スロット 朝一狙い台。 ミリオンゴッド神々の凱旋!朝一の台選びと立ち回り方!

2020年版 稼げるスロットまとめ

スロット 朝一狙い台

"内部的"なので見た目では分かりません 狙い方は簡単で 「リセット台をランプが点いてから9G回す」です(合計で約12Gくらい)。 ボーナスに当選した場合はボナ後2~4G経つと、7G間の龍宮ゾーンに入るのでこれが抜けたらヤメ。 リセ狙いのヒット率はだいたい25%くらいです。 12G回すだけだし当たっても10Gほどでやめれるので時間効率はバツグンに良いです。 ボナ後の龍宮ゾーンに入ると画像のように上パネルが光ったり消えたりするのですぐ分かります。 画像の有利区間ランプが消えていたらリセット確定です。 狙い方は 「リセット台をランプが点いてから111G回す」です(合計約113Gくらい)。 ボーナスに当選した場合のやめ時は... 少し複雑なので上の記事をご覧ください。 有利区間移行時の50%を取り続けると放出モードと放出後モードをずっと行き来するため結構時間がかかることもあります。 画像の有利区間ランプが消えていたらリセット確定です。 狙い方は 「リセット台を33G回す」です。 リセット後は内部的にチャンスゾーンの状態で始まるため、特に前兆などを経由せず直撃でATに当選することがあります。 ATに当選した際のやめ時としては 即やめでOKです。 ただし有利区間へ移行しても有利区間ランプが点くわけではありません。 なので厳密にリセット後何ゲームの間、非有利区間にいるかは分かりません。 「リセット台を5ゲームだけ回す」ようにすればリスクが少なく十分期待値が取れます。 ATに当選した場合は、AT終了後再び5ゲームだけ回してヤメとなります。 猛獣王 時間効率〇 画像の有利区間ランプが消えていたらリセット濃厚。 リセット後の天国モード狙いです。 狙い方は 「リセット台を即前兆終了まで打つ」です。 リセット時はほぼ必ず即前兆が発生します。 ATに当選したら猛獣王モードの後同様に即前兆を見てやめ、当たらなかったら前兆終了後1G回して爪ランプの示唆を確認し、レベル3以下ならやめです。 ちなみに 即前兆が発生しない場合チャンスor天国モード確定となり、振り分け的に天国濃厚となります。 なのでこの場合は天国をフォローできる150Gまで打ちましょう。

次の

スロットで勝てる台の選び方!台選びで勝率は80%決まる!

スロット 朝一狙い台

パチンコ朝一のオスイチ狙い台・機種ランキング! 1位 CR真・北斗無双[219Ver. タイプ:ST• 平均出玉[実測値]: 2910個• タイプ:ST• 平均出玉[実測値]: 3068個• タイプ:ST• 平均出玉[実測値]: 3598個• タイプ:ST• 平均出玉[実測値]: 3056個• タイプ:ST• 平均出玉[実測値]: 3226個• タイプ:1種2種混合(ST)• 平均出玉[実測値]: 2980個• タイプ:確変ループ• 平均出玉[実測値]: 3142個• タイプ:確変ループ• 平均出玉[実測値]: 3142個• タイプ:ST• 平均出玉[実測値]: 3298個• 中央値 [実測値]: 2900 個•

