出雲阿国 文化。 風水芸人・出雲阿国が教える「リビングの開運風水&NG風水」(出雲阿国)

『出雲大社の周辺徹底散策~ここはまさに神話の舞台。神々と隣り合わせで暮らす街には、出雲阿国や出雲そばから旧家のコレクションまで、豊かな文化が匂います~』出雲市(島根県)の旅行記・ブログ by たびたびさん【フォートラベル】

出雲阿国 文化

ややこ踊りとかぶき踊り 西洞院時慶によって宮中の様子などが記された『時慶卿記』には慶長5年(1600年)に 「クニ」と名乗る人物と「菊」と名乗る人物が 「ややこ踊り」を踊ったという記録が残されています。 この3年後の慶長8年(1603年)に「クニ」という人物が「かぶき踊り」を始めたと考えられ、またこの「クニ」こそが出雲阿国と考えられています。 ややこ踊りとは ややこ踊りは初め、幼い少女2人によって踊られていたものとされています。 その幼さが協調され「ややこ」と名付けられました。 かぶき踊りとは 当時、常識から外れた派手な服装や髪型、また大きな刀を持ち歩いた若い男性は傾き者と呼ばれていました。 傾き者が 当時流行していた茶屋遊びを楽しむ様子を演じたものが、かぶき踊りとされています。 かぶき踊りでは出雲阿国は名古屋山三と呼ばれる男性を演じ、出雲阿国の夫・三十朗が茶屋の娘を演じました。 男装の出雲阿国、女装の三十朗が舞ったかぶき踊りは多くの評判を呼び、庶民の間で人気を博すこととなったとされています。 北野天満宮 京都で人気を得た出雲阿国は、伏見城でも演じたとされています。 また当初は四条河原に設置された仮設小屋で上演していたとされていますが、やがて京都の北野天満宮で定舞台を張るようになりました。 江戸での上演 京都で人気を得た出雲阿国やその一座はその後、京都で人気が衰え始めると江戸でも舞を演じたとされています。 江戸で演じた出雲阿国やその一座でしたが、慶長12年(1607年)江戸城で勧進歌舞伎を上演したのを最後に、出雲阿国の記録は残されていません。 しかし慶長17 1612年 4月に御所でかぶき踊りが演じられている記録があり、このかぶき踊りは出雲阿国によるものではないか。 と考えられています。 出雲阿国の最期と墓 出雲阿国の晩年や最期は分かっていません。 また没年は慶長18年(1613年)または正保元年(1644年)、万治元年(1658年)などの推測があり、没年も明確には分かっていません。 墓について 出雲阿国の墓とされる墓は2つ存在します。 1つ目は出雲大社の近くにある墓です。 出雲阿国は晩年、尼になるため出雲に戻ったと考えられ、そのことから出雲大社の近くにある墓は出雲阿国と考えられるようになりました。 出雲阿国の墓とされる2つ目の墓は京都大徳寺の高桐院に存在しています。 若衆歌舞伎、元禄歌舞伎 また他にも12歳から17歳の少年によって演じられる若衆歌舞伎が誕生しました。 遊女歌舞伎とは違い、若衆歌舞伎は京、大阪、江戸の三都で演じられました。 遊女歌舞伎と同様に若衆歌舞伎も禁じられることとなりましたが、元禄時代にはいると元禄歌舞伎が誕生します。 その後も変遷を繰り返し、現在の歌舞伎が出来上がりました。 まとめ 出雲阿国は安土桃山時代に活躍した女性芸能者でした。 出雲阿国が演じた「ややこ躍り」は「かぶき踊り」へと変化し、その後、遊女歌舞伎、若衆歌舞伎、元禄歌舞伎など変遷を繰り返すこととなります。 現在目にすることのできる歌舞伎は様々な変遷を経てできたもので、その基となるのが出雲阿国が演じた「ややこ踊り」でした。

