婚活サイト 比較 地方。 現実で出会いがない!田舎や地方に住んでいる人向けの婚活サイトは?

地方でおすすめの婚活って?【初心者必見】

婚活サイト 比較 地方

本当に田舎や地方で婚活サイトに登録しても無駄なのか? 婚活ラスプーチンを見てくれた人からたまに質問を頂くのですが、 「地方に住んでいたら婚活サイトに登録しても無駄ですよね?」 というような内容です。 地方にユーザーがいない=チャンスが無いということなのか? 婚活サイトや恋活アプリを使うのは無意味なのか? 登録してもやるだけ無駄なのでは?と考えてしまうかもしれません。 結論から言いますと、そんなことはありません。 田舎の狭い地域で出会いがないという状態だからこそ ネット婚活という素晴らしいインフラが整っているのです。 地方の田舎に住んでいて周りは結婚ラッシュで焦りを感じてきた。 都市部から仕事の都合で地方へ引っ越してきたという状態でしたら、 いち早く婚活サイトや恋活アプリを利用することをおすすめします。 田舎でネット婚活サイトや恋愛サービスを利用しないのは厳しい! 管理人はこう考えてますね。 もしかしたらコミュニケーション能力が低いだけなのかもしれませんが、 頼みの綱は同僚だったり先輩後輩になってしまいますね。 彼らに頼んでコンパを開いてもらったりしました。 とある地方での婚活事情はまさに 乾いた砂漠でしたね。 紹介してもらえる機会が村社会故にあまりにも少なかったり、 そもそも会社内部の人間関係が悪かったりして、 私を紹介してくれる人はいませんとかそんな状態とか。 ならば地方でナンパするしかありませんがそれは上級者向けです。 どっかその辺のケーキ屋さんの店員に声を掛けようとか、 ほぼ無理難題でよほどの手馴れた人じゃなければ無理です。 地元で生まれ育ったという人を頼ろうにもそう簡単にはいきません。 地元の友達や親族、そして先輩や後輩の紹介も今はネタが切れたり そもそもそのような人間関係を構築したことがないので、 世話してくれる人や紹介してくれる友達がいませんという人も多いです。 かつて私がいた九州の宮崎県、失礼ですが平和だけど何もないド田舎でした。 「地元の人に紹介してもらえるんじゃないですか?」 とか言われましたけど口で言うのは易しで、 実際に紹介してもらえるような信用できる人がいません(泣) それに狭いコミュニティはすぐに評判や噂が広がることにビビっていたので、 ブサイクな管理人にはかなり不利な状況でした。 何もないゼロの状態から人間関係を築いていくしかありません。 だからこそ婚活サイトに頼るべきだった 現在田舎住まいで婚活サイトに登録はどうなの?とか 「私の地元に住んでいたら恋愛できない!」 とか思われるかもしれません。 実は地方都市でも恋愛サイトを活用していた知り合いがいました。 私の会社の同期でU君という方がいます。 彼は福島県の喜多方市に転勤で住んでいたのですが、 恋愛サイトであるpairsで結婚相手を探し、結婚を前提に今付き合っているようです。 いわゆる同棲状態ですね。 このように田舎に住んでいても全然出会いが今は生まれるのです。 それは恋愛・婚活サイトを利用することで実現します。 実際に婚活サイトを使うと驚くほど多くの出会いがある事に気付きます。 