インコ 口 パクパク。 セキセイインコの雛の様子がおかしいのですが…病気?

コザクラインコが口をパクパクさせていたら?

インコ 口 パクパク

ウロコインコは中型インコなので、大型のオウムやインコに比べるとクチバシも小さいです。 それでも噛まれると流血は避けられないくらい力が強いので、噛まれそうなシチュエーションは極力避けていました。 とてもよく懐いている鳥なので、ケージの外にいるときにはたいがい飼い主である私の肩の上に座っています。 あるとき愛鳥がしきりと私の顔を覗き込むようにして顔の近くに自分の顔を寄せてきたので、何かと思うとチョンチョンと唇をつつくような仕草を始めたのです。 うっかり噛まれるとどんなケガになるかわからないので、すぐに自分の顔を避けました。 ところがしつこく寄ってきてさらに私の口をめがけて追いかけてくるのです。 払いのけることもできますが、あまり強く払ってケガをさせてもいけないし唇を噛まれることも避けたいと思いました。 それでせっかく機嫌よくしている愛鳥を肩から強制的に下ろすことになってしまったのです。 当然、愛鳥の機嫌は悪くなり今度は怒って本気で噛みつこうとするようなこともありました。 何回かそういうことがあって、「もしかしてこのコは何かして欲しいのかな」と考えるようになったのです。 「インコが攻撃の意思以外を持って飼い主の顔(唇)をめがけてくる意味とその行動で飼い主に伝えたいこと」を調べてみました。 参考動画:インコのぴーちゃん 唇を甘噛みする 「飼い主の唇をめがけて寄ってくる」、私の愛鳥はよくこの仕草をします。 一番多いのはケージから出して遊んであげる「放鳥」の時で、だいたいケージから出て2時間後ぐらい、飼い主の肩の上で休んでいるときにすることが多いのです。 あるいは飼い主自身がちょっとおやつをつまんだりお茶を飲んだりしているときに始めることもあります。 最初は「自分と遊んでいるのに他のことを始めたりして自分に対する飼い主の注意が不足している」ことが不満なのかと思いました。 ところがネットで調べてみると「ヒナが親鳥に対して餌を早く出してくれるように促すために親の顔やクチバシをつつく」という行為をすることがあるのがわかりました。 見つけた記事は「インコ」ということになっていましたが、ウロコインコも「インコの仲間」です。 私の愛鳥はブリーダーさんから自分で餌を食べられる状態になってから譲ってもらったので、私がヒナに差し餌をして育てたということはありません。 これまでは自分もおやつが欲しいときには飼い主自身が手に持っている食べ物やカップをめがけて飛んでくるというのが普通でした。 それでも生後1年のまだ完全に大人になっていない状態から一緒に暮らし始めた私のことをある意味「親鳥」と見なす状況もあるというのは当然かもしれません。 そう考えると「幼いころから自分の世話をしてくれる存在」の私は愛鳥にとってパートナーであり、母鳥であるということがあるのだと思います。 愛鳥が私の「唇(クチバシ)」をつつく行為は「僕にもちょうだい」の合図なのだ、と思い至りました。 インコが飼い主の唇をつつくときはどう対応すべき? 愛鳥が私の唇を覗き込んでつつく仕草を始めたら「おやつの時間」の合図、として行動するようにしました。 バードブレットや茹でた野菜・ナッツ類など彼専用のおやつを用意しておいて、「唇をつつく・おやつを用意してあげる」というようにしたのです。 愛鳥は当然喜んで食べます。 同時に「怒って攻撃しようとしてくる」という騒動はすっかりしなくなりました。 鳥類はとても頭のいい生き物だということが最近の研究でずいぶんとよく知られるようになりました。 ある種のオウムやインコが飼い主の行動に合わせた挨拶や言葉を発することがあることも話題になっています。 そのことからもわかるように「飼い鳥は飼い主(群れの仲間)とコミュニケーションを持ちたい」のだと思います。 愛鳥はよりいっそう「人間大好き」になったようにみえます。 私が彼の「唇をつつく」ことによる「何かおやつをちょうだい」という意思伝達に正しく応えることができたからでしょう。 いろいろ考えて「相手(愛鳥)」が何をしたいのか考えて反応してやるとよりいっそうコミュニケーションが図りやすくなるということを実感しました。 これからも愛鳥の細かい仕草に注意を払って「彼の言葉」でのコミュニケーションを学んでいきたいと思います。 関連ページ 2年前からセキセイインコを3羽飼っているのですが、そのうちの一匹のオスのインコが半年ほど前から毎日毎日、餌を吐き戻してしまいます。 毎日かなりの量を吐くので、はじめは病気かと心配していましたが、インコが吐く原因は病気だけではないそうです! なぜインコは餌を吐いてしまうのか調べてみました。 