ホコリ 取り フィルター。 洗濯機のくず取りネットの取り替え頻度は?100円で交換できちゃう!

ドラム式洗濯機のホコリ掃除!乾燥フィルターと排水フィルターの掃除方法

ホコリ 取り フィルター

【目次】• 自分で簡単にできるフィルターの掃除方法 エアコンをお掃除する際、ほとんどの方がフィルターをキレイにしていると思いますが、どのようにお掃除していますか? フィルターを取り外し、掃除機でホコリや汚れを吸い取っている方が多いのではないでしょうか。 この掃除方法は決して間違っているわけではありませんが、エアコンの仕組みとフィルターの特性を理解した上でお掃除すると、より効率的に汚れを落とすことができます。 用意するもの• キレイなタオル2枚• 台所用の中性洗剤• ホコリが舞い散るのを防ぐため、まずはフィルターがエアコンに付いている状態で、フィルターやその周辺に付いたホコリを掃除機で吸い取ります。 ほとんどのエアコンは、正面から見て両サイドにパネルを上げるための凹みがあるので、両手でその凹みを掴んでゆっくりすくい上げるように開けてみましょう。 ポイントは左右の力を均等にすること。 ある程度上まで上げると「カチッ」と引っかかり、手を放しても落ちてこなくなります。 これでフィルターを外すことができます。 エアコンのフィルターは薄いプラスチックでできているため、強い力を加えると歪んだり破れてしまうことがあるので注意しましょう。 ホコリの多くはフィルターの表側に付いていますので、表側から掃除機をかけましょう。 裏側から掃除機で吸ってしまうと、ホコリがフィルターの目に詰まってしまいます。 お掃除をする2回に1回は、掃除機で吸った後に浴室でシャワーをかけて水洗いしましょう。 このとき、表面から水圧をかけると逆にホコリが詰まってしまいますので、掃除機とは逆に裏面からシャワーを当てましょう。 水洗いで落ちない汚れが付いている場合は、台所の中性洗剤を水で薄め、柔らかいブラシを使って洗うと、フィルターを傷めずにお掃除できます。 濡れたまま戻すとカビの原因になってしまいますので、しっかりと拭きましょう。 エアコンの吹き出し口とルーバーの掃除方法 エアコンの吹き出し口は、熱交換器を通った空気が出て来る最後の部分です。 ここが汚れていては部屋中に汚れた空気を撒き散らすことになるので、手の届く範囲でキレイに拭き上げます。 用意するもの• キッチンペーパー• 割り箸• コンセントが無い場合は、ブレーカーを落とします。 ルーバーは手で動かしてキチンと閉まらなくても電源を入れれば、自動で元の位置に戻ります。 軽く回して動かない機種では、無理に作業しないでください。 この部分は手が届きにくいため、お掃除棒を使うのが便利でオススメです。 作り方は非常に簡単。 割り箸にキッチンペーパーを巻き付けて、輪ゴムで止めるだけで完成です。 エアコン内部の奥にあるフィンを傷つけないように、注意しながら見える範囲を拭くようにしましょう。 手が届かない場合や自信が無い場合は、決して無理に作業せず、プロにエアコンクリーニングを依頼した方が確実です。 届かなくて椅子に乗って作業する場合は、安全のために必ず誰か下についてもらいましょう。 エアコン内部のお掃除はプロにお任せ! 吹き出し口はこの方法でキレイになりますが、カビが一番付いている箇所は、表から見えにくいエアコン内部です。 細かな凹凸がたくさんあり、手の届かないところにカビがびっしり生えている場合もあります。 ファンのカビ・ホコリを全部取るには、安全に分解した後、業務用の高圧洗浄機が必要ですので、プロに任せましょう。 プロのクリーニング後にキレイな状態を保つ方法 プロの洗浄でキレイになったエアコンのキレイな状態を保つ方法をご紹介いたします。 カビを防ぐには、中を乾燥させてから切ることが大切です。 約1時間、送風運転を行ってエアコン内部を乾燥させると、カビ予防になり、悪臭を防ぐことができます。 部屋自体のニオイやホコリを減らし、窓をこまめに開けて換気することが、エアコンのニオイ防止に繋がります。 フィルターの汚れをこまめに取り除くことで、カビの繁殖を防ぐことができます。 今回ご紹介した方法でご家庭のエアコンをお掃除してみてはいかがでしょうか。 エアコンは夏は冷房、冬は暖房と1年を通して何かと出番が多い家電です。 定期的にお掃除することを心がけて、キレイな状態を保ちましょう!.