毎日これでもか!というくらい異性の相手と交流できるチャンスがあります。 地方では地域が大きく離れていたり車社会だったりするので、 東京などで車を持っていないような人はまずアプローチしてきません。 何より自分の近くで婚活サイトを利用している人がいた場合、 妙な親近感が生まれ、出会ってくれる確率が高くなる傾向です。 近い地域に登録している人の中に良い相手がいる可能性もあります。 地方であまり人がおらず、あまりアプローチされていない状態の相手です。 都会住まいでユーザーも多いとアプローチされる回数も爆増するため、 変な言い方をすると 慣れてしまったり擦れていたりすることもあります。 一部の婚活サイトのサービスの1つで、 『特定ユーザーがこれまでアプローチされた回数』がわかる機能があります。 ユーザーの多く集中する地域では人気のある異性の会員が浮き彫りになり、 100人や200人、化け物クラスだと1000人近くからアプローチされています。 ハッキリ言ってそんなものを見たら萎縮してしまいます。 一方で地方や田舎では競争率が軒並み低いということがあります。 地方故にあまりアプローチされてないノータッチな異性です。 管理人自身も興味本位でこれまで何度も覗いてきましたが、 良さげな人でも被アピール数が少ないという不思議な現象を目にします。 少数の中から光るものが見つかるといった意味でも狙い目だと思います。 地方の婚活サイト登録ユーザーは絶対数が少ないものの、 同じ地域の気が合うパートナーが見つかる可能性が必ずあります。 「田舎住まいじゃ婚活サイトに登録しても無駄でしょ?」 という考えではみすみすチャンスを逃してしまいます。 田舎や地方でもガンガン婚活していくべし 田舎や地方でもやるかやらないかというだけです。 地方でも婚活サイトを利用するべきといっても注意点はあります。 実際にやるとしても 本当に誰もいなければ無意味です。 どんなに少数でも 必ずユーザーがいるところを狙っていきましょう。 こんな時に無料会員登録で潜り込める婚活サイトや恋活サイトが便利です。 大半のサイトで 無料会員でも地域指定+ユーザー検索ができるからです。 あなたが地方住まいで同じ地域に異性が不安だと言うのであれば、 まず無料会員登録後にユーザー検索をしてみるやり方が良いです。 納得できるだけのユーザーが登録してたら本格的に活動に移っても良いですし、 そこに本当に誰もいなければさっさと撤退しましょう。 また別の婚活サイトで同じように地域指定で探せば良いのです。 有料会員として本格的に婚活する前に偵察できるのでオススメです。 はじめまして。 婚活ラスプーチンと匿名で名乗ります。 新宿のアラサーサラリーマンですが現在新潟に出張中、 当サイトも運営して3年!見た読者さんが数十人結婚できた報告受けてますが本当に嬉しい限りです。 私は30歳まで童貞で特に22歳から8年間は女性不信でした! そんな私が8年かかり女性を克服して婚活中なので少しでも参考になればと思いました。 現在は独身者である他のスタッフが絶賛婚活恋活中!あなたに情報をお届けします。 多くの反響から を緊急設置しました! 返信には時間がかかることがありますが、なるべくきちんと返信しますので、お気軽にご相談ください。 com.

