バンドル カード 名義。 バンドルカードで後払いする方法「ポチッとチャージ」の支払いを分かりやすく解説

バンドルカードで後払いする方法「ポチッとチャージ」の支払いを分かりやすく解説

バンドル カード 名義

Contents• バンドルカードとは バンドルカードとは、Visaの加盟店で支払いができるVisaプリペイドカードです。 インターネット上のVisa加盟店なら世界中どこでもクレジットカードと同じように利用することができます。 また、Vプリカと違い、オプションで「実際にカードを発券」することで、実店舗でも利用できるようになります。 バンドルカードの作成条件 バンドルカードの発行には年齢制限はありません。 ただし、未成年の方の場合は、発行の際に保護者の同意が必要となります。 Vプリカを申し込みできるのは、「日本国内在住の18歳以上の方」なので、バンドルカードのほうがカード作成のハードルが低くなります。 また、バンドルカードの作成はスマートフォンからアプリをインストールし、簡単な登録をするだけでOKです。 本人確認や銀行口座の登録などが一切必要ありません。 発行される情報 バンドルカードを作成すると、すぐにカード情報が付与され、アプリで確認することができます。 カード番号:クレジットカードと同じ16桁の番号です。 有効期限:月/西暦が下2桁で表示されます• セキュリティコード:クレジットカードと同じ3桁の番号です。 バンドルカードは、無記名で利用できるカードなので、所有者氏名情報の登録は必要ありません。 インターネットなどで氏名を入力する必要がある場合は、[姓:VANDLE][名:USER]でOKです。 この点もカード作成時にニックネーム登録が必要なVプリカとの違いになります。 有効期限 バンドルカードの有効期限は5年間です。 Vプリカの有効期限1年と比べるとかなり長い有効期限です。 バンドルカードが利用できないケース バンドルカードはプリペイドカード方式という性質上、Vプリカと同様に利用できないケースがあります。 ガソリンスタンド• 宿泊施設• 公共料金• 定期支払い・定期購買• 保険料の支払い• 高速道路料金• 機内販売 バンドルカードのメリット 審査が無いので、誰でも利用できる バンドルカードの作成には事前審査や本人確認が必要ありません。 特に年齢制限もないので、スマートフォンが利用できればOKです。 学生さんなど諸事情によりクレジットカードが作れない人、あまりクレジットカードを作りたくない人には強い味方です。 最近は「クレジットカード支払い限定」のチケットが増えています。 クレジットカードがない、持てない場合は、バンドルカードを利用するとチケットを購入できるようになります。 登録も、スマートフォンにアプリを入れて簡単な登録をするだけです。 本名で登録する必要がない バンドルカードは、作成の際に氏名登録する必要がありません。 この「無記名カード」というのはチケット購入時には大きなメリットです。 例えば、クレジットカードの登録に一番厳しいチケットぴあでは、通常はアカウント名義とクレジットカードの名義はイコールでないとカードで支払うことができません。 ですが、バンドルカードを利用すると、だれのアカウントでも問題なく支払い登録ができます。 そもそもバンドルカードは無記名で利用できるカードなので、名義チェックの意味がないからです。 この特性を利用すると、クレジットカード登録に厳しいチケットぴあでも、家族に協力を依頼してチケット購入が可能になります。 チャージ手数料、維持費が無料 バンドルカードは、Vプリカと比較して手数料がとてもお得です。 チャージ手数料無料で、カードに維持費も一切必要ありません。 Vプリカの場合、チャージには2,000円で200円、10,000円で390円の手数用が必要なことに加えて、3か月利用が無いと「休眠カード維持費」として125円も引かれます。 バンドルカードのデメリット ポチっとチャージは便利だけれど手数料に注意が必要 ポチっとチャージについては、公式サイトにこう説明してあります。 「ポチっとチャージは、アプリから金額を入力すると即座にチャージされ、国内外のVisa加盟店でのお買い物にすぐに使えるサービスです。 お申込み金額は後からお支払いいただきます。 」 要は、バンドルカードにお金が入っていなくても、前借りしてチャージができるシステムです。 前借りしたお金は、翌々月末までに返済する必要があります。 プリペイド方式のカードは、「カードにチャージされている金額までしか利用できない」というのが大原則なのですが、それを覆すシステムが「ポチっとチャージ」です。 一見、非常に便利なサービスなのですが、注意点は「手数料」です。 バンドルカードは、登録、維持費などが0なのが特徴ですが、さすがに「ポチっとチャージ」の利用には手数料が必要です。 3,000円〜10,000円の場合:500円• 11,000円〜20,000円の場合:800円 の手数料が必要となるので、利用するときには注意してください。 リアルカードの発行には手数料が必要 バンドルカードは「スマートフォンで発行するバーチャルカード」なので、標準ではカードの現物は発行されません。 なので、実店舗で利用することができず、インターネット限定での利用となります。 ただし、Vプリカと違って、バンドルカードには「リアルカード」というオプションがあります。 リアルカードを発行すると、カードの現物が郵送されてくるので、コンビニなどの実店舗でもクレジットカードと同様に利用できるようになります。 このリアルカードの発行は大きなメリットなのですが、発行手数料として300円が必要です。 セブンイレブンでコンビニチャージができない バンドルカードはコンビニでチャージすることが可能ですが、セブンイレブンでは取り扱いがありません。 店舗数が一番多いセブンイレブンでチャージできないのはデメリットの一つです。 まとめ:チケット申し込み時に便利なバンドルカード 「」は非常に優れたプリペイドカード方式のカードです。 プリペイドカード方式のカードとしては「Vプリカ」が有名ですが、「」のほうが次の点で優れています。 Comment• に くるみっこ より• に はーぶ より• に くるみっこ より• に しゅう より• に くるみっこ より• に La Mesa より• に くるみっこ より• に 隣県のおっさん より• に より• に 三村カープ より• に ミミ より• に くるみっこ より• に 通称だいちゃん より• に しゅう より• に 通称だいちゃん より• に 隣県のおっさん より• に くるみっこ より• に くるみっこ より• に もーも より• に 通称だいちゃん より• に もーも より• に 匿名 より• に くるみっこ より• に 匿名 より• に くるみっこ より.

