メギド リヴァイアサン 攻略。 【メギド72】メインクエスト7章2節・VH金冠クリア編成と攻略ポイント

【イベント】魔獅子と聖女と吸血鬼EX

メギド リヴァイアサン 攻略

私は毎日ちまちまチケット周回してましたが、ボス素材が金:12、銀:33、銅140でマリスルーク6個揃いましたね。 全体化フォラスアスモデウスでなんとかなるから楽だよね。 7ターン目の起爆は必ず重ボムから爆発するので、ワンボトム編成なら速ボムが付いてても盾以外の前衛はホリフェの1回バリアで重ボムを回避できる。 持ちキャラでは火力との耐久の兼ね合いが取れなかったので不採用になったけど、珍しい挙動で面白かったので参考までに。 VHで詰まったからここで紹介されてる怒涛試したけど、安定はしないけどみるみるHP減ってくからすげえ爽快。 耐久しようとするとどうしても事故っちゃうなあ。 STe. 積んだ... すいません「時間かけて作る」に各キャラ育成を込めての表現のつもりでした不快にさせて申し話ありません. 手持ちでどうしようもない(=ガチャ次第)みたいな意見たまに見るんだけど、それは違うだろって思いが強くて責めるような語調になってしまったのは申し訳ない。 木主はイベ配布か霊宝でって言ってるから該当しなかった。 シャックスを70レベルまで育てると素の状態で先手を取れるようになる。 リヴァイアサンには低確率ながら感電が付与できるので、1ターン目の感電付与さえ成功できればノーマルは何とかなる。 シナリオ進めたいけどガチャ運とか霊宝きついーって人は試してみてほしい。 バエルの海洋特攻使って攻略しようとした結果、取り巻きの覚醒スキルで後列殲滅されたのであえてワンボトムで言ったら金冠。 強化解除がなくて遅くて強い攻撃をしてくる敵は全体化ロノウェかフェニックスCで試行錯誤すれば絶対に突破できる 長い戦いだった……。 特定のキャラでしか攻略できないボスが多いなぁ。 キャラは持っててもそれを高レベルまで育てなきゃ使えないってのが痛い。 他ゲーだと特定キャラや装備ないと挑戦する資格すらないとかもあるしな…。 このwiki内の他ページの投稿にも,「配布キャラでゴリ押しするのが最適解になるのは戦法が狭まるから気に入らない」みたいな意見があったのを思い出しました。 「多様性」を売りにしてるゲームだから,そういう意見があるのもわからなくはない。 ただ,ここまで来たプレイヤー全員が持っている強い配布キャラだから,ベリアル・アスモのクリア報告が多くなるのは当たり前な気がするんですね。 72のリヴァイアサンにしても,上の方が言ってる通り救済としての刺さり方であって,運営が考えてるのは,配布キャラの育成を前提にしてるっていうよりは,課金してるユーザーも微課金・無課金のユーザーも楽しめるように,ユーザーのプレイスタイルの「多様性」を持たせたい,っていうことなんじゃないでしょうか。 だってステージ72攻略の投稿を見ても,ベリアル・アスモ・リヴァイアサン3人ともなしでクリアしてる報告もありますから,ガチャキャラでも配布キャラでも勝てるようにはできてるんですよ。 ただ,上の方が言っていた「キャラは持ってても高レベルまで育てなきゃ使えない」という点が寂しいな,というのは,不死者勢が加入したころに僕も思いましたが。 キャラは持ってても~に関してはまあ普通に推奨レベル見て諦めて……と言うかどんなゲームもそれはそうじゃないのか。 エンブリオの都合があるから全員育てるのが厳しいのはわかるけどね。 キャラ育てないとはどのゲームでも言えそうだが、ストーリー加入常設加入が使えていずれ勝てるようにできてはいる。 それに対して私はそこまで不満には感じないな。 ガチャ要素がある以上偏りが発生するのも含めてのバランスな気がする。 やろうと思えばガチャ産だけでも配布だけでも織り交ぜもできるのかな。 私は織り交ぜが多いけど。 やっぱ協奏すげえや……取り巻きの覚醒スキル撃たれなきゃ余裕でVH金冠できるよ。 かなりきつい…カイル程じゃないが。 烈火アスモとフォラス+突風オーブでアーマーごと粉砕できた…。 色々な編成試して無理だったからすっきりした。 Nですら2時間以上かかった。 先が思いやられるな。 ちなみにオリエンス使ったんですけど全く安定しないのでオススメできないです。 Lqa. って書き込んでから10周ほどしたら2つ拾えました。 5をモラクスmeに乗せて赤羽とs鼠のバフをかけて殴ったら何とかなりました、情報ありがとうございます! 後衛1人だと落とされて前衛が感電したので2人にしたら、今度は一度で金冠クリアできました。 レイズネクロ刺さるんじゃねーかと思ってCフェニ、Cユフィ、CキマリスをVHつれてってみたら案の定超安定してクリアできた、、、地形変更もいらないしおすすめ。 クリア編成フォームにも書いといたからよかったら見てってください。 情報ありがとう、試してみる。 ただ1つツッコミ入れさせてもらうと、キマリス奥義は元々防御無視だからハニキンは不要よ。 特攻オーブあたりに変えた方がいいと思う。 クリア編成報告の頭のほうにある、アスモ軸にした3Tキル編成、オーブの使い方が美しくて感動した。 こういう構成をさらっと組めるようになりたい……。

