ノボラック レゾール。 質問コーナー

フェノール樹脂

ノボラック レゾール

プラスティック(合成樹脂)には、 加熱すると柔らかくなり、冷やすと硬くなるという性質をもつ熱可塑性樹脂と、 加熱すると硬くなり、再び柔らかくなることがない性質をもつ熱硬化性樹脂とに分けられます。 どちらの樹脂も付加重合によって生成します。 この重合体は鎖状構造をとり、低温では硬く、高温では柔らかくなる熱可塑性をもっています。 これを 熱可塑性樹脂といいます。 熱可塑性樹脂の例と特徴を「その名前聞いたことがあるかもしれない」、というものについてあげておきます。 もっとたくさんあるので調べて見てください。 軽量で耐水性があり電気を通さない絶縁性をもっています。 高密度ポリエチレンは鎖状部分に枝分かれが少なく、 結晶領域が多くて分子間力が強く硬度、強度共に大きいです。 不透明でポリ容器などに使われています。 低密度ポリエチレンは枝分かれが多く、 結晶領域が少なく分子間力が弱く柔らかくて強度も小さいです。 透明でポリ袋などに使われています。 PEという釣り用に使われる糸がありますがポリエチレン素材です。 高価ですが強く長持ちします。 繊維でできているのでこすれると切れやすいですが船釣りや障害物が少ないところでは重宝しますね。 軽量で耐熱性に優れ強度が大きいです。 難燃性で、耐薬品性に優れています。 透明で電気絶縁性に優れています。 融点が低く、接着性に優れています。 などです。 熱硬化性樹脂 分子中に3個以上の官能基をもつ単量体が 付加と 縮合を繰り返す、 「 付加縮合」すると立体的な網目状の構造をもつ高分子となります。 こうやってできた樹脂を 熱硬化性樹脂といいます。 ホルムアルデヒドを原料とする熱硬化性樹脂の多くは付加縮合によりできています。 世界で初めて発明された合成樹脂でベークライトとも呼ばれる樹脂がフェノール樹脂です。 他にもアミノ基をもつ単量体からつくられるアミノ樹脂も熱硬化樹脂です。 こに2つについて反応と性質を見ておきましょう。 フェノール樹脂 フェノールに酸または塩基を触媒としてホルムアルデヒドを反応させると、 ノボラック、レゾールと呼ばれる中間生成物を経て、 硬いフェノール樹脂ができます。 尿素とホルムアルデヒドからつくられた樹脂は尿素樹脂(ユリア樹脂)といい薬品に対し強く、着色性が良いのが特徴です。 成分表示を見て、「ああ、ポリエチね」なんて自慢しなくて良いですけど、笑 多少は興味を持ってみているとあちこちで目にするモノばかりですよ。 樹脂にはイオン交換樹脂というものもあります。

次の

プラスティックの種類と性質(熱可塑性樹脂と熱硬化性樹脂)

