ハクビシン 足跡。 この足跡はハクビシン?似ている害獣の特徴と自力でできる対策をご紹介

東京タヌキ探検隊! タヌキ事典 足跡

ハクビシン 足跡

ハクビシンの生態 1分でわかる タヌキとハクビシンを見分けるポイント5つ 「ハクビシンってどんな顔してる?よく間違われるタヌキとどう違うの??」 「そもそもタヌキ自体も、キャラクターやイラストでしかわからないよね。 」 今回はハクビシンとタヌキの違いをクローズアップして見ていきましょう! タヌキとハクビシンの違いその1 顔 正面からの見分け方 ハクビシンの顔で一番特徴的なのは、頭上から鼻先まで伸びた白い線状の模様。 遠くから見てもわかります。 その他は目の下や耳の前に白い斑紋がある場合もあります。 ではタヌキは?タヌキのイラストは、よくアイマスクのような眼のまわりを囲ったかんじに描かれますが、実際は目と目の間はつながっていません。 タヌキとハクビシンの違いその2 鼻先の違い ハクビシンの鼻は一般的にはピンク色、タヌキは黒という違いがあります。 中には黒っぽい鼻のハクビシンもいるようですが、ネコの鼻と同じような感じで、だいたいピンクだけど黒っぽいのもいる、と覚えてはどうでしょう?タヌキはイヌ科なので犬と一緒の黒、と考えると覚えやすいです。 形は犬のように鼻先が長いのが特徴です。 タヌキとハクビシンの違いその3 体つきから見分ける! 実際小動物にでくわす時って、遠くで横切ったのを目撃した、とかそんな感じですよね。 スリムな体にスッと伸びるシッポが特徴です。 シッポはイラストのようにふわっとしています。 よくあるタヌキのイラストで、シマシマ模様になっていますがそれはアライグマですよ~。 脚はハクビシンはやや短め。 タヌキの脚は意外としっかりしていてネコやイヌ位あります。 毛がふっくらしている秋冬は短く見えますが、夏のスリムボディの頃は柴犬のようにがっしりした黒い脚です。 毛の色や模様は、一概に言えませんが、肩から前足にかけて黒い模様があればタヌキである確率が高いです。 フォルムの違いで見分けるなら、タヌキの場合は季節によって大分見た目が変わるので要注意です! ぽちゃっとしたかわいいタヌキは冬の姿、夏はびっくりするくらい細くて犬と間違うようなフォルムのタヌキもいます。 写真のタヌキだけでもかなり違いますよね。 積もった雪の上に小動物の足跡を見つけるチャンスです! ハクビシンは5本足、タヌキは4本足(5本目は地につかない)跡が残ります。 タヌキの足跡は、下の図のように表しましたが、じつはイヌとネコにとてもよく似ているものもあります。 タヌキとネコを見分けるポイントはツメ跡があるかどうか。 ネコは普段はツメを引っ込めているので跡がつかないそうです。 タヌキとイヌの足跡はほとんど同じだそう。 そういう場合は場所で見分けるといいそうです。 道など犬が通るところは判別がつかないので、敷地内などで探してみてください。 タヌキとハクビシンの違いその5 フンの見分け方 最後はフンをチェックしましょう。 ハクビシンは屋根裏に巣をつくり、糞尿を一か所にまとめてすることが多いです。 これがハクビシンの一番の問題点。 糞尿が病原菌のもとになったり、天井を腐敗させたりします。 雨漏りでもないの天井にシミがあったり、縁の下に小動物の気配があったら早めにチェックしましょう。 見分けるポイントは、ハクビシンの糞はあまり臭いがしません。 筆者も何度かハクビシンの糞を見ましたが、そんなに臭いはありませんでした。 ハクビシンは果物や植物のタネをよく食べるので、その残骸が糞に含まれていることが多いそうです。 タヌキは屋外にタメフンと言って、皆でまとめて1箇所で糞をします。 そして臭いがとても強いでのが特徴です。

