韓国放送事故。 韓国で「過去最大級の放送事故」発生 / 有名画家「ボブ・ロス」と間違えてノ・ムヒョン元大統領のコラ画像を放送

<音楽キャンプ>で放送事故 出演者が性器露出│韓国音楽K

韓国放送事故

gugudanミナが「音楽中心」で放送事故?胸元が空きすぎ! I. I 出身gugudanミナ、「放送事故」が韓国で話題。 I出身で現在はgugudanのメンバーであるミナとSF9のチャニ、Stray KidsのヒョンジンがMCを務めています。 ここでは、「音楽中心」でのミナの放送事故の画像・動画をまとめました。 早速ですが、こちらが4月4日に放送された「音楽中心」でのミナの動画です。 胸元がざっくりと開いている衣装を着ているのが分かります。 4月4日の「音楽放送」でMCを務めたgugudamミナ ミナの谷間がはっきりと見えています。 ファンの間では、この衣装を選んだスタイリストへの批判の声が見られました。 ネットの反応 この記事では、gugudanミナの「音楽中心」での放送事故の画像と動画をまとめました。 最後にネットの反応を見てみましょう。

次の

<音楽キャンプ>で放送事故 出演者が性器露出│韓国音楽K

韓国放送事故

嵐・Mステ「プレミアムライブ」の心霊現象 テレビ朝日系の音楽番組 『ミュージック・ステーション』。 旬のアーティストが多く出演し、司会のタモリ氏が盛り上げる人気音楽番組です。 この『ミュージック・ステーション』で起こった放送事故。 その放送事故はジャニーズ事務所の人気グループ 「嵐」が出演したプレミアムライブで起こりました。 なんでも、 ライブ中、 嵐の二宮和也氏の背後に 女性が映り込んでいる というのです。 以下のエントリーでは、その放送事故の真相についてご紹介しております。 ご興味のある方はご覧ください。 既に放送は終了してしまいましたが、32年間もお昼のお茶の間を支えてきた伝説的なテレビ番組です。 この『笑っていいとも!』での放送事故。 『笑っていいとも!』宛てに一通のお便りが届きました。 そのお便りには 一枚のCDが添付されていたのです。 番組中、生放送でこのCDを流したのですが、それが本当に不気味。 スタジオも凍りつき、演出だとしてもまさに放送事故状態。 この放送事故はヤラせという説もございますが、実のところはどうなのでしょう… 詳しくは以下のエントリーをご覧ください。 『中学生日記』に生首が映りこんだ放送事故 NHKで放送されたドラマ 『中学生日記』。 多感な中学生時代に抱きがちな悩みをドラマにした番組です。 そんな青春の香りのする番組にも放送事故が。 ある回の放送中に、 生首が映りこんだ というのです。 さらに、 ドラマ中、その生首について触れられることは一切ないのです。 この放送事故は目の錯覚なのか、それともスタッフの仕込みなのか、あるいは… 中学生日記の放送事故については、以下のエントリーをご覧ください。 「苗山事件」NHKの謎の放送事故 2007年3月25日に起こった「能登半島地震」。 その影響は大きく、地震発生直後、テレビ局各社は緊急報道体制を敷きました。 そして、NHK屈指の放送事故 「苗山事件(なえやまじけん)」が起こります。 NHKの男性アナウンサーが 中能登町役場の「苗山」氏と電話で会話しておりました。 しかし、しばらくして通話が途切れてしまいました。 数秒で通話が再開されたのですが、 明らかに電話先が 苗山氏ではなくなっていた のです。 声色や対応から 全くの別人。 しかしその人は平然と会話を続けたのです。 今でもこの放送事故の真相はわかっておりません。 詳しくは以下のエントリーをご覧ください。 『おもいッきりテレビ』に美空ひばりの霊が… 日本テレビ系列で正午から放送されていた 『おもいッきりテレビ』。 みのもんた氏の司会と、奥様方が食いつきそうな番組構成で、見事お茶の間の奥様の心を掴み、20年以上も放送された番組です。 そんな『おもいッきりテレビ』の人気コーナーに 「ちょっと聞いてョ おもいッきり生電話」という視聴者のお悩み相談に乗るコーナーがございました。 1990年7月上旬に放送されたこのコーナーで怖い放送事故が起こったのです。 なんでも、 前年にお亡くなりになった 美空ひばり氏の顔が映りこんだ というのです。 そしてこの放送事故が起こったのは美空ひばり氏の一周忌の直後であったというのです。。。 詳しくは以下のエントリーをご覧ください。 『おもいッきりDON!』の放送事故が怖い 上記の『おもいッきりテレビ』の後継である 『おもいッきりDON!』。 司会はみのもんた氏ではなく、中山秀征氏に。 この『おもいッきりDON!』でも怖い放送事故が起こってしまうのです。 出演者全員が 「DON!(ドン!)」と言って、次の『情報ライブ ミヤネ屋』にバトンを渡すというエンディングが恒例でした。 放送事故が起こった日も、いつものように「DON!」と出演者達がカメラに向かって言ったのですが、何故かそこで 画面がフリーズしてしまったのです。 地上デジタル放送とアナログ放送両方で起こった放送事故なのですが、 アナログ放送での放送事故は より 恐ろしい光景になってしまったとか… 詳しくは以下のエントリーをご覧ください。 めざましテレビで転落放送事故?!菊間アナの悲劇 フジテレビ系列の朝の情報番組といえば、少し前まで 『めざましテレビ』でした。 名物キャスターの大塚氏が懐かしいですね。 その『めざましテレビ』でも放送事故が起こっております。 NASAが開発した避難器具を紹介するコーナーで、 建物の5階からその器具を使って安全に窓から脱出するという段取りでした。 しかし、器具の取り付けどころが悪かったのか、 レビューしていた 菊間アナウンサーが建物の5階からもろに落下してしまうという放送事故が発生してしまいました。 詳しくは以下のエントリーをご覧ください。 『探偵!ナイトスクープ』の謎のビニール紐 朝日放送の 『探偵!ナイトスクープ』。 視聴者からの悩みや疑問をタレントが現地に行って解決するという、関西では大人気の番組です。 そんな『探偵!ナイトスクープ』では驚くべきことに視聴者からの依頼をほぼ全て解決しているのですが、 解決できなかった依頼もあります。 それが 謎のビニール紐 町中のいたるところにビニール紐が結び付けられており、それが不気味だからなんとかしてほしいという依頼内容で、トミーズ雅氏が現場に行ったのですが、結局原因不明。 今後も視聴者からの情報提供を求めるという終わり方になるのかと思いきや、この ビニール紐に関する情報は一切扱わない旨のテロップが表示されたのです。 