エクセル グラフ 順番 変更。 グラフの凡例の順序を数式バーで入れ替える方法:エクセルの使い方

エクセル「グラフのデータテーブル」項目の順序を入替えたい!

エクセル グラフ 順番 変更

Excel for Microsoft 365 Word for Microsoft 365 Outlook for Microsoft 365 PowerPoint for Microsoft 365 PowerPoint 2019 Excel 2016 Word 2016 Outlook 2016 PowerPoint 2016 Excel 2013 Word 2013 Outlook 2013 PowerPoint 2013 Excel 2010 Word 2010 Outlook 2010 PowerPoint 2010 Excel 2007 Word 2007 Outlook 2007 PowerPoint 2007 注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらにがあります。 プロット順序を変更するグラフに軸が表示されている場合は、カテゴリまたは値がその軸に沿ってプロットされる順序をすばやく反転することができます。 さらに、奥行き軸を持つ3-d グラフでは、サイズの大きな3-d データマーカーが小さいサイズでブロックされないように、データ系列のプロット順序を逆にすることができます。 グラフでプロットされる個々のデータ系列の順序を変更することもできます。 目的に合ったトピックをクリックしてください グラフ内の項目または値のプロット順序を逆にする• グラフ上で、次のいずれかの操作を行います。 分類のプロット順序を変更するには、横 項目 軸をクリックします。 値のプロット順序を変更するには、縦 値 軸をクリックします。 次の操作を実行して、グラフ要素の一覧から目的の軸を選ぶこともできます。 グラフをクリックします。 これにより、[ グラフ ツール] が表示されます。 [ グラフツール] の [ 書式] タブの [ 現在の選択範囲] で [ グラフの要素] ボックスの横にある矢印をクリックし、使用するグラフ要素をクリックします。 [ 書式] タブの [ 現在の選択範囲] グループの [ 選択対象の書式設定] をクリックします。 [ 軸のオプション] カテゴリで、次のいずれかの操作を行います。 [分類項目] で、[軸を反転する] チェックボックスをオン にします。 値の場合は、[軸を反転する] チェックボックスをオン にします。 注: レーダーチャートでは、値のプロット順序を逆にすることはできません。 3-d グラフのデータ系列のプロット順序を逆にする データ系列のプロット順序を変更して、大きな3-d データマーカーではブロックされないようにすることができます。 図: 逆の順序で表示されるデータ系列を含む3-d グラフ• グラフ上で奥行き軸をクリックするか、次の操作を行ってグラフ要素の一覧から選択します。 グラフをクリックします。 これにより、[ グラフ ツール] が表示されます。 [ グラフツール] の [ 書式] タブの [ 現在の選択範囲] で [ グラフの要素] ボックスの横にある矢印をクリックし、使用するグラフ要素をクリックします。 [ 書式] タブの [ 現在の選択範囲] グループの [ 選択対象の書式設定] をクリックします。 [ 軸のオプション] カテゴリの [軸のオプション] で、[ 軸を 反転する] チェックボックスをオンにします。 グラフのデータ系列のプロット順序を変更する• データ系列のプロット順序を変更するグラフをクリックします。 グラフツールが表示され ます。 [ グラフツール] の [ デザイン] タブの [ データ] グループで、[ データの選択] をクリックします。 [データソースの選択] ダイアログボックスの [ 凡例項目 系列 ] ボックスで、順序を変更するデータ系列をクリックします。 [ 上へ移動] または [ 下へ移動] の矢印をクリックして、データ系列を目的の位置に移動します。

