ヒルクライム 逮捕 大麻。 ヒルクライムDJ・KATSUが大麻逮捕でネタ炎上!今年の冬は刑務所で大丈夫?

ヒルクライムが逮捕で脱退!大麻でKATSU有罪!今後は解散か?

ヒルクライム 逮捕 大麻

デイリースポーツ ヒルクライムの情報は誰がリークした? ヒルクライムの麻薬漬けの素顔も衝撃ですが、下記のニュースの中に気になる部分があります。 斎藤容疑者の情報を得た同署が、捜査を進め、同日に本人立ち会いのもとで家宅捜索したところ、居間で大麻を発見。 斎藤容疑者が「事務所」と説明する新潟市内のビルの一室からも、ラップに包まれた乾燥大麻が4包見つかった。 「斎藤容疑者の情報を得た同署が」とありますが、ここ気になりますよね。 もちろんこの情報はトップシークレットなので絶対に出回らないと思いますが、 つまり誰かがヒルクライムの情報をリークしていることになりますよね? 麻薬捜査の情報網って本当に不思議で、個人的には、警察が売人と繋がっているように思われて仕方ないです。 恐らくですが、ヒルクライムが薬物漬けであることは、警察がもっと事前に情報を得ていると思います。 いきなり情報を得て、即逮捕というもったいないことはしないはず。 薬物使用者は薬物使用者同士集まりますからね。 BrandNew ラジオもドラマも放送中止に。 楽しみにしていたファンの方には大変気の毒なニュースですが、こればかりは仕方ありません。 そのまま放送するわけにはいきません。 逮捕を受け、2日放送の東海ラジオ「カウントダウン3・2・1!!!」は、すでに収録ずみだったヒルクライムの出演について差し替えを決定。 東海テレビは1日深夜に東海地区で放送を予定していたドラマ「さくらの親子丼」最後の一杯【完全版】の放送の中止を公式サイトなどで発表した。 今回のラジオとドラマの損害賠償はどれぐらい発生するのか気になりますよね。 いやー本当に薬物だけはダメですよね。 自分一人で完結せず、周りにも、家族にも、友人にも迷惑かけますからね。。。 釈放されても依存を断ち切れない例はいくらでもあり、再犯率も極めて高いわけですし。 製薬メーカーさんが、依存性を断ち切る強力な薬でも作ってくれない限りは再び薬物に 手を染めてしまう可能性が高いです。 まとめ 当たり前ですが、薬物は絶対NGですよね。 自分だけでなく周囲の人にも多大な迷惑をかけますし、 仕事上も相当の損害があるはず。 再犯を犯せば、もはや人生終了のごとく一生業を背負っていくことになりますし。 もちろん初犯だから良いということもありませんが。 入手ルートは警察のトップシークレットですので絶対に出回りませんが、 ニュースをよく見てみると不可思議な部分ってありますよね。 以上、女子活!田中でした。

次の

ヒルクライム・DJ KATSUが大麻所持で逮捕、警察がマーク中の事件?(画像あり)『春夏秋冬』大ヒットも転落し…

ヒルクライム 逮捕 大麻

ヒップホップグループ・「Hilcrhyme( ヒルクライム)」の DJ KATSUこと、斉藤桂広容疑者が、大麻取締法違反の疑いで逮捕された。 2009年に発売された「春夏秋冬」は、100万枚以上を売り上げ、一気に名前が知れ渡った「Hilcrhyme」。 その後はさほど名前を聞くこともなくなったが、このようなニュースで話題になるとは非常に残念である。 新潟県内で大麻を所持していたところ、静岡県警に逮捕されたという。 斉藤容疑者は新潟県出身で、帰郷した際に逮捕されたということのようだ。 斉藤容疑者にとって新潟は思い出の場所であり、凱旋ライブも成功させた思い出の舞台。 そんな場所で逮捕とはなんともやるせないものがあるが……。 「音楽関係、特にクラブ系ではこの手の話はゴマンとありますよね。 薬物とは少し違うという認識で、大麻に手を出す連中は少なくありません。 最近では「KAT-TUN」の元メンバー、田中聖も大麻所持で逮捕されています。 この他にも音楽関係者の大麻所持の事件は多い。 斉藤容疑者も同じような感じだったのではないでしょうか」(記者) 軽い気持ちで大麻を所持する人は少なくないようだ。 ある種のファッション的意味合いもあるのだろうか。

