保育園 プレゼント。 父の日のプレゼントに!保育園児におすすめの製作アイディア12選

保育園児が手作りできる敬老の日プレゼント!おすすめ人気ランキング

保育園 プレゼント

Contents• 保育士にとって、エプロンはいくらあっても困らないもの。 保育士って、ほとんどの場合、エプロンを着用して保育にあたっていますよね。 私も実家に帰れば、捨ててしまったものも合わせれば20枚以上あると思います。 もし同じようなものになってしまっても、毎日付け替えるものなので気になりませんよ。 毎日身につけるエプロンは、保育園によって決まりがある保育園もあれば、自由な保育園もあります。 我が子の通っている公立の保育園は、保育士は全員ピンクの無地のエプロンで統一されているんですが、 私が働いていた保育園は、どんなエプロンをつけてもOKでした。 というか、保育中はオシャレなどできないので、せめて好みのエプロンをつけさせて!という感じでした。。 笑 私立の保育園で、独身の若い保育士が多かったせいもあるかもしれません。 保育士の間にはよくエプロンの注文カタログが回ってきて、 それを回覧するのが楽しくて、仲の良い先輩や同僚とお揃いで購入するなど、密かに楽しんでいました。 笑 時には子どもと遊んでいて、汚れたり濡れたりする事もあります。 私はロッカーに、必ず1つは予備を入れていました。 実際私も、卒園式の時にクラスの保護者からエプロンをプレゼントしていただきました。 保護者に選んで頂いたエプロンは普段自分では買わないようなイラストだったり、色合いだったりして新鮮でした。 私の保育園には年長が2クラスあって、もう一つのクラスを同期が担任していた事もあり、彼女とお揃いのエプロンで、嬉しかった事を覚えています。 残念ながら、私はその卒園児と共に保育士を辞めたので、彼女と一緒につける事はできませんでしたが… プレゼントで頂いたエプロンは未だに包装紙に包まれたまま、家に大事にしまってあります。 ただのハンカチでなく、動物のイラストや、タオル生地など、子供が喜びそうな柄だと、なお喜んでもらえる気がします。 ハンカチは保育士に限らず、社会人は常に持ち歩くものではないでしょうか。 特に保育士の場合は、子どものお手本とならなければいけない立場。 子ども達と一緒に手を洗う機会もあります。 子供には、ハンカチを持ちなさいと言うのに、自分が服やエプロンで拭いていては示しがつかないんです。 私の保育園は、毎日の持ち物に「お手拭きタオル」というものがあり、タオルかけにクラスごとにかけていました。 それを通路に置いて、手を洗い終わるたびに、そのお手拭きタオルで拭く事になっていたのです。 我が子も同じように、お手拭きタオルを持たせています。 しかし年長になると、小学校の練習として、手を拭くのはポケットにあるハンカチになります。 そのため、記名をしたハンカチとちり紙を毎日園児服のポケットに入れるよう、保護者に お願いするのです。 そんな事までして、自分がハンカチを忘れたら、子どもたちに怒られちゃいますよね。 実際私も、保育士時代に何度か保護者からハンカチを頂きました。 私が持った年長児のとある保護者は、律儀に保育士全員にプレゼントしてくれました。 柄は何種類かあって、雑貨屋に売っているような、可愛らしいアニマル柄。 タオル生地の少し大判で、1日使用してもベチャベチャにならないものでした。 値段にすれば、約500円程度のものだと思います。 保育士全員に配るとなると、かなり高額になっただろうに…と申し訳ない気持ちもありました。 申し訳ない気持ちと同時に、とても嬉しかった事も覚えています。 ハンカチって、何枚あっても困りませんよね。 私なんか、その時に頂いたハンカチは使えず、記念としてずっとしまっていて、子どもが生まれた時に使用しました。 毎日必要なものだからこそ、保護者や子どもの顔を思い出すし、感謝の気持ちも忘れないんだな、と実感した素敵なプレゼントです。 余裕のない生活に、花束という癒しをプレゼントするのはいかがでしょうか? 人は花を見ると、幸せな気持ちになるものですよね。 かと言って、余裕なく生活していると、わざわざ花屋に行って花を買って飾ろうとは思いません。 ましてや保育士の仕事って、想像以上にハードなんです。 私の保育士時代は、朝8時までに出勤、夜の10時に帰る…なんて当たり前でした。 それだけ、保育士1人当りでやらなければならない事が多いんです。 特に新人時代は要領が悪いので、毎日ヘトヘトで、恋愛をする余裕もありませんでした…。 そんな生活なので、土日の休みは思いっきり寝るか、友達と思いっきり遊んでストレス発散。 花屋に出向く事も、お花を部屋に飾ろうという気持ちすら持った記憶がありません。 でもたまに、私の母が飾る玄関やトイレの花を見ると、「綺麗だなー」と癒されていました。 