ノボラック レゾール

プラスティック(合成樹脂)には、 加熱すると柔らかくなり、冷やすと硬くなるという性質をもつ熱可塑性樹脂と、 加熱すると硬くなり、再び柔らかくなることがない性質をもつ熱硬化性樹脂とに分けられます。 どちらの樹脂も付加重合によって生成します。 この重合体は鎖状構造をとり、低温では硬く、高温では柔らかくなる熱可塑性をもっています。 これを 熱可塑性樹脂といいます。 熱可塑性樹脂の例と特徴を「その名前聞いたことがあるかもしれない」、というものについてあげておきます。 もっとたくさんあるので調べて見てください。 軽量で耐水性があり電気を通さない絶縁性をもっています。 高密度ポリエチレンは鎖状部分に枝分かれが少なく、 結晶領域が多くて分子間力が強く硬度、強度共に大きいです。 不透明でポリ容器などに使われています。 低密度ポリエチレンは枝分かれが多く、 結晶領域が少なく分子間力が弱く柔らかくて強度も小さいです。 透明でポリ袋などに使われています。 PEという釣り用に使われる糸がありますがポリエチレン素材です。 高価ですが強く長持ちします。 繊維でできているのでこすれると切れやすいですが船釣りや障害物が少ないところでは重宝しますね。 軽量で耐熱性に優れ強度が大きいです。 難燃性で、耐薬品性に優れています。 透明で電気絶縁性に優れています。 融点が低く、接着性に優れています。 などです。 熱硬化性樹脂 分子中に3個以上の官能基をもつ単量体が 付加と 縮合を繰り返す、 「 付加縮合」すると立体的な網目状の構造をもつ高分子となります。 こうやってできた樹脂を 熱硬化性樹脂といいます。 ホルムアルデヒドを原料とする熱硬化性樹脂の多くは付加縮合によりできています。 世界で初めて発明された合成樹脂でベークライトとも呼ばれる樹脂がフェノール樹脂です。 他にもアミノ基をもつ単量体からつくられるアミノ樹脂も熱硬化樹脂です。 こに2つについて反応と性質を見ておきましょう。 フェノール樹脂 フェノールに酸または塩基を触媒としてホルムアルデヒドを反応させると、 ノボラック、レゾールと呼ばれる中間生成物を経て、 硬いフェノール樹脂ができます。 尿素とホルムアルデヒドからつくられた樹脂は尿素樹脂(ユリア樹脂)といい薬品に対し強く、着色性が良いのが特徴です。 成分表示を見て、「ああ、ポリエチね」なんて自慢しなくて良いですけど、笑 多少は興味を持ってみているとあちこちで目にするモノばかりですよ。 樹脂にはイオン交換樹脂というものもあります。

次の

よくあるご質問Q&A フェノールフォーム協会

ノボラック レゾール

プラスティック(合成樹脂)には、 加熱すると柔らかくなり、冷やすと硬くなるという性質をもつ熱可塑性樹脂と、 加熱すると硬くなり、再び柔らかくなることがない性質をもつ熱硬化性樹脂とに分けられます。 どちらの樹脂も付加重合によって生成します。 この重合体は鎖状構造をとり、低温では硬く、高温では柔らかくなる熱可塑性をもっています。 これを 熱可塑性樹脂といいます。 熱可塑性樹脂の例と特徴を「その名前聞いたことがあるかもしれない」、というものについてあげておきます。 もっとたくさんあるので調べて見てください。 軽量で耐水性があり電気を通さない絶縁性をもっています。 高密度ポリエチレンは鎖状部分に枝分かれが少なく、 結晶領域が多くて分子間力が強く硬度、強度共に大きいです。 不透明でポリ容器などに使われています。 低密度ポリエチレンは枝分かれが多く、 結晶領域が少なく分子間力が弱く柔らかくて強度も小さいです。 透明でポリ袋などに使われています。 PEという釣り用に使われる糸がありますがポリエチレン素材です。 高価ですが強く長持ちします。 繊維でできているのでこすれると切れやすいですが船釣りや障害物が少ないところでは重宝しますね。 軽量で耐熱性に優れ強度が大きいです。 難燃性で、耐薬品性に優れています。 透明で電気絶縁性に優れています。 融点が低く、接着性に優れています。 などです。 熱硬化性樹脂 分子中に3個以上の官能基をもつ単量体が 付加と 縮合を繰り返す、 「 付加縮合」すると立体的な網目状の構造をもつ高分子となります。 こうやってできた樹脂を 熱硬化性樹脂といいます。 ホルムアルデヒドを原料とする熱硬化性樹脂の多くは付加縮合によりできています。 世界で初めて発明された合成樹脂でベークライトとも呼ばれる樹脂がフェノール樹脂です。 他にもアミノ基をもつ単量体からつくられるアミノ樹脂も熱硬化樹脂です。 こに2つについて反応と性質を見ておきましょう。 フェノール樹脂 フェノールに酸または塩基を触媒としてホルムアルデヒドを反応させると、 ノボラック、レゾールと呼ばれる中間生成物を経て、 硬いフェノール樹脂ができます。 尿素とホルムアルデヒドからつくられた樹脂は尿素樹脂(ユリア樹脂)といい薬品に対し強く、着色性が良いのが特徴です。 成分表示を見て、「ああ、ポリエチね」なんて自慢しなくて良いですけど、笑 多少は興味を持ってみているとあちこちで目にするモノばかりですよ。 樹脂にはイオン交換樹脂というものもあります。

次の