詳しくは以下のエントリーをご覧ください。 『探偵!ナイトスクープ』のインコの発言が怖い 同じく 『探偵!ナイトスクープ』からの放送事故。 奈良県奈良市で 迷いインコ「ピーコちゃん」を保護した人からの依頼で、インコの元の飼い主を探して欲しい旨のお便りが届きました。 そのインコをしばらく保護していたら、なんと 住所らしき言葉を発したというのです。 タレントのたむらけんじ氏はペットショップや動物病院を回って、ピーコちゃんの飼い主の情報を探りました。 しかし結局見つからずじまい。 たむらけんじ氏が自身のカメラで ピーコちゃんの鳴き声を録音しているシーンがあり、直後にその音源が流されました。 その鳴き声をよく聞き取ると、 ピーコちゃんの飼い主は 異世界へ行ってしまったのではないか と思われるような言葉を発しているというのです。 しかし番組中でそれについては触れられず、後にインターネットでじわじわと広まった都市伝説です。 詳しくは以下のエントリーをご覧ください。 「生き人形」稲川淳二の放送事故 現在、怪談家の頂点とも言える存在、 稲川淳二氏。 さきほどの美空ひばり放送事故にも登場しております。 さて、この稲川淳二氏の怪談で最も怖いとされているのが 「生き人形」という話なのですが、そのエピソード中に生放送の話が何回か登場します。 「生き人形」とその関係者を襲う怪奇現象。 それは当時週刊誌などで話題になり、ついにテレビ放送も食いつきました。 それぞれで生放送が行われたのですが、 カメラが故障する 照明が落下する 霊能者が事故に遭う などなど様々な心霊現象が起こってしまったというのです。 詳しくは以下のエントリーをご覧ください(放送事故についての言及は一部です)。 中森明菜と近藤真彦の金屏風事件 人気アイドルに付いて回るのが 「スキャンダル」 昭和の人気アイドル、 中森明菜氏も例外ではありませんでした。 その交際相手はジャニーズ事務所の 近藤真彦氏。 そして近藤真彦氏の浮気(?)によって、中森明菜氏は自らの手でこの世を去ろうとしてしまいました。 一命を取り留めた中森明菜氏… 彼女を待っていたのはジャニーズ事務所の影の首領、 メリー喜多川副社長の罠でした。 その一端が大晦日の『NHK 紅白歌合戦』の裏側で放送され、ある種の放送事故 「金屏風事件」として伝説になっております。 詳しくは以下のエントリーをご覧ください。 『田舎に泊まろう!』蛭子さんの背後に顔 テレビ東京系の人気番組 『田舎に泊まろう!』 番組内容としては芸能人が田舎の一般人宅にアポなしで宿泊交渉をするという内容になっており、心霊番組ではございません。 しかし 2010年9月14日に放送された蛭子さんの回で恐ろしいものが映りこんでしまったのです。 蛭子さんが向かったのは恐山の麓の大畑町。 そこで一人暮らしをするおばあさんの家に泊めてもらうことになり、ラーメンをご馳走になったのですが… そのとき、蛭子さんの背後の扉の奥に 不気味な顔が映りこんでいたのです。 詳しくは以下のエントリーをご覧ください。 『水曜どうでしょう』四国八十八か所巡り 北海道のローカル番組、かつ、レギュラー放送は終了しているにも関わらず、全国で根強い人気がある 『水曜どうでしょう』という番組。 大泉洋氏と鈴井貴之氏、名物ディレクターの藤村氏・嬉野氏がレギュラー出演していた番組です。 基本的には面白く、はちゃめちゃな旅をするこの番組でも心霊現象が起こりました。 それは 2回目の「四国八十八か所巡り」でのこと。 79番天王寺高照院にて、カメラが故障してしまい、映像を残すことができなかったのです。 しかし、これは表向きの理由。 実は嬉野Dが 恐ろしい映像を撮影したことに気づき、独断で削除してしまったそうなのです。 詳しくは以下のエントリーをご覧ください。 『仄暗い水の底から』ラジオCM ラジオCMからの放送事故。 『仄暗い水の底から』というホラー映画のCMがラジオでも放送されていた時期があったのですが、そのラジオCMに通常入っているべきでない声が入っていたのです。 その声はなんと、 コロす と言っているのですが… 詳しくは以下のエントリーをご覧ください。 マックスヘッドルーム事件 お次は アメリカからの放送事故。 日曜日に 夜に放送していたニュース番組の最中、謎の電波ジャック事件が発生。 その映像では 不気味なマスクを被った男が映し出されました。 これだけでも怖いのですが、さらにこの 数時間後に放送されたドラマ番組の最中にも同じ男が映し出されるという…。 この事件は史上最大の電波ジャック事件として、 マックスヘッドルーム事件 と名づけられ、当局の捜査が打ち切られた現在でも調査をしている方がおります。 詳しくは以下のエントリーをご覧ください。 『シティハンター2』のサブリミナル アニメでの放送事故もございます。 人気漫画『シティハンター』のアニメ第二期 『シティハンター2』。 その アニメの1フレームに オウム真理教の麻原彰晃 の写真が挿入されていたという放送事故がございます。 地下鉄サリン事件以降、この放送事故が明らかになりTBSが日本テレビを叩き始めました。 しかし、そのTBSの番組内でも多くのサブリミナルが用いられ、結局大ブーメランが返ってくるという 第二次放送事故が起こりました。 詳しくは以下のエントリーをご覧ください。 蓮舫議員の背後に謎の手?民進党の公式動画に心霊現象 次は 動画での放送事故。 2016年7月10日にあった参議院選挙の応援演説で民心党代表代行だったころの蓮舫氏が演説しているシーンがございます。 その演説中、突如蓮舫氏の背後から 謎の手が出てきたというのです。 動画ですが、民進党公式の動画ですので、ある意味放送事故。 あるいは後ろに居た議員さんだったのかもしれませんが、それにしては位置的に不自然な気がします。 詳しくは以下のエントリーをご覧ください。 ネット生放送での心霊現象「動く人形の目」 次は ネットの生放送からの放送事故。 ある人気放送主の方が自身の人形をウェブカメラで映して放送していたのですが、 その 人形の目が動いたのです。 実はそんな放送事故は起こっておらず、動画に加工を施したものであるという見解も多いです。 詳しくは以下のエントリーをご覧ください。 『NNN臨時放送』明日の犠牲者を告げる深夜番組? こちらは そもそも存在したかどうかも不明な放送事故なのですが… 深夜番組の終了後、カラーバーが表示されることがあると存じます。 そのカラーバーを眺めていると、急に謎の放送が始まるというのです。 その番組は、 『NNN臨時放送』 その放送では明日の犠牲者が報じられるとか。 詳しくは以下のエントリーをご覧ください。