そんなお疲れ先生に、癒しのプレゼントはぴったり! 卒園式近くになると、卒園児との思い出作りのまとめ、卒園制作に卒園式の練習、年長児が年中児に引き継ぎ、小学校との連携の資料作り、会議に出席… 毎日ギューギュー詰めのスケジュールでした。 そして迎える卒園式。 可愛いクラスの子ども達が、立派に卒園式に参加している姿を見ると、安心と寂しさで涙が出るんです。 余裕ない張り詰めた心が、そこでフッと安心するんですね。 そんな時に、子ども達から花をもらうと、嬉しいものなんです。 私は卒園式の後、退職のための離任式に参加したので、同期から大きな花束をもらいました。 その後の年長組による謝恩会では、大好きなガーベラの花を子ども達から一輪づつもらって、花束になりました。 本当に、涙が溢れるくらい嬉しかったし、寂しかった事を今でも鮮明に覚えています。 花を貰うのって、こんなに嬉しいんだって思いました。 特に女性は、嬉しい方が多いのではないでしょうか。 物を用意するのであれば、それに添えて渡しましょう。 おすすめですよ! 感謝の気持ちって、何も既製品をプレゼントしなくてもいいのでは?と私は思います。 というのは、私が年長児を卒園させた時に、子どもと保護者からのクラスの寄せ書きを頂いたんです。 子どもは、イラストや文字でメッセージを書いてくれました。 保護者はそこに、一言メッセージを添えてくれていました。 もう、それを一つ一つ読むだけで思い出が蘇って、今でも涙が出ますよ。 保護者の心遣いも、感じるものです。 プレゼントの注意点〜お菓子の場合〜 お礼の品と言えば、菓子折り…というイメージがあるのではないでしょうか。 担任の先生だけに何か渡す…というのは気が引けるという場合は特にです。 菓子折りをプレゼントするなら賞味期限が長い、焼き菓子がおすすめです。 卒園式の後、すぐに食べれないケースもあるので(私はそうでした)、お菓子をお礼の品にするなら、賞味期限を確認した方がベターと思いました。 私が保育士時代も、卒園式や入園式などの時には、頂いた菓子折りが職員室に届いていました。 そのお菓子は、帰りに配られるんですが… 実は卒園式の後って、職員間の慰労会などがあったりするんです。 私の園では、卒園式の後そのまま近場の温泉旅館に移動して、宴会に参加しなければいけませんでした。 私立という事もあって、かなりの強制度で宿泊もしました。。 涙で子どもと保護者と別れた後は、移動に忙しかったんです。 その場で食べる事もできないくらい。。 持って帰ると言っても、宿泊だと食べるのは翌日。 生菓子だと余計、部屋の温度などで食べられなくなってしまう可能性もあります。 先程も少し書きましたが、職員全員に配る場合は、500円では少し高い気がします。 もちろん、気持ちなのでいいとは思いますが…。 もらった私は、申し訳無かったなぁ。。 という気持ちが残っているので…。 500円のハンカチをくださった保護者は、上の子から未満児クラスに預けて、下の子が卒園するまで計10年程、お子さんを長く保育園に預けていた方でした。 それだけ、最後の気持ちが強かったのだと思います。 担任の先生へ個人的にプレゼントをしたい場合も、あまり高額なものだと保育士が困ってしまいます。 基本、保育士は子どもや保護者から物をもらってはいけないんです。 私であれば、受け取る前に上司に聞いてしまうくらい。 もし担任の先生へのプレゼントを考えている場合は、クラス皆で割って、3,000円程度のものがいいのではないでしょうか。 「どうしても個人的にあげたい」という方は、お花がおすすめです。 値段が分かりにくいし、保育士も受け取りやすいですよ! ちなみに… 私の保育園では、卒園式の後日、年長組の子どもと保護者に招待されて、年長の担任のお別れ会という名の食事会に招待されました。 そこでも花束を頂いた覚えがあります。 (私立で、保護者の中で伝統となっているものなので仕方ありませんが…。 ) とても丁寧にお礼をしてもらったと、改めて思います。 そこまでする事はないと思いますが、プレゼントをする場合は、保育士が気を使うほどの高額なものは避ける方がいいでしょう。 また、例年の相場が各園であるかもしれないので、先輩の保護者に聞いてみるといいかもしれませんね! まとめ このように、お世話になった保育士へのプレゼントは、実用的な物、お花などの心和むものがおすすめです。 とは言っても、保育士は保護者から頂いた贈り物は、なんでも嬉しいものです。 ただし、高級すぎるものは避けましょうね。 値段ではなく、贈りたいという気持ちが大切です。 私は親になって改めて、あの時の保護者からの感謝の思いがわかりました。 きっと私も、我が子が卒園した時は何かプレゼントしたい、と考えるんだろうなと思います。 是非、参考にしていただけたらと思います!.

