推し が 公認 ストーカー に なり まし た。 推しが公認ストーカーになりました 1 (BAMBOO COMICS)の通販/瀬尾 みいのすけ

推しが公認ストーカーになりました

推し が 公認 ストーカー に なり まし た

新刊自動購入は、今後配信となるシリーズの最新刊を毎号自動的にお届けするサービスです。 ・発売と同時にすぐにお手元のデバイスに追加!• ・買い逃すことがありません!• 現在発売中の最新号を含め、既刊の号は含まれません。 ご契約はページ右の「申込み」からお手続きください。 配信されるコンテンツによって発売日・金額が異なる場合があります。 ご契約中は自動的に販売を継続します。 お支払方法:クレジットカードのみ 解約方法:随時解約可能です 続巻自動購入は、今後配信となるシリーズの最新巻を毎号自動的にお届けするサービスです。 ・発売と同時にすぐにお手元のデバイスに追加!• ・買い逃すことがありません!• ・いつでも解約ができるから安心!• 現在発売中の最新巻を含め、既刊の巻は含まれません。 ご契約はページ右の「続巻自動購入を始める」からお手続きください。 配信されるコンテンツによって発売日・金額が異なる場合があります。 ご契約中は自動的に販売を継続します。 不定期に刊行される特別号等も自動購入の対象に含まれる場合がありますのでご了承ください。 お支払方法:クレジットカードのみ 解約方法:マイページの「予約自動購入設定」より、随時解約可能です.

次の

推しが公認ストーカーになりました 1 (BAMBOO COMICS)の通販/瀬尾 みいのすけ

推し が 公認 ストーカー に なり まし た

ジャンルでさがす• これから出る本をさがす• フェア• ジャンルでさがす• ジャンルでさがす• 電子洋書• フェア• ジャンルでさがす• 和雑誌• 海外マガジン• これから出る本をさがす• 和雑誌• フェア• 海外マガジン• ジャンルでさがす• DVD• フェア• ジャンルでさがす• フェア• 北海道・東北• 北関東・千葉• 神奈川• 中部・北陸• 中国・四国•

次の

推しが公認ストーカーになりました 1 (BAMBOO COMICS)の通販/瀬尾 みいのすけ

推し が 公認 ストーカー に なり まし た

『推しが公認ストーカーになりました』 私のことだけを応援してほしいから、あなたをストーキングします オタクは推しアイドルのプライベートに踏み込んではいけない。 あくまでも「アイドル」と「オタク」という距離感だからこそ成り立つ特別な関係だからだ。 それをオタク側が越えようとした瞬間、ストーカーと同じになってしまう。 じゃあ逆にアイドル側が迫ってきたらウィンウィンなのでは…? アイドルがオタクを追いかける、逆転状態のコメディ作品。 ストーキング手段は 破天荒なので、基本楽しいシーンが多い。 高校生の 天野空(あまの・そら)は、人気アイドル 七海モコ(ななみ・もこ)の大ファン。 全財産をモコにつぎこんででも彼女を応援したい、という 限界オタクだ。 モコがデビューしてすぐについた ファン一号で、ずっと推し続けてきた空は、ライブの帰りにスマホをなくしたことに気づく。 友人が空のスマホに電話をかけると、なぜか後ろから音が。 そこにいたのは、空のスマホを勝手に入手していた、モコ本人。 空を付け回していた彼女、どうやら ストーキングしないとアイドル出来ない身体になってしまったらしい。 ややこしいのは、モコは空のことを好きでもなんでもなくて、 熱心なファンである空の存在に依存しているだけ、という点だ。 「自分を応援してくれる空をストーキングする」という一連の行為を経て初めて心が安定するようで、モコは空に 「私だけを応援してくれているかどうか確かめないと不安でしょうがない」と語る。 「あの時空くんに出会ったからここまでやってこれたんです 空くんじゃなきゃ意味がないんです」と言うセリフはちょっとエモいし聞こえはいいが、ようは ファンの推し変が怖いから見張りたい、という束縛だ。 モコはかわいさと危うさの、両極端に振ることで成立しているキャラクター。 彼女は空の部屋に忍び込んで物色するクセがある。 ばれないように下着のローテーションをチェックし、使用済みを持ち帰り、新品を置いて帰るという非常に手の混んだ方法で盗難を繰り返している。 推しが目の前でスカートをたくし上げたら、 盗んだ自分のパンツを履いていた……この状況を嬉しいと取るか怖いと取るか。 「他のアイドルは見て欲しくない 私のことは余すところなく見て欲しい それが乙女心です」 モコのストーキング技術はかなり高いものの、 ポンコツなところも多い。 ストーキング性癖をあらわにしたことで裏表のないタイプなのもわかるため、読者的には安心感すらある。 まっすぐすぎる彼女を見て、空が 「モコちゃん以外を推す気はないし それを確かめたい程度ならいいよ」と公認してしまうのも無理はない。 女の子に付け回されたい、という ヤンデレ嗜好の人ならかなり楽しめる作品。 モコはあくまでもアイドルとファンの距離を保っている状態でのストーカーで、 恋愛関係が生まれていない状態が続くのは新鮮。 一歩間違えばアイドル生活終了の可能性すらあるのに、異様なバランスで成立してしまっている2人。 案外このままうまくいきそうな、奇妙な関係の行方が楽しみだ。

次の