マンガ に 編集 っ て 必要 です か。 マンガに、編集って必要ですか?

【インタビュー】青木U平先生の新連載始動!『マンガに、編集って必要ですか?』の魅力に迫る!

マンガ に 編集 っ て 必要 です か

マンガ編集者とは マンガ家と一緒に作品を作り上げるパートナー 世界で人気のマンガですが、その人気の裏にはマンガ家と共に悪戦苦闘するマンガ編集者の存在があります。 マンガ編集者はマンガ家の作品を客観的に読者目線で見て、面白いと思うものをマンガ家に伝えます。 マンガのストーリーやキャラクター設定など、マンガ家と一緒にマンガの構成から話し合い、読者に伝わりやすいように校正を加え、 完成度の高い作品へと仕上げていきます。 作品づくりにも大きく関わる編集者は、マンガ家にとって心強いパートナーであり 欠かせない存在です。 一般的にマンガ編集者は、ひとりで数本の連載マンガを担当するので、マンガ家のタイプに合わせてサポートの仕方も臨機応変に変える必要があります。 デビューから二人三脚で歩んできたマンガ家の作品がヒットした時、何物にも代えがたい喜びを感じることができるでしょう。 マンガ編集者の仕事内容 読者を惹きつけるマンガを世に送り出す マンガ編集者の仕事は締切りに間に合うように原稿を上げてもらうだけでなく、ネームの打合せや資料収集、原稿チェックや改善要望、心身のケアなど多岐にわたります。 そんなマンガ編集者の仕事内容を紹介します。 構想を練る マンガ家と共に登場人物の設定やストーリーの 構想を練ります。 多くの読者に指示してもらえるように、作品タイトルやキャラクターの名前、性格などをマンガ家と一緒に考えることもあります。 マンガ編集者は制作段階から深く作品づくりに関わっています。 ネームをチェック 作家が書いた「ネーム」を編集者がチェックし、セリフやコマ割り、吹き出しと文字のバランスなどを確認します。 この段階でほぼストーリーが決まるため マンガ制作で最も大切な作業と言われています。 ここで編集者のOKが出てはじめてストーリーが決定し、ようやくマンガ家は原稿用紙に絵を描くことができます。 校正・校了 マンガ家が描き上げた原稿を受取り、誤字脱字はないか確認し、印刷所へ回します。 マンガ家にとって 担当編集者は最初の読者です。 編集者を納得させられない限りその作品が世に出ることはないのでマンガを作る上で編集者の役割はとても重要だといえます。 スケジュール管理・取材の手配 スケジュール通りに原稿を上げてもらわないと印刷や発行に影響が出てしまいます。 マンガ家と連絡を取り合って 進行状況を確認し、万が一締切に遅れそうな場合は印刷所との調整を取るなどスケジュール管理を行います。 読者アンケートの確認 読者アンケートの結果に一喜一憂するのは編集者も同じです。 結果が思わしくない時は改善点を一緒に考えアドバイスをし、読者からの「面白い!」という言葉は やりがいや次の作品への原動力になります。 読者から支持される作品に携われた時の喜びは、何物にも代えがたいものがあります。 新人マンガ家の発掘と育成 新人マンガ家を発掘するのも編集者の重要な役割です。 数多く編集部に持ち込まれる原稿やweb作品などにも目を通し、可能性を秘めたマンガ家を見出します。 自ら発掘した新人がプロになって初めて、マンガ編集者として一人前と認められます。 マンガ編集者になるには マンガ編集者への道のり マンガ編集者になるのに学歴は必要ありませんが、マンガ家に納得して修正をしてもらうには説得力のある専門知識が求められます。 ページやコマ割り、吹き出しと文字のバランスなどマンガならではの表現方法を知っていなければ、ネームのチェックもできません。 まずはマンガ系専門学校や美術系大学でマンガの基礎や アイデア・ストーリーの生み出し方などを学び、出版社や編集プロダクションへの就職を目指します。 求められる知識・資質を磨く コミュニケーション能力 マンガ家と常に向き合い二人三脚で作品を作り上げていくにはマンガ家との 円滑なコミュニケーションは不可欠です。 日頃の関係性が作品づくりにも大きな影響を与えるので、 深い信頼関係を築きあげることが重要です。 気分を盛り上げ、気持ちよく制作活動に邁進してもらう 環境作りも大切です。 スケジュール管理能力 作品には必ず締切があります。 そしてマンガ編集者は、ひとりで数本の連載マンガを担当しているので、その全ての原稿の進捗状況を確認しながら、締切り迄に原稿を上げてもらう 管理能力は欠かせません。 発想力 マンガ家の作品をより面白いものにするために、読者が没頭できるストーリー展開やキャラクターの感情表現など、読者目線で面白さを追求できる 柔軟な発想力が大切です。 マンガの専門知識 編集者は、担当するマンガ家の原稿に対してアドバイスや修正を指示しなければなりません。 マンガ家の作品を客観的かつ適切に判断し、改善点を伝えるためには、マンガ家を納得させるだけの 説得力ある専門知識が必要です。 必要な資格・試験情報 マンガ編集者になるために特別求められる資格はありませんが、マンガ家と共にストーリーや構成を考える上で流行や読者のニーズを掴む必要があります。 時代の流れやトレンドをいち早く察知し、日頃からドラマや映画、小説などあらゆるものに触れ、 最新情報を取り入れる努力が必要です。