次の

コメント/編成報告/ステージ68ボス「リヴァイアサン」攻略

メギド リヴァイアサン 攻略

攻略のコツ 攻撃の無効化手段を用意する 取り巻きの雷撃蟹は全ての攻撃が雷ダメージなので、リヴァイアサンの全体滞水とのシナジーが非常に高いです。 無効化バリアなど敵の攻撃を無効化する手段を用意しておきましょう。 特にフォラスで全体化したロノウェの奥義を使い続ければ、ボムの爆発に対しても全くダメージを受けることなく攻略可能です。 おすすめ無効化手段 敵の地形を塗り替える 敵は、地形効果「海魔の加護」が全体に適用されており、毎ターンHP10,000以上回復や火ダメージ軽減など耐久力が大幅に上昇しています。 こちらから敵全体に別の地形効果を付与すれば上書きできるので、海魔の加護の効果を打ち消してから攻めに転じましょう。 全体に地形付与可能なキャラ スキル 覚醒スキル 奥義 オーブ 攻める時は一気に決める リヴァイアサンはアーマーに30,000 VH時 のダメージを与えてからでないと、本体にダメージを与えられません。 また、Hボムや奥義での蘇生、アーマー張り直しがあるため、高火力の攻撃で一気に倒し切るのが望ましいです。 バエルは低耐久の後列なので、取り巻きの攻撃に注意しましょう。 霊宝で系譜「一心」が発動したベリアルなら、固定砲台5発で10万以上のダメージを出せるため、VHのリヴァイサンも倒し切れます。 一心がない場合は、点穴サブアタッカーを編成してあらかじめアーマーを削る必要があります。 点穴とは• ・単体を対象にした1回攻撃に追加ダメージ 最大20,000• ・点穴レベルは最大で100、レベルが上がるほど追加ダメージも増加• ・攻撃を行うと点穴レベルが0になる• バレットアーツは、オリエンスの覚醒スキルにアガレス カウンター の防御無視バレットを乗せて撃ちましょう。 ただし、協奏とバレットアーツは後列キャラが多いため、トルーパーの取り巻きによる攻撃への対策が必要です。 協奏とは• ・溜まった音符の数によって、味方全体にバフを付与• ・音符5個以上で大協奏状態• バレットアーツとは• ・バレットを蓄積できるトランス 最大99個• ・バレットを「作成」する技と「消費する」技が存在• ・作成されたバレットには、技ごとに特定のバレット効果がつく• ただし、バーサーク付与やボルテージ溜めに時間がかかるので、フォルネウスなどのカウンターの回復役を編成する必要があります。 バーサークとは• ・カウンターのみが対象の特殊状態• ・ターン終了時にダメージを受けるかわりに攻撃力が上昇• ・ターンが経過する毎に攻撃力上昇の倍率が上昇• ・強化解除を受けても次ターンには続きの攻撃力上昇倍率から再開 ゾンビ化が取り巻きに有効 雷撃蟹にはゾンビ化が高確率で入ります。 の奥義を併用すれば、取り巻きに攻撃をしなくても2ターンで倒れます。 ただし、リヴァイアサンにも自動回復が付与されるので、強化解除も用意しましょう。 雷撃蟹の攻撃はグシオンのスキルで防ぎたいので、序盤は大協奏状態に持ち込むことを最優先に考えましょう。 系譜「烈火」や自由枠に攻撃バフを入れることで、ワンパンクリアも可能です。 バティン B ワンパンパーティ オーブ FREE FREE 全体化したバティンの奥義でワンパンを狙うパーティです。 ライブ状態のプロメテウスとニバス バースト のフォトン追加で1ターン目のうちに大協奏状態に持ち込み、バティンの覚醒スキル・スキル使用後に奥義を発動しましょう。 編成難易度が高くフォトン追加の順番の運も絡みますが、地形の上書き無しでワンパンできる強力なパーティです。 バティン B ワンパンパーティ FREE オーブ FREE FREE ジズがいない場合のワンパン編成です。 バティン バースト がLv70・奥義Lv3の場合、ガオケレナLv. 自由枠には全体化ロノウェをキープするための覚醒補助や、点穴を貯められるラッシュのキャラを編成しましょう。 ボルテージが上げながら、オーブとフォルネウスのスキルでリリム ラッシュ を守り、アタック強化を付与したシトリーの奥義で大ダメージを与えましょう。 フルフル C ワンボトムPT バースト 前列 バースト 前列 自身にエレキを付与して、雷ダメージを半減できるフルフル カウンター で、取り巻きの攻撃を受ける耐久編成です。 半減しても取り巻きの攻撃は痛いので、ベルフェゴールの覚醒スキルで毎ターン回復しましょう。 秘奥義使用後に帯電獣を使うと、すぐに奥義を使用できます。 エレキをリヴァイアサンに付与する必要があるので、ターゲティングに注意しましょう。 余裕があれば、エレキレベル15で一度エレキ転移しておくと、Hボム速の解除をスムーズに行なえます。 