セキセイインコを飼っていた時、夜寝る頃になると、止まり木に片足立ちになって、羽を膨らませて目をつむっている様子をよく目にしていました。 やがて眠る時のポーズなんだと漠然と思うようになりました。 ポーズひとつひとつに意味があるなんてその時は考えたことなかったのですが、のちに、インコの動画サイトや記事をよく見るようになってインコの片足立ちには何種類かの意味があることを知りました。 インコをケージから出して、一緒に遊んでいる時に、時々首をかしげるしぐさをします。 なんとも愛嬌があってかわいいらしく、傾けか方も少しの時もあれば、すごく傾けている時もあって、びっくりする時もあります。 やがて、飼い主をジーッと見ている時や話しかけている時によくこのしぐさをすることに気付きました。 人間なら、「何をしているんだろう」「何を言っているんだろう」という感じですが、インコがとるこのしぐさにはまた別の意味があるようなのです。 ある時、インコをケージから出してあげようと思って、近づいていくと、止まり木を右に左にと、早足でステップするいつもの動きをしています。 そして、頭を上下に振っています。 首を上下に振るにはうちのインコが時々するしぐさですが、おじぎをしているようであり、相槌を打っているようでもあり、リズムにのって踊っているようでもあり、微笑ましく思って見ていました。 ある日曜日の朝、いつものように朝食後家族と団らんしていると突然夫が「あれ、インコがおかしい」と騒ぎ始めました。 ふと見ると、愛鳥がケージの底で仰向けにひっくり返っています。 しかしケージから出して足や羽の様子を確認してもどこもおかしくありません。 むしろ愛鳥自身は元気いっぱい、「さあ、遊ぼう」とばかりに嬉しそうに動き回り始めました。 このしぐさの意味はなんだろうと疑問に思い、調べてみることにしました。 インコをかごからだして、なでたり餌やお水をあげたりして遊んだあと、仕事へ行くため、悲しいですが再びかごの中へ入ってもらいました。 しかしまだ遊びたいというように、なかなかかごに入らずに出てきてしまうので、半ば強引に入れてしまったことがありました。 その後、かごの中で止まり木に止まったまま羽をばたばたさせるというしぐさをしたのです。 セキセイインコが止まり木に止まったまま羽をバタバタさせるのはなぜなのか、調べてみました。 私はオカメインコを飼っていました。 なでてあげたりするときにはひなの時のような鳴き声をします。 それ以外の時にはとっても大きい声で急にピーピーと鳴き始めたり、低い声でピーピーというよりかはジージーといった感じ鳴くときがありました。 それぞれの鳴き方がどういった意味を持ち、何を伝えようとしているのかを紹介していきます。 セキセイインコのしぐさの中で、ケージの外に出している時に、私たちの体に自分の頭や体を擦り付けてくることがあったんです。 犬などは親愛の証として行動したりするものですが、中には単にマーキングを行うためだけに体を擦り付ける動物もいるため、どうして自分たちが飼っているセキセイインコが体を擦り付けてくるのか判断がつかなかったことがありました。 セキセイインコにとって、体を擦り付ける行動の意味とはどういう意味があるのかを調べてみました。 うちに初めてのインコをお迎えしてしばらくした頃、やたらと私や主人の口元に近づいてこようとするようになりました。 なんなんだろうねー?なんてよく主人と話していました。 でも可愛いからいっかぁ〜と放置していました。 するとだんだんとエスカレートしていき、今度は時々唇を噛んでくるようになり、それがめっちゃ痛くて。。。 今までは触らせてはくれないけど、至近距離まで来てくれるから可愛くていいかなんて思っていただけだったけど、毎日放鳥する度にこれは嫌!と思い、この子の気持ちを調べてみようと思いました。 うちには2羽のセキセイインコがいますが、どちらとも言葉を話すのがヘタクソです。 なので鳴き方の感じで意思を汲み取ってあげないといけないとわかった理由、それこそがこの水浴びでした。 今回はセキセイインコに水浴びさせるコツをうちのインコたちの体験も交えてお話ししたいと思います! 私がウズラを飼いはじめたのは19歳の頃でした。 そのウズラ達が大人になり、雌雄の判別ができるようになった頃です。 ウズラのメスはほとんど鳴かないのですがオスは様々な声を発し始めました。 その鳴き声にどんな意味があるのかわからなかったため、ウズラが大人になったときに出す鳴き声の意味について調べてみました。 うちの文鳥は、いつもごはんのおかずが並ぶと偵察にやってきて、興味のある食べ物をつついたり食べたりしています。 気になるのが青魚への食いつきでした。 それは青魚だけで、白身の魚には目もくれません。 一体何故なのかわかりませんでした。