次の

マンガに、編集って必要ですか?

マンガ に 編集 っ て 必要 です か

編集者の仕事 編集者は出版社や編集プロダクションなどで書籍、雑誌、マンガなどの出版物の企画、編集を行います。 本の制作には著者(作家)、デザイナー、ライター、カメラマン、イラストレーターなど、多くの人が関わっています。 編集者は制作に関わるさまざまな役割の人をまとめ、仕事を手配し、全体のスケジュールを管理しながら本を作り上げ、世に送り出します。 企画から出版までのすべての工程、作業を把握し管理する、プロデューサーのような役割を担っています。 編集者になるために必要な学歴と編集者の目指し方 編集者になるために資格は必要ありませんが、本が好きで日常的に本を読む習慣があるということは大前提となるでしょう。 自分が知らない幅広いジャンルの物事に対して興味関心を持ち、それらを手段を選ばず探求する行動力に加えて、伝えたいことを読み手に伝えられる手段を自ら作り出すだけの企画力も求められます。 編集者になるには、大学卒業後、出版社や編集プロダクションに就職するのが一般的な方法です。 一部理工系など専門性の高い書籍を扱う出版社以外は学部や学科は不問のようですが、本を扱う職種であるがゆえに文系出身者の比率が多く、4年制大学の卒業が必須といえます。 なかでも大手出版社は人気が高く、毎年かなりの高倍率になります。 これらの大手出版社も新卒採用は数名から10名程度しか募集しないことが多く、必然的に入社者は一流大学出身者ばかりということもあります。 新卒で大手出版社を目指すのであれば、学歴はあるのが当たり前で、あまたの優秀な候補者のなかから選ばれるのは、どれだけ学生時代にインプットとアウトプットの訓練をしてきたかによるといっても過言ではないでしょう。 もちろん、大手出版社以外にも個性的な書籍を出す大小さまざまな出版社があります。 ただし、中堅・中小の出版社では、出版不況で正社員募集そのものが数年間ないこともザラで、「自分が配属されてから新人が入ってこなくて未だに雑用は自分の仕事」というアラサー編集者の話も耳にします。 これから編集者を目指す人が心得ておかなければならないのが、中途採用で別の職種から編集者になるのはとても難しいということです。 中途採用を実施する出版社も少なからずありますが、ほぼすべて「編集経験者」のみの募集となります。 どこの出版社も年齢を重ねた未経験者を育成する余裕はありません。 それゆえ、編集者になるもっともオーソドックスな方法は、新卒採用で出版社を目指すことなのです。 ただ、最近ではWebメディアの編集者という職業も徐々に広がってきたため、紙媒体にこだわらなければ、媒体の数が増えたぶん、編集者になるというハードルは以前より低くなってきているといえます。 まずは自分が目指す編集者像を定めて、そこにたどり着くための道を自ら切り拓く必要があります。 書籍編集者、雑誌の編集者、マンガ編集者であれば出版社に就職するのが王道です。 Webメディアの編集者であれば出版社に就職するだけが選択肢ではありません。 次章では、どのようにしたら目的の媒体の編集者に近づけるかをご紹介します。 書籍、雑誌など、希望の媒体の編集者を目指すには 熾烈な就職活動を制して出版社から内定をもらったとしても、実は編集者になるにはさらにハードルがあります。 出版社の内定は総合職という形が多く、新卒の場合、編集部門以外の部署に配属されることがあります。 宣伝部、販売部、営業部、出版企画部、Webメディア部門など、出版ビジネスを支える部門は多岐にわたります。 そのため新卒社員はジョブローテーションでこれらの部門を渡り歩いて、さまざまな事業領域を経験する場合があるのです。 入社後何年も編集部門に配属されず、鬱々とした思いを抱える人もいるようですが、本人に適性があると判断されれば、広告営業部から編集部に異動などといった事例は多分にありますので、めげずに適切なタイミングで異動願いを出しましょう。 