ミミッキュ つるぎ の まい。 ミミッキュ育成論 : 【テンプレ】ミミッキュ【初心者必須】|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

【USUM】ミミッキュの育成論!シングル用基本型【ポケモンウルトラサンムーン】

ミミッキュ つるぎ の まい

ミミッキュミラー• 意地メガメタグロス• 臆病カプ・テテフ• 準速100族抜き程度のメガボーマンダ• 加速されますが 準速メガリザードンXと準速メガバシャーモと準速ウルガモス• 陽気グライオン などを抜けるようになることです。 持ち物考察 シーズン14現在 2019-3-20時点 、ミミZが45. ミミZは威力重視で、ミミZの有無でメガボーマンダ、メガギャラドス、ポリゴン2やカビゴン、メガガルーラなどとの相性関係が大きく変わります。 霊Zは一貫性重視で、鋼だけでなくメガリザードンY、ゲンガー、ウルガモスなどへの打点となります。 襷は、Z枠を消費せずとも抜きエースやストッパーとして機能します。 ミミッキュの育成論 ざっくり分けると、 意地 A156• オニゴーリやビビヨンなどの身代わりによる嵌め、バトンタッチギミックへの耐性• 数的有利時の明確な詰め筋• Zを消費した後の起点回避 シャドークローはタイプ一致で命中100の安定打点で、抜きエースとしての役割が強くなります。 A143想定の調整を5割前後の乱数で破壊したり、交代読みで呪いを決めれば怪しい後出しを咎めたりすることができます。 HAベース• 電磁波採用• 身代わり採用• ASミミZミミッキュ 持ち物:ミミッキュZ 性格 :いじっぱり、ようき 確定技:かげうち、じゃれつく、つるぎのまい 選択技:のろい、シャドークロー、ちょうはつ、でんじは、おにびなど ASとミミZとの組み合わせは珍しいですが、一定数存在します。 Sを伸ばすことで、• ミミッキュミラーで有利になる• キノガッサとキノガッサ抜き調整のポケモン、オニゴーリ、ギャラドスなどを抜ける• 陽気なら、準速100族抜き程度のメガボーマンダを抜ける などのメリットがあります。 トリックルームミミッキュ 持ち物:ミミッキュZ 性格 :いじっぱり 努力値:大半はhab ABミミッキュ 、まれにHAベース 確定技:かげうち、じゃれつく、トリックルーム 優先技:のろい 選択技:つるぎのまい 例外技:ちょうはつなど メガクチートやグロパンメガガルーラ入りに採用されることが多いですが、見えない勝ち筋の切り返し要員としてスタンダードな構築に採用されるケースも多々あります。 調整については剣舞持ちの耐久ミミZと同様、ABミミッキュが大半ですがまれにHAベースもいます。 トリックルーム軸の構築では、呪いで素早く退場するためにHP実数値を偶数にした調整も選択肢の一つになります。 選択技の剣舞は、ミミッキュ自身が強力な勝ち筋になり、舞えば悠長なトリルターン稼ぎを許さないため呪いに似た効果も持っています。 呪い採用• 【SMs11シングル最終26位】強気ゲコミミゲンガー【最終レート2118】• HAベース• 剣舞採用• 呪い+挑発 影打切り• 呪い身代わりミミッキュ 持ち物:ミミッキュZ、ゴーストZ、混乱実 性格 :ようき、いじっぱり 努力値:ASなど 確定技:のろい、みがわり 優先技:じゃれつく or シャドークロー、いたみわけ 選択技:かげうち、でんじは 例外技:シャドーボール、おにびなど 役割は、呪い身代わりによる削り・崩しです。 出し負けが少なくて初手から展開しやすいので、先発性能が高いです。 化けの皮とZにより、最低限のストッパー性能もあります。 また、霊Zは呪いZによる体力回復も可能です。 じゃれつく呪い身代わり痛み分け@ミミZ 陽気AS• シャドークロー呪い身代わり痛み分け@霊Z• 意地AS• 陽気AS• シャドークロー影打呪い身代わり@霊Z• 陽気AS• 意地AS• じゃれつく影打呪い身代わり@ミミZ• じゃれつく電磁波呪い身代わり@ミミZ 陽気AS• 電磁波呪い身代わり痛み分け@混乱実• 臆病HS• 穏やかbdS• シャドボ鬼火呪い身代わり@霊Z 臆病CS• 呪い、鬼火、電磁波と裏のオニゴーリやメガボーマンダ、ポリゴン2などの身代わり持ちとのシナジーが優秀です。 当時多かった メガバシャーモのフレアドライブを意識した調整になっています。 実際はhab振りですが、HABミミッキュよりABミミッキュの方が呼びやすく表記も短いため、ABミミッキュという名称が広まったものと思われます。 A143は11nで効率が良く、主に以下の乱数を意識しています。 前者のダメージ計算を載せます。 挑発を持っていることが多いです。 A:11n• キノガッサだけでなく4振りミミッキュ抜き調整のポケモンを抜き去ることができます。 基本的に挑発採用が前提です。 H:16n-1 A• 型は剣舞霊Z、剣舞ミミZ、トリックルームがあります。 A197 252 のバレットパンチ 30732• A197 252 のバレットパンチ 31520• C182 252 のPFサイコショック 32760• A212 252 のフレアドライブ 38160• A197 252 のすてみタックル 42552• A182 252 のフレアドライブ 42588• A121 のヘビーボンバー 43560• C211 252 の晴れかえんほうしゃ 42728• C222 252 のたたりめ 43290• C147 252 のこだわりメガネ10まんボルト 44651• C190,191 4 のシャドーボール 45600,45840• C155 252 のハイドロカノンZ 46500•