次の

セキセイインコの雛が口をパクパクしている・・・なんで?|トミエルの宝箱

インコ 口 パクパク

ウロコインコは中型インコなので、大型のオウムやインコに比べるとクチバシも小さいです。 それでも噛まれると流血は避けられないくらい力が強いので、噛まれそうなシチュエーションは極力避けていました。 とてもよく懐いている鳥なので、ケージの外にいるときにはたいがい飼い主である私の肩の上に座っています。 あるとき愛鳥がしきりと私の顔を覗き込むようにして顔の近くに自分の顔を寄せてきたので、何かと思うとチョンチョンと唇をつつくような仕草を始めたのです。 うっかり噛まれるとどんなケガになるかわからないので、すぐに自分の顔を避けました。 ところがしつこく寄ってきてさらに私の口をめがけて追いかけてくるのです。 払いのけることもできますが、あまり強く払ってケガをさせてもいけないし唇を噛まれることも避けたいと思いました。 それでせっかく機嫌よくしている愛鳥を肩から強制的に下ろすことになってしまったのです。 当然、愛鳥の機嫌は悪くなり今度は怒って本気で噛みつこうとするようなこともありました。 何回かそういうことがあって、「もしかしてこのコは何かして欲しいのかな」と考えるようになったのです。 「インコが攻撃の意思以外を持って飼い主の顔(唇)をめがけてくる意味とその行動で飼い主に伝えたいこと」を調べてみました。 参考動画:インコのぴーちゃん 唇を甘噛みする 「飼い主の唇をめがけて寄ってくる」、私の愛鳥はよくこの仕草をします。 一番多いのはケージから出して遊んであげる「放鳥」の時で、だいたいケージから出て2時間後ぐらい、飼い主の肩の上で休んでいるときにすることが多いのです。 あるいは飼い主自身がちょっとおやつをつまんだりお茶を飲んだりしているときに始めることもあります。 最初は「自分と遊んでいるのに他のことを始めたりして自分に対する飼い主の注意が不足している」ことが不満なのかと思いました。 ところがネットで調べてみると「ヒナが親鳥に対して餌を早く出してくれるように促すために親の顔やクチバシをつつく」という行為をすることがあるのがわかりました。 見つけた記事は「インコ」ということになっていましたが、ウロコインコも「インコの仲間」です。 私の愛鳥はブリーダーさんから自分で餌を食べられる状態になってから譲ってもらったので、私がヒナに差し餌をして育てたということはありません。 これまでは自分もおやつが欲しいときには飼い主自身が手に持っている食べ物やカップをめがけて飛んでくるというのが普通でした。 それでも生後1年のまだ完全に大人になっていない状態から一緒に暮らし始めた私のことをある意味「親鳥」と見なす状況もあるというのは当然かもしれません。 そう考えると「幼いころから自分の世話をしてくれる存在」の私は愛鳥にとってパートナーであり、母鳥であるということがあるのだと思います。 愛鳥が私の「唇(クチバシ)」をつつく行為は「僕にもちょうだい」の合図なのだ、と思い至りました。 インコが飼い主の唇をつつくときはどう対応すべき? 愛鳥が私の唇を覗き込んでつつく仕草を始めたら「おやつの時間」の合図、として行動するようにしました。 バードブレットや茹でた野菜・ナッツ類など彼専用のおやつを用意しておいて、「唇をつつく・おやつを用意してあげる」というようにしたのです。 愛鳥は当然喜んで食べます。 同時に「怒って攻撃しようとしてくる」という騒動はすっかりしなくなりました。 鳥類はとても頭のいい生き物だということが最近の研究でずいぶんとよく知られるようになりました。 ある種のオウムやインコが飼い主の行動に合わせた挨拶や言葉を発することがあることも話題になっています。 そのことからもわかるように「飼い鳥は飼い主(群れの仲間)とコミュニケーションを持ちたい」のだと思います。 愛鳥はよりいっそう「人間大好き」になったようにみえます。 私が彼の「唇をつつく」ことによる「何かおやつをちょうだい」という意思伝達に正しく応えることができたからでしょう。 いろいろ考えて「相手(愛鳥)」が何をしたいのか考えて反応してやるとよりいっそうコミュニケーションが図りやすくなるということを実感しました。 これからも愛鳥の細かい仕草に注意を払って「彼の言葉」でのコミュニケーションを学んでいきたいと思います。 関連ページ 2年前からセキセイインコを3羽飼っているのですが、そのうちの一匹のオスのインコが半年ほど前から毎日毎日、餌を吐き戻してしまいます。 毎日かなりの量を吐くので、はじめは病気かと心配していましたが、インコが吐く原因は病気だけではないそうです! なぜインコは餌を吐いてしまうのか調べてみました。 