次の

保育園や幼稚園の卒園で先生にプレゼントを個人的に渡す?

保育園 プレゼント

転園する側がプレゼント 少し昔の常識で、転園や転校のことを思い出すと、残る子供たちが転園するお友達に寄せ書きや歌などをプレゼントしていた記憶があるかと思います。 しかし近年では、転園する側が「今まで仲良くしてくれてありがとう」という意味を込めて、お友達にプレゼントを配るケースが増えているようです。 「増えているようです」と書いたのは、プレゼントを渡すのが「今の常識」というほど根付いているわけではないという意味。 つまり、あげる場合もあれば、あげない場合もあるということになります。 これはその幼稚園や地域の風潮が大事になりますので、可能であれば幼稚園の先生などにいろいろと聞いてみるといいでしょう。 子どもからお友達へのプレゼント まずは子どもからお友達へのプレゼントに関して考えてみましょう。 上でも少し触れた通り、あげるかあげないかはその地域や幼稚園の風潮次第ですが、上げるケース、あげないケース、一部の友達にあげるケースに分けて考えてみます。 プレゼントをあげないケース これはどちらかというと幼稚園や保育園で禁止しているケースになります。 過去にこういったプレゼントなどでトラブルがあった園では、プレゼントを禁止しているケースがあるようです。 一部にプレゼントをあげるケース 一部にプレゼントというと、お友達を厳選しているようで気が引けるかもしれませんが、これもどちらかというと園の都合であることが多いようです。 幼稚園や保育園で「お別れ会」のようなものを開かない場合、または開いてもそこではプレゼントを禁止している場合などは、自宅に中の良かった友達を招いて自主的に最後のパーティーを行うことも。 こういったパーティーの場で、参加してくれたお友達にプレゼントをあげるケースなどが考えられます。 みんなにプレゼントをあげるケース 最後に全員にプレゼントをあげるケース。 これは幼稚園や保育園で、そういう風潮が根付いているということになります。 園主催でお別れパーティーを開き、その時にお友達全員にプレゼントをあげるような形が一般的です。 お友達にプレゼントをあげる場合の費用相場と品物は? 幼稚園児のお友達にプレゼントをあげる場合どういった品物を選べばいいのでしょうか? 費用相場に関しては、相手がもらっても気にならない程度の金額であることが重要です。 気を遣ってお返しを渡さないと…などと相手に気を遣わせてしまっては逆効果です。 また、お友達全員にプレゼントすると考えると、高価なものでは費用がかかってしまって大変です。 費用の相場は1つ100~200円程度。 貰って喜ばれるものを選びましょう。 プレゼントにふさわしくない品物は? あまりオススメできないのはまず「食べ物」です。 食べ物は予算内で納めやすく、大量に購入しやすい上に、お子さんの好きなお菓子であれば喜ばれると考えがちです。 しかし、最近は食品アレルギーを持つお子さんも増えており、中にはそのお菓子を食べられない子がいるかもしれません。 こういった点からも避けたほうがいいでしょう。 