次の

【USUM】ミミッキュの育成論!シングル用基本型【ポケモンウルトラサンムーン】

ミミッキュ つるぎ の まい

はじめに ミミッキュは第7世代で登場したゴースト・フェアリータイプのポケモンです。 固有特性の ばけのかわが非常に強力で、剣盾で弱体化されたにもかかわらず非常に高い使用率を誇っています。 そのため考察も進み、今では型、持ち物が多様化しています。 そこで今回は、ミミッキュの型・持ち物をまとめてみました。 ばけのかわを活かしてつるぎのまいを安全に積むことができ、安定して強い型です。 持ち物は いのちのたまがメジャーで、 のろいのおふだや せいれいプレート、 ラムのみなども候補となります。 2.トリックルーム型 トリックルームを使い、後続につなげる型です。 トリックルームは優先度の低い技ですが、ばけのかわを持ったミミッキュは上から1発で倒される心配がほとんどないためほぼ確実にトリックルームを使うことができます。 自主退場技として のろいを覚えていることが多いです。 持ち物は アッキのみや ゴツゴツメットが多い印象です。 3.のろいいたみわけ型 のろい+いたみわけを使い、相手を崩していく型です。 自身の体力を削りつつ相手の状態異常技などを防ぐことができる みがわりも同時に採用されることが多いです。 ミミッキュを受けにきた耐久型のポケモンでも削ることができる点が強みです。 持ち物は 混乱実や ひかりのこな、のんきのおこうが多いです。 4.みがわり型 みがわりを使って体力を調整し、ピンチの時に能力を上げるきのみを活かして戦う型です。 対ダイマックス性能が高く、相手のダイマックスターンを枯らした後に切り返しができる点が強みです。 持ち物は チイラのみ、カムラのみです。 5.状態異常撒き型 でんじはや おにびを搭載し、相手を状態異常にして弱体化させる型です。 相手のポケモンを起点とし、裏のポケモンを通すことを目的としています。 持ち物は こうかくレンズが多いです。 6.トリック型 トリックを使って相手の持ち物を奪い、相手に持ち物を押し付けて行動を制限する型です。 持ち物は こだわりスカーフ、こうこうのしっぽです。 スカーフトリックは耐久ポケモンに対して強く、しっぽトリックは起点づくりとして優秀です。 ミミッキュ対策 特性:かたやぶり かたやぶりは、相手の特性を無視できる特性です。 ミミッキュの長所である ばけのかわを無視して攻撃できるため、対策として有効です。 例:ドリュウズ、オノノクス また、鎧の孤島で登場する ガラル御三家のキョダイマックス技も特性を無効化して攻撃することができるため、ミミッキュに対して強いです。 連続攻撃技 ばけのかわは攻撃を1度しか防ぐことができないため、連続攻撃の1発目しか防ぐことしかできません。 そのため2発目以降の攻撃はミミッキュ本体にダメージを与えることができます。 例:パルシェン 物理受け ミミッキュは基本的に物理型であるため、物理受けのポケモンで対策することができます。 ただしミミッキュには積み技のつるぎのまい、急所に当たりやすいシャドークロー、ぼうぎょを下げるダイホロウといった崩し手段を複数持っているので注意が必要です。 また、のろいを搭載したミミッキュに対しては有利とはいえないので注意が必要です。 例:ナットレイ、アーマーガア まとめ 今回はミミッキュの型、持ち物についてまとめてみました。 まとめてみて改めてミミッキュの強さを感じました。 使用率が高いのも納得できます。 これからも考察が進んでいくポケモンだと思うので、どのような型が出てくるのか楽しみでもあります。 もし今回まとめた型以外のミミッキュを見かけたら、Twitterで教えていただきたいです。 よろしくお願いします。