おすすめキャラ キャラ 詳細• ・海洋生物特効持ち• ・高火力の雷ダメージ奥義• ・覚醒スキルで地形塗り替え可能• ・高火力の火ダメージ奥義• ・突風との組み合わせが必須• ・高火力の雷ダメージ奥義• ・後列ボスに強いトルーパー• ・怒涛とも組み合わせ可能• ・覚醒スキルで全体滞水• ・固定砲台で一気に削る• ・ワンボトムもこなせる• ・全体化した奥義で敵の攻撃を完封• ・覚醒スキルで全体化付与• ・スキルでアタック強化• ・オーブでの補助も優秀• ・大協奏時、防御無視のMEがボスに有効• ・覚醒スキルで自動回復• ・奥義で全体回復• ・覚醒スキルでのバフも強力• ・防御無視バレットがボスに有効• ・スキルで防御無視列攻撃• ・覚醒スキルの連続バレット攻撃が強力• ・スキルで怒涛を起動• ・怒涛の回復役として優秀• ・スキルでスキルダメージ軽減付与• ・HP調整で全体高火力奥義• ・怒涛と好相性• ・低HPで強化されるキャラと好相性• ・HP33. ・防御無視と組み合わせると強力• ・防御無視のMEがボスに有効• ・自動蘇生で継戦能力が高い• ・ワンボトムで活躍• ・飛行で地形効果無効• ・スキルでアタック強化付与• ・ワンボトムで活躍• ・飛行で地形効果無効• ・スキルで攻撃2回無効付与 おすすめオーブ オーブ 詳細• 発動まで:2ターン• 敵横一列に攻撃力1倍のダメージ• 2ターンの間、滞水の地形効果で0. 5倍の継続ダメージを与え、雷に弱くする• 発動まで:1ターン• 敵単体に攻撃力0. 3倍の3連続雷ダメージ• 発動まで:2ターン• 敵単体に攻撃力2. 5倍のダメージ• 発動まで:3ターン• 敵全体に攻撃力0. 7倍のダメージ• 2ターンの間、突風の地形効果で0. 5倍の継続ダメージを与え、火に弱くする• 発動まで:1ターン• 味方横一列への攻撃を1回無効化する• 発動まで:1ターン• 味方後列への攻撃を1回無効化する• 発動まで:2ターン• 敵横一列に攻撃力2倍のダメージ• 発動まで:2ターン• 【荒れ狂う海魔の亡骸】• 戦闘開始時、味方全体に海魔の加護にし• 自身にアーマー 30,000を付与• アーマーが0になったとき、敵全体のHボム速を解除する スキル• 【大海割り】• 敵全体に3倍で7ターン後に弾けるHボム重を付与• 3ターンの間、滞水の地形効果で• 75倍の継続ダメージを与え、雷に弱くする 覚醒 スキル• 【海魔の抱擁】• 敵単体に、0. 1倍で9ターン後に弾ける• ハイドロボム錬を錬成する• 【母なる海の揺り籠】• 自身にアーマー 30,000を付与• 【悪あがき】• アタックが雷属性になる• 戦闘不能時、敵全体に• 5倍で3ターン後に弾けるハイドロボム速付与 スキル• 【雷撃鋏】• 敵単体に攻撃力1. 25倍の雷ダメージ• さらに3倍で7ターン後に弾けるHボム重を付与• 【放電殻】• 敵横一列に攻撃力1. 5倍の雷ダメージ• さらに2ターンの間、感電状態にする 奥義• 【大爆泡】• 敵全体に0. 5倍で3ターン後に弾けるハイドロボム速を付与•

次の

メギド72 進化素材まとめ Wiki

メギド リヴァイアサン 攻略

(ゲージ溜めはボスをタゲしてアーマーを削っておくとヨシ) 3ターン目はインキュバスを全体化して奥義4発で雑魚を一掃、ボスのHPも7割程度持っていけます。 4ターン目に追加の強化奥義3発で勝利。 3ターン目になればべリアルにケイブキーパーを使う事で2ターン安全になる。 (素早さ609以上だとお供より速く動けるので好ましい。 Cフェニックスは素の素早さが600な事に注意。 )こうして時間を稼いだらアーマーを点穴で剥いだ後、固定砲台からの4連撃で一気にボスを倒す。 4連撃自体はサラにアサルトボックスを使ってもらえばいいだけ。 後は残ったお供を倒していくだけ。 フォトン運がアレでHボムが爆発しそうな時は全体化ロノウェ奥義に切り替え。 シャックススキルが外れまくる時はリタイアも念頭に。 サレオスのオーブでバフかける。 できればバエル奥義発動までにフォラスのスキルもかける。 滞水かかってたらブエルスキルでバフかける。 フォトン運ゲーだし、アタック強化+レッドウィング+滞水でボスに6万ちょっとくらいだったので、H以上は無理かも。 ターゲティングしなかったらティアマトをバーサークさせてくるので、初回ターンは覚醒ゲージ溜めorターゲティングでゼパルをバーサークさせてました。 基本的にその時その時のフォトンによってドリヴン考える。 オーブやフォルネウス奥義で回復したり守ったりしつつ、バーサークが整えばゼパルの覚醒スキルを回しつつひたすら殴る。 この整い間際に敵の感電をくらわないように頑張りましょう。 整った後だとゼパルの覚醒スキルでイポス以外は守れるので。 それ故この時点ではイポスはオーブ係の様なものです。 いけそうなら覚醒スキルを使うくらいの感覚。 Hボムが爆発するタイミングではロノウェにレッドリザードを使って奥義で全員守ります。 なのでロノウェの覚醒ゲージは気をつける。 なるべく早くダゴンをバーサーク状態にさせることをお勧めします(できれば1ターン目に)。 実際にクリアしたときはボムの爆発がギリギリでした。 また、アムドゥスキアスは囮役なので、やられないように自身のスキルやケイヴキーパーで守ります。 