次の

複数可能?バンドルカードを2枚目を作ることはできる?

バンドル カード 名義

公共料金• 宿泊施設• 定期支払いまたは定期購読• 高速道路• ガソリンスタンド• 保険の支払い• 畿内販売 例えば、ガソリンスタンド(セルフ含む)、宿泊施設(ホテル・ロッジ)は思わずクレジット決済したくなる先ですが、いずれも利用できません。 宿泊施設では、ホテル内に設けられている飲食店でも利用できないとされている点には特に注意が必要です。 宿泊利用せず、レストランだけを利用するケースも多々ありますが、このようなときに決済できないことを意味します。 また、公共料金や保険料の支払いにも対応できませんし、高速道料金の支払いにも対応できないのでETC利用ができません。 後者はクレジットカードのように本人確認がされていないバンドルカードならではのデメリットといえるかもしれません。 本人認証が必要な加盟店でもこれが理由で決済に用いられないこととなっています。 この他にも、公共料金や保険料の支払いにも利用できないなど、公式ホームページ上にて一覧として紹介されています。 などが、利用の制限される先のリストに含まれています。 より詳しくは公式ホームページ内にてご確認いただければと思いますが、利用が制限されるかどうかは適宜変化していくようなので、定期的にチェックしてみてはいかがでしょうか。 そこに列挙されているお店はあくまで利用が制限されることが判明している先であり、VISA加盟店側が独自の判断でプリペイドカードの利用をブロックしていることもあるそうなので、リストアップした以外の先でも利用できないことがあると明記されています。 バンドルカードは銀行口座開設時やクレジットカード発行時にあるような本人確認手続きをおこなっていないため、利用できない先からすると、そこがどうしても不安となっているのでしょう。 そういった考え方を裏付けるかのように、リアルプラスカードを発行すれば、上記のような利用先の制限はほぼ解消されます。 リアルプラスカードを発行する際には、クレジットカードの申し込みをはじめとする金融サービスの利用開始時に必要な本人確認手続きをしなければなりませんので、結果として相応の信用が担保されるのでしょう。 もっと使えるお店を増やしたいとお考えであれば、 リアルプラスカードの発行をおススメします。 ただし、宿泊施設やガソリンスタンドにて利用する場合には、ちょっとしたイレギュラーが生じますので注意が必要です。 それらで利用すれば、宿泊施設は25,000円、ガソリンスタンドは8,000円を下回る金額であったときでもこれらの金額が差し引かれ、後日に戻されることとなります。 具体的にいえば、 ガソリンスタンドで3,000円の給油をしたとき8,000円が差し引かれるものの、後日に5,000円が戻される仕組みとなっています。 仮想通貨を決済手段として利用するのに便利 昨今の仮想通貨ブームによってビットコインを持っていらっしゃる方も少なくないでしょうが、実際にビットコインを決済に使用したいと思っても、使える先はかなり限られています。 そこでおススメしたいのが、バンドルカードにビットコインでチャージし、VISAとしてクレジット決済する方法です。 この方法であれば、ビットコインをこれまで以上に気軽に決済に利用できるようになるでしょう。 バンドルカードにチャージする際の手続きもアプリからできますので簡単ですし、手数料もかかりません。 その他、仮想通貨をお持ちであっても、それらをビットコインへ変えてからバンドルカードにチャージすることで、仮想通貨がより実用的なものとなっていきます。 使用感および利便性は実際にバンドルカードを介して決済してみないとわからないところが多いと思いますので、是非この機会にバンドルカードをお試しになってみてはいかがでしょうか。