次の

スロットの朝一の台選び方法とは【3つの稼働パターンを完全網羅】

スロット 朝一狙い台

この記事に書かれていることは…• 基本的なスペックは「GOD GAME GG 」という1セット100ゲーム、1ゲームにつき純増約3. 0枚のATで出玉を増やしていく流れとなります。 ここからはそんな「ミリオンゴッド神々の凱旋」の朝一の台選びについてお伝えしていきます。 まずは基本情報となるスペックと機械割をご覧ください。 8 98. 6 99. 4 102. 7 106. 8 112. 7 119. 5% 上記の通り「ミリオンゴッド神々の凱旋」の機械割は設定3から100%オーバーとなります。 設定6の120%に迫る機械割は非常に魅力的ですね。 朝一の挙動とステージ抽選について それでは「ミリオンゴッド神々の凱旋」の朝一の挙動をご紹介していきます。 まずは設定変更後とリセット時の挙動をご覧ください。 さらにそのうちの10%の確率で、天井ゲーム数が510ゲームに短縮される可能性もありますので、朝一の設定変更台は狙い目と言えますね。 「ミリオンゴッド神々の凱旋」は天井に到達するとGGループ率が優遇されます。 これは510ゲームや1000ゲームの天井到達時でも、同様の恩恵が得られるシステムとなっていますよ。 ステージ抽選は設定変更後もリセット時も、ペイレネの泉が選択されます。 以上が「ミリオンゴッド神々の凱旋」の朝一の挙動でした。 まずは立ち回りに必要となる天井ゲーム数の設定別の振り分け確率をご覧ください。 設定別天井ゲーム数 「ミリオンゴッド神々の凱旋」は基本的に、最大天井は1000ゲームになっています。 設定別の天井 設定1 仮天井 510ゲーム 10% 天井 1000ゲーム 90% 設定2 仮天井 510ゲーム 10% 天井 1000ゲーム 90% 設定3 仮天井 510ゲーム 10% 天井 1000ゲーム 90% 設定4 仮天井 510ゲーム 10% 天井 1000ゲーム 89. 6% 通常天井 1480ゲーム 0. 4% 設定5 仮天井 510ゲーム 10% 天井 1000ゲーム 87. 6% 通常天井 1480ゲーム 2. 4% 設定6 仮天井 510ゲーム 10% 天井 1000ゲーム 85. 3% 通常天井 1480ゲーム 4. 7% 上記の振り分け率からもお分かりいただける通り、1480ゲームの天井が選択された場合は設定が4、5、6のいずれかであることが確定します。 天井の恩恵はGG&1%ループストックとGG+80%ループストックの2パターンを、50%の確率で選択されることになっています。 立ち回り方としては設定変更後やリセット時の天井狙いが効果的と言えますね。 実践データ上では1000ゲームを超えたところから前兆が発動し、1050ゲーム付近での当選が多くなっています。 是非こちらの数字を朝一の立ち回りの際に活用してみてください。 「ミリオンゴッド神々の凱旋」は8種類の表モードが存在しています。 これらのモード移行率は設定ごとに異なっています。 それでは各モードの設定別の移行率をご覧ください。 低確A 低確B 通常 天国準備 設定1 60. 00% 7. 81% 22. 60% 7. 81% 設定2 60. 00% 6. 25% 25. 72% 6. 25% 設定3 50. 00% 12. 50% 23. 22% 12. 50% 設定4 50. 00% 9. 38% 29. 47% 9. 38% 設定5 40. 00% 15. 63% 26. 97% 15. 63% 設定6 40. 00% 12. 50% 33. 22% 12. 50% 天国ショート 天国ロング 超天国 天国準備Vモード 全設定共通 1. 56% 0. 20% 0. 01% 0. 01% 以上がリセット後の表モード移行率となります。 期待値の高い天国ショート以上へのモード移行率は、全設定共通で2%以下という厳しい数字となっていますね。 設定1と2に関しては天国準備の確率を合算しても10%に届きません。 そのため朝一にすぐGGが当選する確率は低くなっているのが現状ですね。 設定5や6は朝一の当選が若干期待できますが、まず高設定が普通に設置されているとは考えにくいです。 さらに確率的にもずば抜けて優遇されている訳でもありませんので、朝一の当選にはあまり期待せずにプレイした方がいいかもしれません。 ちなみに低確や通常モードは設定差がありますが、天国ショート以上は共通の確率となっていますで設定判別は難しくなっています。 各モードGG当選確率 ここでは各モードごとの設定別のGG当選確率をまとめていきます。 朝一の立ち回りにも役に立つ情報ですので参考にしてみてください。 22 設定6の確率は飛びぬけて優遇されています。 天国ショート以上は共通の確率になっていますので、設定判別はそれ以外のモードの時にチャレンジしてみてください。 各モードの示唆演出 ここからは天国準備モード以上を示唆する演出をお伝えしていきます。 気になる演出は特に注意しながらプレイしてくださいね。 上記の演出と朝一の挙動を併用すると、上手な立ち回り方ができると思いますよ。 結論から言いますと「ミリオンゴッド神々の凱旋」は、リールのガックンが起こる機種になっています。 しかし他の機種に比べると非常に分かりづらいため、リセット判別に活用するのはあまりお勧めできません。 当然ですが多くのホールがガックン対策を講じていますので、こちらの方法は難易度が高くなっています。 同一設定に変更した場合や、店員さんがリールを動かした場合もガックンは起こってしまうので、挙動などから判別を行った方が賢明だと言えそうです。 「ミリオンゴッド神々の凱旋」は、設定変更時に天井が短縮されるという挙動があるので狙い目と言えますよ。 恩恵も大きくなっていますので、立ち回り方のポイントの1つとして覚えておいてください。 演出面などの情報と併用することも台選びのポイントとなっています。 是非こちらの記事を参考に「ミリオンゴッド神々の凱旋」を朝一から攻略してみてください。 最後まで目を通していただきありがとうございました。

次の