ハックは取り巻きより速いカウンターのメギド(前列)と入れ替え可能です。 4ターン目にフォカロルにスキル、ザガンにオーブでまた2フェイタルでリヴァイアサンを倒す。 Bサキュバスは蟹の覚醒スキル対策で、ザガンは霊宝を付けていれば帯水状態でも攻撃を無効化できるので採用。 霊宝なしは無効化できるかは不明。 取り巻きが倒れるまでガープでかばい続ける。 1ターン目は必ずベリアルスキル。 可能ならばオリアスを覚醒させる。 攻略時はアタック・チャージと積んでバエルスキルのチャージ強化で覚醒させた。 2ターン目はオリアス覚醒スキルで敵側地形を消す。 3ターン目にソプラノキティのデメリット相殺と感電対策のため古の狂竜を使う。 4ターン目までにバエルを覚醒させてオーブ・アタックで取り巻きを一掃する。 リリムRでアタック強化しておけばまず倒せる。 5ターン目もできればオリアス覚醒スキル。 6ターン目にベリアルはオーブ・固定砲台2発。 4ターン目のバエル奥義や氷結地形ダメージも込みで2発で倒せるはず。 回復はリリィキャットとソプラノキティ頼りだが、氷結も入れていたおかげでどうにかなった。 だがメイジマーマンは明らかに不要だった。 2ターン目以降はアサルトボックスも足して殴る。 Lvx15固定ダメージがあるうちにボスを倒せなかったらリタイア。 最低限ロノウェとCアンドラス、バーサーク付与が1名いれば代用できます。 ヒュプリーデはゴルゴンでも可です。 1ターン目:ボスにタゲ。 ロノウェとアンドラスの覚醒を貯める、可能ならターン終了時に両名2〜3は貯めておきたい。 イポスのスキルで補助できると尚良い。 2ターン目:ロノウェにタゲ。 ヒュプリーデやイポスのスキルで補助しつつ1〜2巡目にはアンドラスの覚醒スキルとロノウェの奥義を撃ちたい。 被ダメが多い場合はホーリーフェイクで奥義までを凌ぐ。 3ターン目以降:全員の覚醒を貯めながら定期的に無敵を貼り直す。 ベレト奥義で強化すると効果が3ターンに伸びるので余裕が出る。 特にHボムが起爆するターンは無敵が切れないようにしたい。 ゼパルとイポスは覚醒が溜まったら順次バーサーク付与。 全員がバーサークしたら加勢なりアングリーオーダーなりでボスを一斉に殴って落とす。 その後取り巻きも処理して撃破。 無敵さえ切れなければ安定度が非常に高いです。 時間は多少要しますがほぼ確実に勝てると思います。 ムルムルアンドロゲージ3以上、バエルゲージ4以上目標。 2ターン目、ムルムル奥義を叩きつつコラプスサンダー。 ムルムルの出したフォトンでアンドロ奥義も起動できるように。 2回程度でおともは落ちる。 1T目はかばうが間に合わないので、フォラスの防御力を考えアム、ダンタを囮にして雑魚の攻撃をやりすごす。 必要に応じてアムのバリア。 注意点:毎ターンロノウェにスキルを回して庇いますが、ボムが爆発しそうな時は全体化ロノウェ奥義でやりすごすのでゲージの溜まり具合は見ておく。 フォルネウス、ヘルヘブンでほぼ完封できるのであとは怒濤して耐久。 発動時にスキルチャージの防御系ライブ効果発動させると生存率アップ。 2ターン目にオリアス氷結を撒いて、チャージは最優先で取る。 ムルムルプロメテウス奥義やプロメテウスMEでフォトン追加を繰り返す。 かなりフォトン運が絡む編成。 シェルドレイクは雑魚の列覚醒スキルからバエルを守るため。 サルはジャガノオーブの回復で耐えられるから守る必要なし。 速ボムさえつけられなければ時間は割と余裕があり、体力調整前ならベルおじの覚醒スキルで仕切り直しも可能なので上のとおりに進まなくても割とリカバー効きます。 この間ガープの庇うは切らしてはいけません、攻撃が痛くて普通に死にます。 サレオス:全体滞水、フォラス:覚醒スキル&スキル、その上でバエルに奥義をぶっ放させます。 1Tで支援を全部かけるのは無理があるので前ターンから小分けしてかけておきましょう。 Nは1確、Hはミリ足りず、VHは2発必要でした。 バーストが多いのでレッドウィングを使うのも手ですが、相手の攻撃がかなり痛いので回復に割いたほうが安定すると思います。 バエル自身回転率の高いキャラクターなので2発目を追撃するのはそんなに難しくないと思います。 ゾンビ化で取り巻きを倒して、バエル奥義と固定砲台。 1ターン目はガープでかばう、ベリアルスキル。 あとはジニマルのゲージを溜めます。 2ターン目はリリムでアタック強化してジニマル奥義。 かばう継続しつつバエルのゲージ溜め。 3ターン目に前列指定でレイジファントム。 アタック強化ありジニマル奥義なら海魔が消えても問題ないのでバエル覚醒スキル。 4ターン目は単純に耐久。 このターンの終わりで取り巻きが倒れ、また地形がなくなります。 5ターン目はアタック強化&ガオケレナしてバエル奥義、ベリアル固定砲台で結晶矢。 6ターン目に倒し切れていなければ結晶矢の残りを撃ち込んで終わりです。 ただし、ボスの奥義発動タイミング、取り巻きの覚醒スキルでの後列崩壊(一応対策としてウォールバスターでバリア)など事故要因はあります。 取り巻きが長く場に残る分、それに耐久できるかが鍵になります。 