セキセイインコを飼っていた時、夜寝る頃になると、止まり木に片足立ちになって、羽を膨らませて目をつむっている様子をよく目にしていました。 やがて眠る時のポーズなんだと漠然と思うようになりました。 ポーズひとつひとつに意味があるなんてその時は考えたことなかったのですが、のちに、インコの動画サイトや記事をよく見るようになってインコの片足立ちには何種類かの意味があることを知りました。 インコをケージから出して、一緒に遊んでいる時に、時々首をかしげるしぐさをします。 なんとも愛嬌があってかわいいらしく、傾けか方も少しの時もあれば、すごく傾けている時もあって、びっくりする時もあります。 やがて、飼い主をジーッと見ている時や話しかけている時によくこのしぐさをすることに気付きました。 人間なら、「何をしているんだろう」「何を言っているんだろう」という感じですが、インコがとるこのしぐさにはまた別の意味があるようなのです。 ある時、インコをケージから出してあげようと思って、近づいていくと、止まり木を右に左にと、早足でステップするいつもの動きをしています。 そして、頭を上下に振っています。 首を上下に振るにはうちのインコが時々するしぐさですが、おじぎをしているようであり、相槌を打っているようでもあり、リズムにのって踊っているようでもあり、微笑ましく思って見ていました。 ある日曜日の朝、いつものように朝食後家族と団らんしていると突然夫が「あれ、インコがおかしい」と騒ぎ始めました。 ふと見ると、愛鳥がケージの底で仰向けにひっくり返っています。 しかしケージから出して足や羽の様子を確認してもどこもおかしくありません。 むしろ愛鳥自身は元気いっぱい、「さあ、遊ぼう」とばかりに嬉しそうに動き回り始めました。 このしぐさの意味はなんだろうと疑問に思い、調べてみることにしました。 インコをかごからだして、なでたり餌やお水をあげたりして遊んだあと、仕事へ行くため、悲しいですが再びかごの中へ入ってもらいました。 しかしまだ遊びたいというように、なかなかかごに入らずに出てきてしまうので、半ば強引に入れてしまったことがありました。 その後、かごの中で止まり木に止まったまま羽をばたばたさせるというしぐさをしたのです。 セキセイインコが止まり木に止まったまま羽をバタバタさせるのはなぜなのか、調べてみました。 私はオカメインコを飼っていました。 なでてあげたりするときにはひなの時のような鳴き声をします。 それ以外の時にはとっても大きい声で急にピーピーと鳴き始めたり、低い声でピーピーというよりかはジージーといった感じ鳴くときがありました。 それぞれの鳴き方がどういった意味を持ち、何を伝えようとしているのかを紹介していきます。 セキセイインコのしぐさの中で、ケージの外に出している時に、私たちの体に自分の頭や体を擦り付けてくることがあったんです。 犬などは親愛の証として行動したりするものですが、中には単にマーキングを行うためだけに体を擦り付ける動物もいるため、どうして自分たちが飼っているセキセイインコが体を擦り付けてくるのか判断がつかなかったことがありました。 セキセイインコにとって、体を擦り付ける行動の意味とはどういう意味があるのかを調べてみました。 うちに初めてのインコをお迎えしてしばらくした頃、やたらと私や主人の口元に近づいてこようとするようになりました。 なんなんだろうねー?なんてよく主人と話していました。 でも可愛いからいっかぁ〜と放置していました。 するとだんだんとエスカレートしていき、今度は時々唇を噛んでくるようになり、それがめっちゃ痛くて。。。 今までは触らせてはくれないけど、至近距離まで来てくれるから可愛くていいかなんて思っていただけだったけど、毎日放鳥する度にこれは嫌!と思い、この子の気持ちを調べてみようと思いました。 うちには2羽のセキセイインコがいますが、どちらとも言葉を話すのがヘタクソです。 なので鳴き方の感じで意思を汲み取ってあげないといけないとわかった理由、それこそがこの水浴びでした。 今回はセキセイインコに水浴びさせるコツをうちのインコたちの体験も交えてお話ししたいと思います! 私がウズラを飼いはじめたのは19歳の頃でした。 そのウズラ達が大人になり、雌雄の判別ができるようになった頃です。 ウズラのメスはほとんど鳴かないのですがオスは様々な声を発し始めました。 その鳴き声にどんな意味があるのかわからなかったため、ウズラが大人になったときに出す鳴き声の意味について調べてみました。 うちの文鳥は、いつもごはんのおかずが並ぶと偵察にやってきて、興味のある食べ物をつついたり食べたりしています。 気になるのが青魚への食いつきでした。 それは青魚だけで、白身の魚には目もくれません。 一体何故なのかわかりませんでした。