次の

東京タヌキ探検隊! タヌキ事典 足跡

ハクビシン 足跡

夜行性?どこにいる?ハクビシンの1日 家にハクビシンが棲んでいる形跡があっても、昼間に家の中や近くでハクビシンの姿を見かけることはないかもしれません。 なぜならば、 ハクビシンは夜行性の動物だからです。 では、ハクビシンは1日を通して、どのようなパターンで活動を行っているのか。 昼と夜に分けて、その行動の詳細を見ていきましょう。 昼の行動パターン 夜行性であるハクビシンは、昼間はねぐらで寝たり、じっとしていたりすることが多いです。 このように昼間に休息を取ることで、夜の活動に備えます。 野生のハクビシンの多くは、山林などに生息しており、木の中にできた空洞や他の動物が作った巣穴などを巣として棲みついていることが多いです。 しかし、一部のハクビシンは 私たち人間の生活圏に生息しており、民家の床下や屋根裏のスペース、倉庫などに巣を作ることがあります。 ハクビシンは暖かい場所を好むので、人間の民家などは過ごしやすい環境なのです。 そのため、皆さんの家にも、ハクビシンが棲みついている可能性は十分にあるでしょう。 夜の行動パターン ハクビシンの活動は、基本的に 夜になると活発になります。 ハクビシンに棲みつかれた家で、夜にだけ騒音がする傾向があるのはこのためです。 夜になるとハクビシンは、餌を捜し求めたり、繁殖活動を行ったり排泄したりと、様々な活動を行います。 ハクビシンの被害も、この夜間の活動によって引き起こされるものです。 さらに、ハクビシンは基本的に単体では行動しません。 ハクビシンを見かけたり、痕跡を見つけたりしたら、単体ではなく複数匹存在していると見た方がいいでしょう。 活動時間 ハクビシンが動き回るのは、日が暮れた夕方以降から日の出までの間です。 季節によって日の入り、日の出の時刻は変わるため、 太陽が隠れている間がハクビシンの活動時間と考えておけばいいでしょう。 ただし、上記の時間帯、ずっと動き回っているわけではありません。 生活拠点であるねぐら以外、たとえば木の穴や屋根裏などの人目につきにくい安全な場所で休憩を取ることもあります。 休憩の時間は短時間です。 そのため、少し休憩をすればまた活動を再開し、そして日が昇る頃にはねぐらに帰るという行動パターンを取ります。 行動範囲 ハクビシンは、すみかであるねぐらと、その周辺にある餌場を往復します。 近い餌場に行くこともあれば、5kmも遠いところへ一晩で移動することもあるので、行動範囲はかなり広いと考えていいでしょう。 しかも、餌場とねぐらの往復はハクビシンが集団で行います。 ですので、天井などの人家にハクビシンが棲みついている場合は、その 移動音がかなりうるさいのが特徴です。 このように、ハクビシンは行動力があり、その行動の際には騒音被害を起こす迷惑な存在だと言えるでしょう。 放っておくとこうなる!ハクビシンによる被害 もしも自宅にハクビシンが棲みついてしまったならば、 放置しないように気をつけましょう。 なぜならば、ハクビシンを放っておくことによって、以下に挙げる様々な被害をもたらすからです。 ハクビシンによる被害• 田んぼや畑、農作物が荒らされる。 特に果物が被害に遭いやすい。 家に糞尿を撒き散らして、悪臭被害を発生させる。 糞尿で湿った家の建材は腐りやすくなるため、天井が腐った場合は天井が抜けてしまう。 湿った建材にカビが発生し、住人に健康被害をもたらす。 家の中にある生ゴミを漁り、家を汚す。 鋭い歯で家屋や家財道具を噛んで傷つける。 ハクビシンが家に棲んでいると、常にこのような被害に晒されてしまうこととなります。 これらの被害は、人命にも関わったり経済的に大きな損害を出したりする可能性もあるので、 十分な注意が必要です。 まとめ:被害にあう前に、早めの対策を! 様々なハクビシンの被害にあわないためには、ハクビシンに棲みつかれないように 予防的な対策を取ること、既に棲みつかれいる場合は 早急に駆除をすることが重要となります。 ハクビシンの被害にあわないために、意識しておくべきポイントは以下の3点です。 ハクビシンは夜行性であり、臭いのキツイ糞尿するという特徴がある。 ハクビシンが家に棲みつくと、放っておいても自分から出て行くことはないため、追い出す対策を取らなければならない。 駆除をするためには許可や免許が必要なので、認可を受けている専門業者へ相談や作業依頼を行うとスムーズに解決しやすい。 これらのポイントを押さえて、ハクビシンへの対策を取るようにしていきましょう。 みなさんがハクビシンの習性や行動パターンについて知り、不安から解放されることを願っています。