バエルはできれば霊宝などで耐久力を盛った方が良いです。 パキラは試行錯誤してる途中で持ち込んだだけなので、他オーブでも良いと思います。 基本は毎ターンロノウェに庇わせながらバエル・フォラス・サレオスのゲージ貯めて、余ったスキルはウァラクやサレオス・猫で回復します。 かばう切れや雑魚の覚醒スキル連発で後衛落ちるのが事故要員なので適宜ウォールバスターも挟んでおく。 できれば雑魚には奥義撃たせる方向で。 速ボムなど、何らかの要因でボム爆発が近づいたらロノウェ奥義をフォラスかアトランティスで全体化して使ってやり過ごす。 無敵が切れると同時にかばうが切れるのも事故要員なので、無敵中もかばうはしっかり使ってください。 時間はかかりますが、あとはサレオスで滞水して、ボスにバエル奥義(余裕があれば全体化もOK)して撃ち続ければその内倒せます。 取り巻きを倒しきる頃には地形も書き換えられているので、あとはハルファスの奥義でボスの撃破を狙います。 火力を強化していれば、ハイドロボム速の爆発にも十分間に合うので、取り巻きを倒すタイミングは気にする必要はありません。 アーマーはまだ削り切れないと思うので可能な限り早く次弾を装填してひたすら奥義を連打します。 チャージ追加も全体化されてブニが覚醒するので、バエル奥義と並行してブニ覚醒スキルで覚醒減少を狙うといいでしょう。 きちんと回ればボス奥義で全体蘇生される前にボスを削り切れるはずです。 バエルはユグドラシルを持たせていましたが使わなかったので火力強化でいいと思います。 クロケル奥義と併せて撃破できます。 ・蟹の覚醒スキルは、防御不可なので敵にスキルを優先的に取らせましょう。 ザガン推しのモンモンは、この機会に金鏡の作成を推奨します 今後、活躍の幅が広がります。 こちらの場合は、自動庇うが無い影響で、1T目に後列2発+滞水ダメージで落ちる可能性があります。 ・特攻付き且つ全体回復のバロンニャーは、必須ではないのです。 回復は、奇跡の子奥義で事足りるのです(地形ダメージのケア)。 フォラスとロノウェのゲージを貯める。 2ターン目、ロノウェを全体化して奥義で全体無敵にする。 3ターン目以降はロノウェを強化・全体化するターンと全体無敵にするターンを繰り返す。 あとは滞水バエル奥義でボスから倒す。 この戦闘では強化解除はないため、安全に次ターンに全体蘇生が行える。 ==引用ここまで== 上記の仕様を利用して延々と蘇生をし続ける耐久パーティです。 やるべきことは、以下4つ。 上にあるものほど優先度高めです。 覚醒ゲージを満タンにしておく。 ボムで全滅した後の全体蘇生は全体アタック追加を伴うので、サーヤとアムちゃんの覚醒がMAXだと奥義が連続で決まり、即時に立て直すという美しい動きができます。 この際、サレオスのゲージが満タンだと奥義が暴発してしまうため、ボム爆破のターンに覚醒スキルを使用しておきゲージを一つ減らしておくと良いでしょう。 ボスは非常に固く、帯水シトリィさん奥義でもバフが足りないとアーマーが剥がせないことが多々あるので長期戦になります。 もりもり回復されて振り出しに戻ったりするので海魔の加護は細目に上書きしておきましょう。 少なくとも2T目の初手でムルムル奥義、2T目の内にアンドロマリウス奥義、 3T目までにオリアスの覚醒スキルが打てれば安定しやすい。 (ゲージ4なのですぐ打てる) スキルはなるべくクロケルに回して奥義、覚醒スキルの回転率を上げ、ボムを打たせないようにする。 その後はムルムル奥義を優先し、オリアス覚醒スキルで凍結をなるべく貼る。 (リヴァイアサン奥義を打たれたら直後に覚醒スキルが打てるようにフォトンを調整) ムルムルとクロケル奥義の自動回復、アンマリ奥義のダメージ軽減、グシオン覚醒スキルの全体ステータス向上が周りだすとギリギリHボムに耐えることも。 もし感電した場合はムルムル奥義を最優先、アンマリ以外の奥義で取り巻きを落とし、回復は自動回復とグシオン特性に頼る。 ハイドロボムが爆発しそうになったら全体化ロノウェで耐えようとしたが、使わずにクリアできた。 エンキドゥやブラッディエッジ、赤羽等でバフをかけるとなおよし。 取り巻きに覚醒スキル打たれるとフォラスがほぼ確実に落ちるので安定度自体はあまり高くないです。 ほぼ同じタイミング・同じ編成でvhクリア。 ベルフェゴールoutBサーヤinで加勢で無理矢理押し切る形。 アラストールの溜まる4T頭に準備できてるのが理想。 バーサーク3人でも火力は足りるので、ゼパルをタゲってゼパルとイポスにスキル、アラストールを発動。 アングリーオーダー3回発動して取り巻きとバリアが消える。 あとは適当に加勢やゼパルスキルダゴン覚醒で殴れば勝ち。 アラストールは火力ブースト兼フォトン事故抑制役なので、無ければ無いで何とかなるとは思います。 2ターン目にシトリーバーサーク。 あとは流れで滞水・アタック強化・ゲージ貯め・ボルテージ稼ぎなどしながら適当なタイミングで奥義撃って撃破。 たぶんボルテージ稼ぎの最中にアーマーは剥がれる。 アタック強化する前にリリムRが感電させられたらサレオスで治す。 