続いて好みが別れるようなものも避けたほうが無難です。 好みが別れるということは、貰ったものを気に入らない子がいる可能性があるということです。 お子さんは素直ですから、気に入らない物を渡されたら「これ好きじゃない」と素直に口にします。 心を込めたプレゼントにこんな言葉をかけられるたらショックでしょう。 できれば避けましょう。 プレゼントにオススメのアイテムは? プレゼントにオススメのアイテムは、「好き嫌いの分かれないもの」、「普段から使えるもの」、「消耗品」といったものがいいでしょう。 オススメは「ノートと鉛筆」、「ハンカチ」、「折り紙」、「キャラもののティッシュ」など。 受け取ったお子さんが喜ぶ、そしてそのお母さんが気を遣わないようなものを選びましょう。 幼稚園や保育園の先生へのプレゼントは? 先生へのプレゼントに関しては、基本的に受け取らないという園も存在します。 それでも気持ちを伝えたいというのであれば、あまりプレゼントと気負わずに渡すとスマートかもしれません。 通園最後の日に、先生皆さんで食べてもらえるような、個包装の焼き菓子などを持って行き、「お世話になったのでお茶の時間にでも召し上がってください」と置いていけば、無理に拒否されることもないでしょう。 費用相場はあまり高級過ぎないもので。 やはりここでも相手に気を遣わせないような金額の範囲を考えて、1,000~3,000円程度のものを選びましょう。 ママ友へのプレゼントは? ママ友へのプレゼントは、それこそ特別なことを考える必要はありません。 お別れするお友達に何か思い出の品をと思えば渡せばいいですし、そこまでの付き合いでなければご挨拶だけでも十分でしょう。 費用相場も特にありません。 あなたの気持ちのままにあげるかどうか?どのくらいの金額のものをあげるか?をきめればいいでしょう。 幼稚園の転園でのプレゼントは? 幼稚園を転園する時に、お別れする側がプレゼントするという習慣は最近の習慣です。 慣れない習慣で戸惑う方もいらっしゃるかと思います。 どうしようか困ったときは、幼稚園や保育園の先生に相談をしてみましょう。 プレゼントはする物やその価格が重要なのではなく、プレゼントを渡したいという気持ちです。 高額な物であればいいということではなく、心のこもったものを贈るようにしましょう。 お子さんにあげるものであれば、そこにみんなで撮った写真にメッセージをつけて配るのもいいかもしれません。 お子さんの手書きのものを1枚作り、あとはプリンターでみんなの分を刷り出せばいいでしょう。 幼稚園や保育園のお子さんがいる引っ越しは、こういった細かい部分の他にも転園の手続きなども必要です。 お子さんのいない家庭や一人暮らしの引っ越しに比べ、やるべきことが非常に多い上に、お子さんの面倒を見ながら準備しなければいけないということになります。 そんな引っ越しこそ「 」を利用して、引っ越し業者選びを手間なくスマートに済ませるようにしましょう。 簡単な条件入力をするだけで、複数の業種に見積もり依頼をできるこのサイトは、こういった忙しいご家庭の引っ越しにピッタリです。 関連記事になります。 合わせてご覧ください。