次の

ベラジョンカジノはバンドルカードで入金できる?【2020年版】|ぼくらのカジノ

バンドル カード 名義

この記事の目次• バンドルカードはポチッとチャージで後払い可能 バンドルカードは、VISAプリペイドカードですが「ポチッとチャージ」を使うことによって後払いができます。 アプリからチャージし、即座にVISA加盟店で買い物が可能。 クレジットカードのように、 買い物する際には支払いをしなくてもOK。 翌月末までに後払いにできるのが最大の特徴です。 クレジットカードのように利用可能なプリペイドカード VISAプリペイドカード「バンドルカードのポチッとチャージ」は、従来の前払い方式のプリペイドカードと違い、クレジットカードのように後払いする事が可能となっています。 クレジットカードは、買い物時はお金の引き落としや支払いをせず、翌月末などに後払い 引き落とし します。 一方、プリペイドカードは、前払いしたチャージ金額内での買い物するのが一般的となっています。 ポチッとチャージの支払いに関する注意点 便利なバンドルカードのポチッとチャージですが、• 支払い期日• 支払い方法• 上限額• 支払い手数料 以上の4点について、注意点をご紹介します。 支払い期日は翌月末まで ポチッとチャージの支払い期日は、翌月末まで。 支払いは期日の翌月末までなら、いつでも好きな時にコンビニなどで支払い可能です。 支払い方法はコンビニなどで可能 ポチッとチャージの支払い方法は、• コンビニ支払い• ネット銀行• 銀行ATM ペイジー のいずれかで可能です。 ローソン・ファミマは支払い可能。 セブンはできない 上で挙げた支払い方法でコンビニ支払いが便利で最も利用する人が多いと思いますが、注意点としてはセブンイレブンはポチッとチャージの支払いをすることができません。 ファミリーマート• ローソン• ミニストップ• セイコーマート• デイリーヤマザキ 以上のコンビニで支払いが出来ます。 後払いなので、忘れずに期日までに支払おう ポチッとチャージは、その場ですぐチャージが完了し、支払いは期日の翌月末までなら、いつでも好きな時にコンビニなどで支払い可能です。 もし、支払い忘れて期限が過ぎてしまった場合は、カードの利用停止などの措置が取られるし、最悪の場合、本来支払わなくてよい遅延金を支払う事もあるようなので、きちんと期日までに支払いを済ませましょう^^ 以下、バンドルカード公式サイトの引用です。 支払い期限を過ぎると、利用規約に則り以下の手続きを取る場合がございます。 カードの利用停止• ポチっと申込み上限の制限• 第三者への債権譲渡• 支払期限の翌日から支払いに至るまでの、遅延損害金の請求 上限は最大5万円まで バンドルカードのポチッとチャージの上限は5万円までとなっています。 1回3,000円~最大50,000円まで、1,000円単位で好きな金額をチャージする事が出来ます。 支払い手数料について バンドルカードのポチッとチャージは、1回のチャージ毎に下記の手数料がかかるので、なるべく1回にまとめてチャージする方がお得です。 1回のチャージ金額 手数料 3,000円 ~ 10,000円 500円 11,000円 ~ 20,000円 800円 21,000円 ~ 30,000円 1,150円 31,000円 ~ 40,000円 1,500円 41,000円 ~ 50,000円 1,800円 1回あたり500円とかなら、あまり気にされない方もいらっしゃると思いますが、チリも積もると結構な金額になるので、 数千円をその都度チャージするより、1回にちょっと多めの1万円チャージするなど、少し余裕を持ってチャージする方が、手数料を抑えつつ効率良く使えます。 バンドルカード「ポチッとチャージ」のデメリットは? バンドルカード「ポチッとチャージ」のデメリットをまとめてみます。 上限が最大5万円とやや少ない印象 チャージ可能な金額の上限が5万円と、クレジットカードなどに比べると少額なのは、高額な商品をネットで買いたい人にとってはデメリットと言えるかもしれません。 