別部門を経験し、出版ビジネスの根幹を理解した編集者になれれば、自ずとその後の活躍の幅は広がることでしょう。 また、書籍を作りたい、雑誌を作りたい、マンガを作りたい、それぞれ希望はあると思いますが、会社は組織なのでポストが空かなければ配属されません。 限られたチャンスをものにするためには、日頃からなりたい自分を思い描いて、自分のなかの引き出しをたくさん作ることが肝要です。 書籍編集者になるには・向いている人 書籍には「文芸書」「ビジネス書」「美術書」「児童書」「写真集」「辞書・辞典」など、さまざまなジャンルが存在します。 書籍編集者は、作家、ライター、カメラマン、アーティストなどと二人三脚で書籍の企画を作り上げ、世の中に出していきます。 そのため時流を読む力、課題発見力、発想力、企画力など、多くの引き出しが望まれます。 書籍編集者に向いているのは、じっくりと一つの物事や課題を掘り下げることを厭わない性格の人でしょう。 文芸書をはじめとした書籍の編集者は、作家との信頼関係が作品の成功とも密接につながります。 作家が欲しいと言った情報を手段を問わずに集めて提供し、ときにストーリー案や登場人物案の寸評を行い、対等に議論しなければなりません。 マンガ編集者になるには・向いている人 マンガ編集者はコミック誌に慣れ親しんだ若手世代が憧れる職種のひとつでしょう。 雑誌のように特集ベースで記事を仕上げていくタイプの仕事ではなく、マンガ家の先生とともに二人三脚で物語の世界観、キャラクターの性格やセリフ、そしてそれに基づいたネームストーリーを作り上げていきます。 マンガの場合、週刊誌、月刊誌で長期間連載として続くケースが多いので、ストーリーに伏線を仕込み、その伏線を要所要所で回収していく、という時間の流れを利用した読者とのコミュニケーションの場を作ることができます。 読者アンケートで反応を見ながらその後のストーリー展開を変えていくことも多分にあるので、物語の帰結点がほぼ決まっている文学作品の編集者と異なり、マンガ編集者は、よりインタラクティブで柔軟性に富んだ対応を求められます。 コミック誌の制作は、文芸誌や情報誌、ファッション誌の作り方とまったく異なるため、配属後に先輩編集者について学ぶのが王道ですが、編集部によっては誌面でアルバイトを募集するケースがあるので、応募してみるのも手です。 人気があるため、アルバイトで採用されるのもなかなか難しく、その他の方法としてはコミック誌の制作を請け負う編集プロダクションでの採用を目指すという方法もあります。 将来マンガ編集者を目指すのであれば、なんとかして編集部と接点を持ち、経験を積むことをおすすめします。 マンガ編集者に向いているのは、発想力、企画力、情報収集力、コミュニケーション力を兼ね備え、現実を超越した物語世界をゼロから作ることにやりがいを見いだせるタイプの人でしょう。 雑誌編集者 情報誌担当になるには・向いている人 雑誌編集者と書籍編集者には大きな意識の違いがあります。 書籍であれば広告宣伝などのマーケティング戦略にもとづいて、発売日から逆算してスケジュールを組んでいきます。 並行して複数の書籍を担当することはあるものの、締め切りをある程度自分でコントロールできるため、締切に常に追われ続けるという感覚はあまりありません。 ところが、雑誌編集者には締切が毎月、毎週定期的にやってくるのでこの「ひと仕事終えた」という感覚があまりありません。 入稿・校了が際限なく続く感覚のなかで日々仕事に取り組んでいきます。 雑誌編集者に向いているのは、この際限なく続く締切と戦いながらも、読者に良質な特集、雑誌を届け続けることに至上の喜びを感じるタフな精神力と体力の持ち主です。 なかでも情報誌の編集者は、常に新しい特集記事の切り口を探し続ける必要があるため、情報感度を上げ、アイデアの枯渇という恐怖と戦いながら、毎月もしくは毎週、迫り来る締切と格闘し続ける必要があります。 