次の

「カルピス」ひなまつりプレゼント|ワクワクと笑顔を未来へ|アサヒ飲料

保育園 プレゼント

保育園の先生にプレゼントを贈っても良い!? お世話になりすぎたからとにかくお礼がしたい! 何か使ってもらえるものを贈りたい! と、気持ちが先行してしまいますが、そもそもプレゼントは贈って良いものなのでしょうか? プレゼントやお菓子等を贈る事は先生に迷惑がかかる!? じつは、保育園の中には、保護者の方からのプレゼントを受け取ってはいけないと決まっている保育園もあります。 最も厳しいのは公立保育園。 公立の保育園では、公務員である保育士が働いています。 公務員の倫理規定として、以下のような事が明確に定められているのです。 保護者は保育料を支払って、先生は直接的ではないにしろ、特定の子供の面倒を見るためのお給料を得ています。 なので、法律違反にあたるわけです。 贈収賄というやつですよ。 先生が断れずに保護者からプレゼントを受け取り、後から園長先生に見つかって怒られた!なんて事になってしまったら本末転倒ですよね。。 公立の保育園に限らず、プレゼントは受け取らない事としている園は多いのです。 幼稚園よりも保育園の方がプレゼントは敬遠される 幼稚園では、代表の保護者の方が取りまとめて、園児のアルバムを作って渡したり、みんなでお金を出し合ってプレゼントを渡す 等されている園も多いかもしれません。 でも保育園はちょっと違います。 保育園は、保護者の方のお迎え時間もバラバラだし、経済的な理由で働かざるを得ず保育園に預けている方も多い。 そんな中で、特定の個人から贈り物を受け取るという事は、先生もとても気を使ってしまうものなのです。 特に、保育園の先生の多くが「これは辞めてほしい!」と思っているのはこの3点。 他の保護者もいるところで個人でプレゼントを渡す• 他の先生もいるところで特定の先生にプレゼントを渡す• お返しに困るような高価なものを渡す 個別に担任の先生に渡したい時には、誰もいない所で、こっそり渡すのが鉄則のようです! それでは次に、どうしても何かお礼がしたい!という時にどんな方法があるか、ケース別にご紹介します! ケース別 保育園の先生に喜ばれるお礼やプレゼントの内容と渡し方• 先生が退園する場合• 園児が卒園する場合• 進級に伴って担任が変わる場合 の3つのケースについて、オススメの贈り物と、これはNG!というものを実際に保育園で働いていた方の声等をもとにまとめました。 ケース1 先生が退園する場合のお礼・プレゼント 先生が退職や、転園などで退園してしまう場合にオススメなのはこれ。 子供からの手紙・メッセージカード• 子供の手作りの作品(折り紙やキーホルダー等、ちょっとしたもの)• 手作りのお菓子(クッキーなど)• 子供と先生が写っている写真• お花、ハンカチ、ペンなど、ちょっとしたもの 特に毎日毎日一緒に過ごした子供からの心のこもった手紙は、うれしいもの。 お菓子も買ったものではなく、子供と一緒に手作りしたクッキーなどを小袋に入れて渡せば気を使わせずに済むでしょう。 ちょっとしたものを贈りたい場合は、気を遣わせないよう、高くても1000円ちょっとくらい。 子供からの手紙・メッセージカード の一択。 ケース1同様、クラスの園児や親御さんみんなからの寄せ書きやアルバムなどは、幼稚園と違って難しいものです。 逆に特定の方からプレゼントをもらうのは気を使うという先生が多いのです。 進級前の最後の日に、連絡ノートに感謝の言葉をしっかり書いたり、子どもが頑張って書いた手紙を渡すのもbetterです! スポンサーリンク 今日の人気記事はこちら.

次の