次の

#34 ミミッキュといっしょ! 30匹目

ミミッキュ つるぎ の まい

はじめに• ランクMAXに到達するための、超初心者向けの育成論です。 経験者の方は既存の内容かと思われます。 前作の露草様の育成論 と全く同じ型となりますが、今作でのミミッキュの立場が大きく変わったと思われるのでこちらを投稿させていただきます。 性格、きそポイント 以下努力値 、個体値などのある程度の専門用語を使用します。 非常に広く使われている用語なので、知らない方は調べておくことをお勧めします。 採用理由• 強いからです。 特別な理由がない限り、ミミッキュを入れておくことをお勧めします。 ミミッキュは特性 ばけのかわで、一度だけ攻撃を無効化出来ます。 その隙に1ターン自由に動くことが出来るので、 つるぎのまいを使ってこうげきを上げたり、 シャドークローや じゃれつくで攻撃出来たりします。 また、フェアリー・ゴーストというタイプも非常に優秀で、タイプ一致技を両方半減出来るポケモンが ガラル地方に存在しません。 耐性も強く、弱点がはがねとゴーストのみ、更にノーマル、かくとう、ドラゴンの3タイプを無効化出来ます。 構成 性格 ようき とくこうx0. 9 ,すばやさx1. ゴリランダーやロトム、ドリュウズに抜かれてしまうのも厳しいです。 ミミッキュ対策はミミッキュと言われるほど、ミミッキュに強いポケモンが少ないので、ただ出すだけで強いです。 基本的な動かしかたは、• つるぎのまいでこうげきを上げる。 シャドークローもしくは じゃれつくで攻撃 です。 1ターンだけ無敵になれることを活かしてこうげきを上げ、相手のポケモンを倒します。 2回目、3回目以降の攻撃もダメージが上がっているので使えるときはつるぎのまいをしておきましょう• 相手より素早さが遅い場合や、相手がミミッキュの攻撃を耐える場合、相手の攻撃で一撃で倒されてしまう可能性があります。 そんな時は ダイマックスを使って攻撃力と耐久力を上げ、強引に倒すことが出来ます。 これがミミッキュが最強のポケモンである理由です。 追記:ミミッキュのダイマックスわざは非常に強力で、じゃれつくのダイフェアリーは状態異常を無効に、シャドークローのダイホロウは相手のぼうぎょを下げる効果を持っています。 相手の残り体力が少ないときにはかげうちで先制攻撃しましょう。 つるぎのまいを使った状態であれば非常に強力な技になります。 ですが、使っていない状態のミミッキュのこうげきは高くありません。 いまひとつならほとんどダメージが見込めないので気を付ける必要があります。 具体的にどのポケモンに対してどの行動をすればいいか、それはパーティによって様々で、知識と経験が必要です。 ですが、ここでは初心者向けに一例を挙げておきます。 よりすばやさが高いポケモン オノノクス、サザンドラ、リザードン、ゲンガー、エースバーン、インテレオン、ドラパルト ダイマックスしないと倒せないポケモン ナットレイ、ギャラドス、ギルガルド、バンギラス、リザードン ミミッキュに強いポケモン• どうしてもミミッキュでは不利なポケモンもたくさん存在します。 例えば、とくせい かたやぶりのドリュウズやオノノクスは、のばけのかわを無効化し、こうかばつぐんのはがねタイプのわざを撃ってきます。 ドリュウズのアイアンヘッドでは一撃で倒されてしまいます。 