情報誌の編集者になるための王道はありませんが、情報誌の特性として人から取材して知見を得ることが多いことから、取材力、交渉力といったコミュニケーション能力に自信のある人、目的を達成するための粘り強さと責任感のある人が向いているといえるでしょう。 ファッション誌編集者になるには・向いている人 雑誌編集者のなかでもファッション誌の編集者は、華やかなイメージから憧れを持たれることが多いようです。 ファッション誌といっても、扱うターゲットは多岐にわたります。 女子中高生ターゲットのファッション誌もあれば、ちょいワルオヤジ向け、ワーキングマザー向け、ハイファッション誌などさまざまです。 作りたい特集ごとにカメラマンとスタイリスト、モデルを選び、スタイリストを通して各ブランドのプレスルームから、テーマに沿った服や小物・装飾品を借りてきて、撮影スタジオや事前にロケハンしたロケ地で撮影します。 人気モデルやアパレル業界のデザイナーなどと懇意になることも日常茶飯事の世界です。 ファッション誌の編集者を目指すにあたって、実際の仕事を編集者になる前に経験することは難しいので、編集部でのアルバイトやインターン募集があればに応募するのが近道かもしれません。 編集部でのアルバイトやインターンは、募集そのものが稀なのでツテやコネを頼るケースが多いようです。 編集部ではなく、アパレルの広報部のバイト募集などでも近しい経験を積める可能性がありますので探してみてください。 ファッション誌編集者に向いているのは、世の中の流行を敏感に読み取り、美的センスを磨くことに至上の喜びを感じるタイプの人でしょう。 紙媒体の編集者とWeb編集者の違いとは 紙媒体の編集者とWeb媒体の編集者の大きな違いとして挙げられるのが、Web媒体の編集者が数字管理を求められる点です。 通常、紙媒体の編集者は、刷り部数と実際の販売部数を気にかけます。 また、読者アンケートから作品の反応を得て、販売部数だけではないナマの声からフィードバックを得ます。 しかしながら、紙媒体は一度出版してしまうと内容を変えることができないので、次回作などに活かすしかありません。 販売部数を増やそうとしたら、販売部の営業担当が書店まわりをしてポップを出してもらったり、平置きにしてもらうなどの営業努力をするか、電車やバスの吊り広告やイベント企画などを実施するしかありません。 一度出版してしまったら、編集者にできることは限定的です。 反対にWeb媒体の編集者は、媒体の特性上、リアルタイムに読者からの反応を数字で得られます。 また、広告スペースがあるため、ページの表示回数が売上の増加にダイレクトに影響します。 そのため、Web媒体の編集者は記事を書くだけでなく、その記事のソーシャルメディアでの拡散方法やWebサイトでの配置のほか、クリックを促すタイトルの付け方など、表現方法に工夫をします。 リライトすれば記事を差し替えることも可能なので、常に数字を見ながら仕事を進めることになります。 Web媒体の編集者は、Webでの表現手法やソーシャルメディア活用に関する知見を得られることから、これからの時代にマッチした経験を積むことができるといえるでしょう。 Web媒体の課題は、編集者として不可欠な技能を習得する機会が限定的な場合があることです。 注意しなければならないのは、Web媒体のなかには専門の校正職を間に挟まず、日本語に問題があってもそのまま掲載される媒体もあることです。 このような環境に最初から身をおいてしまった場合、プロフェッショナルの編集者として自他ともに認められるようなスキルを身につけるまでに、だいぶ時間がかかってしまう可能性があります。 Web媒体の登場により編集者になる機会は増えましたが、未経験から編集者を目指すにあたっては編集者としての基礎を学べる環境を選ぶことが肝要です。 最近では、紙媒体の編集者がWeb媒体の編集者に転身して、活躍するケースも増えてきています。 紙媒体の編集者は総じてITリテラシーが高くない傾向があり、紙、Web両方を動かせるスキルを身につけておけば、引く手あまたである状況はしばらく続くでしょう。 