次の

地方で出会えるマッチングアプリ5選!田舎で人気のおすすめランキング

婚活サイト 比較 地方

田舎特有の婚活の難しさ 1.未婚の若者が少ない 私自身田舎に住んでいるので実感するのですが、そもそも 田舎は結婚適齢期の未婚の若者が少ないです。 田舎なので当然なのですが、 田舎は都会に比べて初婚年齢が低いのと、 適齢期の若者は就職などで都会に出て行くことが多いためです。 自分の住んでいる地方の配偶関係などのデータを行政のホームページなどで閲覧すると、実際に自分の結婚対象となる年代の未婚の異性がどのくらいいるのかがわかるのでおすすめです。 2.出会いの場所 婚活イベント・結婚相談所の数 が少ない 私が東京に住んでいたころは「 街コン」や「 お見合いパーティー」など出会いの場を沢山目にしてきましたが、 田舎ではそういった婚活イベントをごくたまにしか見かけません。 自分の婚活を応援してくれる友人などの紹介などがあればいいのですが、その友人たちも所帯を持っていく年齢になると、いよいよ出会いの場のセッティングも行政や企業に頼ることになります。 自分の人脈以外で出会いを求めた時に、田舎は手助けしてくれる人の数が圧倒的に少ないんじゃよ 私の住む自治体は行政の移住定住戦略の1つとして婚活イベントに力を入れているのですが、それでも多くて年に3~4回開催されている程度です。 行政以外でNPOや企業が婚活イベントを開催している場合もありますが、 定員割れで開催中止になったりするなど十分な参加者を確保できないことも多いと聞きます。 3.婚活パーティーに参加しても同じメンツが揃ってしまう 運よく婚活パーティーが開催されているような地域にお住まいでも、実際に参加してみるとまた新たな問題が発生します。 田舎ゆえの問題とも言えますが、 同じ地域で婚活をしていると婚活パーティーに参加するメンバーが固定されてくるんですね。 婚活をされている方は必死ですから、婚活イベントのバッティングも頻繁に起きます。 新たな出会いを求めて婚活イベントに参加しても、 参加者の大半が既に顔見知りという事も少なくありません。 住んでいる地域よりも人口の多い都市部に行くことができる方や、隣県など別自治体が主催する婚活パーティーなどに参加できる方は良いですが、そうでない方は新たな異性に出合う事すら難しくなってしまうんですね。 4.知り合い・家族・同僚などに婚活しているのがバレる 婚活をしていること自体は何も悪いことではありませんが、自分が婚活していることを周囲の人には知られたくない人も多いですよね。 婚活パーティーに参加したら知り合いがいたり、ちょっとしたところから情報が漏れてしまう事も良くあります。 田舎特有の世間の狭さだったり、婚活にネガティブなイメージを持っている方も少なくないので、二の足を踏んでしまう人も少なくないようです。 「〇〇さん家の長男はまだ独身」というような噂話は、狭い田舎では普通に共有されていたりするので、 誰にも知られず婚活をしたい人にとって田舎での婚活はハードルがかなり高いです。 5.田舎での生活を敬遠されてしまう 土地柄のデメリット 田舎で婚活されている方の中には、様々な理由で地元を離れられない方、一次産業に従事していて多忙により他県まで行けない方など「変えがたい状況」をお持ちの方が少なくありません。 家業を継いだり、親の介護で地元に戻ってきた方など色々な理由や境遇があります。 これは男性に限った話ではないので言葉としては適切ではありませんが、「 わざわざ田舎に嫁いできてくれる人がそもそも少ない」んですよね。 これは私の住む自治体での話ですが、市の移住課で働いている方に聞くと「ここ数年で見ても農家に嫁いできた人は記憶にない」とのことでしたので、ここのように農業が主幹産業である地域はおそらく似たような状況だと思われます。 通常のネット婚活で、マッチングサイトやネット婚活アプリなどを使っても、土地柄で敬遠されてしまう事も少なくありません。 こういったアプリやサイトの登録者は、最初から遠距離恋愛を目的にするような人でなければ、自分がその人に会いに行ける距離で相手を探すと思いますし、田舎に住んでいるという時点でマイナスからのスタートになります。 「田舎が好きで、できれば田舎に嫁ぎたい!」という人もいるとは思いますが、なかなか通常のネット婚活ではそういう人に出合うのも難しいんですね。 6.収入が少ない これも市の移住課の方に聞いた話ですが、市の婚活イベントに参加された男性の悩みとして「 収入が少ない」という声がよく上がるそうです。 都会に比べると地方の給与は少なくても致し方ない所はありますが、婚活をするうえで低収入というのはやはり悩みの種です。 