次の

Hilcrhyme

ヒルクライム 逮捕 大麻

ヒップホップユニット『Hilcrhyme(ヒルクライム)』のメンバー・DJ KATSU容疑者(本名=斉藤桂広[かつひろ] 38歳)が1日、 新潟県内で大麻を所持していたとして、静岡県警に逮捕されていたことが明らかになりました。 これは1日放送の『直撃LIVE グッディ! 』(フジテレビ系 平日13時55分)が伝えたもので、大麻取締法違反容疑で逮捕されたとしています。 『デイリースポーツ』によると、所属レコード会社は同紙の取材に対して「今(報道などで)知ったところで、驚いています」と対応に追われていたといいます。 ヒルクライムは新潟県出身の2人で2006年6月に結成し、2008年にインディーズから初の公式音源として『もうバイバイ』をリリースし、2009年7月には『ユニバーサルミュージック』からメジャーデビュー。 その後も活動を続けているヒルクライムは、11月22日にニューシングル『涙の種、幸せの花』をリリースし、同曲は同25日に最終回を迎えた真矢ミキさん主演ドラマ『さくらの親子丼』(フジテレビ・東海テレビ系)の主題歌に起用されていました。 このツアーは名古屋、大阪、新潟、東京の4ヶ所を回るツアーで、28日に名古屋、29日に大阪、12月5日に新潟、同7日に東京という日程となっていました。 各報道によると、DJ KATSU容疑者は大阪のライブを終え、その後は実家がある新潟に向かったそうです。 そして、滞在先の新潟県内で大麻を所持していたとして、静岡県警に逮捕されたそうなのですが、この報道を受けてネット上では、• 今年の冬はムショ行こうか• このニュース聞いてもああそうかってくらいで驚きはない• HIPHOP歌手が薬物に手を出すってこと絶対偏見じゃないと思うんだ• クラブ系やらDJやらほとんど大麻やってるやったことあるでしょ• DJとかラッパーって、クスリ関係してるイメージがあったけど、こういうのを見ると、やっぱりそうなんだなと思う。 落ち目になったから大麻やるんじやなくて、前からやってたんだろうな• 静岡県警が新潟県で逮捕ということは前からマークされてたんだろう。 人を感動させる歌詞をつらつら書いて歌っている裏側で、大麻吸ってたんですね。 新潟で静岡県警に逮捕されたってことは、長い間、捜査対象としてマークされてたんだね。 こういう事したら本気で応援してくれてるファンを裏切ることになることをもっと自覚しなきゃ。 などのコメントが寄せられています。 ヒルクライムは昨年結成10周年を迎え、ライブを開催したり、音源をリリースするなど精力的に活動し、一時に比べて話題に上がることは減ってしまったものの、現在でもヒルクライムを応援しているファンは多くいます。 そんなファンたちが楽しみにしているツアー中に、マークしていた?警察によって大麻所持で逮捕されるというのはあまりにも残念ですね。 今回は大麻所持で逮捕されましたが、他にも覚せい剤やコカイン、危険ドラッグなども使用している可能性はあるため、警察にはキッチリと捜査をしてもらいたいところです。 現時点ではまだ逮捕に至るまでの詳しい経緯、DJ KATSU容疑者が認めているのか、否定しているのかも定かではないため、引き続き捜査を見守っていきたいですね。 【追記 12月1日 18時45分】 DJ KATSU容疑者を逮捕した静岡南署などによると、1日午後に新潟市中央区内にある自宅で、 乾燥大麻1袋を所持していた疑いがあり、 これは警察署に情報が寄せられていて家宅捜索したところ、乾燥大麻が発見されたとのことです。

次の