編集者の業務内容は 紙媒体の一般的な仕事の流れは以下の通りです。 1 どのような本を作るか企画 2 著者に原稿を依頼 3 ページの構成案を手書きかツールで作成し、グラフィックデザイナーに発注 4 必要に応じて写真やイラストなどを手配 5 受け取った原稿をチェックし、誤りの修正や表記の統一などを行う 6 グラフィックデザイナーからページデザインを受け取り、原稿や写真などをあてはめる 7 印刷所に原稿を渡す 8 試し刷り(ゲラ)を校正 9 校正と印刷所での修正を繰り返し、修正がない状態にする 10 印刷、出版 仕事の内容は制作する出版物の種類によっても変わってきますが、雑誌の場合は取材や撮影の立ち会い、記事作成、漫画の場合は漫画家の発掘や育成、持ち込みへの対応などの仕事もあります。 編集者の将来性は 近年は出版不況といわれ、パソコンやスマートフォンなどの普及により活字離れが進み、雑誌を中心に売り上げが減少しています。 また、書店は出版社が決めた定価でしか本を販売することができませんが、この規制についても将来的に議論が高まる可能性があり、出版業界の先行きには不透明な部分もあります。 一方で電子書籍やWebメディアなど成長が見込まれる分野もあるため、デジタルコンテンツに関する知識を深めておくことも重要になってくるでしょう。 また、編集者として一定以上の経験を積んで実力をつければ、将来フリーランスの編集者として様々な媒体で声がけされるようになる可能性が高くなります。 最近では正社員の数を減らし、企画単位でフリーランスの編集者を集めて記事や書籍を作ることが一般的になってきているようです。 各編集部は実力のあるフリーランスの編集者をお抱えとして確保し、人件費などの固定費を削減しつつ、売上を最大化する努力をしているとのことです。 売上に直結するような企画を立てられる編集者であれば、将来独立して編集プロダクションを設立するといった道もあります。 フリーランス、編プロなど、いずれも実力がものを言う世界ですが、それだけやりがいのある職種であることは間違いないでしょう。 編集者の求人について 編集者の中途採用については未経験者の募集もありますが、何らかの媒体の編集経験を持っていることが歓迎される場合が多く、前職での実績や企画力、スキルなどアピールできるものを持っている方が有利になります。 またファッション、IT、医療など出版物のジャンルや特定の雑誌ごとに募集されていることもあるので、各分野の編集経験や知識を持っていることが必須条件となっている場合もあります。 また、出版社が東京都に集中していることから、東京勤務の募集が多いことも編集者の求人の特徴です。 雇用形態は社員以外にも業務委託やアルバイトなどがあります。 フリーランスの編集者として会社と業務委託契約を結び、案件ごとに編集制作業務やライター業務などを請け負うという働き方もあります。 最近ではWeb業界の求人も増えており、出版業界から転職し、Webメディアやコンテンツの制作に携わる編集者も見られます。 転職活動をするには、まず興味のある出版物を発行している企業の採用ページや転職サイトを見て、求人情報をチェックしましょう。 出典: 出版 編集者の年収・給与 気になる編集者の給料・年収は? 全国の求人の給与情報をまとめて集計、編集者の給与帯・年収帯を独自にグラフ化しました。 求人の給与情報 … 出版 編集者経験者の口コミ 現役編集者、編集経験者にアンケートを実施。 編集者の仕事の口コミ・評判を集めました。 編集者のやりがいを教えてください Y. さらに、読者などからの良い反響があったときや、実際に売れたと … Q2. 編集者になるために努力したこと、資格が必要な場合、合格するために努力したこと Y. どんな仕事がしたいかというビジョン … Q3. 編集者の将来性についてどう思いますか? Y. デジタル化、web、電子書籍などへの対応や知識を身につけていけば必ず生き残っていけると思います。 編 ….