婚活パーティーに参加する費用も男性の方が高額に設定されていることも多いですし、結婚相談所への登録料も高額。 プロフィールに書かれた年収の高い人からカップルになっていくなどは当然と言えば当然です。 もし成婚したとしても 成婚退会料として高額の支払いを要求されることもあるので、結婚相談所への登録すら予算的に不可能という事もあります。 収入の過多は結婚を決めるうえでの大事なポイントになりますが、婚活を継続することにもお金はかかりますので、都会に比べて低所得者の多い田舎での婚活が難しい理由の一つと言えるでしょう。 スポンサーリンク ・田舎には結婚適齢期の異性 特に女性 が少ない ・出会いの場が少なく、婚活イベントがあったとしてもメンバーが固定されやすい ・婚活をしていることが周囲にバレやすい ・一次産業従事者が多く、嫁いできてもらうハードルが高い ・婚活の継続や成婚に至るために必要な収入が無い人が多い こうやって見てみると「 出会いの場」「 相手になりうる異性の数」「 プライバシー」「 田舎という土地柄のデメリット」「 婚活にかかる費用」などが主なポイントで、いずれも田舎だからこそ婚活をしにくくしている要因でもありますね。 この悩みを持つ方で、もし地元を離れて都会や人口の多い地方都市に行くことができる人は、地元を離れればいいだけですのでそんなに問題ではないでしょう。 一番の問題は、 田舎で暮らさざるを得ない状況の方で、物理的に自分の環境を変えることが難しい方です。 例えば、家業の農家を継いでいて離れられないとか、すでに仕事があり家も建てていて生活の基盤がその土地にある場合、人口の多い都市部まで車でも遠い場合などが考えられます。 こういう方々が田舎在住 地方在住 という条件を「メリット」にして婚活ができないものでしょうか? 都会暮らしの女性と田舎暮らしの男性の婚活サービス「田舎婚」がおすすめ 実は田舎に住んでいることをメリットにしながら婚活を安価に始めることができる「 田舎婚」というサービスがあるんです! この「」は、 地方 田舎 に住む男性と都市部 都会 から地方に移住したい女性をつなぐ専門の婚活サービスです。 都会の喧騒を離れて田舎で暮らしたいと考えている女性が、田舎で農業や漁業などの一次産業で暮らしている男性との出会いをサポートしてくれるんですね。 不利な地方・田舎在住者におすすめな理由 田舎婚のメリット• 田舎や地方に興味のある女性が多く登録している• 登録初期費用は 0円!お見合いを希望するまで 完全無料• 成婚退会料金も 無料!それどころか 成婚すれば 祝い金5万円贈呈!• 登録からお見合い日程調整まで スマホで完結!来店不要!• 出会い系サービスと違い、お見合い希望者など限られた人だけが情報を閲覧できるので、 友人、家族、同僚に知られることなく婚活が可能!• 地方と都会の遠距離交際が前提のサービスなので、 居住地がデメリットになり難い 具体的な内容は下のボタンから公式ページに移動してご覧いただければと思うのですが、今まで田舎で婚活を長く続けていてなかなか出会いが無かった方にはおすすめのサービスです。 まず、サイト登録後にお見合いしたいと思う気になる人ができるまで無料で使えて、自分の プロフィールはお見合い希望者など一部の人しか見られないようになっているので知人や家族に知られることはまずありません。 「ネットで婚活」という事に対して抵抗のある人でも、 始めるだけなら完全無料なのでハードルがぐっと下がりますよね! そして何よりこの婚活サービスのコンセプトが「田舎などの地方在住の男性と都会に住む女性のマッチング」なので、田舎であることがデメリットにならず、 そもそも遠距離が前提なのであなたの居住地がデメリットにならないというのが大きいです。 それどころか、登録者は「田舎に住んでいる男性」を探しているので、 田舎に住んでいるのはメリットなんです。 スマホで行えるマッチングサービスは数多くありますが、単純に交際相手となる異性を見つけるサービスではなく、結婚を前提にした真剣な交際・お見合いをサポートすることを基本にしているので、ちゃんとお見合いから交際に発展しやすいというのもメリットです。 数字で見る「田舎婚」の凄さ• 会員登録数2万人以上の日本最大級の専門婚活グループが運営• 交際相手を見つける前に個人退会した会員は全体の僅か 4. 初めてのお見合いから交際開始までの平均期間は3ヶ月間 田舎婚は 日本最大の専門婚活グループが運営母体なので安心感があります。 これはこのサービスで価値観の合う人同士がしっかりマッチングされてお見合いまで進めていることが分かりますね! お見合いしてから約3ヶ月で交際まで発展するのはとてもスムーズで、忙しくて婚活に割く時間がなかなか取れない方でも利用しやすいです。