次の

日本の伝統芸能!!「日本舞踊」を知ろう

出雲阿国 文化

出雲阿国ってどんな人?生涯は謎だけど夫がいた? まずは 出雲阿国がどんな歴史人物だったのかを、簡単にご紹介します。 出雲阿国とは、 安土桃山時代から江戸幕府初期にかけて活躍した人物です。 名字が「出雲」で名前が「阿国」と考えがちですが、実はこの名前は当時の資料には見られません。 「出雲」とは彼女の出身地である出雲国(今の島根県)の事で、また名前も「阿国」ではなく「お国」や「国」というものしか見られません。 1572年に、中村三右衛門という鍛冶屋の娘として生まれたとされる彼女は、実は歌舞伎のベースを作った人物でもあるのです。 今で言う、芸能人のような存在だと考えると分かりやすいと思います。 日本各地を渡り歩いたとされ、豊臣秀吉や織田信長をはじめとする多くの戦国大名から人気を集めたと言われています。 ただし、その生涯を示す資料は少なく、なくなった年も伝わっていません。 また、同じく歌舞伎の創設者として知られる 名古屋山三郎(なごや さんさぶろう)という人物の妻、あるいは恋人であったという説もあります。 名古屋山三郎は武芸に優れた人物であると共に容姿端麗、今で言うイケメンとして知られていたばかりか、和歌や茶道についても理解があった人物ですが、仕官先の家臣とトラブルを起こして殺されてしまいます。 山三郎がなくなると、阿国は 彼の姿に扮して歌舞伎の元となった踊りを作り上げたと言われています。 スポンサードリンク 出雲阿国と歌舞伎の関係について詳しく解説! 出雲阿国は 歌舞伎の創設者として、歴史にその名を残しています。 両者の関係をもう少し、詳しく見ていきましょう。 『時慶卿記』という資料によると、1600年に「クニ」と呼ばれる女性が「ヤヤコ跳」という踊りを行ったとされ、この「クニ」が3年後、「かぶき踊」をスタートしたと言われています。 この2つの違いですが、「 ヤヤコ跳」は今でいう女の子たちのダンスで、「 かぶき踊」とはセクシーさを売りにした踊りのようなものでした。 その後、後者の「かぶき踊」はエロ要素を強めながら日本中の遊女屋に広まっていきます。 そのため 出雲阿国自身も実は遊女だったのではないか、という説も根強く残されています。 この遊女屋で行われていた歌舞伎を「遊女歌舞伎」と呼び、一部には50人以上の遊女が舞台に登場し、数万人レベルの客数を集めたとも言われています。 しかし、こうした遊女を巡って武士がトラブルを起こす事もあったため、江戸幕府によってこの遊女歌舞伎は禁止されてしまいました。 その後、歌舞伎が盛り上がるのは元禄時代になってからで、この頃から 男性中心の演劇になっていきます。 当時の歌舞伎役者は身分が低い者として差別されていましたが、彼らは日本各地の行き来を認められており、また当時の人々で歌舞伎に夢中になる者も少なくありませんでした。 アニメや映画が生まれていない時代、歌舞伎はこれらの代わりだったのかもしれませんね。 スポンサードリンク 出雲阿国と出雲大社の関係は?踊りの目的は資金集め? 出雲阿国と言えば、冒頭の「出雲」という文字が気になりますね。 この「出雲」とは、彼女の出身地とされる島根県東部の事で、かの 出雲大社がある場所としても知られています。 それでは、この出雲大社と出雲阿国の間には何かしらの関係はあるのでしょうか? 「出雲阿国顕彰会」と呼ばれる団体が出版した『出雲大社と阿国さんのまち』という本によると、出雲阿国はかつて出雲大社の巫女として、1590年代に 出雲大社の修繕などの寄付を募るために日本全国を渡りあるいた所、次第に評判になり、豊臣秀吉の寵愛を受けたと言われています。 その一方で、出雲阿国が出雲大社の修復のために諸国を渡り歩いたのは1560年代前後という説もあり、この時は織田信長に召し出されたのだとか。 出雲大社の資金集めのために「出雲阿国」と呼ばれる女性が諸国を渡り歩いた、という事は考えられそうですが、どうも年代がハッキリしないですよね。 一説には「出雲阿国」と呼ばれる女性は2人いて、 現在の歌舞伎の創設者である人物は2代目だとも言われています。 もっとも、彼女が出雲出身という資料は当時の記録にはありません。 出雲大社の近くには彼女の墓があるのですが、京都と大徳寺にも出雲阿国の墓が残されています。 出雲阿国と出雲大社の関わりがあったのかについては、確固たる証拠はないのです。 この記事のまとめ このページでは 出雲阿国がどんな歴史人物だったのかを、歌舞伎や出雲大社との関係にも触れながら分かりやすくご紹介しました。 出雲阿国の生涯は謎に包まれています。 初代と二代目がいたとか、そもそも本当に出雲国の出身だったのかとか、名古屋山三郎との関係の真偽とか、分かっていない事だらけです。 しかし彼女がはじめた「かぶき踊」は、現在の歌舞伎の元になったのは事実なのです。 今でも続く伝統芸能を創り上げた出雲阿国。 彼女もまた、歴史における重要人物の1人と行っても過言ではないでしょう。 スポンサードリンク 関連記事(一部広告含む).

次の

風水芸人・出雲阿国が教える「リビングの開運風水&NG風水」(出雲阿国)

出雲阿国 文化

3,632,498アクセス• 出雲大社はここ数年でも3~4回は来ているんですが、いつも中途半端。 一度は徹底的に散策してやろうと思っていたので、今回はそれにチャレンジ。 出雲空港から直行して、その日一日をかけて回ります。 周辺には、当然、出雲大社関連の施設が多くて、出雲神話と関連付けるとダイナミックな想像の世界を楽しめるのがいいところ。 敢えて伊勢神宮と比べるなら、天照大神らの神話の世界と大和朝廷を開いた天皇家は現実の世界ですから、その違いは明確です。 しかし、出雲神話や出雲地方は、神話と現実の差が今でもなにか曖昧模糊としているような。 出雲族はアマテラスオオミカミの子孫である大和朝廷とは親戚のはずなんですが、国譲りをしてその後どうなったのか。 大和朝廷に敵対してはいませんが、積極的にそれを支えたのかどうかもよく分からない。 国譲りを受けたニニギノミコトの子孫も、大和朝廷を開くためには長い戦いを経ています。 荒神谷遺跡から発見された銅剣358本も力を持っていた出雲族の確かな存在を裏付けるものではないかと言われていますが、その間、何をしていたんでしょうね。 その分、より自由な想像が可能になっているのではないかと思います。 ただ、出雲神話だけではなくて、阿国関連の遺構や門前町として賑わった文化の蓄積もあるし、とっても多彩。 街はのんびりした眺めの出雲平野の端っこにあって限られたエリアなんですが、街のたたずまいには、確かにそうしたいろんな要素をギュッと詰め込んでいるような感じがあります。 静かな暮らしの中にも、出雲人としてのアイデンティティまで含めて、独自の歴史と文化が脈々と息づいているのが素晴らしいことだと思います。 今だと、シンガーソングライターの竹内まりやが気を吐いていますが、もしかしたら、これもそうした積み重ねがあってのこと?まあ、これは考えすぎというものでしょう。

次の