次の

エアコン掃除が簡単にできる! 効率的な方法と道具をプロが解説

ホコリ 取り フィルター

【エアコン・フィルターの掃除】• カビとホコリがついた、エアコンのフィルターを掃除する前にエアコンのコンセントを必ず抜いてください。 エアコンの前面カバーをあけ、一旦掃除機でフィルターのホコリを吸い取ります。 フィルターを外して、お風呂場でシャワーをかけましょう。 表側からかけると水圧で目詰まりを起こしてしまうので、必ず裏面からかけるように注意してください。 シャワーだけでは落としきれないホコリは、中性洗剤とスポンジを使って洗い落としていきます。 枠の隅などスポンジでは洗いにくい部分は、古い歯ブラシを使って洗うと簡単です。 エアコンのフィルターについていたホコリやカビを洗い落としたら、陰干しをしましょう。 フィルターが充分に乾いたら、元通りにエアコンにセットしてお掃除完了です。 エアコンのカビの取り方【本体編】 【エアコン・本体の掃除】• エアコンのコンセントが抜いてあるのを確認したら、エアコンの前面カバーをあけ、フィルターを取り外します。 ハンディワイパーを使って、エアコン上部や側面のホコリをふき取っていきます。 ワイパーでは掃除しにくい吹き出し口のホコリや汚れは、水で濡らした布を使ってふき取りましょう。 フィン部分にもホコリがついていたら、掃除機で吸いましょう。 取り外した前面カバーのホコリ取りも忘れずに。 ホコリのふき取りが終わったら、エアコンのフィンにエアコンクリーナーを吹きつけます。 しっかりと乾燥させたら、最後にフィルターを元に戻して完了です。 洗い終わった直後は湿気がエアコンの中に残っているので、しっかりと乾燥させるのがポイントです。 エアコンクリーナーは、必ず説明書を確認して使用しましょう。 それでも臭いが気になるなら・・・ それでも臭いが取れない場合、素人では取れないエアコン内部にカビや汚れが付着している可能性が高いです。 その場合は無理せず、専門のクリーニング業者にお願いをしましょう 70万台のエアコンクリーニングの実績を持つ「おそうじ本舗」がおすすめです。 エアコンを分解し、奥や細かい部分のカビ・汚れも徹底的に洗浄。 さらに特性の防カビ剤を噴霧してくれるから、きれいも長持ちしますよ。 使用後は必ず30分程度の送風運転を行い、エアコンの内部乾燥を行いましょう。 【カビ予防2】フィルター掃除はこまめに行う なんといっても、まずはこまめにエアコンのフィルターを掃除するのが大切です。 長く放置すればするほどカビの繁殖環境が整ってしまうので、2~4週間に1回はエアコンのフィルター掃除を行いましょう。 【カビ予防3】便利グッズを活用する エアコンのカビ予防ができる便利グッズを使うのも手。 次のようなエアコンの外側に設置するだけのタイプなら、手間もかからないのでおすすめですよ。 【バイオ エアコンのカビきれい/amazon】• 微生物の力でエアコンのカビを予防。 エアコンの天面部につけるだけと設置方法もお手軽です。 交換目安も約3ヵ月と長持ちするのもGood! エアコンに生えてしまったカビを取り除くのは大変ですが、カビの防止方法はどれも簡単なもの。 エアコンのカビの取り方&予防法をぜひ挑戦してみてくださいね。 他にもお家のカビにお困りのあなたはの情報もオススメ。