とは言え、1回に5万円以上の買い物する機会ってあまりないと思うし、『使い過ぎて返済ができなくなる』心配も少ないので、個人的には上限が5万円くらいの方が安心して使えると感じます^^ 支払い忘れや、返済できなくなる可能性がある いくら上限が5万円と言えど、支払い忘れや返済が出来なくなる可能性もゼロではありませんよね? ポチッとチャージは確かに便利ですが、チャージ金額を支払いする期日をご自身できちんと計画し、必ず忘れずに支払いを済ませましょう。 一部バンドルカードが使えない店舗がある バンドルカードは、日本国内のVISA加盟店であれば実店舗でも通販でも使用する事ができますが、一部利用できない店舗やサービスがあります。 詳しくはバンドルカード公式サイトのヘルプに載っています。 以下、引用です。 主な利用できないサービスは下記のとおりです。 ガソリンスタンド(セルフ含む)• 公共料金• 定期支払い・定期購買(ニュース配信・受信料)• 保険料の支払い(契約・プレミアム・通販)• 高速道路料金• 機内販売• 本人認証(3Dセキュア)の必要な加盟店• リアルカード並びにリアル+ プラス はICチップ非搭載のプリペイドカードとなります。 IC読取りの端末ではご利用いただけません。 ガソリンスタンドと宿泊施設は利用する方も多いと思うので、覚えておきましょうね。 3つ目の「定期支払い」というのは、電車など定期券の支払いではなく、毎月など定期的な支払いのことですね。 バンドルカード「ポチッとチャージ」のメリット 『いつでも欲しいときに、ネットで買い物ができる』のがバンドルカード「ポチッとチャージ」の大きなメリットです。 クレジットカードを持っていないと、支払いが面倒ですし、場合によってはその都度手数料がかかってしまいます。 バンドルカードを1枚持っているだけで「気軽に、便利に買い物が出来る」快適さをあなたも味わってみませんか? Amazonや楽天市場などで使える バンドルカードは、Amazonや楽天市場などの買い物に使うことが出来ます。 代引きやコンビニ支払いを利用している人には特におすすめです。 クレジットカードでないと支払いが出来ない商品を購入したい時にも使えます^^ 後払いなので、給料日前に買い物がしやすい 『給料日前で買えないけど、めっちゃ安くなっててお買い得・・』なんて経験はありませんか? セール時期など、たった1日で商品の値段が大きく変わることも珍しくないですが、 バンドルカードのポチッとチャージを使えば「ほしい時に買い物ができる。 」 お気に入りの商品を見つけたら、いつでも好きな時に買える喜びはプライスレスです。 お金を支払う優先順位を決められる どうしても支払わなければならない料金を先に支払って、この買い物は後払いする。 など、優先順位ごとにお金を使いわけることも出来ます。 手数料だけで金利はナシなので、借金 ローン するよりも断然良いと私は思います。 緊急性の高い、いざという場合にも心強いですよね。 クレジットカードよりも気軽に登録できる クレジットカードを既に持っていても、『限度額が高額なクレジットカードを、登録したままにしたくない』人もいらっしゃると思います。 私も、 『セキュリティ上、クレジットを登録したくない。 でも、クレジットカード以外で買い物するのは不便。 』 と感じる機会は多いです。 前までは、わざわざ決済手数料払った上で不便なコンビニ決済などにしたりしていたのですが、 バンドルカードなら、チャージした金額以上に使われる事はないので、クレジットカードより気軽に安心して利用できます。 ネット通販の決済手数料もかからないし、お得で便利ですよ^^ 詳細・登録はこちら• バンドルカード「ポチッとチャージ」のまとめ バンドルカードは、「会社名」が運営しているVISAプリペイドカード。 アプリの操作はかんたんで、項目の並びとかも分かりやすい。 ここ画像あああ 「ポチッとチャージ」は名前のとおりスマホだけで好きな金額をその場でチャージ出来て、すぐにAmazonや楽天市場などのネット通販サイトで買い物が出来ます。

次の