バロンニャーは使わなかったのでアーティかメイジマーマンがいいかも。 残りのスキルフォトンはサレオスに渡し延命補助 ロノウェの育成が進んでるなら行動途中にスキルを挟んだ方ががよいと思われます。 【2ターン目】 2順目を目標にロノウェのCアンドラス覚醒スキル列化、ブネのエクスプローラで強化した奥義を使用。 このターンから使用できるゴルゴンも使い、サレオスとダゴンの覚醒も補助していきましょう。 【3ターン目】 ロノウェの覚醒を最低2個貯めることを基準として余りはダゴンとサレオスに。 【4ターン目】 ロノウェの列化強化奥義を使う。 以降は3と4ターン目の繰り返し 【以降の動き】 この状態に持ち込むとリヴァイアサンが覚醒スキルでねるねるして出るボムの空きスペースに取り巻きが奥義のボムをつけようとするので感電の妨害は余り来なくなります。 フォトン事故で4ターン目の流れにロノウェ奥義を使えない状況 チャージとスキルのみ になっても焦らずに、次のターンにやり直せるようCアンドラスにチャージを投げることでリカバリーが可能です。 ダゴンのフルバーサク覚醒スキルのみで体力を削るので時間がかかり、リヴァイアサン奥義によるアーマー、地形の張り直しが遅延に拍車をかけます。 幸いサレオスの足がリヴァイアサンより遅い、ロノウェの列化強化奥義の要求フォトンが最小で3個となるので2順目までの奥義ならサレオスの覚醒スキルで上書きは可能です。 回復はできる限り阻止していきましょう。 また、ダゴンの覚醒スキルを使う場合はロノウェのゴルゴンも合わせて使えば簡単にスキル強化後の覚醒スキルも使えてアーマーの削りも加速させれるので意識しましょう。 ブネはエクスプローラだけの枠なので自由にいじれます。 ゴルゴン採用の関係でスキルを使いたいキャラは編成に不向きです。 火力補助としてはプルフラスの採用がいいかもしれませんね。 アンドレアルフスの覚醒と、可能ならザガンで庇います。 スキルフォトンがあまりにもなければ出直した方がいいかも。 ベヒモスシフト。 危なくなったら、適宜勝手に覚醒しているマルバスで回復。 アンドレアルフスはスキルを積んでおくとたまにフォトン破壊してくれます。 一心ベリアルの固定砲台でもボスのHPが微妙に残ってしまいターンを跨ぐのでハルファスの地割れで回復させないようにする。 アンドラスの回復とハルファスの地割れが重要なため優先してスキルフォトンをとる。 体感だが、敵はアタックを優先して取ってくれるのでスキルを取った後でもチャージを取りやすい。 ノンタゲだとフォルネウスのスキルがハルファスに行くため基本的にターゲットはベリアル固定。 1ターン目 アンドラスフォルネウスベリアルにスキル、余ったチャージアタックはハルファスに。 フォルネウスのダメージ軽減がかなり生きるのとアンドラスが後ろから回復してくれるので滞水地形で取り巻きのアタックを食らわない限り痛手にはならない。 回復が間に合わず次のターンの地形ダメでベリアルが落ちることもあるがここはトライアンドエラーで。 前列は被弾の機会が少ないので初ターンはハルファスの特性が高確率で発動する 2ターン目 フォトンの出を見ながらアンドラスにスキルかオーブ、ハルファスは覚醒溜めしながら気持ちスキルも回す。 このターンか次でハルファスの奥義が打てるといい。 あまりハルファスにスキルを積みすぎると回復が間に合わなくてベリアルが落ちる。 3ターン目 ケイブキーパーでベリアルを無敵に、ハルファスにスキルを回して必要に応じてアンドラスで回復。 アタックとチャージが余りがちなのでアンドラスの覚醒を2にしておくと好きな時に奥義が打てる。 可能ならこのターンで地割れにしてもいい。 4ターン目 ベリアルにオーブと結晶矢にするフォトン1個、ハルファススキルで地形上書き、サラのミミック、適宜回復。 取り巻きから先に殺した方が安定する。 (ボスから殺そうとすると微妙にHPが残って結晶矢1発分無駄に使ってしまう) ただし、3巡目にボスの奥義が来ると蘇生されてしまうため、オーブや結晶矢にするフォトンはチャージアタックを優先。 この時点で奥義が来ることはそうそうないが。 1巡目に取り巻きの覚醒スキルが降ってきた場合アンドラスで後ろから回復すれば問題ない。 5ターン目 ベリアルにフォトンガン積みとサラの点穴80アタック。 多分何も問題なければサラのアタックで落とせるはず。 何らかの事故で削りきれるか不安な場合アンドラスの奥義でベリアルがもう1発結晶矢を撃てる。 4〜5T目にはゼパルとイポスの覚醒が溜まっているのが理想。 覚醒が溜まったら、イポスの覚醒スキルで加勢を発動し、ゼパルの覚醒スキルでアタックを回していく。 イポス奥義のスキル追加をゼパルに使い、覚醒スキルを連発する。 この時ちゃんとタゲっておかないと暴発してザガンがバーサークするので注意が必要。 最悪暴発してもどうにかなりはしますが。 倒す順序はボムの様子を見つつ決めること。 ボムが爆発しそうなら先にボスをタゲり、何もなければ取り巻きに。 