日本 ホラー 映画 ランキング。 ホラー映画の洋画人気おすすめランキング25選【名作から2020年最新作まで】

【一番怖い】日本のホラー映画おすすめランキング25選【邦画編】

日本 ホラー 映画 ランキング

10位は『アメリカン・サイコ』サイコパス映画の傑作で、ぼくも個人的に大好きな作品だよ。 谷村 主人公は 一流企業の副社長で、いわばウォールストリートの超エリート。 性格は負けず嫌いのナルシスト、そして極度の潔癖症でした。 そんな彼の 趣味は人を殺すこと。 ホームレスや売春婦と、手当たり次第殺すも、犯行がバレないのを良いことに徐々に味を占めていきます。 血だらけの衣服をクリーニング屋に出して「ソースをこぼしただけだ」などと言い訳をしたり、 頭のネジが30本ぐらい飛んでいる主人公。 そんな元からサイコパスだった彼が、殺しの醍醐味を知り、 取り返しのつかないほどの狂人へと変化していくのがこの映画の見どころ。 8位は『エス』1971年にスタンフォード大学で行われた「監獄実験」を元に作られた、ドイツのサイコホラー映画だよ。 谷村 とある刑務所に被験者20人が集められ、半分を看守に、もう半分を囚人役として、 2週間それぞれの役割を演じ続ける実験が行われます。 被験者も最初は役割を楽しんでいたものの、看守がひとたび暴力を振るい始めたのをきっかけに、 死人が続出するなど惨劇と化してきます。 『エス』の恐ろしいところは、実験に参加した被験者たちは皆、 元々は正常な思考を持った、いわゆる「普通の人」だったこと。 役割といえど、権利を剥奪された者は「服従」を絶対とされ、権利を 与えられた者は暴力を正当化して、平気で他人を殴るようになる。 6位は『シャイニング』スティーブン・キング原作で、現代ホラーの傑作と名高い作品だよ。 谷村 主人公は小説家。 山上のホテルの管理を任されますが、その 外界から隔離された雰囲気が気に入った彼は、家族と共に一冬を過ごすことに。 しかしホテルでは過去に、精神異常をきたした 管理人が一家惨殺する事件が起きており、霊感の強い主人公は徐々に気を狂わせていきます。 『シャイニング』は意外なことに、一般的なサイコホラー映画のように 人が何人も死ぬわけでもなければ、残虐なグロ描写もありません。 にも関わらず本作が 20世紀ホラーの傑作と言われるのは、キューブリック監督のこだわり抜いた演出と、主人公役の凄まじい怪演のおかげ。 5位は『ミザリー』これもスティーブンキング原作だけど『シャイニング』よりさらに、トラウマになる人の多い映画だよ。 谷村 主人公は有名な小説家。 雪山で事故を起こし、脚を骨折して動けなくなったところを、地元で 看護師をしていた温厚な女性に助けられます。 ところがその女性は重度のメンヘラ。 主人公の小説のファンだったため、彼をずっと そばに置いておきたいと思い、異常行動に出始めます。 ハンマーを持った女性の姿が印象的なミザリーですが、彼女がハンマーを振るうのは一度だけ。 ただ その一度がトラウマ級に恐ろしさ。 最初は親切な女性だっただけに、ギャップが一層怖い。 また主人公は 骨折して寝たきりのため、その恐怖から逃げることも許されません。 4位は、ホラーファンの間で21世紀最恐といわれる『エスター』ぼくのお気に入り作品だよ。 谷村 主人公は 死産により新生児を失ったことから、悲しみを埋めるため孤児院に向かい、 礼儀正しく知性のあるエスターを養子として迎えます。 ところが彼女が養子となってから、一家で不気味な出来事が頻発するようになり、次第に夫婦は エスターに対して恐怖心を抱き始めます。 本作はエスターが最初から最後までとにかく不気味。 彼女なりの 信念に従い動物や人間を殺していくも、その思考は完全なるサイコパス。 そして、エスターが何者なのかは 最後まで明かされませんが、ラストで彼女の正体を知った時、ぼく達視聴者はどん底に落とされます。