次の

怖い放送事故まとめ

韓国放送事故

<音楽キャンプ>で放送事故 出演者が性器露出 生放送で進行されたMBC<音楽キャンプ>で、出演者がステージで突然パンツを脱ぎ、性器を露出するというシーンがが放送される事故が起きた。 30日午後4時15分頃、<音楽キャンプ>ステージでパンクグループRUXが、『今から最後まで』を歌っている途中、一緒にステージにいたバックダンサー1人がパンツを脱ぎ、2~3秒間性器が露出される画面が生放送された。 放送事故が起きてすぐ、音楽キャンプの進行司会であるシンジとMCモンが番組進行中の事故について謝罪し、テロップで「本意ではない事故で物議をかもし申し訳ありません」と、謝罪放送を繰り返し流した。 しかし、音楽キャンプの視聴者掲示板とポータルサイトなどには、下半身が露出している画面を流したMBCを非難する声が降りそそいでおり、波紋が予想される。 一方、1997年の生放送途中、下品なジェスチャーをしてカメラにつばを吐く等の挑発的な行動をしたロックグループ<ピッピ・ロンストッキング>は、一年間放送中止などの重い懲戒を受けたことがある。 jp 過去記事一覧• 20年• 19年• 18年• 17年• 16年• 15年• 14年• 13年• 12年• 11年• 10年• 09年• 08年• 07年• 06年• 05年• 04年•

次の