次の

横棒グラフの項目の順番が逆!【Excel・エクセル】

エクセル グラフ 順番 変更

表を元に作られた横棒グラフ。 この表とグラフを見比べた時、何かおかしいと思うことはありませんか? そうなんです! 元となる表の項目の順番に対して、横棒グラフの項目の順番が逆になってしまっているんです! これ、何か特別なことをやらかしたわけではなく、でこうなってしまいます。 原因は後でご説明するとして、項目の順番が逆だと、表とグラフを見比べたときにややこしいので、グラフの項目の順番が逆になるように設定していきたいと思います! グラフの、項目名があるところにマウスポインタを合わせると、現在マウスポインタを合わせている所の名前が表示されます。 表示された名前が「縦(項目)軸」になっていることを確認してからクリックすると、 グラフの項目名が並んでいる軸である「項目軸」が選択できます。 そして、「項目軸を選択しましたよ〜」という合図で、項目名の周りが枠で囲まれます。 この枠内ならどこでもいいので右クリック、 [軸の書式設定]をクリックします。 この先は、Excelのバージョンで若干の違いがありますので、お使いのバージョンの部分をご覧ください。 【Excel 2013】 画面の右側に作業ウィンドウが表示されます。 【Excel 2013】 この作業ウィンドウの先頭には「軸の書式設定」という風に作業ウィンドウのタイトルが大きい文字で書いてあります。 その下にある[軸のオプション]が選択されていることを確認し、更にその下にあるグラフのマークが選択されていることを確認します。 ちなみに、このグラフのマークにマウスポインタを合わせると、[軸のオプション]と表示されます。 もう、あっちもこっちも[軸のオプション]と書いてあるのですが、更に、グラフのマークの下にある、これまた[軸のオプション]の[軸位置]のところにある、[軸を反転する]にチェックを付けます。 【Excel 2013】 この時、もし[軸を反転する]の項目が見当たらない時は、この項目があるエリア自体が折りたたまれているので、グラフのマークの下にある[軸のオプション]という文字をクリックすると、展開されて項目が見えるようになります。 【Excel 2010・2007】 表示されたダイアログボックス左側の一覧で[軸のオプション]を選択し、その右側にある選択肢の中から[軸を反転する]にチェックを付けます。 まだ、この後も設定が続きますので、このダイアログボックスは表示したままにしておきます。 【Excel 2013・2010・2007】 これでグラフの項目の順番を逆にすることができました! Excel 2010・2007で、ダイアログボックスがグラフに重なってしまい、グラフが確認できない方は、すれば確認できますヨ。 が!、しか〜し! グラフをよ〜く見ると、項目の順番が逆になった代わりに、さっきまでグラフの下部にあった横軸が、上部に来てしまっているではありませんか! 【Excel 2013】 そこで、先程チェックを付けた[軸を反転する]の項目のやや上に、[横軸との交点]があるので、その中の選択肢から[最大項目]を選択します。 【Excel 2010・2007】 そこで、先程チェックを付けた[軸を反転する]の項目の下を探していくと、[横軸との交点]というものがあるので、その中の選択肢から[最大項目]を選択します。 設定は終わりなので、ダイアログボックス右下の[閉じる]ボタンをクリックしておきます。 【Excel 2013・2010・2007】 これでグラフの上部に来てしまった横軸が、グラフの下部に戻ってくれました! もちろん、最初に設定した項目名の順番もちゃんと逆になったままです。 それにしても、どうして横棒グラフの項目軸は、元となる表の項目と逆の順番で作られてしまうのでしょう? その理由と、今回ご紹介した設定のうち、間違えやすいポイントをでご紹介します!.

次の

Excel 2010 で、グラフを作成した際、凡例の順番を変更したい。

エクセル グラフ 順番 変更

グラフの凡例 まずは基本から。 グラフの凡例とは、下のグラフの 赤枠の部分のことです。 元データを合わせてみると下のようになっています。 元データの表の並びには問題ありませんが、横棒グラフにすると凡例が意図した並びにならず反転しています。 では、凡例の順番を逆にしてみましょう。 凡例の順番を逆にする 上の横棒グラフの 凡例の並びを反転させます。 グラフ全体を選択すると、エクセルのメニューに「グラフツール」が表示されます。 この [デザイン] タブの中のメニューにある「データの選択」をクリックします。 [データソースの選択] というフォームが表示され、左側に凡例が表示されています。 この右上に表示されている矢印ボタンを使って凡例の順番を編集します。 凡例の位置を変更する 凡例の表示位置の変更についても触れておきます。 さきほどの「グラフツール」にある [レイアウト] タブを開きます。 [ラベル] セクションにある「凡例」をクリックします。 すると凡例の表示位置に関するオプションが表示されます。 この中から任意のオプションをクリックすれば、凡例の表示位置を変更が完了します。 下の例は、凡例の位置をグラフの上にしたものです。 下のグラフは凡例を削除してしまった例です。 この場合も、手順は「凡例の位置の変更」と同じです。 グラフ全体を選んだ状態で、メニューに表示される「グラフツール」のレイアウトタブを開きます。 [凡例] アイコンをクリックします。 そこに表示される表示位置オプションから、凡例を復活させたい表示位置を選んでクリックします。 他の関連記事とあわせて仕事や趣味に役立ててください。 関連記事 併せて読んでおくとさらに便利 エクセルグラフ 「見やすいシリーズ」第二弾!エクセルで見やすいグラフ・きれいなグラフの作り方。 グラフがあることで、数値の差や変化などが視覚的に伝わることで資料を見る人が理解しやすくなります。 複合グラフ・チャート エクセルで複合グラフの作り方を解説。 Excel複合グラフの作り方は意外とカンタン。 Excel2010以前そしてExcel2013などバージョンによる複合グラフ作成手順の違いについてもわかりやすく説明します。 エクセルグラフ エクセルのグラフタイトルをグラフの下に表示させたり、セルの値を参照させたり、変更したりする方法などグラフタイトルについていろいろ解説します。 目からウロコです。 グラフ・レーダーチャート レーダーチャートの最大値を固定する方法を解説。 レーダーチャート とは、模擬試験の結果表や自己分析表などで一度は目にしたことがある、文字どおりレーダーのようなグラフ(チャート)のことです。 グラフ・スパークライン エクセルの「スパークライン」をご存じですか?文字どおり電気がスパークしているように見える極小の折れ線グラフです。 今回はスパークラインの作成方法と有効な見せ方・使い方についてわかりやすく解説。 Excelグラフ 株価チャートの作り方と見方を図解します。 株価のグラフがうまく作成できないという方は「表の並び」が良くないかもしれません。 ローソク足の見方にも触れていますので、ぜひ当サイトをご一読ください。 株価・移動平均 Excelで 株価チャートに移動平均線を加えて2軸化する方法を解説。 「移動平均線」は、ローソク足のチャートを合わせると株の売買のタイミングを判断する材料となるのです。

次の