次の

【2019年版】本気で怖いサイコホラー映画ランキング15【人間の狂気】

日本 ホラー 映画 ランキング

日本の怪談話を代表に、昔から怪奇現象や幽霊などの物語は日本で好かれています。 学校など子供のいる場所を舞台にしたホラーが多いのも邦画ホラーの特徴の1つで、 血が飛び散るようなグロいホラーの多い洋画ホラーとは違い、ジメジメとした陰湿なものが多いです。 今回は、ホラー邦画に絞ってアンケートを実施しました。 その投票数は2076票です。 これまでの自分の世界観を一変してくれる作品や、定番の日本のホラーといえばというような商品までランクインしています。 皆さんが気になる作品がランクインしていますか。 お気に入りの1本をランキングから見つけてみてください。 また、最後にはホラー映画の選び方のポイントやホラーに関連した記事も紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。 amazon. valuecommerce. shopping. yahoo. 290票を獲得しました。 2位と100票以上の差をつけて圧巻です。 この作品なくしてJホラーは語れません。 1998年に「リング」は登場し呪いのビデオが日本を驚愕させました。 正にJ ホラーの先駆者的存在です。 貞子の名を世に知らしめ、その後も人気は衰えることなく1998年のリングから2019年の貞子まで20年以上続くシリーズになっています。 リングのBlu-ray版は 湿っぽい恐怖演出が増しており、また違う怖さを感じることでしょう。 amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. shopping. yahoo. amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. shopping. yahoo. amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. shopping. yahoo. もともとが文学作品だということもあってか、展開や設定の細かさ、じわじわとした恐怖が楽しめます。 離婚協議中で親権を争う母とその娘を主としたストーリーで、新生活のために引っ越してきた古びたマンションを舞台とし進んでいきます。 暮らしていく中でたびたび起こる 水に関連した謎の現象が気味悪く母娘は追い込まれていきます。 この映画を見てから 水場に行くとつい思い出してぞっとしてしまうような、邦画ホラーらしい後に残る内容です。 amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. shopping. yahoo. amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. shopping. yahoo. amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. shopping. yahoo. amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. shopping. yahoo. amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. shopping. yahoo. 平成の日本映画の中で最恐の怪演と呼べる作品です。 サイコパス系の作品として外すことができません。 大竹しのぶがハマっています。 その精神崩壊っぷりが怖ろしいです。 そして、 異常者側のキャラクターや作りこみや、その見せ方も非常に良いです。 例えば、西村雅彦さんは登場時点から挙動がおかしい。 笑わせようとしているんだか怖がらせようとしているんだか観客が掴みかねる微妙な演技と演出で数分引っ張った後に、 子供の首つり死体をドーンと見せるという場の雰囲気を作り方は完璧です。 amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. shopping. yahoo. 45票の獲得です。 テタナスという病気との闘病生活を描いた作品。 しかし、その内容は地獄絵図の言葉がもっとも当てはまるほどのおぞましさがあります。 ただ、人が死んでいく怖さとは違う恐怖がこの作品の中から実感できるでしょう。 少女と両親の思いなど、 人間感情の描写にも注目してみたい作品です。 そりかえる幼い体をみて、トラウマになってしまったという方も続出しました。 当時5歳だった子役の圧倒的な演技は映画ファンの語り草です。 ただ、単なるホラー邦画として、片付けられない作品です。 実際にお子様のいるご家庭ではあり得る話だと思うと怖さが増します。 amazon. valuecommerce. shopping. yahoo. こちらも作品としては30年を超える歴史のある作品。 「第一回横溝正史賞」を受賞した斉藤澪の小説を映画化したものです。 昭和を感じさせる描写が懐かしさを感じる方もいるのではないでしょうか。 戦争を絡めた血縁錯綜とその怨みがベースに存在します。 金田一耕助のようなキャラクターも登場せず、殺人の血潮は多いものの猟奇的では無いので話題作には至らなかった作品です。 岸田今日子と岩下志麻の母娘にわたる深き怨みの演技は想像以上です。 戦争という背景から遠ざかっている令和の時代に、このような 戦争悲劇、血脈怨念作品は今後生み出されることはないでしょう。 昭和のその時代だったから生み出すことができた作品です。 商品名• リング• 着信アリ• 仄暗い水の底から• 八つ墓村• クロユリ団地• 貞子 vs 伽椰子• 貞子3D• 震える舌• ホラーの先駆者的存在• 静かで時に大胆な恐怖演出が大きな見どころ• 着信が鳴るのが恐くなる• いつまでも怖い不屈の名作• ホラー邦画の名作• 団地をテーマにしたJホラー• 2代ホラー邦画キャラクターの共演• 貞子を3D世界で• 少女にふりかかった病が生み出す恐怖• 6600円 税込• 2000円 税込• 324円 税込• 3500円 税込• 2525円 税込• 1979円 税込• 5031円 税込• 2630円 税込• 2525円 税込• ジャンル• オカルト系• オカルト系• オカルト系• オカルト系• ミステリー系• オカルト系• オカルト系• オカルト系• サイコパス系• 上映時間• 95分• 92分• 112分• 101分• 168分• 106分• 99分• 197分• 120分• 商品リンク•

次の

ホラー映画の洋画人気おすすめランキング25選【名作から2020年最新作まで】

日本 ホラー 映画 ランキング

一番怖かった日本のホラー映画は『リング』です。 日本の怖い話はストーリーがちゃんとしてるものが多く、比較的すんなり話に入れるものが多いが、リングは特にストーリーがしっかりしてる。 読み物もしても面白い。 読み物として面白いものはだいたい映像化すると失敗するものが多い中、リングは映像化に成功した例。 呪いのビデオの謎を解いて行く過程もゾクゾクする。 だんだん謎が解けていき、テレビの中の井戸から貞子が出てきて、テレビからも出てくるっていう意表を突いた演出。 初めて見た時の衝撃は忘れられません。 自分の子供を助けるために親を犠牲にするっていう何とも言えないラスト。 こんなに楽しめて、怖い映画はないです。 私の中では一番のホラー映画です。

次の