フォルネウスは敵の覚醒スキル対策のバリア役ですが、奥義の列回復やスキル強化が強いので、余裕があれば奥義も狙っておきたい。 霊宝があれば毎回スキルフォトンを回すだけで済むのでとても楽なのですが、無い場合はフォルネウスのスキルも併用することで、取り巻きのスキルダメージを同じように無効化できるのでどうにかなります。 この場合フォトン繰りがかなりカツカツになるので、味方のHPに余裕がある時は無理にかばわない方が楽かもしれません。 攻撃はガープを無敵化し抑える。 ボムが破裂するまでにフェニックスの覚醒をためておき、破裂する直前に無敵化。 取り巻きはマルファス奥義、アスモデウス覚醒スキルで削る。 煉獄の炎がボスを倒すぐらいで取り巻きも倒せました。 蘇生回数は3,4回くらい。 各ターンの流れは以下の通り。 ・1ターン目 ガープとベリアルにスキル、ジニマルにチャージ、アタックが余ったらプルフラスへ。 ・2ターン目 ガープにスキル、ジニマルとプルフラスのゲージを溜める ジニマル優先 、ウェパルはベリアルにシェルドレイク。 余ったフォトンはリヴァイアサンをターゲットしてジニマルとウェパルへ。 ターン終了時にゾンビ化によって雷撃蟹が両方倒れる。 ・敗北パターン 雷撃蟹が2ターン目までに奥義を使用する 雷撃蟹が4ターン目に覚醒スキルを使用、かつ5ターン目にベリアルがスキルを取る リヴァイアサンが5ターン目に奥義を使用する ガープが落ちる 銀冠 リヴァイアサンのチャージが加速するため、4ターン目の終わりに自然と雷撃蟹が倒れるまで雷撃蟹に余計な高ダメージ攻撃は行わないこと。 アンドロマリウスの奥義やグシオンの大協奏状態のスキル、覚醒スキルが回らないと取り巻きの攻撃で後衛が倒されてしまうことがあります。 早いターンから滞水にさせられるのも危険なので、大協奏状態で回り始める前最初の2ー3ターンはなるべくスキルを優先的に取るようにすると安定します。 もしくは2ターン目でアンドロマリウスの奥義を使ってしまうのも手です。 オーブはムルムルの奥義を連続で使えるようにするための奏響ヨハネスと地形を上書きするヤクトフレッサー以外は必須ではないです。 また、余裕があればロノウェの覚醒を3くらいまで増やしておく Hボムが爆発しそうになったらレッドリザード+ロノウェ奥義 盾が二人居るのは片方だけだとほぼ確実に落ちるからです。 aXv. ボムがはじけそうになったら無敵を付けて全体蘇生。 ユフィはワンボトムで取り巻き覚醒スキルを受ける。 あらかじめスキルをかければ感電を防げるし、サレオスのスキルでも治せる。 オーブも,最近プレイしている人なら比較的入手が容易なものに限定。 ベレトの霊宝は,霊宝の中では比較的軽い,ベレト専用霊宝。 チビックスで地形を地割れにし,ガープでかばいながら,アンドレアルフスの連撃固定ダメージでボスを撃破。 ボムが危険になったら,ベレトにケイブキーパーを使って耐えてから,全体蘇生。 銀冠でしたが,このステージで詰まっている人が多いようなので,「これだけキャラを限定してもクリアできる以上,きっとあなたのアジトでも撃破できるよ!だからメギドを嫌いにならないでね!」ということを言いたくて投稿しました。 すみません,投稿したのですが,折りたたみに失敗しているようなので修正か削除をお願いできますでしょうか。 修正しました。 安定しませんが決まれば一撃です。 奥義後オーブとチャージ。 途中で脱落が出ず、アスモが奥義を出せれば勝ちです。 すいません。 プロメテウスは専用霊宝つけてました。 1ターン目と5ターン目が運絡んできます。 2ターン目ダゴンにアタック、ベレトとゼパルはオーブ、マルバスにスキル。 3ターン目マルバスをターゲットにしてケイプキーパー使いダゴンの奥義狙い。 4ターン目ダゴンの奥義が2回発動してたらベレトのゲージか溜まってますので覚醒スキル2つ使って怒涛にしながらゼパルとダゴンの覚醒ゲージを貯めます。 5ターン目ダゴンとゼパルの覚醒スキルを使いボスをタコ殴りとマルバス奥義で回復。 6ターン目ゼパルの覚醒スキルを2回とダゴンの覚醒スキルで上手いこと行けば覚醒スキルでボスが倒せて取り巻きは奥義で倒れます。 全員前列にしたら敵の火力が高すぎて落ちやすい+覚醒スキルで壊滅してたのでワンボトムでケイプキーパーを使って耐える戦略にしました。 ガープは1ターン目と2ターン目を耐える用なので庇う役なら誰でも良いと思います。 霊宝は最悪無くてもなんとかなると思いますが、ベレトの専用霊宝は作成を推奨します。 その後はガープのかばうをなるべく切らさないようにしつつ怒涛のボルテージを上げ、20くらいまで上げたのを目安にチビックスで地割れを付与してベレトでボスから倒していきます。 ベレトとイポスの二人は特性で毎ターンアタックが得られるため、これを意識しておくと防御とボルテージ上げが両立しやすいと思います。 二人の覚醒ゲージが溜まってきたら、ベレトなら奥義、イポスなら覚醒スキルを優先して使用するのが良いでしょう。 バルバトスやガープをバーサークさせるのは安定度の面からあまりお勧めできませんが、一応イポスの奥義を使えばガープにスキルを渡せます。 