次の

現実で出会いがない!田舎や地方に住んでいる人向けの婚活サイトは?

婚活サイト 比較 地方

空き時間を有効活用して婚活できる、婚活サイト(ネット婚活)を利用する人が増えています。 しかし数ある婚活サイトの中で、あなたにはどの婚活サイトが合っているのか、ひとりで判断するのは非常に難しいです。 そこで今回は、国内の大手婚活サイト4つ( 、 、、 )の会員データをグラフで比較しながら、各婚活サイトの特徴を紹介していきます。 会員数・年齢・年収・地域・学歴など、将来の結婚相手を見つけるための重要情報を比較していますので、あなたの婚活サイト選びに活用してください。 婚活サイト比較:会員数 1-1. 会員数の比較(累計会員数) まずは婚活サイトの累計会員数を比較します。 累計会員数1位は、 の約190万人です。 2位は の約100万人、3位は の約23万人です。 累計会員数は、これまでに登録した会員の総数を意味しています。 は累計会員数を公表していませんが、代わりに次にご紹介する「現在活動中の会員数」で説明いたします。 1-2. 会員数の比較(現在活動中の会員数) 次に婚活サイトの現在活動中の会員数を比較します。 1位は の約14万人、2位は の約3万人です。 現在活動中の会員数を公表しているのは、 と の2つだけです。 現在活動中の会員数が多い を選べば、あなたの希望の条件に合うお相手をより簡単に見つけることができるでしょう。 婚活サイト比較:会員の年齢比較 2-1. 男性会員の年齢比較 婚活サイトに登録している男性会員の年齢構成を比較します。 は、20代〜30代の男性会員が圧倒的に多く約8割を占めています。 と では、30代〜40代の男性会員が中心です。 は、会員のうち約2割が50代以上の男性であることが大きな特徴的です。 2-2. 女性会員の年齢比較 次に、婚活サイトに登録している女性会員の年齢構成を比較します。 こちらでも が、20代〜30代の女性会員が約9割と圧倒的に多いです。 、 、 の3つは同じような年齢構成で、30代〜40代の女性会員が中心です。 2-3. 男女会員の年齢比較 そして、婚活サイトに登録している男女会員の年齢構成をまとめて比較します。 は男女ともに20代〜30代が多く、若い利用者が多いのが特徴です。 あなたの希望する結婚相手の条件が20代〜30代であれば、 を利用することで多くのお相手と出会うことができるでしょう。 、 、 の3つは年齢構成が似ていて、30代〜40代の男女会員が中心です。 は50代以上の会員も多いので、アラフィフ・中高年の方でもネット婚活に取り組みやすい婚活サイトです。 婚活サイト比較:会員の年収比較 3-1. 男性会員の年収比較 婚活サイトに登録している男性会員の年収を比較します。 は400万円以上の会員が多く、約8割を占めています。 と の年収構成は似ていますが、 のほうが高年収の男性会員がやや多いのが特徴的です。 3-2. 女性会員の年収比較 次に、婚活サイトに登録している女性会員の年収を比較します。 、 、 の3つとも非常に大きな差はありません。 が300万円以上の女性会員が約6割と、他の婚活サイトよりも多い特徴があります。 3-3. 男女会員の年収比較 そして、婚活サイトに登録している男女会員の年収をまとめて比較します。 しかし、年収は男女差が大きいため、「3-1. 男性会員の年収比較」「3-2. 女性会員の年収比較」のグラフを見たほうが婚活サイトごとの特徴は分かりやすいでしょう。 日本国内の大手婚活サイトの会員を年収で比較すると、年収が高い男女会員が最も多いのが です。 