新百合ヶ丘 小児科。 稲城市 新百合ヶ丘駅 内科 簡野クリニック

新百合ヶ丘 岡崎医院

新百合ヶ丘 小児科

「新百合ヶ丘駅」から徒歩約5分。 「小児科専門医」在籍、キッススペースのあるクリニックです川崎市麻生区万福寺の「新ゆり山手通りこどもクリニック」は、小田急線「新百合ケ丘駅」北口から徒歩約5分、メディカルモリノビルの2階にございます。 お車でお越しの際は、ビルに隣接しているパーキングをご利用いただけます。 その場合は、30分の駐車券をお渡ししておりますので、受付にお申し付けください。 また、院内には授乳室やキッズルームを用意するなど、お子さまと通院しやすいよう配慮しています。 「日本小児科学会認定 小児科専門医」の資格を有する院長が、発熱、鼻水、鼻づまり、下痢、せき、腹痛、のどの痛み、嘔吐などの症状にくわえ、みずぼうそう、手足口病など、お子さまの間で流行しやすいウイルス性感染症などの診療をおこなっています。 水ぶくれや湿疹、発熱などの症状が出た場合は、早めに受診ください。 そのほか、気管支ぜんそくや、アトピー性皮膚炎などアレルギー疾患にも対応しています。 ゼイゼイとしたせきが長引く場合や、かゆみを伴う湿疹が繰り返しできるなどの症状でお困りの場合も、お気軽にご相談ください。 乳児健診、各種予防接種や育児相談もおこなっています。 予防接種・乳幼児健診はそれぞれ予約制をとっていますので、WEBからご予約お願いします。 1歳以上の予防接種は一般診療内でも承っていますので、ご希望があればお申し付けください。 一般診療の順番予約もできますので、待ち時間の緩和のためにぜひ、そちらもご利用ください。 新百合ヶ丘駅周辺の その他の診療科• 新百合ヶ丘駅の小児科 14• 新百合ヶ丘駅の気管食道科 0• 新百合ヶ丘駅の神経科 0• 新百合ヶ丘駅の肛門外科 0• 新百合ヶ丘駅の胸部外科 0• 新百合ヶ丘駅の小児外科 0• 新百合ヶ丘駅のペインクリニック 0• 新百合ヶ丘駅の乳腺外来 0• 新百合ヶ丘駅の頭痛外来 0• 新百合ヶ丘駅の物忘れ外来 0• 新百合ヶ丘駅の禁煙外来 0•