防御に関してですが、とにかくガープのかばうを切らさないことと、取り巻きの覚醒スキルが前列に飛ばないようにすることが重要です。 ベレトさえ生き残っていれば誰かが倒れても奥義で立て直せます。 特にバルバトスは守り切るのが難しく、よく倒れます。 ある程度割り切りましょう。 なお、バルバトスの役割は取り巻きの覚醒スキルを逸らすことなので、耐久力に優れた後衛メギド、特にアムドゥスキアスに入れ替えるとより安定します。 順調にいけば最初のHボムが爆発する前に敵を倒しきることが可能です。 間に合わなそうであればベレト自身にケイブキーパーを使ってしのぎましょう。 ヴィネよりもアンドラスのような前衛ヒーラーのほうが多分安定します。 霊宝は余り物で作った安物を積んだだけなので無くても多分いけます。 ティアマトをバーサークさせないこと、こまめに回復させること、Bサーヤの状態異常予防を張ることが重要。 ボムはレッドリザードで列化させたロノウェ奥義でやり過ごす。 ハルファススキルで地形張替えが完了したら攻撃開始。 リヴァイアサンから撃破を狙うが奥義を使われると面倒なので、Cインキュバスの覚醒スキルで覚醒減少させ、ここまでで最高倍率になったティアマトの奥義主体で削る。 難点は時間がかかる・たまにハルファスの蘇生が必要・ロノウェ奥義使用ターンにアタックが来ないと詰むこと。 バエルは雑魚に覚醒スキルを撃たれると落ちる可能性があるので、ウァラクの地形無効と耐久霊宝があると安定します。 ザガンのかばうを忘れずにしておく 3T目:海魔発動、ブエルの覚醒スキル。 このターンまでにできればアスモデウスのゲージmaxにする。 4T目:ブエル奥義、ヤクトフレッサー、アスモ奥義。 これで敵ボス8割。 取り巻きも迅速に処理する必要があります。 フォトン運絡むと思います。 ティアマトは覚醒補助係なのでバーサークさせないように ネフィリムの覚醒も爆破までに貯める。 敵地形はチビックスで上書きする ケイブキーパーが使えるようになったらネフィリムに使用。 フォトン要求が高くなるが、一応フォラスはリリムRでも代用可。 (火力は1>2)以下ドリブン。 1T目 フォラス スキルオーブ バティン 覚醒溜め このターンに撃てるなら、バティン覚醒スキルを使用。 アタックを回収できなければ、いたちでカバー。 3T目以降 オリアスはオーブで自身に無敵を張って、その間にRアタッカーで蟹を処理。 地割れ込みで蟹の防御力は270しかないため、連撃アタッカーがおすすめ。 ・アーマーのおかげで、奥義前にアタックで殴っても、体力特効が消えない。 ・フォラスはまず落ちるため、金冠クリアには向かない。 1T2巡目まで生き残ればOK。 ・オリアスCは耐久そこそこの飛行特性だが、攻撃を受けすぎるとオーブ使用までに落ちる。 蟹のスキルが結構痛いので、スキルを優先的に回収できると良い。 オリアスは一応アムドと交換可。 ・リリムRを採用する場合は、ブラッティエッジを持たせて1T目スキル2T目オーブで、 バティン覚醒スキル使用パターンのみ突破可能。 飛行特性なので2T目まで持つはず。 7ターンかかり重爆発寸前だったので安定はしません。 後はザガンに毎ターンスキル1個。 ニスロク奥義を5. 85倍で打つか4. 6倍で打つかはアドリブです。 フォラスのアタック強化を有効に使えばもう一ターン短くできた。 回復猫はフォラスに1回振りました。 カミハカリも2回だけ使用した。 地形変更不要のお手軽編成、オーブもご自由に。 あとは地形ダメージに注意しつつHボムでパーティを全滅してもらう。 ターン途中でCフェニが死んで地形ダメで蘇生できなくならないようにだけ注意してれば安定するはず。 念の為ハニキン持たせたけどいらなかったかも。 ボムは無敵にしたCフェニックスでしのぐ。 ネクロ状態にしたらなるべくフェニックスのゲージがある程度溜まっている状態をキープしましょう。 注意点としてボムが爆発しそうになったり、マルバスが落ちた状態で敵の取り巻きが覚醒スキルを使用する場合はCフェニックスにケイブキーパーをかけましょう。 前衛が倒れて3ゲージ溜まるのでアタックフォトンを積んでるだけで蘇生してくれますし蘇生した味方がバフのかかった奥義や攻撃をしてくれます。 モラクスは地形上書き係でオーブ以外でフォトンを渡すことはありません。 事実上ターン制限のようなボムを無敵にした蘇生役でしのぐアイデアをハードで試行錯誤した末に初金冠クリアできた編成です。 VHも金冠クリアしました。 フォトンorクロケルスキルを使ってフォラス&バエル覚醒 2T目フォラス覚醒スキルレッドウィングリリムスキル受けて全体化バエル奥義 3T目以降ボスの蘇生奥義を防ぐべくなるべくチャージを渡さない。 バエル覚醒スキルで地形上書き。 適当に残りメンツの奥義を打つ。 アーマーを削り切り奥義を打たれる前に一気にカタをつける。 リヴァイアサン奥義とお供の覚醒スキルを打たれないよう相手のフォトンを意識。 5T目の最初に余裕を残しつつ勝利。 ベヒモス以外はハブアバイトやベルデエトワール等の影響力薄目の霊宝が殆ど。

次の