ナットレイはダイマックスがあれば押し切ることもできますが、無ければが攻撃すると、高いぼうぎょ力でダメージを減らし、とくせい てつのトゲでダメージを受けてしまいます。 やけど状態になるとこうげきが半分になるので、おにびを使うロトム、ドラパルト、ゲンガー、サニーゴ、デスバーンにも気を付ける必要があります。 特にはとてもぼうぎょが高く、優秀な回復わざも持っているので対策として採用されていることがあります。 また、最も気を付けるべきはです。 全く同じ対は運に左右されることになってしまうので、どうしてもという場合を除きなるべく避けましょう。 おわりに• 以上が初心者必須ともいえるミミッキュの簡単な解説となります。 実戦で使うのも非常に簡単で使いやすいポケモンなので、是非使ってみましょう。 特別な理由でミミッキュを使わない場合でも、相手として出てくるミミッキュはほとんどがこの型のミミッキュですので、把握しておいて損はないでしょう。 本サイトの一般的な育成論よりも更に視点を落とした、超初心者向けの解説となりましたが、いかがでしょうか。 もしわかりにくいところ、間違っているところなどありましたらコメントで教えていただけると幸いです。 当育成論を見て、を使ってみたい!と思った方は、ぜひランク戦でお待ちしております。 追記 対策のの育成論を投稿しました。 こちらも一緒にご利用ください。 これがミミッキュが最強のポケモンである理由です。 のダイマックスが強いのは追加効果 状態異常無効とBダウン の方ではないでしょうか。 閲覧、コメントありがとうございます。 追加効果もとても強力なポイントですね。 記事中に修正表記させていただきます。 閲覧、コメントありがとうございます。 テンプレ構成ということで、流行しているようき型を挙げさせていただきましたが、いじっぱり型も十分良いと思います。 今環境ではあたりが最速必須の仮想相手となります。 中でもダイマックス中のに確実に先制出来る利点が多いと感じました。 また、同族対決の際にも不利を取りません。 僅かな火力の差で勝敗が決まることも多々あるので、一長一短だと思います。 また、いじっぱり型で大きく確定数が変わる例があった場合はそちらも例を挙げさせていただきたいと思います。 上記の技構成からシャドークローを外して吸血を入れ、持ち物をタスキに変えるだけです。 同族のミミッキュ相手だと運も絡んでしまいますが、化けの皮で減った分を吸血で取り戻して、タスキを発動させながら相手を殴ると意表が付けるでしょう。 剣舞が詰めない場面もあるかと思うので、ようきよりもいじっぱりの準速で吸血をするのも面白いかもしれませんね。 特にようきでも抜けない相手と一撃で倒せない相手が。 ありがとうございます。 上記で言われている乱数云々や確定ダメージがどうのは「超初心者向け」と謳う当記事では不要だったように思えます。 自分のような始めたての人間がさらなるステップへ進むための、よりポケモンに興味を持つという意味で素晴らしい記事をありがとうございました。 大変助かりました。 ミミッキュにはいろいろな型があるので迷っていましたが、やはりかげうちシャドクロじゃれつく剣舞の型がいいですね!この育成論を参考に育成して使ってみたいと思います。 この通りに作って見ました。 結構強くて驚きました。 心から感謝しています。 素晴らしい記事ありがとうございます.

次の