次の

セキセイインコの雛が口パクパクするのはなぜ?驚きの意味とは

インコ 口 パクパク

コザクラインコがする行動にはどんな意味がある? コザクラインコの行動と意味が分かれば、怪我や病気の早期発見に繋がる場合もあります。 コザクラインコをよく観察をして行動にはどんな意味があるのか考えてみましょう。 驚いた時にする行動 慌てて飛び回ったり、羽をピッタリ身体に密着させて細くさせた時が驚いた時にする行動です。 ストレスを感じている場合もあるので、このような行動にならないように気を付けましょう。 眠たい時にする行動 片目を閉じたり、羽を少し膨らませめを閉じたり、寝言のようにつぶやいたりします。 日中お昼寝しますが、寝てばかりいるようなら病気の可能性もあるので、日頃からコザクラインコの行動を観察して気を付けるようにしましょう。 機嫌が良い時にする行動 頭を上下にしたり、元気よくさえずったり、止まり木を行ったりきたりしたり、身体を大きく左右にしたりするのが機嫌が良い時にする行動です。 コミュニケーションを取るには絶好のチャンスなので、一緒遊んであげるようにしましょう。 甘えたい時にする行動 身体をこすりつけてきたり、羽を軽く逆立てて首を傾げたり、生噛みをしてくるのが甘えたい時にする行動です。 コザクラインコはラブバードと呼ばれる程愛情深くて、甘えん坊の鳥です。 コザクラインコが甘えたい時には甘えさせてあげましょう。 リラックスしている時にする行動 伸びをしたり、小さくつぶやいたり、羽繕いをしている時がリラックスしている時にする行動です。 コザクラインコもリラックス中は邪魔されたくないはずです。 そっと見守るようにしましょう。 スポンサードリンク 暑い時にする行動 呼吸が荒かったり、くちばしを半開きにしたり、翼部を浮かせたりするのが暑い時にする行動です。 ケージを置いてある場所が適温かどうか確認するようにしましょう。 寒い時にする行動 全身の羽毛を立てて膨らませたり、振り向くようにして頭を羽毛に埋めたりするのが寒い時にする行動です。 冬は部屋の温度が低くなりがちなので、暖房器具を上手に使い温度が低くなり過ぎないように気を付けてあげましょう。 怒っている時にする行動 強くかんできたり、顔の羽を膨らませて体を横に揺らします。 刺激を与えずに静かに様子を見るようにしましょう。 まとめ コザクラインコの行動に色々な意味があるのが分かりました。 コザクラインコの行動や仕草で気持ちを理解して更に仲良くなれると良いなと思いました。 スポンサードリンク 今のあなたにおすすめの記事.

次の