次の

マンガ編集者になるには?仕事内容や必要な資格|OCA大阪デザイン&IT専門学校

マンガ に 編集 っ て 必要 です か

完結 全3巻 青木U平/新潮社• まるで「もう編集者は不要」みたいなタイトルだけど……? 本作の主人公は、漫画家・佐木小次郎(さき・こじろう)45歳。 青年誌でキャリア8年の中堅、と言えば聞こえはいいけど、最近の作品はどれも2~3巻で打ち切られている、売れない作家。 かなり崖っぷちな状態です。 そんな佐木の担当編集は、女性ファッション誌から異動してきたばかりの、坂本涼(さかもと・りょう)24歳。 漫画への情熱があり明るく元気で一生懸命なのはいいけど、若い女性の感性がどうしても佐木とかみ合いません。 どうして彼女を編集担当にしたのか、編集部の意図が理解できない佐木。 同じく彼女が担当編集で、佐木のアシスタントになっている若者から、 「ぶっちゃけ 編集って いらなくないスか?」 と言われ、佐木は考え込んでしまいます。 最近よく言われる「編集者不要論」です。 本作のタイトルも、いかにもそんな感じですよね。 佐木も正直、坂本との不毛な雑談は、さっさと切り上げて早く帰りたいと思っています。 しかし佐木は、出版社に育ててもらったという恩義も感じているのです。 実は、編集者不要論に抗う物語 そう、実は本作、まるで「もう編集者は不要」みたいなタイトルですが、実は、編集者が作家の伴走者として共に悩み、苦しみ、もがき、泣く話だったりします。 ネタバレは避けますが、実のところ「編集者不要論」に抗う物語と言っていいでしょう。 序盤は、男女差とか、世代差といった「ギャップ」の描写にクスッとしますが、だんだんシビアな話になっていって胸が痛くなります。 あくまでこれは一般論ですが、出版社に勤務している編集者は、会社から給料を貰っている身分。 基本的には、会社に逆らうのが難しい立場です。 例えば「連載打ち切り」は、自営業者の作家にとってはリアルに収入が無くなる死刑宣告にも等しい話。 打ち切りにならないよう作家が頑張るのはもちろんですが、担当編集がどれだけ頑張れるか。 不真面目な編集者ならクビにならない程度にサボりますが、真面目な編集者は会社と作家の板挟みになって悩みます。 作家の利益と会社の利益、どちらを選ぶか? という選択を迫られたら、最終的には、作家を捨てて会社を選ぶか、会社を辞めて作家に付くか。 リアルで作家側に付き、出版社との交渉を代理で行う「エージェント」という立場を選ぶ人も、最近は少しずつ増えてきました。 では坂本は? というと、もちろん真面目な編集者。 真面目すぎて……この先は、実際に読んで確かめてみてください。 なんとも言えない読後感の全3巻、読み出したら止まりません。

次の