唐津 展示 リプレイ。 ボートレース徳山 Official Site

ボートレース徳山 Official Site

唐津 展示 リプレイ

このことからインコースが特別強いわけではなく、 センター勢のマクリが決まることも珍しくないことがわかります。 また、競争水面の広さから、ピット~2マークまでの距離が178mと長くなっているのが特徴。 つまり、 ピット離れが悪い艇は進入コースの取り合いに不利となってしまいます。 このため、スタート展示の様子やモーターの調子など、走りに関する情報は取り入れるべきだと考えられます。 水面の特徴 唐津競艇場は河口に作られた人工プールで、水質が淡水のため硬さがあります。 このことから、 モーターの機力差が出やすいといった特徴があります。 また、水面状況はプールなので基本的に静水面となっており、荒れることは少ないです。 風の影響 唐津競艇場では、 風の影響がレース結果を左右する重要なファクターと言えます。 年間を通して基本的にはホーム側の追い風なので、スロー勢に有利な条件。 特にインコースは、 スタートに失敗しなければ逃げが決まりやすいです。 しかし、この追い風も強風となり風速が6mを超えてくると、 1マークで艇が流されやすくなるため逆に不利となってしまいます! また、夏場になると風向きが向かい風となる日もあり、こういった日にはセンター勢の艇に注目して舟券を組み立てるといいでしょう。 逆に6コースの1着率は冬~春が 約1. 2~1. およそ2倍もの差があるため、 高配当を狙うのであれば夏~秋がチャンス! よりインコースに不利な条件の日であるほど、その可能性は高くなりますね。 予想ポイントまとめ 唐津競艇場はコース別着順率から、 夏・秋の気温が高い季節と冬・春の気温が低い季節とで差があることが見て取れます。 夏場には風向きが追い風となる特徴もあることが理由と考えられますね。 このため、唐津競艇場での舟券の予想には、 季節や風に関する情報が重要と言えます! 開催日程 唐津競艇場のレース開催日程は、こちらから見ることができます。 予想・オッズ情報 唐津競艇場のレース予想は、公式サイトのTOPページから見ることができます。 ライブ&リプレイ動画・レース結果 唐津競艇場のライブ動画、レース結果はこちらから見ることができます。 予想を仕入れる ただむやみに大穴狙いをしてもうまくいかないのは何度かやっていくとわかります。 そこで利用したいのが一般に競艇予想サイトと呼ばれる競艇予想サービスです。 競艇予想サイトでは、その日のレースの勝敗が決定する要因を解析して大穴が出るレースを洗い出してくれます。 無料情報で勉強して自分で時間を使い場数を踏んで得意な競艇場や勝ちパターンを作ることも大事ですが、競艇予想サイトを活用するのも時間短縮して稼ぐ確率を高める一つの方法です。 3つの競艇予想サイトの予想結果 今回、実際に使った評判のいい競艇予想サイトの 実績結果を掲載します。 2019年9〜10月に実際に競艇予想サイトを使った内容になります。 注意)競艇予想サイトは手を抜いた予想を出してくるところもたくさんありますので、きちんと理論と経験、足を使って調査してくれる予想サイトを選ばないといけません。

次の

ボートレース江戸川

唐津 展示 リプレイ

4370 山口達也(岡山支部)• 4445 宮地元輝(佐賀支部)• 3256 三角哲男(東京支部)• 4759 今泉友吾(東京支部) 上位陣は伯仲ムードの顔触れだが、その中でV候補の筆頭に挙がるのは山口達也だ。 前期はF2で90日のF休みを消化したが、戦線復帰直後の地元・児島ではきっちりファイナル進出(3着)。 G1戦でも活躍の多いびわこで今回こそは初V奪取といくか。 宮地元輝は今年ここまでV3をマーク。 現在は3連続優出中の当地でこちらは2回目となるVを狙う。 三角哲男、野澤大二、さらに大のびわこ巧者として知られる山室展弘らもSG覇者の手腕を発揮してV争いに加わってくる。 渡邉睦広も先月の前回戦こそ準優敗退に終わったが、当地はそれまで3連続優出(V1)と好相性を誇る水面。 そのシリーズで準Vと活躍した今泉友吾をはじめ高橋正男、小坂尚哉、松崎祐太郎らA1ランカーの面々もV戦線を盛り上げそうだ。

次の

ボートレースからつ Official Site

唐津 展示 リプレイ

今まで展示の見方のお話をしてきましたが、カメラで撮ることをお勧 めしてきました。 しかし、ボートレース場によってはインターネットで展示をリプレイ にていつでも確認できるようになっています。 こちらで何回も確認してみてもよいと思います。 展示リプレイをいつでも見れるようにしているのは以下のボートレース 場になります。 桐生、蒲郡、津、琵琶湖、徳山、丸亀、芦屋、唐津 今や家でも外でもネットの時代ですので、どこでボートレース観戦を行 っていようとも御確認頂けると思います。 あと、ボートレース場によってはバックストレートの展示タイム以外にも 1週ラップタイム、半周ラップタイム、まわり足ラップタイムなどオリジ ナルなタイムを公開しているところもあるのでぜひご参考にして下さい。 しかし、3年くらい前にスカパーを契約して以来JLCしかみてなかったの で久しぶりに各ボートレース場のホームページを見ました。 とても新しく、見やすくなっていていいかんじですね。 3年前はやる気あるのかなー?というボートレース場すらあったのですが すべて変わってましたね。 全場インターネットでただで見れるのはボートレースだけなので、(今は 違ったりします?)もっとたくさんの人に見て頂きたいですね。 次回もご訪問頂けるととても嬉しく思います。 当サイトはランキングに参加しています。 記事内容がすこしでもお役に立てたならば下記リンクをクリックして頂 けると大変やる気がでます。 モチベーション維持にご協力いただけると大変嬉しいです。

次の