次の

住宅街でよく見る動物はハクビシン?タヌキ?害獣は足跡で見分ける

ハクビシン 足跡

こんにちは。 寝る前にゴキブリをうっかり見てしまった日には、駆除してからじゃないと安心して眠れない…そんな感覚でしょうか。 今回は、似ているようで似ていない、家に棲みついたらとても厄介な害獣「イタチ」「テン」「ハクビシン」の違いと見分け方について、紹介していきたいと思います。 「なにか得体の知れない生きもの」よりも、「イタチ」がいると正体が分かっている方が、少しは不安はなくなりますよね。 それではまいります。 イタチ・テン・ハクビシン等写真で違いを観察してみよう 名前は聞いたことあるけど、実際に見たことがないという人がほとんどではないでしょうか。 でも気をつけてください! 奴らはとても凶暴なので、うかつに手を出したりしたら危険です! 特徴的な顔の部分をそれぞれピックアップしてみました。 ちなみにイタチ(チョウセンイタチ)はこんな感じです。 動画でどうぞ。 動きが素早いのでカメラが追いついていません!(涙 「でも、実際に家の中に侵入した動物の姿ってみたことがないんですよね・・・」 お、おっしゃる通りです!(汗 イタチやハクビシンは夜行性の生きもの。 私たちが活動している時間帯は寝静まっているので、遭遇することはそうそうないでしょう。 では、どうすれば家に入ってきた奴らを知ることができるのでしょうか? 糞で害獣を判断してみましょう まずは、屋根裏に糞尿被害がないか確認をしてみましょう。 奴らは 「ため糞」という習性があるので、同じ場所に糞や尿をし続けます。 過去には点検口に糞をしてたという報告も場合もありましたので、屋根裏を点検するときは注意してくださいね。 害獣の糞の特徴をまとめてみました。 イタチは肉食系に近い雑食性なので、糞は鼻が曲がるほどの悪臭です。 細長く、水分が多いです。 テンもイタチと同様ですが、テンのほうが身体が大きいので、イタチよりもテンのほうが糞のサイズが大きいです。 (イタチ:約6mm、テン:約10mm)• ハクビシンは果実を好んで食べるため、糞に種が混ざる傾向があります。 どの害獣にも言えることですが、ため糞をするので、放っておくと、 天井に尿のシミができたり、腐った天井が抜け落ちてくるという被害が発生します。 そのうちいなくなるだろうと思わずに、物音がしたら、早急に対策をしましょう。 臭腺をもつイタチのニオイは特にキツイですから・・・。 あ、もちろん大量の糞をみつけたら、 マスク・手袋をして清掃にあたってください。 もしくは、駆除業者に連絡をしてとってもらいましょう。 ダニや寄生虫、フンから発生する菌などがいますから気をつけて作業をしてください。 「でも糞はみたくないなぁ・・・」 た、たしかにニオイが強烈な糞を探しにいくのはちょっと抵抗がありますよね。 屋根裏を見た瞬間、襲われたりするんじゃないかと思うと怖くて見れませんよね。 足跡を調査する!というケースもありますが、正直よほどくっきり跡が残っていない限り、素人では判別は難しいでしょう。 どうしても足跡で判別したい場合は、家の周りや侵入経路に砂や石灰を軽く撒く、もしくは段ボールをおいておけば、うまくいけば足跡をとることができるかもしれません。 イタチ・テン・ハクビシンの足跡はだいたいこんな感じです。 写真ではそこまで大小の差を感じませんけど、こうやって足跡を並べてみるとサイズ感が違うことがわかりますね。 ちなみに犬や猫だとこんな足跡になります。 犬(タヌキ)や猫の足跡は4本指なんです。 左が犬、右が猫になります。 猫は基本的には爪をひっこめて歩いています。 逆に犬は爪をひっこめることができないので、爪の跡がついてしまうのです。 これからの情報を駆使して、イタチなのか?テンなのか?ハクビシンなのか?判別する助けになれば幸いです。 害獣の正体は分かった!じゃあ次はどうすれば? 得体の知れない動物の正体が分かった! でも、問題はまだ解決していません。 我が家に入った闖入者が何者なのかはわかりましたけど、 侵入させないための対策をとらなければ、被害はどんどん加速していきます。 自分で駆除対策をするのか?それとも業者に依頼をするのか?悩みどころだと思います。

次の