次の

新百合ヶ丘こどもクリニック(川崎市麻生区の診療所)小児科|オープンデータ ジャパン

新百合ヶ丘 小児科

小児は大人を小さくしたものではありません。 新生児から乳児、幼児、学童さらに思春期と、年齢とともに外見上の大きさが変化するだけでなく、免疫学的、神経学的、内分泌学的にも変化していきます。 それも一様に変化するわけではなく様々なステージが存在します。 それらの変化に応じた対応をするのが小児科医の務めであり、言わば小児科医の醍醐味であります。 子供たちの一番の主治医はご両親ですが、それをサポートするのが小児科医ですので、ぜひ小児科を利用してください。 特に最近患者さんの増加が著しい食物アレルギーを含めたアレルギー疾患 喘息、アトピー性皮膚炎、蕁麻疹、アレルギー性鼻炎、アレルギー性結膜炎など の治療、管理を得意としておりますので、相談をお待ちしております。 一般診療とは別に専門的な知識と技能を必要とする分野であります乳幼児健診、予防接種外来の枠を設けていますので是非ご利用ください。 さらに、専門的な治療や検査が必要と考えられる場合や、外来では治療は困難と思われる患者さんは、病院を紹介いたしますのでご安心ください。 おたふくかぜ おたふくかぜはムンプスウイルスによる感染症で、流行性耳下腺炎、ムンプスと呼ばれることもあります。 主な症状は、両側または片方の唾液腺 耳下腺、顎下腺、舌下腺 の腫れや痛み、発熱などです。 接触感染や飛沫感染で広がり、3~6歳の小児に多い感染症ですが、成人が感染すると症状が重くなる傾向にあります。 ウイルスが内耳に侵入すると難聴 ムンプス難聴 になることがあり、永久的に聴力が失われることがあります。 日本耳鼻咽喉科学会の全国調査では2015年1月から16年12月の間に348人がムンプス難聴と診断され、その内の約8割の患者さんが後遺症として高度以上の難聴と診断されました。 もう一つの重篤な合併症である髄膜炎を発症すると入院治療が必要になることも珍しくありません。 おたふくかぜに有効な抗ウイルス薬はありませんので、治療は対症療法になります。 蚊に刺されてうつる感染症 これからの季節はキャンプ、花火大会、お墓参りなど野外での行事が多くなりますので、「蚊」があなたを狙っています。 ジカウイルス感染症という病気を耳にしたことがあると思います。 中南米を中心に流行しており、感染した妊婦さんから小頭症の赤ちゃんが生まれる可能性が示唆されています。 この病気以外にも数年前に話題になったデング熱をはじめ日本脳炎、マラリア、チクングニア熱、ウエストナイル熱、黄熱など蚊が媒介する病気がいくつも知られています。 これらの病気の中でワクチンで予防できるのは日本脳炎だけです。 わが国ではワクチンの普及により1992年以降の日本脳炎の年間患者数は10人未満と非常に少ない病気になりました。 ぜひ忘れずに予防接種を受けてください。 インフルエンザ インフルエンザはインフルエンザウイルスの感染が原因で起こる病気です。 インフルエンザウイルスにはA型、B型、C型の3種類があり、世界的に大流行するのはA型です。 多くの人は7日から10日で回復しますが、お年寄りでは肺炎を合併したり、乳幼児では急性脳症 意識障害、けいれん を併発することがあります。 毎年11月頃から流行し始め1月から3月の間に流行のピークを迎えます。 うがい、手洗い、マスクの着用はとても有効な予防法です。 インフルエンザワクチンによる予防もお勧めです。 溶連菌感染症 溶血性レンサ球菌 溶連菌 にはいくつかの種類がありますが、病気の原因となる主な菌はA群レンサ球菌です。 B群レンサ球菌は母児感染の原因菌となります その病型は以下のように大きく分けて3つに分類されます。 潜伏期間は1~3日で、症状は発熱、咽頭痛が強く、悪心・嘔吐を伴うことも多く、ときに腹痛を訴えます。 咳、鼻水は軽微です。 診断には綿棒で咽頭をこすって菌を検出する迅速検査が可能で10分程度で判定できます。 適切な抗生物質の服用開始後24時間程度で周囲への感染力はなくなります。 ウイルス感染には季節性があり、初夏から初秋にはヘルパンギーナや手足口病の原因となるエンテロウイルス属、同時期にはアデノウイルスによる咽頭結膜熱 プール熱 も流行します。 秋から冬にかけてはRSウイルスによる細気管支炎や肺炎が、冬にはインフルエンザが流行します。 その他、ライノウイルス、コロナウイルス、ヒトメタニューモウイルス、パラインフルエンザウイルスなども上気道感染症の原因となります。 乳幼児期に多い突発性発疹もヒトヘルペスウイルス6,7型による感染症です。 上気道感染の9割 以上? はウイルスが原因ですが、細菌性の上気道炎もあります。 その多くが溶連菌感染症です。 突然の高熱と咽頭痛で発症し、時に嘔吐を伴いますが咳、鼻水はほとんどありません。 この点がウイルス感染との違いになります。 稀ではありますが重篤な合併症がありますので抗生剤による治療を行います。 急性胃腸炎 嘔吐下痢症 嘔吐、下痢、腹痛が主な消化管感染症の症状です。 大きく分けてウイルス性と細菌性がありますが、重症度や治療法が違いますので区別することが大切です。 原因となるウイルスにはロタウイルス、ノロウイルス、アデノウイルスなどがあります。 細菌性にはサルモネラ菌、カンピロバクター菌、病原性大腸菌 O157など の他にも多数あります。 血液や膿が混入した便、生臭いにおいの便、ぐったり感が強い場合には細菌性を疑い、便培養による細菌検査が必要になります。 治療はウイルス性の胃腸炎では脱水予防と整腸剤が、細菌性では、全例ではありませんが抗菌剤を服用する場合があります。 ロタウイルスに対してはワクチンがありますので乳児期に服用 1回目は生後14週6日までに しておくと予防と軽症化が可能です。 臍ヘルニア でべそ の保存的治療 臍ヘルニアとは、いわゆる「でべそ」のことです。 しかし、経過観察中に周囲から指摘されるなどご両親の精神的負担も大きく、また、最終的にきれいに治らないこともあるため美容的観点から手術を要する場合もありました。 当クリニックでは、短期間にきれいに治すスポンジ圧迫法による保存的治療を行っておりますので、ぜひご相談ください。 生後2か月頃から治療が可能です。 早めに開始することをお勧めします。 海外旅行で気をつけること 海外旅行は日常生活を離れて、羽を伸ばすことができる楽しい時間です。 しかし、長距離の移動や時差が負担になったり、国内ではかからない病気になったりと、体調を崩しやすいものです。 いろいろな食べ物を口にしたくなりますが、特に衛生状態が良くない旅行先では、生水や氷、カットフルーツ、加熱が十分でない料理には十分に気をつけましょう。 海外では蚊に刺されることでデング熱やマラリア、動物に咬まれることで狂犬病など、重い病気にかかることがあります。 旅行中は虫除け対策をして、むやみに動物に近寄らないようにしましょう。 肝炎やインフルエンザなどは、予防のためのワクチンがあります。 海外旅行を安心して楽しむための対策は、かかりつけ医に相談しましょう。 日医ニュース、健康プラザ No. 414より 創傷治療について 小児科とは少し離れるような印象を受けられるかもしれませんが、当診療所では大きな縫わなければならないような傷を除けば内科的に治療を行っています。 基本は「消毒しない」「傷口を乾かさない」という治療法です。 この方法は今ではかなり一般的な傷の治療法になってきましたが、当診療所では数年前から実践しており、痛くない上に、傷口が早く、きれいに治ることを実感しております。 ぜひご相談ください。