年収が高いお相手を希望する人は、 でネット婚活すれば、高年収のお相手を見つけることができます。 婚活サイト比較:会員の居住地域エリア比較 4-1. 男性会員の居住地域エリア比較 婚活サイトの男性会員が住んでいる居住地域エリアを比較します。 は約6割の男性会員が関東、さらに東海・近畿で約3割を占めています。 も約5割の男性会員が関東です。 は北海道・東北・甲信越・北陸・中国・四国・九州・沖縄などの男性会員が多いのが特徴です。 4-2. 女性会員の居住地域エリア比較 次に、婚活サイトの女性会員が住んでいる居住地域エリアを比較します。 やはり は、関東・東海・近畿の会員が多く、9割以上の女性会員を占めています。 は関東の女性会員で約5割を占めていて、男性会員と同様に関東会員の割合が多い傾向です。 は全国各地で女性会員が登録していて、他の婚活サイトよりも地域の偏りが少ないことが特徴です。 4-3. 男女会員の居住地域エリア比較 そして、婚活サイトの男女会員が住んでいる居住地域エリアをまとめて比較します。 は、関東・東海・近畿の利用者が9割以上と非常に多いのが特長です。 も関東・東海・近畿の利用者が多く、男女会員の約8割を占めています。 は関東・東海・近畿以外の、北海道・東北・甲信越・北陸・中国・四国・九州・沖縄の会員が多いことが特徴です。 あなたが関東・東海・近畿にお住まいであれば を活用するのが良いでしょう。 もし関東・東海・近畿以外の北海道・東北・甲信越・北陸・中国・四国・九州・沖縄にお住まいであれば、 を利用することで、同じ地域に住んでいる素敵なお相手を見つけることができます。 婚活サイト比較:会員の学歴比較 5-1. 男性会員の学歴比較 婚活サイトに登録している男性会員の学歴を比較します。 は大学・大学院卒業を合わせて約7割と、高学歴の男性会員が多いのが特徴です。 は、義務教育・高等学校卒業の男性会員が多く、約3割を占めています。 5-2. 女性会員の学歴比較 次に、婚活サイトに登録している女性会員の学歴を比較します。 やはり は男性会員と同様で大学卒業の女性会員が多く、高学歴女性の割合が高い婚活サイトです。 そして は、義務教育・高等学校卒業の割合が高いことが特徴です。 5-3. 男女会員の学歴比較 そして、婚活サイトに登録している男女会員の学歴をまとめて比較します。 は男女ともに大学・大学院卒業の会員が多く、高学歴の会員が多い婚活サイトです。 結婚相手の条件に大学卒業以上の学歴を希望する人は、 を利用すると良いでしょう。 は男女ともに義務教育・高等学校卒業の会員が多いのが特徴です。 もしあなたが義務教育・高等学校卒業なのであれば、 なら学歴が近いお相手を見つけやすいことでしょう。 婚活サイトの会員データについて 今回利用した婚活サイトの会員データは、各社が発表している公式データを活用・推計してグラフ化しています。 は2015年1月1日時点、 とは2015年7月時点、 は2013年5月の会員データを利用しています。 あなたが「結婚相手に希望する条件」に合う会員が多い婚活サイトを選びましょう 今回は婚活サイトの会員データを利用して、会員数・年齢・年収・地域・学歴の比較をしながら、各婚活サイトの特徴を紹介しました。 あなたが「結婚相手に希望する条件」に合う会員が多い婚活サイトはどれでしたか? 今回ご紹介したように、国内の大手婚活サイトであるブライダルネット・ユーブライド・エキサイト婚活・マッチドットコムにはそれぞれ特徴があります。 あなたに合った婚活サイトを選び、あなたと出会うことを待ち望んでいる素敵なお相手を、少しでも早く見つけてあげてください。

次の