨日は、 ごめんな。 知名度上げるっていうのも、 バンドを思ってだったのに…」 「俺たちこそ、ごめん」 「シズマが音楽で勝負したいっていうのも、 バンドを思って、だしね」 次第に調子に乗り、 遠い目をして窓の外を眺めるシズマ。 そして、結果的に俺たちの音源も 聞いてもらえることになり…。 5日後、俺たちのもとに DENGEKI ROCK FES. 1次審査通過の連絡が入った。 歌詞作りにかけられる時間はたった1日……。 「朝焼けが一望できる場所に行かなきゃ」と 我儘を言う作詞担当のシズマを メンバーが連れて行ったのは、 オギノの自宅だった。 畑の中にポツンと佇むアパートに着いた一行。 早速、作詞に入ると思いきや! 4人はいつの間にか気を失い、 目を覚ますとまる1日が経過していた! 一体、何が起きたのか!? いよいよ急がなければいけない状況だが、 「歌詞の神様が降臨しない」と、 アロマを炊いたり、シャワーを浴びたりと、 やりたい放題のシズマ。 10年前のシズマとの出会いを回想するオギノ…。 果たして無事に歌詞は完成するのか? 『正しいロックバンドの作り方』を動画配信は? ドラマ『 正しいロックバンドの作り方』の動画配信は、 日本テレビの制作という事もあり、 Huluでされます。

次の

鬼滅の刃187話のネタバレ&あらすじ!無惨を倒した剣士をナデる女性 | 8ラボ(はちらぼ)

どっ こ から あらすじ ネタバレ

この記事の目次• ドラマ「東京ラブストーリー2020」第11話 最終回 のあらすじ リカから妊娠の話を聞き、言葉を失ってしまった完治。 自分がどういう行動をとることが正解なのかわからずにいた。 数日後、完治のケータイに和賀から着信が。 話があると呼びだされ、和賀が働く会社に向かうことに。 「 単刀直入に聞く。 リカのこと愛してるのか?」 リカが今自分の家にいること、プロポーズをしたこと、春ごろにリカを抱いていてお腹の子供が自分の子かもしれないということを話す。 完治は興奮し掴みかかっていくが、和賀の真剣な思いに言葉がでないのだった。 その日の夜、リカからも着信があり会うことに。 「 私ね、和賀さんと結婚するんだ。 」 お腹の子も完治の子ではなかったということで、2人の関係は本当に終わってしまうのだった…。 ある日、三上が働く病院に尚子が姿が。 「花嫁姿、見に来てよ。 そしたらあきらめもつくでしょ?」 そう言って結婚式の招待状を渡してきた尚子に、三上が呟く。 「誰のあきらめ?」 尚子は何も言わず去っていくのだった…。 リカとの関係も終わり、少しスッキリしていた完治の家に和賀が慌てた様子でおとずれる。 部屋に入るや否やリカはどこだとまくしたてる和賀に、何があったのかわかわずにいた完治。 話を聞くと、完治とよりを戻すことになったと書いたメモをおいて、 リカがいなくなってしまったということだった! \ 2週間 無料視聴可能!/ 2週間以内の解約で料金が一切かかりません ドラマ「東京ラブストーリー2020」第11話 最終回 の見どころ ドラマ「東京ラブストーリー2020」第11話 最終回 の見どころについてご紹介します。 最終回ということで、結局は言ってしまえばすべてが見どころなんですが。 笑 それでもやはり1番の見どころは リカと完治の恋の結末ですよね。 神父の前で2人が永遠の愛を誓おうとしているその前に三上が現れて、こう伝えるのだった。 「 花嫁姿見せたぐらいで、あきらめてもらえると思うなよ!」 心を決めた尚子は、婚約者をおいて三上のもとへ。 「私が私の意思で、あなたと生きていくの。 」 そういって2人は、式場をあとにするのだった…。 リカがいなくなったと聞き、完治は綿あめを一緒に食べると約束していたお祭りに向かう。 海岸で浴衣姿のリカを発見する。 和賀との結婚も一瞬考えたが、やっぱりお腹の子供と2人で生きていくことを決めたというリカ。 そんなリカに、完治も最後の告白をする。 「リカのこと愛してる。 」 そう言って、リカを抱きしめるのだった。 2人は約束のお祭りにいくことに。 これまでの事はすべてなかったかのように昔に戻って祭りを楽しんだリカと完治。 最後に約束の綿あめを買ってくると言い出したリカ。 一緒に行こうとする完治に対して、ニコニコしながら「一人で行きたいの」と。 完治は座って待つのだったが、 そこにリカが帰ってくることはなかった…。 そこから時は流れ、数年後。 三上と尚子が愛媛から東京に帰ってきていた。 完治は大事な報告があるということで、2人をカフェに呼び出す。 そこにさとみもあらわれて、結婚することを伝える。 「やっとかよ。 どんだけ遠まわりしてんだよ 笑 」と祝福する三上と尚子。 カフェからの帰り道で、三上が完治に聞く。 「あ、そう言えばリカって今何してんの?」 「こないだ雑誌で見たよ。 注目の現代アーティストって紹介されてた。 」 すると三上が 「へ〜、じゃあ長尾がリカをニューヨークに行かせたのも間違いじゃなかったってことか…。 」 リカは子供と2人ニューヨークに渡り、有名アーティストとなって活動しているそうだ。 「 世界のどっかで、毎日ワクワクしながら生きてるよ。 そうじゃなきゃ、赤名リカじゃないから。 」 別の地にて、リカが浜辺で小さな子供とくつろいでいる…。 子供がリカに尋ねる 「リカ!(太陽を指さして)あれって何〜?」 「あれはね、太陽だよ。 世界中どこにいても、必ずそこにあるもの…。 」 ドラマ「東京ラブストーリー2020」第11話 最終回 のまとめ.

次の