次の

稲城市 新百合ヶ丘駅 内科 簡野クリニック

新百合ヶ丘 小児科

「新百合ヶ丘駅」から徒歩約5分。 「小児科専門医」在籍、キッススペースのあるクリニックです川崎市麻生区万福寺の「新ゆり山手通りこどもクリニック」は、小田急線「新百合ケ丘駅」北口から徒歩約5分、メディカルモリノビルの2階にございます。 お車でお越しの際は、ビルに隣接しているパーキングをご利用いただけます。 その場合は、30分の駐車券をお渡ししておりますので、受付にお申し付けください。 また、院内には授乳室やキッズルームを用意するなど、お子さまと通院しやすいよう配慮しています。 「日本小児科学会認定 小児科専門医」の資格を有する院長が、発熱、鼻水、鼻づまり、下痢、せき、腹痛、のどの痛み、嘔吐などの症状にくわえ、みずぼうそう、手足口病など、お子さまの間で流行しやすいウイルス性感染症などの診療をおこなっています。 水ぶくれや湿疹、発熱などの症状が出た場合は、早めに受診ください。 そのほか、気管支ぜんそくや、アトピー性皮膚炎などアレルギー疾患にも対応しています。 ゼイゼイとしたせきが長引く場合や、かゆみを伴う湿疹が繰り返しできるなどの症状でお困りの場合も、お気軽にご相談ください。 乳児健診、各種予防接種や育児相談もおこなっています。 予防接種・乳幼児健診はそれぞれ予約制をとっていますので、WEBからご予約お願いします。 1歳以上の予防接種は一般診療内でも承っていますので、ご希望があればお申し付けください。 一般診療の順番予約もできますので、待ち時間の緩和のためにぜひ、そちらもご利用ください。 新百合ヶ丘駅周辺の その他の診療科• 新百合ヶ丘駅の小児科 14• 新百合ヶ丘駅の気管食道科 0• 新百合ヶ丘駅の神経科 0• 新百合ヶ丘駅の肛門外科 0• 新百合ヶ丘駅の胸部外科 0• 新百合ヶ丘駅の小児外科 0• 新百合ヶ丘駅のペインクリニック 0• 新百合ヶ丘駅の乳腺外来 0• 新百合ヶ丘駅の頭痛外来 0• 新百合ヶ丘駅の物忘れ外来 0• 新百合ヶ丘駅の禁煙外来 0•

次の