次の

エアコン掃除が簡単にできる! 効率的な方法と道具をプロが解説

ホコリ 取り フィルター

ドラム式洗濯乾燥機の乾燥フィルター 「フィルター掃除」エラーが出る 我が家で使用しているのは、Panasonic(パナソニック)のドラム式洗濯機です。 (型番は、NA-VX7700) 猫も1匹いるので、通常の家庭よりホコリがたまりやすい状況かもしれません。 よく 「フィルター掃除」というエラーが表示されます。 この 「フィルター掃除」の表示は、綿ごみがフィルターに一定以上付着すると出てきます。 なので、 毎回のように表示が出ても故障ではありません。 しかし、 我が家では、どんなに洗濯物が少ない時でも「ピーピー」エラー音と共に表示が出ています…。 慢性的にホコリがたまってる状態なんじゃないかな?という予想を立てました。 「フィルター掃除」表示とは?• フィルターに綿ごみが付着すると表示される。 洗濯の量、種類によって出たり出なかったりする。 毎回出ても故障ではない。 どんな時でも毎回「フィルター掃除」が出る我が家は…大丈夫? 2つの乾燥フィルター 乾燥フィルターは、2種類あります。 上に引き出すタイプと、奥に設置されている乾燥フィルター(奥)です。 掃除方法 乾燥フィルターは、乾燥が終わった後に、毎回、綿ボコリを取っています。 ぬるま湯を使うと、よく落ちます。 手で洗いながら、取れない場所だけ歯ブラシで優しくなでるように掃除しました。 こちらも、洗濯後に毎回、ホコリを取るのみでした。 同じく、フィルターが汚れています。 同じく、ぬるま湯を使い優しく洗いました。 2つの乾燥フィルターが、きれいになりました。 乾燥経路のホコリ 乾燥フィルターの手前にある 乾燥経路も、ホコリがたまる場所と言われています。 扉側(手前)の風の通り道です。 パナソニックが販売している「 おそうじブラシ」という専用のブラシです。 小ぶりなブラシです。 乾燥経路にブラシを入れます。 中に入れたブラシを、ゆっくり回したり押したりします。 中にブラシが落ちないよう、注意してください。 ブラシに、ホコリが付着していました。 おそうじブラシは、ホコリを取り出すよりも中に押し出す方が良いようです。 押し出されたホコリは、排水フィルターに落ちます。 1本あると、ずっと使えるので買って良かったです。 しかし私は…3か月は放置してました…。 掃除するたびに、「次回は早めに掃除しよう!」と思うんですが…面倒で忘れちゃうんですよね…。 掃除をサボると、とてつもなく汚い状態になりました。 閲覧注意!! (見たくない方はスクロールしてください。 私は、ホコリを取りながら水洗いしました。 細かい部分は、古い歯ブラシを使いました。 パッキン部分は、濡れたタオルで拭くだけでキレイになります。 問題は、 ドラムの隙間奥にたまってしまったホコリです。 パッと見は分かりませんので、奥まで指を突っ込みます。 ホコリが隙間にゴッソリ入り込んでいました! うわー… すごい量。 この隙間も、定期的に掃除しなくちゃダメですね。 掃除後、どうなったか? 一通り、掃除が終了しました。 この掃除を終えた後は、 「フィルター掃除」の表示がない日も出てくるようになりました。 どんなに洗濯物が少なくても常に表示が出ていたのは、各場所にたまったホコリが原因だったのかもしれません! フィルターの目詰まりもヤバかったですし…。 ホコリがたまりすぎてから掃除するのは大変なので、 それぞれ小まめに掃除をする方が良さそうです。 小まめにメンテナンスすることで、たまるホコリが減って掃除自体が楽になると思います! ドラム式洗濯機って、全て洗濯機がやってくれてるから私はすることない!なんて思っていましたが… ちゃんと掃除はしなくちゃいけませんね。 高いお金を出して購入した家電なので、大切に長く使っていきたいですし。 面倒だけど、掃除は続けていきたいと思います! 感想 ドラム式洗濯機で乾燥した場合、洗濯物の量や種類によっては「乾燥フィルター掃除」の表示が出てしまいます。 これは綿ごみが付着した知らせであり、故障ではありません。 しかし、どんなに洗濯物の量が少なくても毎回表示が出る我が家は…フィルターが目詰まりし、隠れたホコリがいっぱいでした。 排水フィルターや、ドラムの隙間も汚れていました。 掃除したおかげで、表示が出ない日もあるので「掃除の効果はあったんだ!」と実感できています。 ドラム式洗濯機は便利ですが、その便利な家電を長く愛用するためにはメンテナンスが重要なんだと感じました。 ありがとうございます。

次の